日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

05月≪ 2017年06月 ≫07月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

センチュリーライド達成。奥多摩ロングライド

 ううう・・・全身が痛い・・・。

 今までにない長距離走をこなした結果、今までにない疲労を感じ、最終的には今までにない筋肉痛という、なかなかとんでもない三段活用になってしまいました。
 ブルベに出る皆様って、これ以上の距離を走り通して平気って、どんだけバケモノなんでしょうか?

 では本題で、長いなが~い長文、はじまります。
 前回、色々とハプニング続きだった奥多摩ロングライドで、150kmという、センチュリーライド(100マイル:約160km)一歩手前までの距離を走り抜いた結果、どうしてもセンチュリー超えを達成したくなり、8/9日、再び奥多摩へと走りに出てきました。

 朝5時に自宅を出発・・・したら、数分後、サイコンの電池が切れたようで、液晶表示がごく薄~くなり、速度も距離も計算されなくなってしまいました。
 仕方なく、近くのコンビニで電池を買って交換すると・・・それまでの走行記録が全てリセット!
 速度や現在走行距離ならまだしも、積算走行距離までリセットかよ!

 と、リアルに orzな気分で再スタート・・・しようと思いましたが、今度はいきなりとんでもない速度(63km/h)が表示されます。
 タイヤ周長が700Cになってました(爆)。それもリセットされてるんかい!

 もう一度電池を抜いてオールリセットし、正確に設定した上で再々スタート。
 もちろんこの間、距離計測を正確にするため、自宅前までいちいち戻っているというオマケがついています(^^;)。

 結果、1時間のビハインドを喰らって本スタート。
 多摩サイを抜け、吉野街道から今回は日向和田駅付近で青梅街道に乗り換えて、奥多摩方面へ。
 何となく、吉野街道よりもアップダウンがきつい・・・というより、登り区間が長いという印象の道を、とりあえず古里まで走行。
 古里駅前のコンビニで、長い休憩を入れます。


P1000584.jpg
というわけで、飲むは天然水、と。
実際にはスポーツドリンクの粉を溶いて、ボトルケージへ。


 そこからは、前回と同じ道筋で奥多摩駅へ。駅周辺は、祭りの準備で多くの皆様が忙しそうにしていました。

 そのまま、青梅街道を奥多摩湖まで登って行くつもりでしたが、境あたりのトンネル内の斜度がいやらしかったのと、ここまでの道が前回より登り区間が多く、足にダメージが残っていたので、境のイロハカエデあたりから「奥多摩むかしみち」へ流れます。
 このむかしみちルートも後半、斜度がキツくなるあたりが結構しんどく、奥多摩湖へのルートは青梅街道で延々トンネルを抜けるのか、むかしみちで最後の急坂を登るのか、結構究極の二者択一である事に気付かされます。

 ヒイヒイ言いながら登って、奥多摩湖。
 そこから先は湖畔の道を、時々通る走り屋のバイクに抜かれつつ、走って行きます。


P1000585.jpg
麦山浮橋
真っ赤なアーチの峰谷橋を渡り、トンネルを抜けた所にある。
奥多摩湖の最上流端から堰堤までの、ちょうど中間付近。


 そういえば、この日は相当に暑く、標高数百メートルになる奥多摩湖畔でも、しっかりと暑さを感じるくらいでした。
 本当は、深山橋で南岸に渡って、奥多摩周遊道路を経て風張峠から武蔵五日市に出て帰る、というルートも考えたのですが・・・。

 南岸に、見事な斜度で登る道を見つけ、あっさり断念(^^;)。
 そのまま北岸を直進しました。


P1000586.jpg
そして到達したのがここ、山梨県との都県境。
片道75kmオーバー。走るも走ったり、という気分だ。


 昨年、Airframeでここに到達した時は電車+バスの輪行+自走で、ここからは帰るだけでしたから・・・いやあ、往復自走ってのは、ずいぶん進歩したものです。
 あ、馬鹿度が急上昇したという正しいツッコミはいりませんので・・・。

 この時点でまだ11時でしたが、暑さがかなり体に響いていたので、さっさと戻ってどこかで昼食にしようと思い、再出発。
 山梨県内滞在時間、5分ほど(^^;)。

 しかし暑いなぁ、と思いつつ、考えてみたら今回のボトル消費量は、前回、奥多摩湖往復走をこなした時よりも少ない事に気付きます。
 これはヤバい。こんな所で熱中症になるのはかなわん、と、留浦浮橋の駐車場に緊急停車し、ドリンク補給を含めた休憩。


P1000587.jpg
留浦浮橋
周囲は釣人でいっぱいだった。


 日陰で湖面を渡ってくる風にあたって体を冷やしていると、東の空が暗くなりはじめ、ゴロゴロという音が・・・。
 通り雨か?と思い、最初は公衆トイレに車体を引き込んでやり過ごそうとしましたが、意外に雨は到達しません。
 そのうち正午になったので、近くのお蕎麦屋さんで昼食をとりつつ、やり過ごす事に決めました。

 BSモールトンは、雨をしのぐには十分過ぎる軒下をお借りして停車し、キノコ料理(うまかった!)を楽しんでいる途中で、雷雨到来!
 携帯で雨雲レーダーを見てみると、通り雨と思ったその雨雲はグングン広がり、止む気配が見られなくなってきました。

 ざるそばを追加して楽しみつつ雨止みを待ち、午後1時頃、小降りになったのを確かめて帰路スタート。
 本格的なレインライドは、何とBSモールトン購入以来2年目にして、初めてです。

 雨の日は、マンホールの蓋やグレーチング(水路の上にかぶせた金属の網目蓋)、白線でのスリップが多く、ブレーキの効きも悪くなる、という話は当然知っていますが、10の知識は1の実地体験に劣るのが常なのは、過去の登山経験で嫌というほど思い知らされています。

 マンホールやグレーチングでは、低速でも横滑りするなど、今までにない恐ろしさを感じつつ、かといって早く雨雲圏を抜けたいので、そこそこの速度で走行。
 急カーブにあるカラーチップ舗装はグリップが効くので頼もしく、カーブの途中でライン上にマンホールがあった時は、後ろに車がいない事を祈りつつ、車線側に膨らんでパス。

 峰谷橋の所で赤信号に引っかかりましたが、ブレーキを握ってもなかなか止まらず、ズイズイと前に・・・。
 さらに、奥多摩湖堰堤から先の急な下り坂では、スピードを何とか殺しつつ走ろうと、ブレーキを握ったまま走り、手が痛くなってしまったり・・・。

 そして青梅街道を境集落近くまで下って来たら、トンネルを抜けた先で急に路面がドライに。
 ここから先は、全く雨が降っていなかったようで、奥多摩駅近くでは、祭りの準備も普通に進められていました。

 ・・・無理してでも下ってきていたら、レインライドは経験しなくて良かったかも・・・。

 そこから先は、梅沢大橋~青梅街道と下り、軍畑駅近くまで来たら、今度は南の空でゴロゴロという雷の音が・・・。
 ええい、もう十分濡れとるわい!と開き直って、日向和田駅付近で吉野街道に復帰し、多摩サイまで走りましたが、雷は遠くに聞こえているものの、到達する気配はありません。

 さっさと走って府中に至り、府中四谷橋上流のコンビニで補給休憩。
 この頃になると、体の疲れも限界に来たのか、肩と背筋がだるく、ドロップハンドルの水平バーを握っていても、背中にアーチを作れなくなってきています。

 通称焼肉村まで来たら、肩と背筋の疲れで走るのも億劫になり、ベンチの上にごろ寝。
 尻の方も、サドルに乗せるのが嫌になるほど痛くなっており、背筋と両方の痛さのために、車体にまたがって、クリップに足を突っ込む事さえ出来なくなっていました。

 それでも、輪行袋も持たずに出てきたからには、自走しなければ帰るすべ無し!と無理矢理自分を奮い立たせて出発。
 狛江ダートが近くなった頃、ついに、というか、やっとというか、とにかくこの瞬間を迎えました。


P1000590.jpg
センチュリーライド(160km)達成!
調布スロープのすぐ手前だった。


 ついに、やっと、とにかく何とか、目標は達成したよ、と、そのままその場で寝てしまいたい気分で、この画像を撮影。
 しかし、そこから自宅まで、まだ10kmの道のりが待っていたりします(爆)。

 ハンガーノックや熱中症とはまた違う、オールアウトに近い気分で自宅到着。
 ヘロヘロのままBSモールトンの泥を拭い、残っていた補給食を食べ、シャワーを浴び、ペットボトル2Lの水を飲み、19時頃、横になったら翌朝まで目覚めませんでした・・・。

 160kmという、ロードの皆様から見たら、やっとロングランに到達したかという距離が、どうやら今の私の限界のようですね。

 まぁ、もとよりロングライドには不利な小径車での挑戦ですから、ロードの皆様と張り合ってもしょうがない事ぐらい、良くわかっていますが・・・。


関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク