日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

10月≪ 2017年11月 ≫12月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スタッフ活動裏話:事前試走

 台風の影響で雨が降り、晴れ間なんて見えやしない。

 という、そんな天気の中を走ってきたというのに、顔は火照ってうっすら赤くなり、足はレーパンとソックスの間だけ色付いた、レッグカバー焼けになっているという不思議・・・。
 盛夏期の紫外線って、こんなに強い物なんでしょうか?
 (甘く見ていたなあ・・・)

 では本題です。
 ブルベシーズンは現在、盛夏期を迎えて一時お休みになっています(あまりに暑い時期には、開催しない習わしになっている。が、主催団体によっては、この時期にも開催している)。
 そして、裏話の中の裏話としては、来年開催のブルベのコース提出の、国内締切が8月末に迫っている、という事があり、現在は各団体ともに来年開催のコース設定準備などに追われているかと思います。

 この、ブルベのコース設定については、各団体ごとにやり方が色々あるようですが、基本的に、スタッフが「こんなコースはどうだ?」と提案した内容を、各団体内で検証して、大丈夫だ、となれば、国内申請に提出する形になっています。

 一応の目安としては、そのコースをブルベルールで走った際に、各団体のスタッフがちゃんと完走できる程度、という形の物があります。
 という訳で、ブルベのコースはどうしても、それなりに「走っている人」でなければ、少々?厳しい思いをするコース設定になってしまう訳ですね・・・。
 (年々、難易度が変化するコースがあったりするのは、スタッフが同じコースを走り慣れてしまい、色々なアレンジを加えて行く過程でそうなっていると思われます)

 そして、来年、私が提案したコースの開催が計画されていることから、このコースについて、事前試走をすることになった訳ですが・・・。

 ま、顛末の記録は裏置きしましたので、どんな雰囲気のコースなのか、さわりだけでも知りたい、という方は、以下のRead moreをクリックして下さい。
 (ただし、現段階で出せる情報に限られますので、あしからず・・・)


 このコース自体は、実は仙台で生活するようになった直後くらいから、何となくの感覚で、「こんな風な場所を走れたらいいなあ」という感じの物がありました。
 実際に形にしてコースを引いてみたのは、2013年。
 それから2年の歳月を経て、来年、実際にブルベとして開催するため、コース構成などを最終確認するための事前試走までこぎ着けたのでした。

 しかし、事前試走を予定していたその週末に、日本列島には台風か接近してきており、全国的に悪天候となってしまい・・・。

 まあ、結果を先に書くと、2名出走したうち、私の方は途中でDNFとなってしまいました・・・。
 (途中、峠越えに差し掛かるタイミングで、強風を伴う大雨に捕まったため・・・)

 しかし、今まで、宮城ブルベで使用した事がなかったルートのうち、過去に私が一度も走ったことがなかった部分については試走で確認できましたので、まあ、何とか雰囲気は掴めたかな、と考えています。
 (DNFで偉そうなことを言うな、と言われてしまうかもしれませんが・・・)


14080901.jpg
序盤、農地の中の道を行く。
晴れていれば、
もっと気持ちよい風景だったと思う。


 私の提案コースは、過去に開催された同じ距離のコースと比較すると、獲得標高は低めになっています。
 開催距離(km)の数値×10倍のmの法則(200kmの場合、2,000m)を標準として判断した場合、これを下回ります。


14080902.jpg
しかし、登りがない訳ではなく、
部分的には、かなりキツい坂もある。
おかげで、場所によっては、
こんな展望を見ることも出来る。

14080903.jpg
ちなみに、こんな九十九折もある。
ここはかなりキツい坂(笑)。


 実際に試走した範囲に関して言えば、距離に比例した攻略難度と景観性を持つコースになったと思います。
 ちなみに、全て私の趣味で作っているようなコースなので、景観性、と言っても、どんな物であるかはお察しください・・・(なお、わざわざ寂れた旧道や、苔むした古隧道ばかり通している訳ではないです ^^;)。


14080904.jpg
天気が悪かったためか、
霧に包まれた幻想的な風景もあった。

14080905.jpg
しかし、霧が晴れてくると、
こんな展望も開ける。

走っていて気持ちの良い場所だが、
場所によっては、
ガードレールのない下りヘアピンなど、
ちょっと危険な場所もあったりする。


 こういうコース風景を出すと、散々、登りが苦手、と言っている割に、どんなコースを作ったんだと言われそうですが(^^;)、まあ、延々平坦な場所を走るなんて、逆に退屈で苦痛ですから、アクセントになる程度のアップダウンはありますよ、と。


14080906.jpg
平坦な部分だってある。
鳥海山に向かって直進。
という事は・・・
宮城ブルベのジンクスが発動すると・・・

14080907.jpg
ちなみに、月山方向を望める場所もある。
まあ、この辺りは、
土地鑑がある皆様なら、
どの辺りか予測できると思う。


 一応、画像はあえて撮影位置がわかり難い場所を選んで掲載しました。
 詳細は、恐らく、コース確定〜発表になれば、あそこか〜!とお分かり頂けるでしょう(この段階でわかってしまう方もいらっしゃるかも)。

 とりあえず、自分が試走した範囲で言えば、「数字のイメージだけで取り組むと、意外な展開に驚かされる」ようなコースだと言えるでしょう。
 実際、PC1への時間内到着が、思った以上に難関だったり・・・。

 反面、コースのつなぎや景観性などについては、過去の宮城ブルベとはひと味違う場所(方向性が違う、と言った方が良いかな?)が結構、あると思います。
 この辺りは、詳しくご紹介できる段階になったら、解説編でも作ってみましょうか・・・。

 できればそれまでに、継ぎ足しでも良いので、コースの全体を走れたら・・・。
 いや、まあ、ほぼ9割は走ったことがある場所なんだけどね。残り約一割がね・・・ (あ、その一割が、激烈な難所だという話ではないので、あしからず ^^;)。


関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク