日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

08月≪ 2017年09月 ≫10月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スタッフ活動裏話 BRM513スーパーフラット200試走

 ゴールデンウィークは、自転車乗りの皆様にとっては、いろいろな挑戦を行う期間でもあります。

 今年、4月29日に福島県をスタートし、明治時代の英国の旅行家、イザベラ・バード氏の足跡を訪ねて走るというコンセプトで開催された、AJ神奈川さんのイザベラ・ヘブンウィークも、5月4日夜、無事に青森から福島までの600km区間を走り終えて終了したようです。
 参加者の皆様は、山形県内で時ならぬ冷え込み(最低1℃くらいまで落ちたとか?)に見舞われ、逆に仙台近郊では28℃という夏日に晒されるなど、非常に気候変動の激しい中を走ることになったようですが、多くの皆様が無事の完走を果たした様子です。

 今の私には、ヘブンウィークを走る(ほぼ連日連続で、200、300、400、600のブルベを走る)ことは、まず無理な体および仕事のスケジュールですが、いずれ一気にSRを狙って走れるなら、そうしてみたい気もします。
 まあ……制限時間に関係なく、ゆっくりだらだら走れるならば、それが一番楽しいと思いますが。

 では本題です。
 BRM513宮城200kmスーパーフラットの開催が迫りました。
 ので、コース事前試走というものに出かけてきました。

 これはスタッフ活動の一環として、実際に当日開催のコースを走り、危険箇所、開催当日まで影響しそうな悪条件(工事、通行規制など)の有無を確認するためのものです。
 当日はスタッフ作業に入る人員が、当日実走がわりに走行するため、認定試走とも言われたりします。

 平たく言えば、事前のコースチェックというわけですね。

 次回開催のBRM513宮城200km宮城野スーパーフラット200は、平坦基調のコースで、コース中の積算獲得標高が1,000m未満。
 スタートから150km程度の地点まで、山と呼べるほどの起伏がないというコース設定です。

 そういうコースのためか、現在段階で、エントリーしている参加者の数は、先月の福島200を大きく上回っています。
 まあ、厳しい峠越えがあるコースよりも、平坦基調である方が、攻略も簡単に感じるでしょうからね……。
 実際、このコースは初心者向けを考慮して設定していますしね。

 とはいえ、そこはブルベのコースです。
 初心者、といっても、「ロングライドの初心者」が対象であり、「自転車に乗り始めたばかり」という意味での初心者には、少々厳しい設定になっています。

 それでは、試走の状況がどんなものであったか、興味のある方は、以下のRead moreをクリックしてください。





 前回、福島200をDNFしている私ですので、今回はリハビリを兼ねての走行になります(笑)。
 今回の相棒は、エンメアッカ号。
 前回、アリーゼで走ってみて、ちょっと引っかかるものを感じたので、ちょいと検証を兼ねての出走でした。

 スタートは本番と同じ朝6時。
 この季節の早朝はまだ肌寒く、気温は8℃。
 メリノウールの薄手インナーを装着し、モーフォスジャケットの袖を外して、ベストの形で着用してスタートしました。

 ちなみに、昼間の最高気温は、路上温度計の表示を見た限りでは、25℃にも達しており、一日の気温の変動幅が非常に大きい一日でもありました。


17050401.jpg
国道47号を東進し、
平野の水田地帯を進む。
まだ雪の残る山が、
水の入った水田に逆さに映っていた。


 GWの連休中、空は晴れ渡り、風はほぼ無風。
 行楽にも、自転車にもとても良い日和になりそうでした。

 序盤の水田地帯を抜けて、国道4号沿いへ。
 ここで一旦、交通量が多めに転じます。また、道路はすぐに対面通行区間になりますので、車道走行に慣れていない方は、慎重に進んでいただくしかないでしょう。

 スタートから約20km、4号が再び4車線区間になるくらいの地点で、後輪に違和感が発生。
 この、横にグニャグニャ安定しない感覚は……。

 パンクか。
 歩道に乗り上げて停車してみると、ホチキス針を踏み抜いた事によるパンクでした。

 刺さっている針を抜いて、チューブを交換……しようとしましたが、予備チューブにも違和感があるというか……。
 どうにも気圧が安定せず、スローパンク気味になっています。
 ううむ、このチューブは確か、2年近くサドルバッグ内に放り込まれていたものですから……経年劣化でもあったのかな?

 この時点で、時間は朝の7時過ぎ。
 まだ開いている店があるはずもなく、この先の走行をどうするか、と考えざるを得ない状況でしたが……。

 とにかく、PC1の利府まで行けば、自転車店もあるだろう、と、エアを多少高めに入れて再出発です。


17050402.jpg
キューシートNo.7地点。
右折するポイントだが、
二段階右折で滞留する場所がほとんどない。


 ここで危険箇所を確認しました。
 キューシートNo.7地点。
 場所はスタートから約30km地点であり、まだ参加者が集団で到達することも考えられます。

 この交差点は、二段階右折を行おうとした場合、滞留場所がほとんどありません。
 また、二段階右折の位置についた場合、正面に信号が設置されていないため、横断のタイミングは左右の信号か、対向車の動きで判断するしかなく、ロングライドに慣れている人でもないと、危険を伴うでしょう。

 十分に注意して走行していただきたいものです。

 利府のPC1に到着したのは、8:27。
 トラブル停止があったので、まあ、少々遅めです。
 気温が高くなってきたので、防風用のベストと、メリノウールインナーを脱ぎます。

 一応、パンクした後輪は大丈夫そうですが、この先に不安を抱えているのは確かです。
 ここで、ツイッター経由で、すぐ近くのイオンにイオンバイクが入っており、9時開店であることをお知らせいただいたので、開店まで時間を潰して、予備チューブを入手しました。

 その後は利府から松島方面への市街地走行になります。
 この日は連休効果か、非常に交通量が多く、渋滞の中を走る場面もありました。


17050403.jpg
松島町根𢌞交差点。
右折地点だが、
変則的な形状で、
右折レーンに入りづらい。


 松島町根𢌞交差点は変則的な形状のY字分岐の交差点であり、松島という場所柄、早朝から交通量が多い場所です。
 右折するためには、強引に右折レーンに入るのは非常に危険であるため、一旦、自歩道に逃れ、歩行者用の横断信号に従い、二段階右折する必要があります。

 こういう場所での安全な通行の判断も、それなりに経験を積んだ皆様でないと難しい場合があります。
 とにかく、臆病なくらいがちょうど良いと考えていただくのが良いでしょう。


17050416.jpg
東松島大橋のKMA工法による継手。
砂が詰まって、驚異度は低くなったが、
油断すると車輪を取られかねない。


 この、KMA工法による継手の危険性については、できるだけ多くの自転車乗りが認識していただきたい事になります。
 過去に私もこの継手の上を通過した際、隙間に車輪を取られ、ホイールを破壊されるレベルの酷いタメージを受けたことが、未だにトラウマになっています。

 施工直後は、この鋭角のギザギザの隙間が広く開いているため、車輪が落ちてパンクやリムの歪みなどのダメージを発生させる要因になります。
 近年、補修された橋では採用事例が多いため、河川橋だけでなく、山間部の橋やバイパスの高架橋などでも十分に注意が必要になります。

 本番で通行する際にも、十分に注意していただければと思います。


17050404.jpg
その先のイベント会場に展示されていた。
ダンボルギーニ……ではなく、
本物だった。


 通過する際に、チラッと横目で見て、その色合いから、有名な”ダンボルギーニ”かと思って立ち寄ってみたのですが……。
 近づいてみれば、ナンバープレートが装着されています。
 本物のランボルギーニ アヴェンタドールでした……。

 いや、びっくりしたなあ……(^^;)。


17050405.jpg
国道45号沿いに出て、
航空自衛隊松島基地の近くを通る。
静態保存されている、
T-2ブルーインパルス。


 国道45号沿いに東進し、石巻市街地を目指します。
 私が通りかかったのは、大体、10:30頃。
 多くの商店が開店を迎える頃であり、駐車場への急な出入りがありました。本番にはどうなるかわかりませんが、市街地ならではの危険に注意が必要です。

 石巻市街地で軽く市内の渋滞に巻き込まれ、海岸方面へと進みます。
 以前は津波被害で、アスファルトもガタガタだった場所が、かなりきれいに補修された様子がありました。


17050406.jpg
海岸に新たに建設された防潮堤。
海岸部は道路の高盛土工事など、
様々な復興工事が稼働中。


 ここでスタッフのSさんの車と遭遇しました。
 そのまま PC2で出迎えていただきます。


17050407.jpg
石巻の海岸道路の日和大橋は、
急勾配かつ車線幅が狭い場所。
手前の信号で自歩道に入ることを推奨。

17050408.jpg
ただし、自歩道にも危険はある。
橋を渡った先、下りの最後で、
歩道がここまで狭く絞られている。
十分に減速しないと非常に危険

17050409.jpg
その先も、車道幅のギリギリで
バリケードが設置されており、
自動車の追い越しが困難な状況がある。
PC2までは自歩道走行を強く推奨する。


 PC2の到着は11:26。
 しっかりとした補給をとった後、石巻市街地を抜け、北上川沿いの北上路に乗ります。

 この辺り、試走した日はほぼ無風だったので良かったのですが、風が強い日だと地獄を見るだろうな、という雰囲気がありありと現れていたのは……。


17050410.jpg
とにかく、しばらくの間は、
風を遮るものが何もない。
左岸から右岸に渡った後も、
しばらくは延々、
風の影響が強い平坦路を行く。


 雪解け期らしい、少し濁り気味の増水のある北上川沿いを北上し、花泉地区手前の丘陵地へ。
 ここで初めて、このコースでは珍しい、登りと下りがはっきりした尾根通しの道に出ます。


17050411.jpg
この丘陵地の尾根通しの道は、
旧街道だったのか、
見事な松並木が残る場所もある。

明治期に植樹されたらしく、
「明治松」という標識があった。


 まあ、この明治松。
 中には松の木が枯れてしまったのか、標識しか残っていない場所もあったのですがね……。

 この尾根通し区間の間、左のガードレールのすぐ脇から、キジが飛び出すこと2回。
 ホントにギリギリまで接近するまでじっとしている(プラス、メスは見事な保護色)ので、ものすごくびっくりさせられました。

 再び平坦地に戻り、花泉バイパスは、軽い追い風に恵まれて進みます……が、この丘陵地帯の尾根通しのアップダウンで、右膝の違和感が痛みに変わってしまい、ダンシングで立ち上がっても、体重を乗せて踏み込めなくなってしまいました。
 最後の山セクションを前に、これはちょっと痛すぎるトラブルかも……。

 PC3到着は、14:20。
 山セクションを前に、ちょっと多めの補給をとります。


17050412.jpg
花泉地区内を抜ける。
旧宿場町らしく、
昔の屋号などを示した標識が、
あちこちに出ていた。

これは昔の宿場の雰囲気が残った家屋。
(停車後、振り返って撮影)


 PC3から出発すると、南風が急に強くなりました。
 見事に横風を食らう形で、道を進みます。

 午後に入り、夕暮れ時が近づいたためか、徐々に風が冷たくなっていくのがわかります。
 フォロコントロールに着いたら、装備を少し厚くする必要がありそうだ、なんて事を考えつつ、前進を続けます。


17050413.jpg
正面に栗駒山が見えた。
まだまだ雪が深い。


 この季節は、まだ冠雪のある高山、ヤマザクラが花開いた山の斜面、芽吹きの黄緑色が鮮やかな低地など、様々な色合いが一度に見えます。
 連休中に水田に水が入り、田植えが終わると、景観はさらに変化するでしょう。


17050414.jpg
フォトコントロール。
栗駒駅跡の標識とともに、
自転車の写真を撮る。


 フォトコントロールに到着したのが、15:36頃。
 ここで、夕方の冷え込みに備えてメリノウールインナーを装備します。

 ここから先は、最後の最後で山のセクションになります。
 平泉200などのコースの序盤、細倉マインパーク周辺から長距離にわたって、緩やかな下り基調になるその道を逆に登った後、ピークを3箇所(数え方によっては4箇所)越えてゴールへと向かいます。

 まあ、長距離を走り慣れている皆様であれば、それほど苦労するようなコースではないと思いますが、走り慣れていない皆様にとっては、最後の最後に山とか、かなり嫌味なコース設定だな、と、傷めた右膝をかばいながら考えたり……。


