日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

07月≪ 2017年08月 ≫09月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

事故のダメージチェック

 密かに、昨年のリベンジを期していた「Tokyo エンデューロ」ですが・・・。

 なんだよ~!
 今年はソロ参加できないぢゃ~ん!
 うわ~、なんてこった~い!

)昨年のリベンジ
 計測チップが最初の周回(パレードラップ)で外れて緊急ピットストップ。
 パレード走が完全に終了し、先頭集団が2周目を終わらせる直前、ぶっちぎりの最下位で本出走という苦い思い出が・・・。
 これが初レースで、自転車イベントデビューだったのに・・・。


 という訳で・・・どなたか、12月14日、一緒に昭和記念公園を走って下さる方はいらっしゃいません?(←おひおひ ^^;)
 私の周囲は、レースに出ないかと聞くと、斜め上を見上げて目線を逸らす人しかいなくて・・・(ええい!根性無しどもっ!)。

 なお、この大会はロード、MTB、クロスバイク、小径車にママチャリ、リカンベントまで出走可能な大会です。
 人気イベントですから、一般のエントリー受付開始(10/1)から1週間以内で、出場枠が埋まってしまう可能性が高いですね。

 う~ん・・・では、こうなったら、バイクナビの最終戦、「秋のひたちなかエンデューロ」に流れるのが正解か?
 (って、何でそんなにレースに出たがるかって?そらもう、ウサ晴らしの一言に尽きます)

 では本題です。
 東京シティサイクリングで、不注意から事故→落車に至った顛末は、既にご報告の通りです。

 あれから数日経ち、身体の方は痛む場所もなければ、青痣が浮いてきた、なんて事もありません。
 後ろで見ていた方が、「完全にジャックナイフに入った」というほど派手にコケたようですが、かなり幸運なことに、体は無傷で済んでいるようです。

 しかし、身体の代わりに、というか、BSモールトンは右側面を下に転んだため、リアディレイラーをぶつけたのか、事故直後からトラブルを抱えてしまい、軽段側ではチェーンが定まらずにガチャガチャ踊ったり、そもそもギアが入らない段があったり。
 また、ギアを最軽段に入れると、ディレイラーのアームが後輪スポークに接触してカラカラと音を立てるようになっていました。
 (これに気付かず、走行中に最軽段に入れていたら、スポークにディレイラーが巻き込まれて、リアエンド破損に至ったかも・・・。怖っ)

 このリアディレイラーのトラブルですが、素人調整では一向に良くなる気配が見られず、これ以上やると、高段側にも影響が出そうになってきました。
 このままでは走行中に思わぬ危険に見舞われる可能性も高い上に、これからレースイベントも控えていることから、他の部分のダメージ点検も含めて見て頂くため、ショップ(和田サイクルさん)に持ち込む事にしました。

 ・・・なんか、和田サイクルさんには、最近頻繁にお世話になっている気がしますね(^^;)。


P1000666.jpg
そんなわけで、上井草。
ガンダム像前の箱には、お賽銭がいっぱい入ってました。
(・・・何かを間違ってないか? ^^;)



P1000667.jpg
そういえば、今まで撮ってなかったなぁ。
和田サイクル仮店舗名物、ストライダ看板。


 店は相変わらずご多忙の様子でしたが、開店直後でお客さんが少なかったので、すぐに見て頂けることに。
 事故状況を説明し、リアディレイラーにトラブルが出ていること。そして、それ以外にも影響がないか、あわせて点検して頂く事にしました。

 追突事故だった割には前輪にはダメージはなかったようですが、後輪側を見て、和田さんが一言。

 「ありゃあ、リアエンドが曲がっちゃってるねえ」

 うげっ!そんな深い部分にダメージが・・・。
 ディレイラー調整だけでは直らんわけだ・・・。

 悪いことに、BSMはリアエンドはハンガー形式ではなく、一体形状。
 もしかして、スイングアームごと交換?と、クラッときたのですが、「すぐ直るよ、ちょっと待ってね~」の声とともに、店の奥から何やら色々な工具出現。


P1000669.jpg
そしてこうなりました。
修理用のハンガーの上に固定され・・・。



P1000668.jpg
ディレイラーを一旦、外され・・・。



P1000670.jpg
専用工具が装着され、曲がったハンガーを修正。
本当にすぐに直ってしまいました。


 この後、変速がちゃんと動作するかチェックして頂き、点検は終了。
 他には致命的なダメージはなく、どうやら思ったよりも状態は悪くなかったようです。


P1000673.jpg
ディレイラーハンガー以外では、
ペダルも曲がっていた。
ま、ペダルは弱虫でもいいけどね(謎)。


 これ以外では、STIにざっくりと傷が入り、バーテープに軽い擦り切れがある程度で、フレームには目立った傷はなし。
 キャリアの右側に、ごくうっすら、擦りつけたような傷がありますが、タッチペンでスッと撫でれば隠れてしまうでしょう。

 体も無傷でしたし、どんだけ幸運だったんでしょうか?>私。

 それにしても、意外に曲がりやすい構造なんですね、リアエンドって。
 こんなに簡単に曲がってしまうなら、リアエンドはBD-1等と同様に、ハンガー形式にして欲しい・・・と思うのですが・・・。

 しかし、ハンガー形式だと今回みたいな落車では、衝撃であっさり折れて走行不能になってしまったりもするので、一概にどちらが良いとは言えないのかもしれません。

 ・・・ところで、スイングアームは全体がアルミ部材のはずなんですが、そんなにグリグリ曲げたり伸ばしたりして、脆くなったりしないんでしょうか(^^;)。
 (金属疲労が出るほど、激しく曲げ伸ばししているわけではないので、大丈夫だとは思いますが・・・)

関連記事
コメント
こんばんは。
近かったらエンデューロのメンバーに手を挙げるんですけどちょっと遠いですね。
転倒のダメージが少なくて良かったですね。
都心を大人数で走ると想像できない色々な問題が起きるんですね。
2008/09/27(土) 22:23 | URL | AUeno #mIzY8NiI[ コメントの編集]
AUenoさん、こんにちは。

>近かったらエンデューロのメンバーに手を挙げるんですけど
>ちょっと遠いですね。
それは残念(笑)。
まあ、関東から見れば、鈴鹿に遠征する感じでしょうから、仕方がないですね。
(レースのグレードは全然違いますが ^^;)

東京シティサイクリングは、あれはアレで、良い経験でした。
集団走行で一番怖いのは、前後の参加者の挙動が読めない時だ、というのが、本当に良くわかりましたし・・・。
2008/09/28(日) 10:34 | URL | YO-TA #GY0.Hv3k[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク