日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

10月≪ 2017年11月 ≫12月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

バックミラーの話

 寒いんですけど。

 七夕(仙台七夕祭り)前の仙台は、「二度目の冬が来る」とも言われるくらい、急激に冷え込む事がある、という話を聞いた事がありますが、それにしても、ここ最近の涼しさはどうなってんだか。
 日中は20℃に届かない時もあり、夜間は15℃程度まで落ち込んでいます。

 服装が完全夏装備に移行したあとに、春と同じ気温と言うのは、結構こたえます。
 この低温、七夕祭りの頃にはまた猛暑に変わるのでしょうけれど、とにかく気温の変化が激しいので、体調を崩さないように気をつけないと・・・。

 では本題です。
 ロングライド/ツーリング仕様にアッセンブルしてある我が家のロードバイク。
 そして、通勤仕様のミニベロに、必需品として装着されているもの。

 それがバックミラー。

 レース志向の強いロードバイク乗りの皆様の中には、否定的な見解を持つ皆様も多いのですが、まあ、レースのレギュレーションに縛られるならともかく、日常的に道路交通の手段として乗る車体には、あれば何かと便利なアイテムだと私は考えています。

 で、もう一つ、ミラー装着に否定的な皆様の意見として根強いのが、

 「ロードバイクのスタイルが崩れてカッコ悪い」

 うん・・・まあ、否定はしませんけど、ね。
 ロードバイクに、触覚よろしく装着されたミラーって、考えてみたら、かなり違和感がある姿なわけで・・・。

 しかし、それなら、スタイルを崩さないようなミラーを探せば良くね?というのが、私の意見です。
 結局、自分がどうアプローチするか、が問題であって、解決策はいくらでもあるのですよ(レースのレギュレーションで装着が禁止されているとか、それなら仕方がないけどさ・・・)。

 そんな訳で、新車を購入するとともに、色々なアクセサリーも吟味しつつ揃えたために、出費は総額で・・・頭痛が・・・。
 という話はさておいて(私生活を考えたら、さておけないけど T T;)、バックミラーの話に戻しましょう。

 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。

 市販されている自転車用バックミラーの多くは、フラットバーハンドルか、ママチャリのハンドルへの装着を考慮した形の物で、ドロップハンドルに無理矢理取り付けると、見事に触覚になります。
 ドロップハンドル用としては変化球的な、ブラックバーンのロードミラーや、hogeのロードバイク用ミラー(コイツはアマゾンへのリンクだが、アフィリでもステマでもない)もありますが、横に突き出して、スタイルを崩す結果になる傾向があります。

 ゆえに、多くの人は、なるべくスタイルを崩さないように、Zefalのスパイミラーなどの小型ミラーを装着している場合が多いです。
 が・・・それも完全ではありません。
 ロード用ミラーとして、そこそこ評価の高い、ブッシュ&ミューラーのサイクルミラー(バーエンド取り付け型の、901-2)も、バーエンドに装着したギョロ目みたいになりますからね・・・。

 という訳で、ロードバイクに装着して、スタイルを崩し難いミラーを考えてみると・・・。

 1.装着は、バーエンドねじ込み型
 2.ミラー本体は、可能な限り小型
 3.フォルムとしては、ハンドルのラインに沿う形


 というのが、基本になるでしょう。
 そういう条件を揃えた製品となると、案外少なかったりしますが、全くない訳ではありません。

 現在でも国内でそこそこ、入手可能な製品としては、以前もここで紹介しているCycleawareのRoadieがあります。
 この製品は、上記1.〜3.の条件を満たしている製品で、店頭在庫がなくても国内通販で結構簡単に入手可能です。
 まあ恐らく、私も誰かにお勧め製品を聞かれたら、まず第一にこれを挙げるでしょう。


12072201.jpg
Roadieを使用した場合の例。
多少、視界に歪みは出るが、
後方視界の確認用としては十分。


 しかし、先日のレポート通り、過去に購入した3個体中、2個体が些細な理由で壊れるという事態が発生しており、私の中では耐久力の面で信頼性が低めになっています。

 で、リプレース品を探しているとき、こんな物を見つけました。


12072202.jpg
サギサカというメーカーの製品で、
フラットバー用バックミラー。


 この製品、バーエンドにねじ込む形で装着するミラーで、ボールジョイント構造なので、角度調整の自由度も高い・・・。
 と思ったのですが・・・。


12072203.jpg
このミラー、
鏡面の角度がハンドルの軸とほぼ同じ。
軸中心の回転方向への調整自由度は高い。

12072204.jpg
が、鏡面の角度変更がほとんど効かない。
ううむ・・・。


 このミラー、あくまでもフラットバー用である事を考えたら、回転方向への角度調整と、ある程度の鏡面角度調整がきけば十分、用途にも耐えるでしょう。
 しかし、ドロップハンドルのバーエンドに装着すると・・・。

 鏡面の角度が、ハンドルの軸とほぼ同じ、という訳で、延々、青空を映すだけ・・・。
 天候変化を知るには良さそうですが、太陽を捉えてしまった日には、常時目潰しを喰らうという、かなり微妙なシロモノになってしまうという・・・。

 ちなみに、価格は500円もしないほどの物なので、鏡面の角度調整にもっと自由度を与えてくれれば、ドロップハンドルでも使える廉価型ミラーとして、超お勧めに挙げるのに・・・残念な所です。
 (ちょっと改良して、ドロップバーに装着しても使えるようにしてもらえないだろうか?製品価格も安いし、私なんかは喜んで買うんだけど・・・)

 また、サギサカのミラーのボールジョイントは微妙に甘くて、ちょっと荒れた程度の路面振動でもすぐに回転するのは、フラットバーで使う上でも、かなりの欠点になると思います。
 しかし、バーエンドねじ込み部にCycleawareのRoadieのボール部分を突っ込むと、かなり強固に固定されるので、ボールサイズはRoadieを基準にしてもらえれば、もっと良くなるのでは?

 と、そういえば、前回のネタで報告した、走行中に鏡面が剥がれたRoadieは、その後、マジックミラーフィルムや鏡面反射剤を使用したコーティングフィルムなどを貼付けた塩ビ板で、ミラー代わりになるか試してみたりしたのですが・・・。
 それはあくまでも「ミラー加工されているフィルム」であり、本物の鏡と比べたら、超至近距離(20cm以内)ならともかく、1m以上離れた物体の結像が甘くて、とてもミラーとしては使える物ではありませんでした。

 結果、色々探しまわって、コイツを導入する事にしたのでした。


12072205.jpg
Sprintech Racing
BSM、Corratecで使っている、
Sprintech ドロップバーエンドミラーの、
海外バージョンらしい。


 最近、国内取扱がなくなってしまった、このミラー。
 自治区、連鎖反応自転車あたりでも見つけられませんでしたが、米国の南米熱帯雨林では細々とながら扱われていたため取り寄せる事にして、本日、太平洋を越えて到着しました。

 この製品の信頼性に関しては、既に私は2個体を使ってきて、特にBSMに装着している個体は5年ほど使ってきており、さすがにヘタってきている(大きな振動で角度がズレるようになった)ものの、いまだに十分、後方視界の確認に使えています。
 ロード用として比較的良く使われている、ブッシュ&ミューラーのサイクルミラーよりも小さく、鏡面が湾曲しているため、遠近感はずいぶんデフォルメされます。
 しかし、ハンドルのフォルムは格段に崩れないため、車体のスタイルを崩したくない、という需要も満たしてくれます。

 また、ブッシュ&ミューラー製品は、鏡面が横に飛び出すため車体を壁際に立てかける時に、ボールジョイント部が外れて落下し易いのに対し、Sprintechの方は、位置が曲がりはするものの、脱落した事はありません。
 ま、さすがに落車や、車体が倒れるなどの大きな衝撃を受けた時には、外れてしまいますが・・・。

 しかし、ここまで見事に実用性と、スタイルを崩さない、という両面の需要を満たしたミラーなのに、何故、国内取扱がなくなっているのか・・・。
 (もっと評価されても良いはずなんだけど・・・)

 ちなみに、米国の南米熱帯雨林の販売では、2セット取り寄せて、価格は送料込みでRoadieの2つ分(国内価格)を下回るという、円高万歳な価格でした(日本の景気を考えたら、万歳どころの話じゃないですけど・・・)。
 Roadieが片側のみ販売で3,000円ほどである事を考えたら、かなりお得な値段だったと言えますね・・・。

 そして参考まで、取り寄せにかかった時間は、大体以下のとおりです。

 7/9 アリゾナ州フェニックスのショップから発送。
 7/10 カリフォルニア州カーソン空港着、DHL海外荷物受付へ。
 7/12 出国通関を通過、アメリカを発つ。
 7/14 成田空港到着。ヤマト運輸に引き継がれる。
 7/15 千葉ベース店到着
 7/16 宮城ベース店到着
 7/16 不在配達。
 7/17 再度不在配達。携帯に連絡があり受取日を指定。
 7/21 受け取り


 金額が安かったため、通関も一発で通り、国内消費税も免除。
 太平洋を渡って飛んできたのに、16日に走りに出ていなかったら、国内通販と変わらぬ早さでの到着となっていたのでした。

 という訳で、私の中で信頼性も高く、実用性・スタイルにおいても十分なこのミラーですが、海外通販を通さないと入手できないのは、ちょっと不便です。
 一番良いのは、国内で再度、輸入販売が開始される事だと思いますが、まあ、それまでは海外から、細々と個人輸入で対応するしかないでしょうかね・・・。
 (まあ、それか、妥協して国内でも入手できるRoadieを使うか、だ)

関連記事
コメント
はじめまして。
はじめまして。
ボクもロードバイクにミラー付けてます。集団で走るときややむを得ず車道に大きくはみ出す時、いちいち後ろを振り返らなくて便利なので、いまじゃ無しの方が考えられないですね。そう言えば、バズーカから記事に似た感じのミラーが新発売してました。
2012/08/10(金) 20:12 | URL | kanana #SEFye3cg[ コメントの編集]
Re: はじめまして。
kananaさん、コメントありがとうございます。

私も同じ使い方です。
振り返って見るのが間に合わないときなど、本当に便利な物ですから、出来るだけ多くの方に使っていただけれあばなあ、と思っています。
(特にツーリング系の皆様には・・・)

> そう言えば、バズーカから記事に似た感じのミラーが新発売してました。
お?そうなのですか?それは知りませんでした。
ちょっとチェックしてみる事にします。
情報、ありがとうございました!
2012/08/11(土) 10:31 | URL | YO-TA #GY0.Hv3k[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク