日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

06月≪ 2017年07月 ≫08月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

BSモールトン、リアサスをハードに換装。

 東京シティサイクリングにエントリーしてから2ヶ月が経過。

 そろそろコース図が掲載されていないかと思い、東京シティサイクリング2008のオフィシャルサイトを見てみると・・・。
 トップページに、7/15日付で定員になったのでエントリーを締切ったというお知らせがありました。

 おひおひ、締切日の9/7日まで、まだ一ヶ月以上あるのに、もう1,800人分の枠、埋まっちゃったの?(^^;)
 さすが首都圏。サイクリストの人数も半端じゃないですね。

 ところで、コース図その他は、いまだ準備中のようでした(爆)。

 では本題です。
 先日、和田サイクルさんでお願いしたBSモールトンの微改造ですが、勿体ぶる必要もないので、さっさと公表してしまいましょう。


P1000535.jpg
微改造部
リアサスのエラストマーが青色(ハード)になった。
これでフレーム、バーテープ、エラストマーと、全てが青(爆)。
右の赤帯のゴムは、標準でついていたソフトサス。


 という訳で、先日ご報告の微改造とは、リアサスのエラストマーをハードタイプに交換した、という奴でした。
 高速化を考える皆様の間では、定番の改造ですね(^^;)。
 (っつーか、改造というより、オプションパーツへの交換、と言った方が正しい表現かな?)

 ちなみに、この青い帯のハードサスは、BSモールトンのラインナップうち、高速・スポーツモデル(BSM-R2S)では標準で装着されています。
 BSM-R9、BSM-S18は、標準仕様では赤い帯のエラストマーが装着されていますが、これはコンフォートライド側に振ったソフトタイプです。

 このソフトサスは結構柔らかく、乱暴に足を回すとボヨンボヨンと車体が跳ねる原因にもなります。
 BSMオーナー間では、「ペダリングのスキルが向上すれば、問題ない」と言われる事が多く、私が乗っている感じでも、確かに日常使用の範囲~ポタリング程度であれば、その通りだと思われます。

 しかし、このソフトサスによるパワーロスは、ペダリングのスキルだけで解決できない場面も、結構あるように私は感じます。

 例えば、滑り止めの凹凸が刻まれた坂を登る時は、スイングアームがガコガコ跳ねるため、シッティングでもダンシングでも、はっきりと体感できるほどパワーロスが大きくなります(滑り止めが刻まれていない路肩ギリギリを走ると、速度の伸びが全然違う)。
 平坦地でも、30km/h程度で網目状のクラックや、表層が削れてアスファルトの細粒が立っている路面に差し掛かると、スイングアームがビリビリ振動し、急減速する時もあります(後ろの人は、ブレーキをかけたと思うらしい)。

 こういう場合は、いかにペダリングを丁寧にしてもパワーロスは避けられず、もっとリアのぶれない、"硬い"車体が欲しくなります。

 まあ、ソフトサスはもとより日常使用のコンフォートライドでの快適性を考えた物ですから、「タイヤを確実に路面にグリップさせるけど、ソフトな感覚は残す」程度の硬さに調整されていると見てよいでしょう。
 一方、高速&スポーツモデルのBSM-R2Sに最初からハードサスが装着されているのは、スポーツ走行にはそれ位の"硬さ"が必要だからだ、と考えると、よく言われる「BSMのハードサスは、ペダリングスキルが未熟な人か、体重オーバーな人向け」という話は、一概に正しいとは言えないように私は思います。

 まあ、その辺りは人それぞれ、考え方が異なるでしょうから、それまでにしまして・・・。
 (私自身、つい最近までソフトサスで全然問題を感じていませんでしたし・・・)

 ハードサスでの走行感ですが、まだそんなに距離を走り込んでいない段階で感じるのは、尻痛度UPという所でしょうか・・・。
 高速化しているのかどうかは、そこそこの距離を走った上で、アベレージを見て評価することにしましょう。

 なお、ソフトサスは自宅保管してあるので、戻したければいつでも戻せる状態にしてあります。

 それはそうと・・・最近、「多摩サイ」でブログ検索すると・・・出てくる出てくる、「熱中症寸前報告」の数々(^^;)。
 皆さん、十分、気をつけましょう(笑)。

 それにしても・・・この猛暑の炎天下、嬉々としてハァハァ走りまわってるって・・・。

 自転車乗りの皆さん、どんだけドMなんですか?
 (↑オマエも同類だ!という正しいツッコミは、コメントでお願いします ^^;)。



関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク