日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

04月≪ 2017年05月 ≫06月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2016BRM918宮城200km磐梯吾妻クラシック参加記録

 また台風が来ていましたね。
 今年は、どれだけ暴れれば気がすむのやら・・・。

 大雨被害があった地域の皆様には、心からお見舞い申し上げます。
 そして、これから土砂災害などの恐れがあると報道されている地域の皆様、どうかお気をつけてください。

 では本題です。

 ひさしぶりのブルベです。
 200kmです。

 あれ? 距離が短いなあ、と思ったそこのあなた。
 その200kmの間に、累積で4,000m近く登ると言ったら、どう思います?
 (富士山の頂上より高くまで登る計算ですぜ?)

 そして、最大の標高差が、1,500m。
 これがスタート直後に待っています。

 ・・・自転車で登る道か、これ?(^^;)
 まあ、通行禁止の場所じゃないし・・・。

 という訳で、今回は、普段とは毛色の異なるブルベ、「山岳コース」への挑戦でした。

 いやいや、あんた、坂嫌いでしょ?
 いつも泣き言、垂れ流しながら走ってるでしょ?

 と、思われた皆様。当たりです。
 何でそんな奴が、山岳ブルベに出たのかと言えば!

 気の迷いです。

 ・・・いや、ま、ホントにね・・・。
 去年は、コースを見た瞬間に、「そっ閉じ」した案件でしたからね・・・。
 (一応、宮城1000から一ヶ月程度だったので、ダメージが回復していない、という言い訳をつけていた)

 そんなこんなで、久々のブルベがハードなブルベになった今回の様子は、どんな感じだったのかと言いますと・・・。
 詳細は裏置きしましたので、興味のある方は、以下のRead moreをクリックしてください。


 前回のブルベは、北海道1200。
 このブログの更新が無いことからもご想像いただけますとおり、それから今回まで、実はほとんど自転車に乗れていませんでした。

 北海道終了直後は、尻というか、左足の付け根の又側に、巨大な"おでき"ができており、まず乗ることができず。
 8月中旬頃からは、本業で現場作業がいくつかあったのですが、台風が立て続けに到来した関係で、「来週に延期します」→「うわまた台風やんけ!」のコンボを2回ほど繰り返した結果、8月最終週〜9月頭に、その後始末で奔走する羽目に陥ってしまい、普段の通勤でさえも乗れない日々が続きました。
 (もちろん、台風前後の雨天日は、通勤は公共交通機関に頼っている。さすがに、毎日の通勤で、そこまでリスクを冒せない)

 これじゃあ、せっかく身に着いたエンメアッカ号の乗車感覚も、忘れてしまっているんじゃないか、と思いつつ、前日泊で福島入りして翌早朝にスタート地点へ。
 まだ真っ暗な河川敷は、しとしとと降る雨に濡れていたのでした・・・。

 ああ、ついに灼熱属性は潰えたのか・・・。
 いや、それ以上の雨属性な人が参加しているのか・・・。

 なんにしても、朝一番から、テンションは「だだ下がり」になっていることを実感せざるを得ませんでした。
 いつものように受付を行って、車検の補助を行った後、スタート。
 スタートは、同じエンメアッカのチタンバイクを駆る岩手のYさんとご一緒でしたが、最初の平坦地帯でペースが合わずに、置いて行かれてしまいました。

 ちなみに、Yさんは今回、自走で参加という・・・。
 いやいや、山岳ブルベ前にそれは・・・(^^;)。


16091801.jpg
スタート直後。
雨の中の荒川(福島市)。
まだ暗いので派手に手ぶれ。


 荒川桜つづみ公園をスタートし、西方へ。
 最初に向かうのが吾妻山系の浄土平です。

 南東北の皆様の中には、既に「いつものコース」感覚らしい?人もいらっしゃったようですが、山嫌いな私にとっては、このコースは避けて通ってきた道だったりします。
 道なりにまっすぐ進み続けていると、やがてはっきりと斜度の変化が意識されるようになってきて、これから向かう「磐梯吾妻スカイライン」の標識が現れました。


16091802.jpg
磐梯吾妻スカイラインの標識。
坂の斜度は、
この辺りから本格化する。


 いつか、どこだったかで、自転車ツーリングにおいては、「カタカナ愛称付の道路はキツイの法則」がある(コバルトラインとか、エコーラインとか)と聞いたことがありますが、磐梯吾妻スカイラインは、見事にその法則にはまった道です。
 姥堂地区で大きくヘアピンカーブを描いてから先は、これでもか、というほど急勾配が連続する、厳しい道になります。

 まずは途中にある高湯温泉街を目指して、チェーンがギリギリ音を立てそうな斜度の道を進みます。


16091803.jpg
今回のコース上に、
やたら出てきていた、
ニホンザルの群れ。


 車に潰されたクリの実を狙って、ニホンザルの群れが出て来ているポイントがありました。
 この群は人慣れしているというか、自転車に乗ったまま近付いても、道路脇から逃げる気配がありません。

 1mほどしか離れていない場所を通過しているのに、ガードレールの支柱の上などに、堂々と腰かけたままですし、進路を塞ぐように座り込んでいたりします。

 「おいこら〜! ちょっとどいてくれ〜!」

 威嚇にならない程度の口調でそう言いながら、ダンシングして見せると、「仕方ねぇな、コイツ」というような緩慢な態度で道路脇へ移動して行きます。
 なんだかあまりに堂々としているので、一枚撮ってやろうか、と、カメラを向けたら、急に脱兎のごとく逃げはじめるという・・・。

 君らの危険の判断基準は、どこにあるんだ?(^^;)

 まあいい。
 同じ霊長類同士、平和的に距離を取ることにして、無散水消雪設備(舗装の下に、地下水など、冬でも温度が一定の水を通して消雪する設備)が入っている、コンクリ舗装路面に差し掛かりましたが・・・。

 冬季に雪を融かす装置=スリップを防ぐために導入されている、という区間なのですから、この消雪設備の設置区間は、文句なしの急勾配だったりするのですよね・・・。
 走行中は余裕がなくて確認できていませんでしたが、翌日、車で復習がてら登った時、ここに11%の斜度表示を確認しました。

 うん、進まないわけだ(笑)。

 この辺りで、数人の参加者に抜かれ、ほぼ最後尾に転落します。
 激坂登坂続きで体は一気に暑くなり、フルレイン装備だった私は、半ばのぼせ上がるようなほどの熱気を感じていました。

 斜度が緩んだ、見通しの良いカーブの広い路肩に停車して、下半身だけ、レイン装備を外します。
 ビブショーツが、レッグカバーの上の所まで、体から落ちてきた汗でぐっしょり濡れており、これはこの後、風を受けたりしたら、寒くならないか、と心配しつつ、クライム再開となりました。


16091804.jpg
ぐいぐい登って、
国立公園地帯へ。


 高湯温泉の手前で、同じく実走スタッフのKさんに追い越されると同時に、後ろにはTさん達だけだよ、と言われて、ああ、これは浄土平までの間に最後尾まで落ちるなあ、と思いつつ高湯温泉に至りました。

 ここでバックミラーを見たら、Tさんと、もう一方らしい影が、霧の中にぼんやりと浮かんでいました。
 高湯温泉は、大雨続きで道路の一部が崩れ、源泉からの配管が破損しているとのことで、強い硫化水素臭に包まれていました。

 温泉街としての雰囲気は最高に盛り上がりますが、ゼエハア激しく息を切らしている身には、いちいち悪臭が鼻孔を刺激してくれてつらい(^^;)。
 まあ、こんな所まで自転車で(しかもこんな天気の日に)登って来る、「頭のおかしい人」は少数なので、戯言と無視して頂いて大丈夫です(笑)。

 温泉街を抜けた先で、片側通行の信号が残り20秒になっていたので、速度を調整して、ゼロになったと同時に停止線を通過します。
 この辺りで、最後尾だったTさん達に抜かれ、「本当の最後尾になったよ〜」と言われましたが、そうなったらもう、開き直れば良いだけですので、逆に気分は楽になります(笑)。

 しかし、温泉街を抜けてすぐ、夜間施錠されるゲート付近に通過チェックがあって停車します。
 自分が最後尾だ、と告げましたが、この時、まだ一名の方が、到着していなかったような??
 (途中で休憩していた? それとも、DNSの連絡が遅れていたのかな?)

 とりあえず、軽く水分を補給後、最後の数人グループの真ん中ほどで出発し、浄土平を目指します。


16091805.jpg
霧がかかる磐梯吾妻スカイライン。


 高湯温泉から浄土平に繋がる道は、何度もヘアピンカーブを繰り返しつつ、高度を稼いで行きます。
 左ヘアピンカーブは、斜度がとんでもない事になっている場所もあり、激坂登坂続きの体にはキツイ・・・。

 ほどなく、Tさんら、最後尾組が追い付いてきて、急勾配のヘアピンを何度か通過しているうちに、追い越されました。
 やはり、最後尾に転落です。


16091806.jpg
つばくろ谷に到着。
旧橋があったのは、
あそこだな。

16091807.jpg
しかし、霧も濃くなって、
何も見えない。


 つばくろ谷は、浄土平と並んで、磐梯吾妻スカイラインの景勝地ですが、この日は霧のため、何も見えません。
 旧道沿いにあるレストハウスも、時間が時間なので立ち寄らずに通過。

 在庭坂の九十九折りに差し掛かりますが、ここで私の体幹が限界に達したようで、踏み込んでもペースが上がらなくなりました。
 この辺りで、エンメアッカ号でなく、車重が軽いアリーゼで出れば良かったよ、と後悔し始めますが、時すでに遅し・・・。

 つばくろ谷の所では、まだ前方、手が届きそうな所に見えていた前走者の背中が、どんどん遠ざかり、ヘアピンカーブの向こうへと消えてしまいます。
 そして、その後、勾配が多少緩くなる天狗の庭付近に至っても、その姿が全く見えなくなっていました。


16091808.jpg
天狗の庭周辺で撮った一枚。
天気が良ければ、
大展望が開けたはずなのだが・・・。


 これから行く先を見通すと、霧の中に、ほとんど植物の姿がない斜面が見え始めます。
 あれが吾妻小富士の外輪山でしょうか?


16091809.jpg
ぼちぼち見えはじめる、
植生が乏しい世界。

16091810.jpg
まもなく、
火山ガスの発生帯に至る。


 火山ガスの影響?で、急速に植生が乏しくなる付近で大きなカーブを曲がると、猛烈な硫化水素臭とともに、強烈な冷たい雨風が叩きつけられました。

 ちょっとまて!
 体感温度が変わりすぎだ!

 カーブを曲がった瞬間に、レイン装備で守られていない顔、指、下半身に冷水を浴びせられたような気分になりました。
 慌ててレインスーツのベンチレーションと前合わせを閉じ、反射ベスト(Flandrien)の前もぴったりと合わせて閉じます。

 切通しを抜けて賽の河原を見通せる場所に来ると、風はさらに強くなります。
 この時の風は猛烈な勢いであり、道路脇のガードワイヤーか、落石防止ネットかを抜ける風が、ヒューヒューと音を立てているのがわかりました。

 高標高域でこんな風を受けるのですから、下界の暑さで汗まみれになった上に、レインパンツを装備していない下半身は、冷たい雨風に晒されたままであり、腰がぐんぐん冷えて行くのがわかります。
 止まってレイン装備を着用するか、と思っても・・・。


16091811.jpg
止まるなってか?
窓を閉めろという標識もあったが、
残念ながら、
エンメアッカ号には窓はない。


 多くの参加者(多分、参加者全員が)猛烈にツッコミを入れたであろう標識を通過し、賽の河原に突入します。
 吹き下ろしてくる風の通りが良すぎるのか、ガスが飛ばされ、ここだけ妙に視界が回復するという不思議現象が発生していましたが、その強い風が、冷え切った雨滴を、冷え切った体に叩きつけてくれています。

 この日から、レインスーツはモンベル新型サイクルレインスーツ(緑。GOREパックライト使用)になっていましたが、この新型スーツ、心なしか、今までのスリーレイヤーのスーツより保温性が悪いような・・・。

 横風にハンドルを取られ気味になりつつも、何とか直進を保って、猛烈な硫化水素臭が充満する谷を横断します(道路脇の池か沼から、ポコポコ気泡が上がっていたんだが ^^;)。
 谷底を通る川を渡る時、前方のガスが流れて、九十九折りの涅槃坂が見えましたが、その最上段付近に、先行する人の反射ベストが見えていました。
 う〜む、ぶっちぎりで最下位だぞ、これは。


16091812.jpg
賽の河原に突入。
猛烈な硫化水素の臭気に包まれた。

16091813.jpg
最後の九十九折り(涅槃坂)を通過中。
悔しいが、こんな日でも景観は最高。
晴れていれば、どれだけ凄い景観だった事か。


 寒さに震えながら、浄土平レストハウスに到着。
 同じくスタッフのTaqさんとSさんが待機されていました。

 震える体をおさえて、フルレイン装備に換装。指先があまり動いてくれない(^^;)。
 この先の天気の状況を聞くと、雨雲レーダーでは、土湯峠まで土砂降りの雨だとの事で・・・。
 途中でヘタレていたため、時間的にもかなり厳しい状況に陥っていた事もあり、

 「道路最高地点までは行きますが、そこで時間がまずかったら、スタートに引き返します」

 という、半分撤退宣言とも思える宣言とともに、再スタートを切りました。

 そこから先、樹林帯が復活した事もあり、風は多少和らぎましたが、雨はさらに激しくなってきました。
 2ヶ月も自転車にほとんど乗っていなかったからか、体幹の衰えは驚くほどのレベルで、登りで踏み込んでも、踏ん張りの軸が体から抜け落ちているかのようで、スカスカと踏み込む力が抜けている気分です。
 もちろんペースは全く上がらず、普段なら軽く走って行くだろ、北海道ではもっと走れただろ、と思うような斜度で、インナーローに追い込まれれギリギリとチェーンを鳴かせて・・・。

 また、この辺りから霧が濃くなったため、今まではキャップのつばで雨滴を防げていたのに、アイウェアが霧滴で真っ白に曇ってしまいます。
 指で拭いつつ、登り基調のアップダウンを越えていくと、あまり高低差を感じない区間にそれがありました。


16091814.jpg
磐梯吾妻スカイライン最高地点。
標高1,622m


 よっしゃ、何とか今回のコースの最高地点には到着したぞ、さあ、時間は・・・と、手元の時計を見ると、9:58分。

 ・・・PC1は白布峠の向こうで、13:48分までに到達だったよな・・・。
 そして、この先に待っているのは、レイクラインだよな・・・(またカタカナロードだよ・・・)。

 白布峠は、過去にブルベで走ったことがあり、険しさも長さもわかっています。
 桧原湖から反対側に下るだけで、余裕で1時間以上かかりますし、その手前に自転車的に難路で知られるレイクラインがあり、何より、この強烈な雨と、アイウェアを曇らせる霧の中、土湯までの長い長い急斜面を下る・・・。

 今のコンディションで、残り3時間強で、それだけの難所の走破を、時間内にできるのか?

 Uターン決定。

 まだ30kmほどしか走っていませんが、これ以上は傷を深めるだけでしょう。
 また、これだけの悪天候で、初めて通る道ですから、先に進むより、通過してきた方向に下りる方が良いでしょう。

 そんな訳で、撤退開始です。
 浄土平レストハウスに再度立ち寄り、お手洗いに入ろうとしたところで、次の場所に移動しようとしていたSさんに呼び止められたので、「引き返す」と告げて、お手洗いに入ります。
 手洗い場の蛇口から出てくる水が温かいと感じたのは、温水が出ていたから・・・ではないよね?(^^;)

 ここで浄土平から撤退する旨をメールで報告し、再び硫化水素臭が激しい賽の河原へと向かいましたが・・・。

 福島側も霧は凄いわ、アイウェアが水滴で真っ白になるわ、急勾配続きでブレーキングが大変だわ、と、とんでもない状況でした。
 ちなみに、コースどおり進んだ皆様ですが、フルブレーキングでも全く止まらず、ズリズリと下って行くとか、色々恐怖体験をされたそうです。
 (白布峠北側の長急勾配の下り区間は、ディスクブレーキでも効かずに、ズリズリ滑り落ちて行ったらしい)

 まあしかし、こちらもこちらで、11%越えの斜面で止まれず冷汗をかいたり、途中のわずかな平坦地で止まって、握力回復を待ったり、熱くなったリムを掴んで、指の冷えを解消したりしていましたからね。
 Vブレーキでもこれでしたから、キャリパーブレーキだったら、どこまで怖い思いをしたのかな・・・(^^;)。

 高湯温泉を過ぎて、恐怖の長距離級斜面と化した無散水消雪設備設置区間を下る途中、コンビニ雨合羽装備のツーリストらしい自転車乗りにすれ違ったので、「頑張れ!」と声をかけましたが、届いたかどうか・・・。

 さらに何度か握力回復休憩を入れて、姥堂のヘアピンを抜けると、あとは市街地まで平坦な・・・。
 平坦な・・・。

 下りが続いて、車体が止まらないんですけど(^^;)。

 いや、ここ、往路はこんな斜度の登りだったの?
 東北道を潜るまでは、ほとんど平坦だと思っていたけど、そうでもないのね(^^;)。

 信号待ちで止まった後でも、軽く回しただけでスイーッと走って行く車体に任せて、スタート地点まで引き返しました。
 正午頃、何とか車に辿り着き、車体を放り込んでずぶ濡れの装備を解いていると、ちゃりけんさんが様子を見に来て下さいました。

 「唇、真っ青だよ」

 と言われて初めて、体の震えが止まらないほど冷えていることに気付いたり・・・。
 福島駅西口に極楽湯が併設されているのは、去年も立ち寄ったので知っていたので、そこで体を温めることにしました。

 とりあえず、ここでコース上の戦いは終了。
 この後、極楽湯で温まって、14時半頃、スタート地点に戻ると、そろそろ第一走者が戻ってきそうだ、という話になっています。

 このコースの、この天気で、一桁時間で帰ってくるって、どんだけ凄いことか・・・(^^;)。

 その後は次々帰ってくる皆様を受付で待ちつつ、記録のチェック、メダルの受け渡しなどの対応を行いました。
 19:30になると同時に現場は撤収となりましたが、懇親会場に誰も行かないのはまずいだろう、ということで、私は先に入って、皆様をお出迎えすることに。

 ちょうど、店に着いたタイミングで、初めてのブルベがこのコースだったという、20歳になったばかりの参加者の方とともに席に着きます。
 この、新規参加の彼は、誕生日が開催日の4日前であり、20歳になったと同時に、いきなり走ったのが、今回の熟練のヘンタイ向けコースであり、しかも片方のペダルのシャフト抜けを克服して、見事に完走しているという、将来が楽しみな大物新人だったりします。

 そういえば、受付中に、スタッフが働く姿を見て、お手伝いしたい、と申し出て下さった方もいらっしゃったり、今後の宮城ブルベの展開に、楽しみな話も色々とありました。
 もちろん、この夜の懇親会での交流も、これからの楽しみの一つになりました。

 数分後、パラパラと参加者とTaqさんが到着し、参加者の半数くらいが揃った所で、懇親会スタートです。
 すぐに出席者全員が揃って、厳しいコースをクリアした参加者の皆様、DNFした私(笑)も含めて、今日のコースについてや、自転車談義で、大いに盛り上がったのでした。
 (皆様、翌日に響いていなければ良いけど:笑)


 とまあ、そんなわけで、DNFという結果で、今シーズンは終了です。

 今シーズン、参加したブルベは、200、600、400、1200、200の5本で、完走×4、DNF×1でした。
 そして、今年はSRは取り逃がしています。

 まあ、今年は1200の完走が、コンディション的にも、シーズンの山場だったのでしょう。
 (本業の日程も、それに合わせて組んでいたので、8月以降の多忙は織り込み済みだったし・・・)

 それにしても、この磐梯吾妻クラシック、山岳コースで、厳しいとは覚悟していましたが、悪天候が加わって、本当に厳しいコースになっていました(^^;)。
 いつもは、泣き言を垂れ流しながら登坂している私が、泣き言をいう余裕もなく、静かに走っていたという・・・。
 (静かなので、周囲からは今日は走れてる?とか思われたらしいのだが、実は逆だった ^^;)

 次回、機会があればリベンジ?

 う〜ん、その時は、ちょっと鍛え直さないとダメですね。
 とくに、体幹が早々にヘタって踏ん張れなくなったのは、ペース配分を大きく狂わせた原因にもなっていますし、何か対策を考えないとなあ・・・。

 まあ、地道に、秋晴れを待って、自転車通勤で「常に体を動かす」ことから始めましょう(^^;)。

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク