日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

04月≪ 2017年05月 ≫06月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

転居からもうすぐ2年(移住後の自転車趣味について思うこと)

 またひとつ、年度末の多忙期をクリアし、あと二ヶ月ほどで、私が仙台に来てから2年が過ぎようとしています。

 体感時間は、本当に長かった・・・。
 様々な事が、大きく変わりました。

 生活があまりに大きく変わったのは当然のこととして、趣味の世界との付き合い方も、今では本当に大きく変わったな、と、そう思います。
 東京にいた頃は、基本、一人で走っていたのに、今ではショップの朝連に参加したり、イベントに集団で参加したり、ブルベのスタート地点で挨拶を交わす顔なじみが増えたり。

 本当に変わりましたね・・・。

 では、そんな前置きを受けて本題です。
 皆様ご存じのとおり、ここ、宮城県仙台市は東北地方の中核都市であり、また、様々な企業の支店支社が置かれている場所です。
 年度の転換期には、たくさんの人が就学、就職、職場の異動等に伴い、動くことが多いためか、現在、ウチのブログに来て頂いている皆様のキーワードにも、色々変化がありました。

 最も多いキーワードは、「WH-9000-c24-CL」。新製品ですから、使用感/評判をチェックしている皆様が多いのでしょう。
 続いて、相変わらず多いのが、「カーボンフレーム 寿命」。まあ、私はこんなの、気にするだけ無駄、という意見の持主です(はっきり言って、車体を乗りつぶす前に新しく「もう一台」が欲しくなります。私もそうだったし)。

 そして、3月後半くらいから、急に件数が伸びてきたキーワードが、
 「自転車 仙台 練習コース」
 「自転車 仙台 ツーリング」

 等の、自転車趣味の練習場所や走行コースに関する情報を検索していると思われるものです。

 私も2年前に東京から転勤してきた人間なので、新生活を送る場所で、趣味活動の場がどれだけあるのか、自分に合った付き合い方が見つかるのか、と、それが不安になる気持ちは分かります。
 身近に同じ自転車趣味の人がいない場合、それはさらに大きな不安になるだろうこともわかります。

 では、そんな皆様に、この場でわかりやすく情報をご提供・・・するのか・・・。

 その辺りの事について、以下、裏置きしてみました。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。

 4月になって、新たに仙台で生活をはじめた自転車乗りの皆様の中には、今までの生活とのギャップが大きくて、戸惑っておられる皆様も多い事と思われます。
 ちなみに、私も転居した当初は色々とギャップを感じていたため、こんな感じの事をネタとして書いていました。

 さて、それでは仙台における練習コースやツーリングコースについてご紹介・・・するかというと、ちょっと待った、という気分です。

 いや、以前の私なら、間違いなくペラペラッと情報を流したと思いますが、今の私は、あまりそういう気持ちにはなれません。
 逆に、色々思う所があり、常時の練習コースなどに関しては、今後、あまりはっきりとした記述は避けようと思っています。
 (ブルベやイベントの走行レポートは、できるだけ詳細に書くつもりですが)

 いや、別に情報を独占するとか、秘密主義にするつもりなのではありません。
 過去の、特に東京時代の色々な経験と、仙台に来てからの経験を考えたら、こうした方が結果的に、後から入って来る皆様のためになると思っての事です。

 なぜなら、自分なりにいろいろ試行錯誤した結果、東北の、仙台周辺のブロックに関しては、
 「同じ趣味人が集まるコミュニティに参加して、その中で情報交換することが、最も手っ取り早く、効率的に情報を収集できる」
 という事がわかってきたからです。
 (ツーリングコ-ス、坂練コース、イベント情報、新製品のインプレ、パーツ交換 etc. の情報、何に対しても)

 具体的な方法としては、信頼できるショップの「客」になってしまって、ショップで開催される朝連や走行会、常連の皆様の間で誘い合って開催されるツーリングやイベント参加などをこなしていく事が、最も高効率かつ質の高い情報を得る手段になるでしょう。
 また、こうやって「人と人が顔を合わせて得られる情報」は、Webで検索してヒットした情報よりずっと重みがあるとともに、実際に一緒にコースを走る際、他の皆様がどんな事に注意しているか等の、副次的な情報も同時に得る事が可能です。
 つまり、生きた情報が、ダイレクトに飛び込んでくるわけですから、それがどれほど自分のためになる、「血肉の通った情報」であるか、はかり知れない価値があるわけです。

 私は過去、首都圏で自転車趣味と付き合ってきた間、基本的に天涯孤独で、Webで検索した情報をもとに、走るコース等を設定していました。
 首都圏周辺で、こうした情報を公開している皆様は非常に多く、また、詳細な情報も簡単に手に入るため、とても楽に様々なコース情報を手に入れられた覚えがあります。

 現在、特に首都圏から新たに仙台に来られた皆様には、現在の仙台における自転車趣味関連の情報量のギャップに驚かれている皆様が多いと思います。
 こちらに来てから間もないころ、私はやはり趣味の世界での情報が、首都圏と比べて非常に限定的な事に驚かされました。
 首都圏に居たころは、ほとんど入れ食い状態で得られた、各種イベント参加やツーリングレポート、練習コースやコースを活用した練習メニュー等に至るまでの情報が、ほとんど得られなくなったのですから。

 しかし、今となっては、私は何でも楽に情報が入手できるという、今の首都圏の状態は、逆によくない状態だと思っています。
 こうした情報があまりにもつまびらかに公開されている事が、趣味人の間の交流を深める以上に、逆に自分達の趣味活動の幅が狭められるような事が多々、発生していることの遠因となっているのではないか、と、そんな事を考えるようになってきました。

 誰もが簡単に、色々なツーリングコースや練習コースの情報を引き出せ、ヒルクライムのタイムアタックの結果に至るまでが簡単に参照できる。
 確かに便利な話ですが、しかし私は、首都圏にいた頃、自分が得た情報のいくつが、「血肉が通った情報」だったのか?を考える事が、今では多くなりました。

 というのも、Web上で簡単に触れられる情報って、決定的に「軽い」のですよ、労力が全く必要ありませんから。
 モニタの前に座って、いくつかのキーワードを打ち込むだけですからね、基本的に。
 結果、そんな情報収集の過程では、コースを開拓した皆様の苦労や、普段から走行・練習に使用している皆様の「想い」などが全く見えない場合が多いです。

 単発の走行記録からは、先達の皆様がいかに苦労してそのコースを開拓し、地域の皆様のご迷惑にならないように様々な配慮をして来ており、そして何より、仲間内の交流の場として大切にしてきたのか、その辺りの情報がインプットされる事は、あまりありません。
 その結果、「タイムアタックで○分を切れたら上級者!」とかいう、チンケで短絡的でどうでもよい情報ばかりが強調され、他の事が疎かにされる要因になっているのではないかな、と、思わされるわけです。

 仙台は、東北地方では随一かつ全国でも有数の人口を擁する都市とはいえ、自転車乗りの世界は、首都圏や他の大都市と比較すると、明らかにマイノリティです。
 そして、マイノリティである自転車乗りが地域を顧みずに自分達の趣味の楽しさだけを追い求めた結果、地域住民からの排斥の対象になった事例は、首都圏では当たり前になって来ていると思われます(多摩サイ、荒サイ下流、大井ふ頭、ヤビツ峠・・・)。

 それは結果的に、ロケーション情報などが手軽すぎる手段で得られるために、その「フィールドへの関わり方」を知らぬままに、気軽に現地入りできてしまう事が要因ではないか・・・と私は考えます。
 そして、そういう事を考えたら、新たにこの町に来た皆様に、欲しい情報に触れるまでに、「越える事がそれほど難しくないハードル」を残しておく事は、別段、悪いことではなく、むしろ、良い方向に働くと思うのです。

 私は仙台でブルベを走り、信頼できるショップを複数紹介され、最初の一年が終わりました。
 その後、ショップに入り浸るようになり、そこで出会った様々な皆様と、色々な情報を交換した結果、次の一年で、趣味の世界との関わりを一気に広げる事が出来ました。
 今では、同じ東北地方の県境をまたいだ向こうにまで、顔を合わせれば挨拶を交わす知り合いや自転車仲間が増えています。

 自転車に乗り始めて、東京では5年間、ほぼ全てを孤独で通した奴でも、たったの2年でここまで世界を広げられる。
 それがこの町で趣味の世界と付き合う面白さでもあります。

 皆様も、安易な手段に逃げず、この町の趣味の世界のコミュニティに飛び込んで来てください!
 移転組の、ささやかな時間分だけの先輩ですが、皆様を歓迎しますよ!

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク