日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

09月≪ 2017年10月 ≫11月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

大きなご褒美、到着!新車の納車です。

 来週から、ブルベ2連戦!

 最初に走るのは、200km。
 ヴェロクラブ・ランドヌール青葉主催の、BRM602青葉200km十和田です。
 走行距離は、ブルベ最低ランクの200kmですが、獲得標高が2,800mを越え、コースの途中にコンビニなどがほとんど無いという、なかなか挑戦しがいのあるコースになっています。

 何より、VCR青葉(本拠地は神奈川で良いのかな?)の遠征開催ブルベで、全国から参加者が集まるという、別の方面での楽しみもありますので、是非、完走したいと思っています。

 次に走るのは、ついに来た感のある、400km。
 最近本当にお世話になっている、ランドヌール宮城主催の、BRM609宮城400kmです(ランドヌール宮城さんは、コースにペットネームを付けていない)。
 制限時間は27時間。どう考えてもオーバーナイトランを覚悟しないと完走不能な距離で、私には初めての距離域です。

 完走・・・できるのかどうか、どうも不安は拭えません・・・(前回の300は、条件が良過ぎたよ、どう考えても・・・)。
 が、出るからには、行ける所までは行ってみよう、という気でいます。

 では本題です。
 以前、ツイッターで色々呟いていた、自分への大きなご褒美が到着しました。


12052700.jpg
大きなご褒美。
その一部。


 核心部分は裏置きします。
 興味のある方は、以下のRead moreをクリックして下さい。

 さあて、仙台移住以来初の年度末多忙期を無事、乗り切り、そして東北でのブルベを立て続けに完走という、色々と自分に課した課題を無事こなしたので、自分自身への大きなご褒美として、これを購入しました。


12052701.jpg
NEILPRYDE Alize
地中海の季節風の名前を冠したロードバイク。

12052702.jpg
フレーム形状は、
エアロ効果を考えた形になっている。


 ちょっと待てい!

 という声が全方位から飛んできた気がします(^^;)。
 いやあ・・・まあ、色んな意味で、「ちょっと待てい!」度が高いですよね、これは(笑)。

 NEILPRYDEは、以前、試乗会の話題で取り上げた通り、元々はウインドサーフィン等のマリンスポーツ製品のメーカーですが、近年、自転車業界にも参入しました。
 現在、日本ではこのAlize(アリーゼ)と、ヒルクライム等に特化したDiablo(ディアブロ)というモデルが販売されている・・・のですが・・・。

 ネット上の評判では、とにかく納車時期が読めないブランド、という事になってしまっています(^^;)。
 私が見た範囲の話ですが、1月に発注したのに、5月に入ってからも待ち続けているとか、なかなかに壮絶な話が転がっていまして・・・。

 んでは、何で私が今、この時期に納車されているかと言うと、別に1月段階で発注していた訳ではなく。
 発注したのは、4月の200kmブルベが終わり、GWに突入した4月の末。
 連休前半の3日間のうち、最終日の4月30日でした。

 この日、どうせこの時期の発注なので、2~3ヶ月待ちだろうな、という覚悟を持って、ショップに駆け込んで購入相談。
 すると・・・どうやら、翌々日の5/2日には、代理店の所に何個体かまとめて納品があるらしい、という話が出て・・・。

 はい、その場でオーダーです(笑)。
 逡巡時間、5秒弱の清水寺ダイブでした。

 そういえば、以前もこんな事があった気がするなあ・・・。
 具体的には、ロード1号車の、R.T. Carbonを購入した時(笑)。

 あの時も、2~3ヶ月待ちなんて当たり前、という気分で店を訪れたのに、「週内に代理店に品物が届くので、早ければ再来週にも納車できますよ」と言われて、その場で購入を決めたんでしたっけ・・・(なんか、凄い既視感が・・・:笑)。

 んで、今回もショップで組む時間を含め、約1ヶ月で納車。
 何というか、購入のタイミングには、恐ろしく恵まれていますね、私(^^;)。

 ちなみに、車体色は、普段なら青系を選ぶ所ですが・・・。
 Web上で「ニールプライド買いました」の報告を当たってみると、アリーゼ、ディアブロ、ともに青系の色が選ばれている事がほとんどなのですよね。
 なので・・・フレームの実物を見て、思った以上に良い感じだったマットブラックを選択しました(メジャー所は外すという天邪鬼思考炸裂!)。


 本当はカラーオーダーをかけようと思っていました。
 しかし、タダでさえ今は納期が読めないのに、さらに時間がかかるような事をやると、物が入ってくるのは半年後か一年後かわからなくなると言われ・・・。

 カラーオーダーを諦める理由には十分でしょ、これ・・・。


 まあ、色反転でも書けない危ない話は封印して・・・。
 マットブラックのフレームですが、実際の色はヌードカーボンという感じで、日光の下ではわずかにグレーがかった色に見えます。

 塗装ムラがちょっと目立つもの、この手のカーボン素材の特徴です。
 一号車のCorratecは、ドイツブランドらしい丁寧な塗装で、外見上、カーボン素材を思わせる部分は、化粧カーボンのプリント部分程度です。
 しかし、今度の車体は装飾は最低限ですので、化粧カーボンなどの装飾は一切ない、荒削りな外見がそのままになっています。
 私はこれ、味があって良いと感じる派なので、全然問題ありません。

 で、車体は全体的にシックな感じで良いのですが、ホイールにMAVICキシリウムSLを選んだので、ハブとスポークに赤の差し色が入って、妙に戦闘的になったのは、想定外でした・・・。
 (あの~、見た目、戦闘的でも遅いので、そこんとこはよろしく・・・)

 ちなみに、コンポはULTEGRA 6700(ワイヤー式)。
 Di 2はブルベでの使用などを考え、山の中で基盤系トラブルなど起ころう物なら確実にDNF(どころか、生還も危うくなる可能性がある)なので、何かトラブルがあっても自分である程度、対応可能なシステムを選びました。

 で、ワイヤーが内蔵(ハンドルに沿う形)になったので、これで吊下型のフロントバッグも使えるようになりました。
 ただし、ライトを装着しようにも、ワイヤーとハンドル部材との間の隙間が狭く、例の「自走式八墓村マウント」を装着する余裕がありません。
 (ハンドルはFSA WING pro compact。水平部がエアロ形状になっているので、アクセサリーを付ける余裕が少ない。ちなみに、何も知らずに水平部を握って、驚いた。「ハンドルが平たい!」と)

 エクステンダーを装着する場合、バンド締付式の物に変更するしかないでしょうか・・・(個人的に、バンド締め付け式はあまり信頼できないんだよね・・・。締付方向と荷重方向が直角ならともかく、平行だと簡単に曲がりそうだから・・・)

 その辺は、まあ、必要性が出て来たらまた考える事にしましょう。


12052703.jpg
しかしまあ、
いい感じでカオスって来たなあ・・・。

自転車の上に自転車、
自転車の前に自転車。


 現在の所、まだサイコンも届いておらず、法令上、公道を走っても良いレベルの装備を装着した程度の段階なので、今後、色々アクセサリー類を装着し、体を慣らす程度の走りを重ねるとともに、ブルベ用の装備をどうするのか、色々考えたいと思います。

 ブルベデビューは・・・秋の宮城200(平泉方面)になるかな?

関連記事
コメント
おめでとうございます!
おお、おめでとうございます!
土曜日にベルエキさんに言ったときに「あらやだ真っ黒なニールプライド!?かっこいいー」とか思ってたんですよ。あらためて納車おめでとうございます。
今度のぶるべれぽにはぜひ、いい塩梅の背景をバックに車体をかっこよく収めてください!
2012/05/27(日) 22:30 | URL | 漬物 #-[ コメントの編集]
きっと、苦労しますよ
うーん、1号ロードを叩き台に、2代目で無茶してしまうという私と同じ道を辿っているのが
なんとも・・・・。(^^;)ゞ

新車おめでとうございます。
選択がいかにもというか、他人と被りそうもない珍車(Airfram)に乗っていたYO-TAさん
らしいといいますかw
ヌードカーボン良いですね。
ガチッ!とした、ソリッドなたたずまいが格好いいです。

フロントバッグは装着可能になるかもしれませんが、エアロフレームの場合、長距離での
大容量収納を考えたリア回りは、ほぼオルトリーブ1択になるでしょう。
フロントライトの取り回しも大変になります。(お書きの通り、扁平タイプハンドルなら尚更)
自分はここら辺を考えて、ハンドルはノーマルの丸型パイプを選択してライト台座スペースを
確保した上で、フロントバッグ非使用です。
あと、フロントバッグを付けない代わりに、エアロポストに対応したリア回りの大容量収納法を、
オルトリーブ以外で可能にしてあります。
・・・えぇ、私も天邪鬼なんで、他の人があまりやってないようなやり方でw

ともかく、エアロフレームでの長距離は積載に苦労するかもしれませんが、色々と工夫する
楽しさがあります。
YO-TAさんならではの、創意工夫のお手並みを拝見させて頂きますので。(・∀・)
2012/05/27(日) 23:16 | URL | DFR.@XRF #0WSlQOM6[ コメントの編集]
ありがとうございます
漬物さん

ありがとうございます。
今回は、お店で随分沢山の方に目撃されていたようで・・・(^^;)。
「あれだったのですか~!」という反応を多数、頂いています。

実はまだ、いくつかアクセサリーが届いていないので、
ブルベデビューはもう少し後になりそうです。
まあ、それ以前に、Corratecとの乗り味が結構違うので、
体を慣らす方が先になりそうですが・・・。
2012/05/27(日) 23:17 | URL | YO-TA #GY0.Hv3k[ コメントの編集]
苦労も楽しみのうちです(笑)
DFR.@XRFさん、ありがとうございます。

どうも私は、「誰とも被りそうにない!」物を選びたくなる性分が治らないようで(笑)。
今回も、ちょっとレア系(?)に落ち着き(?)ました。

お察しのとおり、エアロロードは本当の本当に、「走る」意外の機能が考えられていないというか、
いわゆるアクセサリーやバッグ類の装着が、これでもか、というほど困難な車体になっていますね。
ライト周りにしても、ワイヤー類の取り回しをどう処理するか。
積載系もどう処理するか、色々考えどころがあり過ぎます(^^;)。

しかし、苦労も楽しみのうちですから、
そのうち、「そう来たか!」という物をご報告できるよう、
色々工夫してみます。
※色々やらかした挙句、結局そこに落ち着いたか、となりそうな予感・・・(^^;)。
2012/05/27(日) 23:25 | URL | YO-TA #GY0.Hv3k[ コメントの編集]
No title
新車おめでとうございます!
もしかして?とおもったら本当にもしかしてでした。
アリーゼはBBが低めなのがブルべに良い方向に働く気がします。
(反面、ターンしながら漕ぐのが大事なクリテリウムは苦手に)
エアロ形状は手放しで何か食べてるときの横風に気をつけて走ってください。
灯火類はステムから伸ばすかハブ関係も考えると良いかもしれません。
ハブのライトホルダーは日東製が精度面でおすすめです。
2012/05/28(月) 00:42 | URL | lapis_f #R0wPnQNU[ コメントの編集]
lapis_fさん、ありがとうございます。

もしかしての、そのままでした(^^;)。
アリーゼは、地面に張り付くような走行感が、何とも言えない味になっています。
コーナーで特に足を回さなくても、減速が少ないというか・・・。

横風は確かに危険ですね・・・。
チューブの一本一本が、普通のカーボンフレームと比べても「ぶっとい」ので、
風圧は結構なものでしょう。
まあ、私は手放し運転は、片手放しは(手信号、写真撮影程度に)やることはあっても、
両手放しはまずやりませんので、何とかなると思います。

ライトは、今のところ閃一灯ですが、そのうち、色々工夫しようと思っています。
2012/05/28(月) 08:48 | URL | YO-TA #sTEMGF/E[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク