日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

05月≪ 2020年06月 ≫07月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

空に続いて陸。 土浦駐屯地・武器学校解説66周辺記念行事観覧記

 今週末は、いくつかのイベントが重なっていたようです。

 自転車関係で言えば、新製品のお披露目会でもあるサイクルモードが幕張メッセで開催されていたようです。
 ですが、今年は目立って会場が縮小傾向だったようで……。

 東アジア圏では、台北のサイクルショーが賑やかになっているようなので、マーケットの軸足がそちらに動いたのかもしれませんね。
 (まあ、自転車関係の製品の多くが台湾製になっているからね……。わざわざ日本に持ってきてお披露目するより、台北でお披露目したほうが良いだろうし、商談もそっちでやったほうが確実だよね)

 それ以外では、東北地区では、山形県上山市でツール・ド・ラ・フランスが開催されていたり、都内ではロングライド系の皆様のトークショーなどが複数、開催されていたとか……。
 ブルベの方は、すでに新年度に入り、そろそろ最初のエントリー峠がいつになるか、という話題が持ち上がってくる頃かと思われます。

 来年は、4年に一度のPBP開催年。
 さあ、どんな一年になるでしょうか。

 では本題です。
 先週、入間航空祭を見てきたばかりですが。
 今週末は空に続いて「陸」、
 陸上自衛隊の武器学校・土浦駐屯地開設66周年記念行事を見に行ってきました。

 以前は空ばかり見ていたわけですが、仙台時代に何度か仙台駐屯地の解放イベントにお邪魔してからというもの、陸自にもいろいろ興味が出てきましてね……。

 で、この土浦駐屯地は、「武器学校」という教育・訓練のための機関が置かれていることから、装備品の種類が非常に豊富で、第二次大戦中の戦車なども一部、展示されているなど、かなり特殊な位置付けの駐屯地になります。
 今回、この行事を見に行こうと思ったきっかけは、10式戦車(ヒトマル式)や、16式機動戦闘車両(ヒトロク式、またはMCV)などの最新車両に加え、八九式中戦車(先の大戦中の戦車)の展示がある、という情報を見たからでして……。

 というわけで、10日土曜日は朝から行動することを考えて、金曜夜に現地入りする日程で行ってきました。

 では、例によって興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックしてください。

 さて、陸上自衛隊の基地開放行事に参加するのは久しぶりですが、その前に、土浦市を訪問するのも久しぶりです。
 以前の東京時代に、百里航空祭の前夜泊などで訪れたくらいなので、多分、10年ぶりくらいなんじゃないかな……。

 というわけで、かなり久しぶりの土浦市ですが……。
 地元の皆様には申し訳ないですが、「あれ? こんなに静かな町だったっけ?」というのが、久しぶりの印象でした。

 う〜ん、以前は筑波研究学園都市の入口として、結構栄えていた印象がありましたが、なんというか、駅前が綺麗になった反面、店が少なくなって閑散としたというか……(つくばエクスプレスの開業の影響かな?)。
 駅からデッキで渡った先のビル、以前は商業施設だったはずですが、今は市役所になっているようです(それが悪いわけではないけれど、ここのテナントで何度か書籍を購入したので、その思い出が……)。

 まあとにかく、駅から徒歩数分の宿に入って宿泊。
 翌朝、不要な荷物を駅のコインロッカーに放り込んでから、バスで土浦駐屯地へと向かい、開門待ちの列にかなりの長時間、並んでから入場となりました。

 とはいえ、勝手がわからないため、前を行く何となく「熟練」な感じの人について行きましたが……。
 戦車の体験搭乗券は、私の数十人先で定員になるとかで、乗れませんでした……。

 まあいいか、というわけで、式典が行われるグラウンド周辺に向かい、式典からの装備品展示を楽しむこととしました。


18111001.jpg
装備品展示は、
ジープやトラックのような汎用車両から、

18111002.jpg
高機動戦闘車両から、

18111003.jpg
戦車に至るまで、
駐屯地にある装備品が、
いろいろ紹介される。


 「武器学校」という施設だけあって、装備品はかなりの種類がありましたね。
 周囲で飛び交っているマニアックな会話に聞き耳をたてると、歩兵携行火器も、大体一通り揃っていたらしいです。

 まあ、私が個人的に見たかったのは、


18111004.jpg
87式自走高射機関砲

18111005.jpg
10式戦車

18111019.jpg
16式機動戦闘車


 の3種の車両ですね(逆光がきつい……)。

 87式自走高射機関砲は、その見た目から、ファンの間では「ガンタンク」とも呼ばれている車両ですね。
 私的には、「ガングリフォン」というゲームに出てきた「ヤークトパンター」に見えますが、マニアックすぎてあまり理解していただけないのが……(^^;)。