17050415.jpg
最後、大崎市に入った後、
国道47号に出て、
スタート地点まで最後の平坦。


 宮城ブルベのコースを走り慣れた皆様にとっては、いつものコースの逆回しだと考えていただければ、大体、大丈夫でしょう。

 最後、おそらく、多くの皆様は、夕方に国道47号に出ると思われます。
 この辺りは、鳴子峡、鳴子温泉からの行楽客の帰宅渋滞に巻き込まれる可能性があります。

 まあ、ここまで来たら、残りは約5km程度。
 よほどの事がない限り、完走は間違いありませんので、焦らず、ゆっくり進みましょう。

 あえて、あ・ら・伊達な道の駅などに立ち寄って、休憩するのも良いかもしれません。

 ゴール地点に到着したのが、17:52頃。
 時間にして11時間52分。時間内完走でした。


 さて、文章中でも触れたとおり、このコースは確かに平坦基調ですが、完全に平坦というわけではなく、微妙なアップダウンを繰り返している道筋になります。
 じわっと登り、下りを繰り返しているうちに、何となく、ですが、昨年の北海道1200を走っている時を思い出したりもしました。

 これまでにもブルベを走ってきている皆様や、SRを狙えるくらいの実力の持ち主であれば、おそらく、問題となるような場所はほとんどなく、順調に進めば、9時間を切る程度の時間でゴールしてしまうでしょう。
 (逆に、PCのオープン時間を気にした方が良かったり? まあ、さすがにそれは無いでしょうけれど ^^;)

 おそらく、過去の宮城ブルベを見ても、最短時間が更新されることになるでしょうが……。
 皆様、できれば、過剰なタイムアタックなどは意識せず、普段通りに走っていただければと思います。

 特に今回が初めてのブルベになる皆様は、周囲の雰囲気に飲まれて、自分の実力以上のことをやったりしないように、十分、気をつけてください。
 200kmという距離は、走り慣れれば短い距離ですが、一般的に見て非常に長い距離です。
 丸半日、走ることになりますので、最初の1〜2時間程度で体力を使い果たしたりすると、DNF一直線です。

 で、今回のコースは石巻を過ぎたら、公共交通機関の便が悪く、DNF後も相当の長距離を自走で戻らないといけませんのでね……。
 (ご存知とは思いますが、ブルベには回収車はありません。DNF後にどのように自宅に帰るのか、も含めて、自分で対処する事が求められます。というか、そこも含めて楽しめる性格の人で無いと、本当の楽しみはわからないと思いますよ)



 さて、コースレポートはそれくらいにしまして。

 今回の試走では、エンメアッカ号を引きずり出しました。
 ちょっと検証したい事がありましてね……。

 前回、アリーゼで200kmを走った際には、途中から両足の硬直などの障害を抱えてしまいましたが、その後、とにかくどれだけ一生懸命、クランクを回しても、前に進む感じがせず、精神的に苦しい思いをさせられました。
 これは、過去にブルベ用に使用していたコラテック号も同様であり、体に疲労がたまると、ブレーキをかけたまま前進しているような、変な気分になったものです。

 エンメアッカ号では、そういう感じはなく、今回、PC3手前の丘陵地で右膝痛を抱えた後も、足を回していれば前に進んでいる、という感じが続きました。

 もちろん、コースプロファイルや気象条件が異なるため、単純な感覚の比較に過ぎませんが、昨年のコース固め時の試走(アリーゼ使用。体に障害なし)よりも、全体的に余裕を持って走れたことも事実です。

 もとより、レースで勝つことを考えたロード(カーボンフレーム)と、ツーリング目的でジオメトリを固めたエンメアッカ号の特性の違いが現れた、と見ても良いかもしれません。
 とにかく、完全な私見を言ってしまうと、エンメアッカ号に乗るようになってから、レース用のカーボンフレームは、あまりロングライドに向いた機材とは言えない、と、感じられます。

 かたや、短時間高負荷の運動で勝利を掴むための機材。
 かたや、長時間低〜中負荷の運動を、延々続けることに特化させた機材。

 両者の違いは、とにかく私にとっては、全く別物として感じられ、後者の方がブルベ的な走行に対して、よく応えてくれるように思われます。
 レース用の機材は、パワーが有り余っているうちであれば、十分に応えてくれるのですが、疲れたり、怪我などで100%の力が出せなくなってからは、急に重荷となってしまうような気がして……。

 まあ、エンメアッカ号は、ロード用のフレームでロングを走ることに、自分の体の適応限界を感じた結果、ジオメトリのレベルから煮詰めた車体ですからね。
 今後も、ブルベをはじめとした長距離ツーリングで活躍してくれることを期待しましょう。


関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク