日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

03月≪ 2017年04月 ≫05月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天は我らを祝福せり!2012BRM602青葉200十和田(その2)

 さて、ブルベあけの月曜朝。

 例によって、小径車BSモールトンで、台原の丘を越えて通勤した訳ですが・・・。
 宮城200、宮城300の後よりも、足が回らない・・・。

 さすが、青葉ブルベの山岳っぷりは、ひと味もふた味も違ったようです。

 この疲れ、ちゃんと週末までに抜けるのかな・・・。
 (今度走るのは、400だぞ・・・鳥海山ブルーライン付きの。大丈夫かな?)

 では本題です。
 東北復興支援ブルベと銘打たれた、ヴェロクラブ・ランドヌール青葉主催のブルベ、2012BRM602青葉200km十和田。
 シーニックと言われる、観光地を巡るコースを走るこのブルベ。
 色々楽しい事も多かった訳ですが、色々苦しい事も多かった訳で・・・。

 しかし、観光地に入るまでの、PC1までの間だって、観察系の視点では非常に楽しめる道筋である事は、「その1」で書いて来たとおりですが、ここから先は、さらにとんでもない場所が続きます。

 既にその片鱗はPC1の発荷峠まででも、観光バスの多さ、という形で現れていました。
 そんな風に観光客が集まる場所は・・・普通に良い景色の場所である事はもちろんの話ですから・・・。

 PC1の発荷峠駐車場から、ほんの一瞬(体感)で到着できるできる距離にある発荷峠展望台は、十和田湖を一望できる絶景ポイントとして有名ですからね。
 そして、十和田湖を約三分の一周してから先、奥入瀬渓谷は言うに及ばず、その先、登り返す八甲田連峰方面も、景勝地として有名ですから。

 そして、ここから先こそが、5段階評価の4つ星の真価が現れてくる場所でもあります。
 その辺りは、コースが進むにつれて、はっきりしてくるでしょう・・・。

 コースはここから十和田湖へと下り、そして、今回のブルベのクライマックスゾーンの、奥入瀬渓谷、傘松峠へと続いて行きます。

 という訳で、例によって本編はまた長文なので裏置きします。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。

1.十和田湖畔。更なるシーニックゾーンへ。
 PC1では、ミネストローネとフランスパン、100%リンゴジュースの差し入れを頂きました。
 現地コーディネイターの個人的な知り合いの皆様のご協力であったらしいですが、補給地点が極端に少ない(独特の嗅覚がないと見つからない)コースで、しかもこれから気温の低い場所へと向かうタイミングで、この暖かい差し入れは、体に染み渡りました!

 ミネストローネのスープにパンを浸して食べるのがメチャクチャ美味しくて、パンをおかわり。
 そんな事をする奴は、珍しかったかもしれません(笑)。

 じっくり煮込まれた野菜も美味しくて、当初はチェックを受けたら即出発のつもりが、数分の停車に・・・(^^;)。
 田子町からドリンクが補充されていないので、残量が多少気になる所ですが、すぐ先の展望台に自販機があり、その気になれば軽食も出来ることはリサーチ済みだったので、車体を引き起こすと、すぐに北へと進路を取りました。

 ここから先、十和田湖方面へは、陥没カルデラ地形特有の、外側は緩斜面でも内側は急斜面、という地形です。
 あっという間に加速した車体を、あっという間に制動して展望台の駐車場へ。
 自販機でドリンクを購入し、ボトルに残っている分は全部飲み干し、購入した方を詰め直します。
 このとき、既に日差しは肌を焼くように熱く、保冷ボトルを持ち出した自分を褒めてやりたい気分でした。

 さて、目の前には・・・。


12060301.jpg
こんな景色が広がっている。
これは国道103号沿いから見たもの。


 ここからの景色でも十分な絶景なのですが、後方頭上から、わぁ~とか、うおぉ~とかいう声が聞こえてきます。
 展望台の上にいる皆様の嘆息の声のようです。

 ・・・ううむ。

 この先を考えると、できれば時間を節約したい所ではありますが、折角だから、と、展望台の上へと向かいました。


12060302.jpg
わずかな視点の違いが産む、
圧倒的なまでの絶景感!
こりゃ、登らなかったら損してたわ。

12060303.jpg
道路などの人工物を、
極力排した構図で。


 上の二枚はサービスで、クリック先の拡大画像、一回の転送容量のギリギリまで使ってみました(笑)。
 (今回は、以下の画像でも、いくつかは転送容量上限ギリギリまで頑張った大判で置いてあります)

 それにしても、この景色は物凄い!
 PC1まで、ハアハアと苦しい思いをして登って来た甲斐があったという物です。

 ちょうど、同じく展望台上にいた参加者の方(その後、後夜祭で同席させて頂いた岩佐さん)と、自分の姿を撮り合いしたり、とにかく凄い景観を楽しみました。
 本当に抜けるような晴天で、それほど湿度も高くなくて、遥か対岸の八甲田の山々の、白い姿までが一望できる絶景でした。

 あまりに素晴らしい景色に興奮してしまい、ブルベ中には(転送時間その他が気になって)あまりやらない、画像付きツイートをTwitterに流してしまったくらいです。

 と、同時に・・・。

 正気に返った瞬間、「あそこまで行くんですよね」と、八甲田の白い峰を指差し確認(笑)。
 遠いよ、いやマジに(笑)。

 時間は大切にしよう、と、再度、フレームにまたがり前進を開始。
 急斜面を九十九折で、外輪山の内側を湖面近くまで下ります。

 ・・・ここでは、ウインドベストが必要だったかも・・・(寒)。

 カルデラ湖=火山の火口周辺が陥没した場所に水がたまったもの、と考えれば当然ですが、ここには朝の冷気がたまって、一段冷え込んでいるのでした。
 しかも、湖水という、熱され難く、冷め難い物がすぐ側にある訳なので・・・やっぱり走っている間、徐々に体が冷えてきます。

 湖岸に降りて、少し走った後、ちょっとしたスペースでウインドベストを装備。
 寒気対策は重要です。


12060304.jpg
湖岸の道を反時計に回る。
木漏れ日の斑紋パターンが奇麗だ。

12060305.jpg
ふと左に目をやると、
湖水面がすぐそこ。
路肩から脱輪したら、
季節を先取りした水泳が楽しめる場所も多い。
(まだ今は、楽しみたくないけど・・・)

12060306.jpg
透明度もなかなかで、
流れ着いた流木が、
ちょっとした幻想風景を作り出していた。


 発荷峠展望台にあった説明によると、十和田湖の湖水の透明度は約20m。

 ・・・何ですか、その素通しっぷり(^^;)。
 湖水浴などは許可されていないでしょうけれど、もしもこの水中に潜ったら、湖底までどんな風に見えるのか、体験したくなってきます。

 カルデラの底に残る冷気の中を進んで行くと、急に周囲の樹林が開け、リゾートというか観光地というか、そんな雰囲気の場所に出ました。
 休屋地区付近に出たようです。

 頭上の行先案内標識に、乙女の像という表示が出ます。
 ここから近そうだな、時間は1時間以上先行しているし・・・行ってみるか、と思い観光バスでごった返す駐車場方向へとハンドルを切ってみました。


12060324.jpg
簡単に行けるかと思いきや、軽く迷った。
で、ちょうど案内板があったので見てみたら・・・。

現在地:桟橋が飛び出している港広場の辺り。
乙女の像:地図左下の隅っこ。


 遠いやんけ!

 イメージしていた距離の倍はあるので、転進を中断。
 コースへと戻ります。

 しかし、それでもここは十和田湖の有名なビューポイントらしく、そんな事をやっている間にも、観光バスが何台か入れ替わっていました。
 この時間(10:00頃)に、この場所にいる観光バスって、何時に何処を出発したんだろう、と、余計な事を考えます。
 バスの中の皆様から見たら、逆に、この蛍光色のベストを着て目立つ自転車の人達は、何時に何処を出て何処に向かっているんだろう、と、それこそ不思議に思っていた事でしょうが・・・。
 (正直に答えたら、どんな顔をされるのか、案外楽しみだったり・・・)

 コースに復帰し、湖岸の周回を先に進みます。
 途中、トンネルを抜けた先、十和田湖に川が注ぎ込む辺りが平場になっていて、そこで何人かのツーリスト風の自転車乗りとすれ違いました。
 半ば習慣になりつつある動作で手をあげて挨拶すると、相手からもペコリと頭を下げる挨拶を交わして下さいました。


12060307.jpg
本当に、ちょっとした景色でも絵になる道だ。
ここでほんの一瞬だけ、
ミヤマカラスアゲハとランデブー走行をした。


 ほんの一瞬、右側のアスファルト上に黒いヒラヒラした影が現れたので、その影の上あたりに視線を向けると・・・。
 メタリックな青い前翅をヒラヒラとはためかせている、大型のチョウが。
 前翅の端部に特に強い光が見えたので・・・多分ミヤマカラスアゲハだと思いますが、翅の裏まで見えた訳ではないので、あまり自信はありません(^^;)。


12060308.jpg
湖面側の視界が大きく開けた場所があったので、
思わず停車して撮影。

12060309.jpg
足下を見れば、
相変わらずの透明度の水があった。
湖底の石の数まで数えられそうだ。


 国道103号の南東側は、道路と湖岸の距離がほとんど無い反面、樹木が生い茂っている場所が多く、道路から湖面を見渡せる場所は案外ありません。
 湖面が道路に迫り、直接擁壁で湖水に接している場所でだけ、こうやって視界を遮る物のない湖面を見る事ができます。



12060325.jpg
湖岸にあった小さな祠。
松倉神社という鳥居があった。

帰宅後に調べてみたら、
この場所には高僧を慕う若い女性が、
その高僧が湖の主となったと聞き、
身を投げたという伝説があるらしい。


 そして、この辺りの湖岸には、「監視木」という木札のついた樹木がいくつか見られました。
 最初は、何かの謂れがある木なのかと思いましたが、そのうち何本も出て来て、そして樹種も幹の太さも全然異なる事がわかり、一体何のためにこんな木札を付けているのか不思議でした。

 この木札付きの樹木は、奥入瀬渓谷の中でも、確かいくつか見た覚えがあったので、帰宅後に調べてみたら、老朽化や病気などにより、倒木の恐れのある樹木について、適正な手段で監視しているという樹木を表す物のようです。
 勝手な思い込みで、伝説に繋がる「何か」があるのではないかと期待しましたが、案外、現代的な物でした。

 そういえば、この周辺は国立公園区域。
 当然ながら、自然環境等を守るために、最大限の努力が払われているのでした。


12060310.jpg
と、そんな風に色々見ているうちに、
奥入瀬渓流への入口に到達。

あ、あの・・・。
標識が見辛いんですけど・・・。


 いや、標識が見辛いからと言っても、ここは国立公園内ですから、許可なく枝を打ち払ったりできないはずなんですよね・・・。
 まあ、見辛いだけで、見えない訳ではありませんから、これは人間側が自然に慣れろ、という事だと考えておきましょうか(^^;)。


12060311.jpg
十和田湖から唯一、
水が流れ出す子ノ口で。

相変わらずの透明度だ。
水深は1~2mはあったのに、
岩の形がくっきり見えている。


 奥入瀬渓流は、十和田湖のカルデラから、唯一、外輪山を突き破って流れている川です。
 本来なら、水に弱い火山灰性の山地でもあり、大きく山体を浸食されてもおかしくないのですが、今は水門で流出流量を管理しているようで、そこそこ安定した環境が保たれているようです。
 まあつまり、奥入瀬の美しさは、常時浸食と戦っている自然の、破壊と再生のせめぎ合いが魅せる美しさだ、という事もできる訳です。

 まあそれにしても、奥入瀬の渓谷、渓流美については、今更説明するまでもないでしょう。
 実は、私は十和田湖も奥入瀬も、初めて来る場所だったりします。

 どんな場所なのか、楽しみな気持ちを抑え切れぬまま、国道102号の下りへと進んで・・・


12060312.jpg
と、その前段階から凄かった!
これは流量調節堰?の上流側の帯水。
画像ではうまく撮れなかったが、
ここの水底が青く光って見えていた。

水深がある反面、透明度が高く、
プリズム効果で青い光が目立ったのだろうか。


 何枚か撮ったのですが、青い色を捉えた画像はゼロ。
 ううむ、悔しい・・・が、記憶には焼き付けたぞ、この!

 という訳で、下り基調の道を、シーニックなコースのクライマックスのひとつである、奥入瀬渓流沿いへと向かいます。

2.奥入瀬渓流。幾多のトラップの中を行く。
 奥入瀬渓谷沿いに入ると、木々の天蓋はさらに厚みを増し、強かったはずの日差しがしっかり遮られるほどの緑に包まれました。

 それもそのはず。
 この渓谷をGoogle Earth等の衛星画像で見ても、国道102号がどこを走っているのか、一目ではわからないくらいに木々が生い茂っていますから。

 木々の葉による遮光効果で薄暗くなった道沿いでは、自分の車体のフリーハブのラチェット音や、相変わらず元気に鳴いているエゾハルゼミの声、高速走行時に特有の風切り音に、はっきりとした渓流の流水音が響いています。

 ここに、観光バスや自動車のエンジン音が混じる訳ですが、これがなければ、ほぼパーフェクトなんだけどなあ、と考えてしまうのは、まあ多分、一般の皆様からすれば贅沢な要望になるんでしょうね・・・。


12060313.jpg
それにしても凄い場所だ。
目をちょっと左右に振るだけで、
渓流美が当たり前のように視界に飛び込んでくる。

12060315.jpg
渓流の真上には、
わずかに木々の枝葉に隙間があるためか、
日が差した時の陰影がまた素晴らしい。


 木漏れ日がランダムなドットパターンを描く道路を、脚を回さずに下り勾配に任せて走っていると、様々な方向から水音が響いてきます。
 渓流が流れる方だけでなく、反対側の、崖の方からも大きな水音が聞こえて来たりしますが、その音が、そこに滝がある事を教えてくれるサインになるのでした。


12060316.jpg
渓流も右に、左に流れを変え、
滝も右に、左に休みなく出てくる。

12060317.jpg
その滝の姿も、
階段状の物があり、
流麗に岩肌を流れる物があり、
さらには豪快に流れ落ちる物もあったりする。

12060318
とにかく、色々な姿の流れがあって、
色々な見所が続くので、
何度も脚が止まってしまう。


 気がついたら、下り基調だというのに、全然前に進んでいません(笑)。
 何かあったら足を止めてカメラを構え、また何かを見つけて、それに見入ってしまい・・・。
 私のような人間を、先に進ませない魅力がいっぱいあり過ぎです。

 観光バスや自動車が勢いよく通り過ぎてしまうような場所でも、自転車の滑走速度であれば、すぐに止まってゆっくり風景を楽しむ事ができます。
 歩行者ほど立ち止まりや経路選択の自由度は望めないものの、この渓谷に漂う涼気を切って走る爽快さがプラスされる事を考えたら、自転車という交通手段でこの渓谷を巡るのは、実は素晴らしい選択肢なのではないか、と、初めてここを訪れた自分にも感じられました。


12060319.jpg
定番スポットの銚子大滝。
十和田湖から降りてくると、
道路からは左後方を振り向かないと見えない。

自動車だったら、
通過するのが一瞬過ぎて見えないだろうし、
オートバイではエンジン音で落水音が楽しめないだろう。

12060320.jpg
駐輪に場所を取らない自転車だからこそ、
ふと何かを感じた場所に車体を止めて、
ゆっくりそれを観賞できる。
そういうフットワークの軽さを活かせると、
この渓流の探索は楽しくて仕方がなくなるのでは?


 気付いたら、奥入瀬渓流だけで撮影枚数が40枚越え(笑)。
 どんだけ撮ってるんだっての!(時間も限られてるのに!)
 トラップに引っかかり過ぎだろ!>オレ!

 まあ、光線状態が厳しい場所だったので、同じ場所で露出補正やモードを変えて何枚か、とか、そんな撮り方をしていたために枚数がかさんだのも事実ですが、それにしたって、撮り過ぎてるというか、それだけの回数と時間分、立ち止まっている訳で・・・。

 青葉さんのスタッフカーに追い越される瞬間も、右側の崖に流れる滝に気付いて停車しようとした所で、ここでは全く愛想を振りまく事ができませんでした(^^;)。


12060321.jpg
川の反対側の崖にも、
滝を見つけた。


 この川向こうの滝を見つけたのは、実は全く別の対象に気を取られて足を止めた事がきっかけでした。

 別の対象が何か、というと、川向こうの樹林帯から聞こえて来た、ココココココッという音。
 何かというと、キツツキのドラミングの音です(実際には連打が速過ぎて、人の耳にはコォ~ッという振動音に聞こえる)。

 そんな音は、自動車や観光バスの中にいたら、絶対に気付けませんし、オートバイでもフルフェイスのヘルメットや、自分の車体のエンジン音で気付けなかったと思います。
 自転車だからこそ気付けたその音に誘われ、ふとそちらに視線を向けたとき、木々の間から白い一筋が流れ落ちている事に気付かされたのでした。

 まあ、キツツキの姿は結局、見つけられなかったのですが、音の大きさと、この環境の条件を考えたら、多分、アオゲラかアカゲラでしょう(クマゲラってことはないと思う。さすがに ^^;)。


12060322.jpg
とにかく、渓流美はこの奥入瀬の、
全面に渡って広がっていた。

12060323.jpg
倒木さえも絵になるとか、
何なの、ホントにこの道筋。
もっと長く、色々見ていたかったぞ、ホントに。


 そんなこんな、自然の色々なものに目移りして、耳移り?して、観察系視点では、ネタが尽きなさ過ぎて時間が足りなさ過ぎる気がしましたが、ブルベという時間制限付きのサイクリングである以上、先に進まないといけません。
 しかし、そろそろ早い昼食タイムにしても良いか、と、事前リサーチで食事も出来る場所として見つけてあった、石ヶ戸休憩所で一時停止。

 そして・・・。

 初めて走る奥入瀬の、あまりに素晴らしい景観に浮かれ切っていた私は、ここで冷水を浴びせられるような事態に出くわす訳です・・・。



(その3に続く)


関連記事
コメント
読み応え
ありすぎです。
これほど精細なタッチのブルベレポは、今まで見たことない気がします(笑)
やはり、大量の画像情報を残すのは大事ですね。奥入瀬での撮影時間だけでも、半端ないレベルだと思われますが。これはたしかに、通り過ぎるだけではもったいないと感じる場所です。まして、「自転車だからこそ」立ち止まれるわけですから。これ、クルマじゃ絶対できないんですよね。
「監視木」、勉強になりました。
この200は、ぼくも走れば良かった。
2012/06/05(火) 04:12 | URL | 楽山 #-[ コメントの編集]
ありがとうございます。
そう言っていただけると、レポートを書く励みにもなります!

今回の200は、主催の皆様の手厚いサポートと、
現地の皆様の温かいサポート、そして天候にも恵まれ、
本当に素晴らしい200kmでした。

来年も開催するような話になっていましたので、
ぜひ、楽山さんも来年は挑戦してください!
私も、来年、また走りたいと思っています。
2012/06/05(火) 09:01 | URL | YO-TA #GY0.Hv3k[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。