 10式戦車は、自衛隊に配備されている最新型の戦車です。
 前進である90式戦車は、確かに強力な戦車なのですが、あまりに大きくて重く、北海道から外に持ち出すのが大変であることから、全国展開を考えて軽量・コンパクトな設計で刷新した車両です。

 16式機動戦闘車は、今後退役が予定されている74式戦車の代替などとして調達されている車両で、「装輪戦車」と言われることもありますが、カテゴリー的には「装輪装甲車」扱い……で良いのでしたっけ?(^^;)
 その辺りは、もっと詳しい皆様が解説サイトを出していると思いますので、そちらを参考に……。

 なお、一部で「戦車の代わりに装輪装甲車って、大丈夫なのか?」と言われる事もあるようですが、この16式は74式と同じ105mm砲を装備しているとともに、10式同様、スラローム射撃が出来るなど、74式を上回る戦闘力を持っているそうです。
 しかも、車輪装備で高速道路も普通に走れるため、全国各地への展開も容易であるため、即時展開から10式などの強力な車両が展開するまでの間、戦線を維持するには十分な能力を持っていると考えて良いでしょう。

 少なくとも、日本で陸上戦闘が起きるのは、敵の上陸部隊が到達した時ですからね。
 とにかく、上陸部隊の頭を押さえることを考えた場合、舗装道路を自走で移動して展開できるこの車両は、かなり使い勝手が良い装備になってくれる……と良いのですが、それ以前に、そんな事態が起きないことが最も良いのはまあ当然ですね。


18111006.jpg
各戦闘車両は、
アトラクションで空砲を発砲。
戦車は90式からはじまり……

18111007.jpg
10式が続き

18111008.jpg
74式が続いた後、

18111009.jpg
16式が最後にスドン。


 この、戦車の発砲音ですが、90式、10式と比較して、74式、16式の方がやたらとデカい上に内臓に響きました(^^;)。
 90式と10式は120mm砲、74式と16式は105mm砲ですが、105mmの方が、炸薬などの関係で、デカい音になるのでしょうか??
 (教えて、詳しい人!)

 まあ、この後、最後の〆に迫撃砲がズトンと撃った音が、一番、体に響きましたけれどね(^^;)。

 午前中は、式典とアトラクションで終了。
 昼の間に出店と厚生施設の売店などを流してめぼしいものを探しましたが……。

 駐屯地の規模が小さいからか、以前、訪れた仙台駐屯地のように、沢山の出店でいろいろなグッズを探すような楽しさは少なかったですね(^^;)。
 まあ、さすがに東北地方の中核となる駐屯地と比べちゃいかんでしょう。

 しかし、武器学校がある分、装備品の幅はこちらの方が圧倒的に広いので、展示は色々、楽しくなっていました。


18111010.jpg
18111011.jpg
それでは、展示スペースで。
74式戦車を前後から。

18111012.jpg
18111013.jpg
90式戦車を前後から。

18111014.jpg
18111015.jpg
10式戦車を同じく前後から。

18111016.jpg
18111017.jpg
最後に、16式を前後から。


 というわけで、一通りの展示品を見た後、広報部の展示や、予科練平和記念館などを一通り見ましたので、14時少し過ぎに退場することとしました(解放時間は15時までの予定だったが、早めに出ることにした)。

 で、その判断はどうやら正しかったようで、14:30頃のバス待ちの行列が物凄い長さに。
 私は先頭の方だったので座席を確保できましたが、途中の停留所で人が乗れないほどの混雑になってしまいました。

 土浦駅も混雑するか……と思いましたが、時間的に上野東京ラインや特急などが数本、固まっていたため、分散したようです。
 私は特急で優雅に帰ってきましたが、その頃、駐屯地前のバス停は凄い混雑だったようで……。

 駐屯地の規模が小さいためか、臨時バスの運行などは行われていなかったようで、早めの撤退、正解でした。

 ……そういえば、八九式中戦車は……さすがに動かすのは難しかったのかな??
 まあ、静体保存された車両は見てきましたけれど……。


18111018.jpg
まあそれより、
前日が雨で少し緩んだグラウンド、
戦闘車両が走り回ると、
やはりこうなるよな……。

これ、整地・復旧するの大変そうだぞ(^^;)。


関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2018年1月に、東北勤務から再び東京に転勤となりました。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク