日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

07月≪ 2017年08月 ≫09月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

鬼首道路再び。

 梅雨が明けたー!
 やっとあけたー!

 長かった雨の季節も終了。
 そしてそれと同時に、強烈な夏の日差しが復活!

 早速、今までの鬱憤晴らしに走って来ましたが、日焼け止めを塗り忘れたり、塗っていたのに効果がイマイチで、顔が真っ赤になっていたりします。
 (おかげで日差しが当たると、肌がチリチリ痛い・・・)

 なお、梅雨明けの直前に、仙台の泉区北部から宮床方面に抜ける県道の一部が開通し、走行可能になりました。
 早速、自転車乗り達が試走などに訪れている様子だったので、私も行ってみる事にしました。

 ミヤヒル坂、と仮に呼称がついているようですが、坂とはいえど、斜度はそれほどでもなく、距離が長い、という特性があるため、ヒルクライム練ではなく、平坦高負荷練に使った方が面白いルートになりそうです。
 まあ、私はレース/競技趣向は薄いので、実際にレースを走っている皆様には、どのように見えるかは別の話ですが・・・。


13080301.jpg
で、ちょっと危険な部分もあった。
ミヤヒル側から抜けて来た場合、
最後に急カーブを抜けた先、
アウト側になる場所に、
こんな高低差が・・・。
(最高部で車輪のハブ高)


 ついでに、この道、車道幅はそれほど広くありません。
 並走禁止は言うまでもなく、先頭交代も最小限にすべきかと思います。
 (できればソロ〜2、3人程度で走るのが妥当な所でしょう)

 では本題です。
 GW前半に残雪と季節外れの寒さによって撃退された、宮城〜秋田県間をつなぐ国道108号、通称、鬼首道路。
 今回、ちょっとした偵察を兼ねて、夏期の状況、特に、新道と旧道の双方の状況を見に行って来ました。

 といっても、ここは結構山深い場所。
 標高で言えば、500〜600m前後です。

 それがどれくらいの場所なのか、というと、東京近郊で言えば、奥多摩湖の堰堤付近の標高になります。
 ・・・と、言っても、ここは東北地方。
 単純に、同じ標高だから同じ状況になるかと言えば、さにあらず。

 私の経験上、こちらの地方での標高500mは、関東地方の標高800m以上と同じくらいの気候。
 具体的には、東京近郊では都民の森と同じくらいの標高で感じる気候感を考えて頂ければ良いでしょう。

 冬期は、相当に整えられた除雪体制がない道路は、冬期は完全に通行止めとなってしまいます。
 かくいう鬼首峠も、新道が開通するまでは冬期は通行止めになる道路でした。

 とまあ、そんな場所なので、本来なら事前に色々準備をしたりすると思うのですが、今回は特に何の準備もなく、思いつきだけで走りに出かけました。
 前回のブルベ以来、2週間ほど、全く自転車に乗っていなかったので、どれほど体がなまっているのかを確かめる意味もありましたが・・・。

 それがどんな結果になったのかは、長くなったので裏置きします。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。

 金曜日の段階で、土曜日は晴れる、という予報が出ていました。
 しかし、金曜日まで仙台は雨が降り続いていて、時折、曇りや晴れ間の予報が出たものの、全てが裏切られるという結果になっていたため、

 半信半疑の気分で、一応目覚ましだけはかけて、晴、あるいは路面がドライだったら、走ることにしよう、と考えて迎えた土曜日の朝。
 空は曇っていましたが、路面はドライコンディションになっており、走り出すことには特に問題はなさそうでした。

 という訳で、現在ドック入りしているCorratec号ではなく、アリーゼを準備して出発。
 国道457号を北上し、まずは鳴子温泉を目指します。


13080302.jpg
途中、鳴瀬川を渡る。
長雨続きで、
普段と比べると少々増水中。


 出発してすぐには曇りだった空は、いつの間にか晴れ間がのぞく時間が多くなって来ました。
 気温自体は、途中の温度計で見る限り、22度程度と、それほど暑さは感じませんが、日差しはさすがに真夏だけあって、輻射熱で背中を焼いてくれます。

 これは、暑さ対策をしっかりする必要がありそうだ、という訳で、途中のコンビニの配置などを頭に浮かべて、どこでどんな物を補給するか、概略で考えておきます。
 特に大変なのが、鳴子温泉を過ぎた先、鳴子ダムに向かう区間より高所に向かう道筋です。
 この区間、国道108号沿いと言いながらも、コンビニは、個人経営らしい店舗が一軒あるのみで、後は自販機が頼りになりますので、食品類については、事実上、鳴子温泉街で入手しておかないと大変な事になりそうです。


13080303.jpg
という訳で、国道47号、
108号沿いのコンビニで補給し、
鳴子温泉街を離れる。

13080304.jpg
鳴子ダムへの登り。
斜度はそれほどではないため、
ダムまでは案外、一気にいける。


 連休中にも通った道なので、坂の状況は勝手がわかっています。
 そんなに急斜面は出て来ないので、回転さえ維持できれば問題なく上っていける坂です。


13080305.jpg
鳴子ダムの堰堤を見に行こうとしたら、
こんな表示が。
最近、どこに行っても見るな、
クマ注意って・・・。

13080306.jpg
とにかく、
おひさしぶりの鳴子ダム。
湖水は長雨のためか、
茶色く濁っていた。


 ここまではまあ、問題ありません。
 問題はここから先、国道108号沿いの路面が悪い場所が多いことと、容赦なくアップダウンを繰り返しながら徐々に標高を上げていく、という、嫌らしいコースプロファイルになっている事です。

 荒雄湖岸の道を上流方向へと向かって進むと、早速、アップダウンがはじまりました。


13080307.jpg
と、ここで嬉しい誤算。
GWに来た時には、
石畳同然の酷い荒れ方だった路面が、
補修工事が行われて解消していた。

13080308.jpg
ここの路面も酷かったのだが、
今はこんなに快適な路面になっていた。


 アスファルト表面にクラックが入って網目状に砕け、さらに風化が進んでクラックの幅が広がってズタズタになっていたという、その、特に酷い路面の場所に補修工事が入り、別物の道路のように走り易くなっている場所がありました。
 反面、いまだに補修が進まず、見事にパリ〜ルーベ気分を味わえる場所が多かったりもしますが・・・。

 TREKのドマーネ乗りの人にはよく似合いそうな道だな、と、余計なことを考えつつ、さらに山間部へと進んでいきます。
 途中、荒雄湖畔公園付近で国道が工事のため片側通行になっており、自動車の車列とともに進まなければならない場所があったのですが・・・。

 アスファルト舗装が両側、剥がされていたため、土地面の上を走らなければならないという、ロードバイクには罰ゲーム以外の何物でもない状況がありました・・・。
 タイヤ幅が狭いため、土に潜ってスピードが出せない。
 ハンドルを切ると、接地圧を保てないためズリズリ滑る。

 さらに、トラックが巻き上げる砂埃が、アイウェアの内側にまで回り込んで来て、目潰し状態で視界が効かないという状況。
 これはイカン、と路肩に寄せて一時停止すると、誘導案内のガードマンに、「止まらない!ほら早く行った行った!」と追い払われるかのような言葉を浴びせられたり・・・。

 散々な目に合わせられました。
 いや〜、施工業者と工事発注元を記録しておくべきだったかな(苦情の持って行き先としてね)。

 とにかく、道はこの工事現場の真中あたりで、川沿いに上流に向かい、集落内を通過する国道と、川を越えて集落内を回避する県道に別れます。

 集落の中を通る道は、自販機程度の補給地点は複数箇所に存在しますが、昔の山村そのものの道路線形の場所もあるため、道の斜度が急で、脚力を削られます。
 県道の方は、補給地点がほとんどありませんが、アップダウンは多少、大人しく、また、この周辺では唯一と言って良い、個人経営のコンビニがあります。

 ま、どちらも鬼首道路方面には繋がっているので、そちらに向かうには問題ないですが、鳴子の間欠泉に向かう方は、国道沿いを進まないと、恐ろしく遠回りになりますので注意・・・。
 また、間欠泉に続く道には、急斜面も結構ありそうなので、その辺もご注意を・・・。


13080309.jpg
連休中の撤退ポイントに到着。
当時はこの先、山が真っ白だったので、
こりゃいかん、と引き返した。

さすがに雪はなく、
旧道?か新道?のロックシェッドと、
コンクリで固めた崖が目立つ。

13080310.jpg
江合川の支流、軍沢川を渡る。
この辺りまで来ると、
川の透明度も増して、
川底まで見通せる。
釣師がロッドを振っている姿も
多く見られた。


 荒雄湖畔からこの辺りまでは、対面通行でセンター黄色、道路幅員もかなり狭い場所でしたが、この、軍沢川を渡ると、急に道路形状が良くなります。


13080311.jpg
いやほんとに、
急にこんな良い道になる。
この断面で鳴子ダムか、
未成道のバイパスまで繋いだ方が良いのでは?


 この先、少し坂を登ると、河岸段丘上の平場のような場所に出て、巨大な倉庫のような建物が出現。
 それが、鬼首道路を冬期も通行可能にしている「除雪ステーション」で、その先に旧道と新道の分岐が出現しました。


13080312.jpg
この標識の先で道路が分岐。
新道に行く人は、
まず間違わないと思うが、
旧道の入口は少々わかり辛い。


 旧道の入口は、上の画像で道路標識の下、白い看板がある辺りです。
 右に入る、農道か林道のような道がありますが、それが旧道の入口になります。
 かつて、108号の本道だったとは思えない、ささやかな道筋になっています。

 そしてここが、探索目的地のひとつ、国道108号旧道、仙秋サンラインの入口でした。

 この旧道は、新道である鬼首道路が1996年に開通するまでは一般国道とされており、冬期は当たり前のように通行止めでした。
 新道が開通した後は、廃道になるのか・・・と思いきや、そのまま旧道は旧道として維持されているという、ちょっと不思議な状態が続いています。

 とはいえ、冬期は当たり前のように通行止め。
 崖崩れなどがあれば、やはり通行止めになるのが常で、'08年の宮城岩手内陸地震、東日本大震災の後は、ゲートが閉まっていることが多かったのだそうです。
 (特に、宮城岩手内陸地震の後は、そのまま廃道になるのではないかと思われるほど、長期に渡って閉鎖されていたらしい)

 そして、今回も長雨の後だったので、まあ、普通に考えて、旧道の路面は荒れ放題になっているでしょうから、ゲートは封鎖されて・・・


13080313.jpg
いや・・・開いてるぞ?
んんん?まぢで?


 えーと、開いているなら、通れるってことですよね・・・。
 んじゃまあ、装備面で不安があるけれど、途中まで行ってみますか・・・。


13080314.jpg
旧道は新道より勾配が急で、
高度をぐいぐい稼いでいく。
ほんの少し進んだだけで、
樹林が切れる場所の見晴らしが良い。

なお、新道はこの真下を通っていて、
自動車のエンジン音などは、
普通に聞こえている。


 ゲートが開いていたとはいえ、さすがに長雨の後らしく、旧道の路面は落葉、落枝、転石などがあちこちに転がっており、非常に荒れているという印象が強く見られました。
 落葉は雨を吸って滑り易くなっており、実際、登りでトルクをかけるとホイルスピンする時もあったりしますし、転石は拳大から小石に至るまでがゴロゴロしています。
 特に、斜面から地下水か雨水が路面に流れ出しているあたりでは、小石が大量に流出して来ていました。

 特に何のプランもなく走り出しているので、装備面で不安があったため、1kmほど進んだ所でUターンして戻りました。
 ここを通るときは、予備チューブを2本以上持ち、複数名で声を掛け合うか、カウベルを鳴らしながらでないと不安だと思いますね・・・。
 (なぜなら、路面にサルの物らしい"んこ"が大量にあったり、動物が往来している気配が物凄く強くあったから・・・)

 とりあえず、旧道の探索はそこまでにして、新道の方に回ってみます。


13080315.jpg
新道に入ってすぐにあった、
エコロードの碑。
エコロードと言うのは、
自然環境と調和することを目的として、
様々な対策が施された道路のことを言う。

13080316.jpg
と、いうようなことが、
この辺りの看板に色々示されている。

13080317.jpg
ちなみに、
これも自然環境への配慮の一環。
コンクリート水路の中に落ちた動物が
這い上がれるように設置された斜路。

ただし斜面がどの角度だったら、
どんな動物が登れるか、という点について、
検証されている事例をあまり見たことがない。
まあ、それ以前に、
これを動物がちゃんと認識できるのか、
そこが不安ではある。


 新道は勾配も緩やかそうだったので、そのまま登っていけば秋田へ抜けるもの問題なさそうでしたが、この日は輪行袋を持っておらず、脱出が面倒になりそうだったので、引き返すことにしました。


13080318.jpg
引き返しはじめ、
除雪ステーション前あたりで。
遠くまで見通しが良い。

13080319.jpg
少し下って来た場所で。
この道、登りでは山林風景だが、
下りでは本当に景観変化が多く、
良い道だなぁ。
ブルベに使えないかな?


 で、この後は鳴子温泉まで下り、正午を過ぎて気温が急上昇した平野を走って帰って来た訳ですが・・・。

 国道108号は、登るときもアップダウンを繰り返しつつ、標高を上げて行くという道筋だったわけですが、おかげで下る際も、アップダウンを繰り返しつつ、標高を下げていくという・・・。
 結果的に、鳴子ダムの堰堤付近まで、一切、楽をできないという、なかなかの持久力ブレイカーでした。


13080320.jpg
オマケ。
途中のコンビニで、
安かったので買ったミネラルウォーターだが、
これが鳴子温泉の現地ものだったらしい。
温泉水を利用した、ミネラル還元水とのこと。
まあ、生化学的にいえば・・・ま、いいか。


 そうそう、この日の走行距離は167kmで、走行時間は9時間半ほど。
 何も考えずに走り出して、センチュリーライド。まあ、悪くない走行距離でした。
 
 とはいえ、体のダメージはなかなかの物で、翌日のショップ朝練では、結構なダメージを抱えたまま走ることになり、リカバリーを心がけて走ろうと思ったのですが、逆にダメージを深めたような感じが・・・。

関連記事
コメント
No title
気持ちよさそうな道ですねー。
グルメ方面では厳しいのでしょうか?鳴子温泉メインになるんですかね。

梅雨が長かったせいもあって、あんまり走れてませんが、気が付くと9月からのイベントシーズンまで1か月となりましたね。
お互いに夏場にはしゃぎすぎて夏バテしないように、この夏を過ごしていきたいですね。

次回レポートも楽しみにしてます。
2013/08/05(月) 19:24 | URL | いわん #-[ コメントの編集]
Re: No title
いわんさん、ありがとうございます。

この道路、とっても気持ちがいいですよ〜!
紅葉シーズンの旧道は、とんでもない風景が見られそうで、
オススメのツーリングコース・・・なのですが、グルメ関係は・・・。
オニコウベスキー場まで行かないと、少々厳しいかもです。
(探せば、鬼首温泉あたりに何かあるかも・・・)

しかし、逆に秋田に抜けてしまった先の方に、
「郷の駅」や、ドライブインなどがいくつかあるようなので、
そちらの方を探すのもよいかもですね。

往路に旧道を通り、復路に新道を通るプランなら、
(県境の3.5kmのトンネルが下り基調になるらしい)
なかなかのツーリング気分を味わえるかもしれません。

ただし、山深いので、特に秋にはカウベル装備を忘れずに・・・。
ヽ(・(エ)・)ノ デルカモ〜
2013/08/05(月) 21:47 | URL | YO-TA #-[ コメントの編集]
No title
ダムの近くのキャンプ場には
昨年家族キャンプで行きましたよ
あの坂は上りたくない!
ってのが正直なところ

川に足突っ込んで
涼みたい。

我々はその日ゆるふわ旅でした
2013/08/05(月) 22:25 | URL | cos69 #/.OuxNPQ[ コメントの編集]
Re: No title
cos69さん、ありがとうございます。

なるほど、私はゆるふわな旅先に、自走でエクストリームしていた訳ですね(笑)。
正直、このコースは最後までアップダウンを繰り返しつつ、
ジリジリ高度を上げる道筋なので、最後まで楽をできない強烈なコースです。

私も、川に飛び込んで涼みたかったですね〜。
長雨明けで増水していたので、できませんでしたが(^^;)。
2013/08/05(月) 22:49 | URL | YO-TA #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク