日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

05月≪ 2017年06月 ≫07月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

BSモールトン BBカートリッジ交換

 いまだ梅雨は明けず。
 何だかんだで、自転車通勤から遠のいている期間が、随分長くなっています。

 720の600キロ前から、休脚日を取っていましたから・・・カレンダー上で見てみると、もう2週間、自転車通勤をしていない計算ですね・・・。

 はあ、もう、体がなまり切ってるんだろうなぁ・・・。
 というか、このしつこい雨雲、いい加減にどこかに吹っ飛んでもらいたいものです。
 もうダムの貯水率は十分すぎるレベルですし、江合川があふれかけてましたし・・・。

 では本題です。
 既に付き合いはじめて7年目になる、通勤用車両のBSモールトンことBSM-S18('06モデル)。
 いい加減、あちこちにガタが出てきていますが、その中でも最近、特に目立っていたのが、BB回りが、トルクを少しかけるだけでカリカリと音を立てる事でした・・・。

 毎日、通勤の足としても使っている上に、通勤中にはちょっとした丘越えがあるため、トルクをかけざるを得ない場合が多い訳ですが・・・。
 その度に、パキパキ、カキコキと音が鳴り、ダンシングをした時には、変な振動が足にパキパキと伝わってくる時もありました。

 まあ、そんなに状態が悪くなるまで放っておくなよ、というのが普通の感覚だと思いますけれどね(^^;)。
 とにかく、そんな状態だったので、カートリッジBBを入手して、交換してやろうと考えた訳です。

 という訳で、まずはこの車体のBBの規格を調べてみた所、なぜか複数の情報が出てきてしまい・・・。

 シェル幅:68mmはまあ、共通して出てくる情報なのですが。
 軸長については、110mm、110.5mm、112mm、113mmと、何とも多彩な情報が転がっており・・・。
 一体、どれが本当なのやら、さっぱりわかりません・・・。

 ま、唯一、実際の装着画像付きで紹介されていたのが軸長110.5mmだったため、それを取り寄せる事にしました。

 という訳で取り寄せたのが、TANGEのLN-7922。
 あまり考えずに、それほど高くなくて、規格にあう製品、という事で選んだのですが、これが結構なグレードの良品だったようで・・・(^^;)。
 (カートリッジ式スクエアテーパー型の中では、上から2番目のグレードだった・・・。シマノでいえば、アルテグラだよ ^^;)

 無知とは最強の武器なり、とは良く言ったものです(^^;)。

 とにかく、LN-7922のシェル68mm、軸長110.5mmを取り寄せてから、色々な経緯で手元にある工具類を駆使して、作業開始です。


13072901.jpg
まずはコッタレス抜きを使って、
左右両側のクランクを外す。

13072902.jpg
これでまずは、
車体に挿入されているBBを外す準備が完了。
7年分の汚れが着いているので、
ウエスとクリーナーできれいにしてやる。
(そうしないと工具が傷む)


 BB脱着工具とか、何でそんなものが手元にあるんだ、という質問には、昔、保証の効かない小径車に乗っていて、とにかく全バラした事があるからだ、というのが答えになるでしょうか。
 クランクも初期装備品のセンターが狂っていて交換したり、BBが緩んだりしていたので締め直したり、色々いじりましたからねえ・・・。


13072906.jpg
左のカップを外したら、
右側はほとんど手で外せた。
おいおい、緩み過ぎ・・・。


 取り外してみたら、純正品として装着されていたのは、SHIMANOのBB-UN25の、シェル幅68mm、軸長110mmでした。

 ・・・っておい、110.5mmじゃないんかい!(^^;)

 まあ、0.5mmくらいは誤差の範囲でしょう。
 実際に112mmを装着している人もいるくらいなので、問題ないはずです。

 ・・・いや、そう思わせてくれ・・・(-.-;)。

 とにかく、手で軸を回してみても、ゴリゴリと変な抵抗を感じます。
 カートリッジの外装には赤錆が浮いてきており、こりゃ、結構酷い状態になっていたんだな、と、素人目にも良くわかる状況でした・・・。


13072903.jpg
まあとりあえず、新旧装着BBを並べてみる。
シェル幅は同じ。
軸長も・・・まあ同じ位だってことで。


 で、この車体でBB交換をする人の多くは、ここでBBのネジ山をショップで再度タップしてもらっているようですが・・・。
 私はBridgestoneの工作精度を信じる事にします。( `・ω・´)b


13072904.jpg
そんな訳で、
新しいBBをダイレクトに装着。

13072905.jpg
左右ともにきっちり締めて
装着工程完了。


 軽く軸を手で回してみて、変なガタが出ていない事を確認後、次の作業にかかります。


13072907.jpg
次の作業が何かというと、
このクランクの換装だ。

純正パーツは恐らくSugino製。
見た目によらず、
そこそこ重量級。


 ペグスパナなんていう便利な工具も手元にあったりするので、チェーンリングを外して、手持ちの別のクランクに付け替えます。


13072908.jpg
別のクランクが何かと言えばこれ。
かなり昔に入手していて、
そのまま眠っていたジャンクパーツ。
かなり古いシロモノなので、
もはやロードレースなど、
強い負荷がかかる用途に使うには、
色々問題があるほど劣化していると思われる。

なお、見た目のゴツさは上だが、
重量に関しては、
BSM純正パーツのクランクより軽い。


 PCDが130で共通だったので、そのままチェーンリングをこいつに付け替えて、本体に再装着しました。

 で・・・クランクを変えたおかげで、チェーンラインが変わってしまった上に、フロントディレイラーも狂って、ちょっとばかり大変な事になっていたりして・・・。
 (ま、これはBBの軸長が変わったせいかもしれないけど・・・。一応、スタンド上ではちゃんと変速するように調整できたけれど、レバーを押し込む力加減を間違うと、アウタートップ側に落ち易い)

 ちなみに、この交換で、クランク長も170mmから165mmに変化しました。
 しかし、これはミニベロに乗っている時、やたらトルクをゴリゴリかけてペダリングする癖がついてしまっているので、それを回転側に矯正する意味も込めて、あえて短い物を選んでみました。

 さて、これで通勤路はどんな風に変わるのか・・・という所ですが・・・。
 ま、こればかりは実際に走れないと、全然わからないですね。

 はよ止め、この雨・・・。

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク