日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

08月≪ 2017年09月 ≫10月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

新ホイール入手、WH-9000-C24-CL

 一日で、こんなに天気が変わるのも珍しい!
 そう言いたくなった、連休最終日です。

 昨日は、気温も+5度と暖かく(@この近辺感覚)、久々に松島まで、50kmほど走ってきたのですが・・・。
 今日は朝、起きたら唖然とする量の積雪を前に、引きこもり確定な一日でした。

 まあ、昨日のうちに色々買い込んであったので、生活には困らなかったのが救いでした。

 では本題です。
 新春初売りの際に、ふとしたご縁で購入宣言してしまったホイール、WH-9000-C24-CLを、この連休中に受け取ってきました。
 早速、タイヤとスプロケを装着し、車体に装着・・・と、いう段階だったのですが、ここで一波乱。

 WH-9000シリーズは、リア11速対応の製品のため、10sスプロケを装着するには、純正のスペーサーを噛ませなければならないのですが、その影響なのか何なのか、リアの変速が物凄く不安定に・・・。
 まあ、何とか我流ながら調整でき、10速全てにちゃんとチェーンが乗るようにはなったのですが、特定の段でスプロケとチェーンが干渉するのか、カリカリという音が・・・。

 とにかく、思わぬ所でてこずったので、試走は一晩明けた13日に行ってきました。
 という所ですが、本編部分は裏置きします。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。


13011200.jpg
ホイールを履き替えたアリーゼ。
(成立位置に合わせて画像を傾けてある)

Mavic キシリウムSLの特徴だった
赤いバブ&スポークの部分がなくなり、
好戦的な外観は消えた(笑)。


 見た目の感じは、ストレートスポーク(といっても、部分的に扁平に加工された部分あり)とモノトーンカラーのおかげで、MavicのキシリウムSLのように、赤ハブ&扁平加工されたきしめん型&赤い差し色スポークなど、外観上の特徴はそれほどないため、ちょっと地味目になりました。
 しかし、リムのDURA-ACEのロゴが、「をれはやるぜ」というオーラを出しまくっています(^^;)。

 この部分は、貧脚ライダー的には、ちょっと勘弁してくれ、と言いたい部分でもあったりします(^^;)(^^;)(^^;)。
 (このホイールで走っていると、「それを使っても、その程度かオラオラ〜ッ!」と煽られそうな予感が ^^;)


13011201.jpg
このホイールには、
ホイールバッグが標準で付属。
レース会場までの運搬も
想定されているのかも


 最初に手にした時の感想は、とにかく「軽い!」という事。
 特に、フロント側の軽さは、笑っちゃいたくなるくらいの軽さでした。

 おかげさまで、ショップから自宅までの徒歩30分間、手にぶら下げていても、全然負担になりませんでした。
 日常的に持ち歩いている仕事用の鞄の方が余程重い、という印象です。

 ちなみに、重量は前後セットで1,375g。
 2Lペットボトルの方が重いじゃないか(^^;)。

 で、細部を観察すると、こんな感じになっています。


13011202.jpg
カーボンラミネート加工が施されたリム部分。
ニップル穴付近の盛り上がりが良くわかる。
以前のDURA-ACEグレードのホイールはここが弱く、
ニップルがすっぽ抜けるトラブルがあったらしい。
今回のモデルは、カーボンシートで強化されているようだ。

13011203.jpg
フロント、リアともに、
クイックレバーがエアロ形状に加工されている。

13011204.jpg
翼断面形状がわかり易い角度で。
(手ぶれ失礼。OLDデジカメでの撮影なので)
コンマ一秒を争う乗り方をしない私には、
これでどの程度の効果があるのかは不明だが、
妥協なく「勝ち」を目指している事はわかる。

13011205.jpg
フロントハブのフランジ部分は、
よくぞここまで、と言いたくなるほど、
大胆に肉抜きがされている。
スポークの頭も一部、
削られているような・・・。


 細部まで観察すると、本当に色々な所を、ここまでやるか?と言いたくなるレベルで肉抜きされており、恐らく、開く事ができたなら、ハブの内部に至るまで、様々な部分が極限まで削られているのではないかと思われます。


13011206.jpg
ちなみに、エアロ形状になったクイックレバーは、
部材幅が広くなった影響で、
とにかくフレームのあちこちと干渉する。

前輪側はともかく、特に後輪側は、
何でこんな形にした?と言いたいくらいで、
アリーゼに装着する時には、
車体後方に向けて装着するしかない。

他社のフレームでも、
同じような問題が起きるかもしれない。


 いやはや、このクイックレバーについては、どうしてこうなったというのか、ちょっと教えて頂きたい・・・。
 (レバーを軸に対し、左右逆につけてくれれば問題なかったのに・・・)
 走行中に異物を引っ掛けないためには、レバーの向きは時計の針で12〜3時くらいの角度にしておきたい所ですが、アリーゼの場合、3時半くらいの位置でないと、フレームと干渉してレバーを閉じられません。
 これは・・・機会があったら、別のレバーに付け替えようかな・・・(使用上で問題が発生しなければ、という面も考える必要があるけど)。

 という色々な事がありましたが、とにかく車体には取り付けられたので、実走で走行感覚を試してきました。
 比較対象等の条件は、以下の通りです。

比較条件
 フレーム:NEILPRYDE Alize
 タイヤ:Vredestein Fortezza Tricomp
 ホイール:交換前 Mavic キシリウムSL(WO)
      交換後 SHIMANO WH-9000-C24-CL(WO)
 リアカセット:交換前 12-27(DURA-ACE 7900)
        交換後 12-25(ULTEGRA 6700)


 フレーム、タイヤ等の条件は共通で、コンポもULTEGRA 6700のままです。
 純粋に、ホイールが異なる場合の走行感の違いを見る事ができるでしょう。

 ちなみに、走ってきたのは、県道56号〜9号経由で松島。
 そこから県道144号〜8号で利府に抜けて泉に戻ってくる約50kmのコース。
 適度にアップダウンがあり、松島から県道144号で内陸に向かう方向は、それなりに長い登りがある事から、ホイール特性を見るには良いコースになる、と考えての設定でした。

 走り出してすぐに感じたのは、とにかく軽いという事。
 単純にカタログ重量を見てみただけでも、

 キシリウムSL F:645g/R:840g/計1485g(WO)
 WH-9000-C24 F:581g/R:794g/計1375g(WO)


 と、110gの軽量化がされていますが・・・まあ、その程度の変化がどの程度、影響しているのかはわかりません。
 どちらかというと、ハブの転がり抵抗の小ささが、体感に影響を与えていたのかもしれません。
 (実際に手で回した感じでは、キシリSLよりC24の方が軽く回転させられる感じがある)

 そして、さすがに軽量なホイールだけあって、坂はかなり楽になりました。
 装着していたスプロケが、12-27の乙女仕様と言われる物(ブルベでは愛用者が多いんだけど・・・)から、12-25という完成車標準物に変わっていたのですが、これでもう一段軽いギアが欲しい、と思った場面はありませんでした。
 (コースの一部に、8%程度の坂を含んでいるのに、25Tで問題ないと感じた)

 また、コンポもホイールもブレーキシューに至るまで、全てがシマノ製になったためか、ブレーキタッチも非常に良くなり、止まって欲しい時、コントロールしたい時の反応が格段に良くなりました。
 全体的な感じとして、非常に走行時の安定性が増したというか、バランスが良くなったというか、そんな感じです。

 とにかく、同じシマノ製とはいえ、DURA-ACEとULTEGRAという、グレードの異なるパーツが混在する「デュラテグラ」の状態でこれですから、全てをDURA-ACEグレードで揃えたら・・・。

 破産しますがな(^^;)。

 まあ、確実に良くなるとは思いますけど、生活が破綻しまさぁね(^^;)。
 (幸いにして、そこまで突っ込めるほどの「芸人体質」じゃありません)

 ちなみに、ホイールの剛性とか、そういった方面の感覚については、私はレースライド的にガシガシ乗っている訳ではないので、ちょっと評価が難しいです。
 ただし、乗っていて、ガツガツとした硬さを感じる場面が多いのは、キシリウムSLの方が多いかな、という感じです。
 C24の方は、どちらかというとマイルドというか、スーッと進んで行く感じのあるホイールです。

 しかし、というか何というか。
 軽量なホイールなので、ある程度は仕方がないのでしょうけれども、足を止めての滑走時の減速傾向は、やや強く現れる気がしました。
 平坦地を一定速度で巡航する場合には、(特に、エアロフレームのロードの場合は)同じDURA-ACEグレードでもC35かC50の方が楽かもしれません。

 C24は、味付け的には「万能型としても使えるヒルクライム用決戦ホイール」という感じなのかもしれません。

 とはいえ、軽くて良く転がるホイールってのは、ロングライドでも非常に有効な武器になってくれる訳で。
 現在、Corratecの常用ホイールになっているLightning Alpine(前後セットで1330g!!)同様、色々な所に出かけるお供になってくれそうです。

 あ、キシリウムSLは、現在、同じMavicのイクシオンを装着して、気分転換 or 平坦主体なコースを走る際のお供に使おうかと考えています。
 (現在遊休品の手組もあるし、ホイールも増えてきたなあ・・・)

関連記事
コメント
今年もよろしくお願いします
昨年、宮城200と300、そして八戸での後夜祭で隣におじゃまさせていただいた山形のkomaです。

いつもブログ、楽しんで読まさせていただいてます。

新ホイール、うらやましいっ!
全てにおいて軽くなった?
いいなぁ。
私もキシリウムSLなので特に。

ああ、物欲の炎に焦がされてしまいそうです。
Gokisoとかいっちゃいそうで、怖いです。

ところで5月11日のブルベ予定決まりましたか?
私はBRM511神奈川400に申し込みました。

今年もどうかよろしくお願いします。
2013/01/16(水) 20:06 | URL | koma #-[ コメントの編集]
よろしくお願いします!
komaさん、今年もよろしくお願いします。

新ホイールは、さすがのDURA-ACEです。
しかし、パワーライダー型のkomaさんであれば、
同じDURAならC24でなく、C35の方が、より特性をいかせると思いますよ。

> Gokisoとかいっちゃいそうで、怖いです。
Gokisoなら、チタンですよね、もちろんそうですよね?
と、意地悪してみたくなります(^^;)。
走りが全然違う物になるらしいですね。
私も試してみたい気がしますが、さすがに資金がついてきません。

> ところで5月11日のブルベ予定決まりましたか?
> 私はBRM511神奈川400に申し込みました。
私も、神奈川400を考えていますが、まだエントリーは済ませていません・・・。
(日程が不安定なもので・・・)
韮崎〜諏訪までは、以前、何度か走った事もある道筋なので、
土地勘も『うんざり度』もわかっているので、挑戦し易いコースだと感じています。

それと、BRM608群馬400も視野に入れています。
今年は、できるだけ多くに参加して、
9月までに長距離耐性をつけておきたいなあ、と考えていますので。

まあ、ランドヌール宮城さんのエントリー方法と、
エントリー開始時期が今の所不明なのが、少々不安ではありますが・・・。
2013/01/17(木) 00:11 | URL | YO-TA #-[ コメントの編集]
BRM511
今ツイッターで知りました。
(ツイッターってしたことなくて・・・今度覚えます)
BRM511神奈川、ご一緒ですね。
嬉しい!とても心強いです。

それに、YO-TAさんとブルベご一緒すると後でYO-TAさんの
観察ブログを読む楽しみが倍増するから二重に嬉しいのです。

興津?
そうなんですよね。
でも山形からだと、所要時間はそんなに変わらないので
よしとしました。
ただし、遠征費用はかかりますよね。

二人で車で行くことを提案しようかと思ったのですが
なんせ、6年もので、走行140,000kmのポンコツなんで
止めておきました。

私も輪行します。
現地でお会いできることを楽しみにしています。

あっ、そうそう
GOKISO、やっちまいました。
ポチっと。

えっ、なんですって?
チタン?

ば、馬鹿な事を!

自動車より高い自転車の車輪を買っただなんて
家内を騙す、いや説得する自信も甲斐性もありませんって。
2013/01/18(金) 18:55 | URL | koma #-[ コメントの編集]
Re: BRM511
komaさん、お耳が早い・・・
いや、正確にはお目が早い、でしょうか?

本業のスケジュールが全く立つ見込みがないので、
先に予定を入れてしまいました。
で、エントリー後にAJ神奈川のページで、
沼津のどこがスタートか確認しようとして、
スタート地点変更の事を知ったという・・・。

興津、東京時代に東海道を走った時、
あっさり通過したポイントで、あまり印象に残っていません(笑)。
たしか、由比ケ浜周辺だったので、自転車で走れる場所が限定されていて、
あちこち迷っていた覚えが・・・。

まあ、どうやら2012年も興津スタートだったようで、
参加した皆様のレポートを見てみましたが、
やはり韮崎から塩尻までの区間の『うんざり度』は、なかなかのようで・・・。
特に、韮崎から富士見峠までの、『平坦に見える微妙な登り』は、
物凄く嫌味なレベルで体力を削られるので、注意が必要です。

Gokiso行っちゃいましたか!
チタンでないとは、少し残念です(笑)。
しかし、アルミでも相当良いらしいですからね・・・。
羨ましいです。
2013/01/18(金) 22:05 | URL | YO-TA #GY0.Hv3k[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク