日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

01月≪ 2020年02月 ≫03月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

年末恒例 2019年、今年一年を振り返る

 年の瀬も押し迫ってきましたね。

 師走の慌しさに加えて、毎度ながらの年末進行が重なり、今、ちょっと本業がヒドイことになっています(^^;)。
 まだ年賀状も準備できてないぞ……。

 とはいえ、年末の挨拶も兼ねた打ち合わせ等に営業担当と一緒に回っていると、意外なところで技術側がフォローできてない所とか、色々見えてきて、これはちゃんと社内に伝えないとな、という件が多くあります。

 ……という話を営業担当に振ってみたら、「そんなことを言った技術さんは初めてだ!」という反応が……。

 ……おい、大丈夫か、うちの会社(^^;)。
 (いや、かなりマズイやろ……)

 では本題です。
 さて、年内にブログを更新できるのは、これが最後になりそうですので、年末恒例企画の「今年一年を振り返る」をお送りします。

 ま、今年はどう考えても、「アレ」が一番のイベントでしょ?
 というところは、まあバレバレなので、その成分はできるだけ薄めにして、その上で今年一年はどんな年だったか、と、いうところを見てみましたが……さてさて。

 というわけで、今回は日記風、というか、年間の話題の総集編みたいなものですが、興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。

1月
 今年はPBPイヤーということもあり、新年明けてすぐからブルベを走っていましたね。
 松の飾りの真っ只中の1/4日開催の三浦200を皮切りに、冬の夜の雨という、最悪を絵に描いたようなコンディションだった鎌倉300、氷点下まで落ちた凍結路面を走った霞ヶ浦200(R東京の方)など、例年なら冬眠期なのによく走りました。

 なお、三浦200の段階で気づきましたが、冬用のウインドブレークジャケットのコーティングがすでにダメになっており、風が通って寒い寒い……。
 三浦200が終わった直後、全く体温が上がらずガタガタ震えていました。

 PBPのプレレジストレーションを行ったのも、この頃です。
 前年に400km以上完走組という、少々遅れてのプレレジだったため、この時点ではスタート時刻が、最速でも20時しかなかったという……。

2月
 本業多忙期ですが、この月に大きな買い物を。
 Tacx Neo Smart。スマートトレーナーを購入し、同時にZwiftデビューしました。
 結果、単なる苦行でしかなかった室内トレーニング(ローラー)が、ゲーム性のある苦行(苦行には変わらない ^^;)に変わり、飽きずに1時間くらいまでは回せるようになりました。
 それ以上は、飽きる上に、頑張って回してしまう結果、足が終わって回せなくなりますが……(24時間Zwiftとかに挑戦している皆様って、どんだけ苦行耐性高いのよ……)。

3月
 本業の多忙期は最盛期を迎えていました。毎年、年度末は仕事の〆が集中するので、本当に大変です。
 とはいえ、ローラーは何とか継続し、3/31日開催の定峰200でブルベ再開。
 定峰200は、昨年は購入したばかりのミニベロ、WINDCOG ZICで出て、ポジションも何も合っておらずに死ぬほどきつかったので、今年はその反省を生かして、ちゃんとポジションを合わせたZICで出ました。
 反省する所が違う、のツッコミを、これでもか、というほど受けましたが(^^;)。

4月
 今年は平成最後の年になり、5/1日からは新元号になるということは、事前に公表されていました。
 そして、この4月に、新元号は「令和」と発表されました。新元号フィーバーで、町中が何だか浮かれていたのも、記憶い新しいところです。
 昭和から平成への改元の時の雰囲気を知っている身からは、以前とは全く違う明るい雰囲気に、新しい時代が良い時代になってくれそうな、そんな前向きな気持ちになれたのでした。

 この月に、いわき600、興津400を完走し、ここですでにSRを達成。
 PBPの出場要件である、6月中旬までにSRという条件をクリアできたのでした。

5月
 5月の始まりとともに改元され、時代は平成から令和に変わりました。
 平成最後のブルベでPBP2019の出場を決定できたのは、ある意味、今年を象徴する状況だったかもしれません。

 そしてGWに、令和最初のブルベ、AR日本橋さんが主催の超長距離ブルベ、奥の細道1000に出走しました。
 このブルベ、ちょうど昼頃にスタートというスケジュールだったため、600kmを走る間にオーバーナイトを2回はさむという、スケジュール設定が難しいコースでしたが、後半は私が以前、よく走っていた南東北圏だったこともあり、東京から500kmほどの石巻までを一気に走りぬく設定で挑戦。
 3日連続向かい風、とか、三陸海岸以降、繰り返される厳しいアップダウンに苦しめられましたが、3日目の夕方の、一番時間が厳しいPCを無事にクリアしてからは時間的に余裕ができ、無事に完走することができました。

 8月のPBP(1,200km)に向けて、大きな自信につながったのでした。

6月
 梅雨時ということもあり、あまり屋外を走れない日々が続きました。
 おかげでNeo Smart&Zwiftが大活躍。インドア傾向がどんどん進んだ気がします(^^;)。

 なお、実走の感覚もちゃんと持たなければ、と思い、608開催の奥日光400に出走。
 土曜0時という真夜中スタート、未明にゴールという、400kmなのに2回のナイトライドをはさむ、前日からの連続行動時間がとんでもない長時間になる(結果的に、46時間行動になった)、土曜の午後以降に大雨かつ入梅の予報が出ていたという、かなりの悪コンディションのため、エントリーした人の半数がDNS、出走したのは20名程度という超少人数開催になっていました。

 まあ、完走はできましたが、やはりナイトスタートのブルベは難しかった……。
 PBPのスタート時刻変更の案内が来たのが、これくらいだったでしょうか?

 意外に空きが出たので、結局、19:15まで繰り上げることができましたが、夜スタートになるのは仕方がないですね。

7月
 なんか今年は、梅雨が長かったですよね(^^;)。
 この、自転車には絶好のシーズンのはずの夏期に、ほとんど外を走った記録が残っておらず、Zwiftばかりです。

 まあ、冬にスマートトレーナーを買った俺、ファインプレーすぎた、という面もありますが、PBPに向けたトレーニングが結局、インドア主体だったのは、どう評価すべきなのか(^^;)。

 飛行機輪行装備など、色々なものを揃えて行った時期でもあります。
 本レジも終わり、周囲の参加者の皆さまも盛り上がってきた時期ではありますが……。

 この時期に自転車走行中に、動物と衝突したり不慮の事故にあったりして、PBPをDNSに追い込まれる人が増え始めたのもなんというか……。

8月
 PBP本番直前になって、CATEYEのGPSサイコン、AVVENTURAが発売され、手元にも届いたのですが……。
 PBP出発の直前の、ランドヌール宮城開催のナイトライド200で使ってみた結果、「設定条件などを吟味する必要あり」という結果となり、PBPへの投入は断念することになりました。

 当初予定通り、5月頃発売であれば、多少、使いこなせた段階でPBP本番を迎えられただろうな、と思うと、少々残念です。

 なお、ナイトライド200では、体の出来上がりが非常に良好だったことを実感。PBP本番に向けて、大きな弾みになりました。

 PBP本番については、まあ、すでに色々レポートしているので良いでしょう(^^;)。
 この記事執筆時点で、欧州圏の参加者の皆様のところには、完走時間を印字したリザルトプレート(完走メダルに貼付けられるシール)が届いているようです。
 アジアに届くのは、さていつになるでしょうか?

9月
 PBP走行後、体に残っていたダメージが、やっと完全に抜けたかな、と思えるようになったのは、9月中旬ごろだったでしょうか。
 奥の細道1000終了後よりも、回復にははるかに長い時間がかかりました。

 なお、8月中に、仕事で触れる機会が多くなったドローンの運用、操縦の訓練を受ける機会があり、その面白さからトイドローンを購入してしまったのも、この月でしたね。

10月
 仕事のスケジュールが、急激に忙しくなってきたのがこの時期でした。
 昨年よりも部署の人員が減らされていることもあり、一人頭の仕事量がぐっと増えているのが主な要因で……。

 なにより、夏までは私はPBPシフトでかなり楽をさせてもらっていたので、ここでちゃんと返さないと後が怖い(^^;)。

 というわけで、趣味関係はちょっと下火になっていました。
 唯一、走る機会になりそうだった芋煮夜走も、雨予報の前に、現地まで行ってDNSというウルトラCを決めたりしました(^^;)。
 (PBP参加者がDNSですか?と煽られても、「はい、やめます」とホテルに入ったやつ……)

 そういえば、台風19号の直撃により、自宅近所の多摩川が決壊寸前まで水位が上がったり、アクションカムのGoPro Hero8を購入したりしたのも、この月でしたね。
 なお、2月のスマートトレーナー購入後、PBPまでの間に10kg近い減量に成功していたのに、ストレスで食べ過ぎたりしたのか、見事にリバウンドが始まっていたり……。

11月
 多忙がさらに続いており、10月と11月にはそれぞれ一週間ほど、東京を離れた場所で夜間待機の仕事が入ったりもしていましたね……。

 その夜間待機の仕事、昼間は自由時間だったので、トイドローンのTelloを飛ばしていて、ロストしたのもこの時期です(確か10月の方だったと記憶)。
 東京に戻ると同時に2号機を購入しました。
 今度は大事に使ってやらねば。

 なお、DJIから日本の航空法の規制が緩い200g未満の機体、Mavic miniが発表&発売されましたが、予備バッテリーキットが品薄で来年まで届かない、という皆様が多い上に……。
 実機を見たら、なんというか、ずんぐりむっくりというか何というか……。

 というわけで、今は他社動向も含めて様子見の状態です。
 日米の政府機関の多くが、中国製ドローンの調達を中止し、西側圏の製品に切り替える流れがきているので、西側圏製品で同等ランクのものが出てこないかと期待しているのですが……。
 (特に、多機能ドローンを出している仏のParrot社には期待している。プロ用空撮ドローン、Anafiのデザイン、めっちゃ好みだし)

12月
 11月最終日にAR日本橋主催のPBP反省会に参加。そしてそのまま、翌日、12/1日の百里航空祭へと出撃したのでした。

 PBP反省会、今までも同じ名目の飲み会に複数回、参加してきましたが、セミナー形式の反省会というのもなかなか珍しく、興味ある話が色々聞けました。
 なにより、LELという、PBPとは異なる海外の超長距離ブルベの情報を聞けたのは、今後、自分がどういう方向に向かうべきかを考える際の、大きな参考になるような気がしました。
 (PBPの反省会については、やはり参加者のそれぞれで攻略方法が違っており、参考になる部分多数……なれど、自分には真似できない部分もあり、今後、取捨選択を考えるのが楽しそう)

 百里航空祭は、長らく日本の空を守ってきた名機、F-4ファントムの完全退役を控えた、「ファントム最後の百里航空祭」ということもあって、ものすごい混雑でした。
 「百里のエプロンが、入間並みに人で埋まっていた」と言えば、航空祭似通っている皆様には状況が伝わりやすいのでは……。

 一時期、超望遠レンズを装備したデジタル一眼レフを担いで通っていた私ですが、現在の撮影機材はアウトドア用防塵防滴耐衝撃型コンパクトデジカメと、アクションカムのGoPro Hero8。

 趣味の方向性が変わったため、撮影機材も大きく変わったものです……。
 来年以降、趣味の嗜好は、さらにどんな方向に変わっていくのか……。


 というわけで、駆け足で今年一年を振り返ってみました。
 今年は平成から令和に改元されるなど、社会的にも大きな変化があった一年でしたが、個人的にはやはり、PBP2019への参加と、ギリギリの時間内完走が一番大きな出来事だったでしょうか。
 まあ、復路のPCがほぼ全てタイムアウトなので、認定されるかどうかは、現段階では不明ですけれどね……。

 さて、来年以降、仕事方面の多忙度が、ちょっとシャレにならないことになりそうです。
 東京に戻されてから、趣味に割く時間がどんどん短くなっている気がしますが、以前の東京時代の記録を見ると、今とだいたい同じでしたね……(東京が慌しすぎるのだ!)。

 当時は、これを「普通の生活」として受け止めていたのか……(仙台時代の、良い意味でのゆるい生活が懐かしい……)。
 まあ、年々、加齢によるのか何なのか、気力が続かない感じが強くなってきているのが気になります。

 ですが来年は……。
 北の大地で、また大きなお祭り騒ぎがありそうですから、そちらに参加できればなあ……。


 とか何とか考えつつ。

 今年もお世話になりました。
 皆様、良いお年を!


関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2018年1月に、東北勤務から再び東京に転勤となりました。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク