日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

10月≪ 2017年11月 ≫12月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

反射ベスト到着!

 さて、ここしばらくの間に、自転車関係では色々、話題になった事件がありました。

 特に、以前から品質に難がある、と言われ続けていたメーカーブランド製品が、見事に予想通りの事故を起こしていた件は・・・。
 その後の販売会社側の杜撰な対応(現在も、リスクマネージメントの初歩から勉強し直した方が良いレベルで、間違った対応を続行中)をしている件も含めて、ネガティブな意味で話題になりました・・・。
 (あえて、そのブランド名は出さないが、「分身!」とか言えば、大体わかるんじゃないかと)

 皆様、先人の残した「安物買いの銭失い」という言葉。
 もう一度、良く噛み締めてください・・・。

 特に、自転車のような、そこそこ高速で移動するための「乗り物」の場合、「安物買いの命失い」にもなりますので・・・。

 では、荒れる元になりそうな話題はそこまでにして、本題です(上の文章は、さらっと読み流してね。本題はあくまでもここから先! ^^;)。
 沼脱出のために、と、物欲に任せて、わざわざイギリスに発注をかけた反射ベストが到着しました。
 という訳で、今回は簡易レポートと行きましょう。

 なお、簡易と言いつつ、結構長くなったので(^^;)、詳細は裏置きします。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックしてください。


 さて、それでは早速、どんなベストを買ったか、見て頂きましょう。


15030401.jpg
Proviz
Night Rider - High Visibility Vest

15030402.jpg
背面はこんな感じ。


 「ナイトライダー」という製品群の中のひとつで、EN471グレードの反射面積を持つという事です。

 ベストの生地は100%ポリエステルで、見た目に硬そうに見えますが、実際にはしなやかです。
 また、一枚布ではなく、緻密なメッシュ地になっているので、ある程度の通風性は期待できるでしょう。

 前面のファスナーは、上下両方向から開閉が可能なので、バックポケットにアクセスしたい場合、下半分を開いて、裾をたくし上げるとか、そういう事もできます。

 なお、この画像の物で、サイズはMですが・・・正直、デカすぎ(^^;)。
 170cmの私が着用すると、完全に尻まで隠れます(笑)。
 (実際に着た感じは、ResproのHi-Vizベストみたいになる、と言った方が、ブルベを走る皆様の間ではわかり易い・・・かな?)

 欧州系の場合、ワンサイズ小さく選べ、と良く言われますが、こういう、衣服の外に着るゆったりしたアウターの場合、さらにワンサイズ小さい物でも大丈夫そうです。
 まあ、多分、ラン、ウォークの際に目立つような設計になっているベストなので、そういう目的に使う分には問題ないと思いますが、自転車用として使う場合、Sサイズでも十分だったかも、ですね(^^;)。

 とりあえず、使いますけど(笑)。
 (連絡文が全て英語で来ているので、恐らく、通販先には日本語が通じない。交換のためのメールのやり取りが面倒そう。Wiggleの日本法人など、日本語が使える場所で扱ってくれると助かるんだけど・・・)

 ちなみに、ここまで後ろが長いと、ジャージのポケットに干渉しないか?
 走りながら物を取り出せないのではないか?
 と思われるかもしれませんが・・・。

 私、よく考えたら、走っている時にジャージのポケットから何かを出したりしない事に気付いたんですよね・・・(^^;)。
 背中のポケットを漁る時は、停車してから漁るので、それなら別に、ポケットの上に被っていても問題ないな、と。
 (止まってからであれば、ファスナーを下から開いて、裾をたくし上げてゴソゴソやっても問題ない)

 ま、そこは各個人の使い方次第ですね。

 ちなみに、高視認性ベストに求められる、リフレクターの性能はどんな物か、フラッシュ撮影で見てみると・・・。


15030403.jpg
前面から見るとこう。
まあ、大体予想通りかな?

15030404.jpg
背面から見ると、結構ギラギラ。
なお、三角の部分は、
ビニール被覆付きの反射板になっている。
恐らく、この面積も含む形で、
EN471対応になっている。


 前方からの見た目は、まあ普通の安全ベストですが、後方からは、えらくギラギラ目立ちます(^^;)。
 どうやら、夜間に目立つ、という意味では、一定のレベルに到達していると思われますね。
 ただし、三角の部分は少し高い位置になるので、私のように上体を立てたポジションを取るならともかく、レースのような、前屈の深いポジションの場合、ちょっと視認性は落ちるかもです。


15030405.jpg
そして、この三角の反射板は、
Proviz社の扱うTRIVIZシステムに対応しており、
面ファスナーで脱着可能。

ここに、同じサイズの、
三角のLEDライト(別売)を貼る事も可能。

15030406.jpg
腰の黒い部分はメッシュポケット。
伸縮性はないが、
一口ようかん程度の補給食は、
ここに入れても良い。
上の真中に3cmほどの面ファスナーがあり、
不時の落下防止にもなりそう。

また、このポケットには、
マグネットクリップ式の
リフレクターをつけても良いかも。
例えばこんなのとかね。


 こういう小さなギミックがあったりするので、案外、自転車用として使っても、使い易いかもしれません。
 ただし、先にも書いた通り、もともとはランやウォークで使う事を考えたベストのようなので(+私の場合、ちょっとデカいサイズになっているので ^^;)、風によるばたつきは大きいかもしれませんね。
 それが気になる人には、ちょっと使用上、問題があるかもです。

 そうそう、現在、何かのキャンペーン中なのか、対象商品であるベストを一着購入するごとに、こんなバンドが無料でついてきました。


15030407.jpg
LED内蔵の発光バンド。
腕や足首に巻いて使うものらしい。


 CR2032を電源に、発光するギミックが付加されたバンドです。
 電源マークの位置にあるスイッチを押すと、点滅、点灯、消灯の順に発光パターンが変わります。


15030408.jpg
発光させない場合でも、
リフレクターとして機能する。

しかし、この画像を見ると、
ベストのサイズのデカさが目立つ(^^;)。


 このバンド、電池が切れても、リフレクターとして機能してくれます。
 なお、中の機械の防水性は皆無に等しいので、ブルベの雨天ライドなどで使えるかどうかは、かなり怪しいと思われます(汗の影響も出るんじゃないかな?)。
 もし可能なら、中の機械を引っこ抜いて、ただのリフレクトバンドとして使うのが良いかもしれませんね(ただし、機械を抜き出せるか、まだ試していない)。


15030409.jpg
とりあえず、二つあるので、
両腕や両足などに使えそう。
色々試してみよう。


 ・・・おいちょっと待て。
 さっき、一着に一本とか言っていなかったか?という疑問を持った皆様。

 あなた達のように、カンのいい読者は好物ですよ・・・(笑)。


15030410.jpg
はい、もう一着、買ってました!
Proviz Reflect360 Running Vest

15030411.jpg
背面から見た所。
このベストの構造は、
ブルベの現場でもたまに見かける、
Nathanのストリークベストに似ている。


 全面反射という、強烈なベストです。
 シリーズ名の「Reflect360」の名前の通り、全周全方位からの夜間視認性の確保を考えた、夜間専用ベストと言っても良いかもしれません。

 なお、このベストは、蛍光色を使っていないので、EN471などの「高視認性衣服」の規格には対応していません。
 日本では「反射ベスト」の一言で片付けられるこれら衣服ですが、欧州の安全規格では、「反射ベスト」「高視認性衣服」は、きっちりと別物として扱われています。

 ちなみに、日本ではまだその考え方が未分化であり、明確な「高視認性衣服」の製品規格が定まっていないために、交通事故死者数の中に占める「工事等作業者の路上作業中の交通事故死亡件数」がほとんど変わらない事が問題視されています。
 ゆえに、現在、EN471をISOとして規格化した、ISO 20471のJIS化作業が行われている訳ですが・・・まあ、余談なので、この話はここまでにしましょうか(^^;)。

 とにかく、「昼でも夜でも目立つ衣服」「高視認性衣服」です。
 という観点で見ると、このランニングベストは、高視認性衣服とは言えませんが・・・。


15030412.jpg
試してみたかったのは、
この圧倒的夜間視認性。
(フラッシュ撮影)

15030413.jpg
背面から見てもこれ。
言っておくが、
Photoshopは使っていない。
(そんな画像処理の腕もないし ^^;)


 という訳で、ほぼ全面反射という、強烈な夜間視認性が妙に気になって購入していたのでした(笑)。
 ただし、高視認性衣服ではないので、私としては、ブルベには使わない可能性が高いですね。
 日々の自転車通勤や、夜練など、最初から暗い条件で、私的に走る場合などには使いたいと思っています。


 という訳で、物欲のままに行動して購入した訳ですが、これで沼衝動が収まったのかと言うと・・・。

 う〜ん・・・。

 色々、他にも気になる物があったりするのがねぇ・・・。
 (深い!深過ぎるぞ、この沼!:笑)
 

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク