日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

04月≪ 2017年05月 ≫06月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

BRM519宮城300 コース予習編

 連休後半の4日間は、結局、雨優占の天気となってしまいました。

 本日、こどもの日を除けば、3日、4日は、宮城県各地で冠水被害も出るほどの大雨。
 6日は午後以降、また雨となっています。

 そんな毎日だったので、何をやってきたかと言えば・・・。
 本日、朝早くに自宅を出発して定義山を目指してきたのですが・・・。


12050501.jpg
こんな向かい風!

最近、こんなのばっか・・・。
呪われてんのか?


 定義山という位なので、そりゃもう、山寺なわけですが(仙台市西部)、西からまともに、山おろしの冷たい向かい風。
 3~4日の間の大雨の影響で、色んな物が路上に流れ出しているわ、今も地下水が絶賛、漏水中で路面が濡れまくりな場所があるわ・・・。
 しかも、時折、風に乗って、パラパラと雨も混じって落ちてくるという状況では・・・。

 七北田ダムを越えて、定義山方面への県道同士のT字路が近くなった所で心が折れて、引き返してきました・・・。
 というか、その前の段階で、かなり山深い場所になっていたので、本当に道が合っているのか、スマホで確かめようとしたら・・・電波圏外という物を、仙台市内で初めて経験しましたよ・・・(ちなみに、DocomoのAndroid使用中).


12050502.jpg
とは言え、その場所って、
目を道路の横に向けたら、
こんな場所だったんだけど。

くれぐれも、ここ、仙台市内。


 とまあ、結構、グダグダな状況ではありましたが・・・。


12050503.jpg
個人的には、
この芽吹きの柔らかい緑の風景が見られて、
満足度はそこそこ高かった。


 という、長い長い冒頭脱線を経て、本題に移りましょう。
 さて、200が無事に終わったばかりですが、次のブルベ、BRM519宮城300まで、一ヶ月を切っています。
 まだキューシートは出ていませんが、発表されている暫定コースのルートラボを見る限り、さすがに100km長いだけあって、先日の200kmと比べると、コースはかなり複雑です。

 例によって、現時点で地図&地形図で見た感じのコースの概要ですが・・・。


・寒河江のスタートを出発し、寒河江市街地から北へと進む。
・新庄市街地をぐるぐる走った後、最上川沿いに日本海を目指せ。
・大俣川沿いに山岳コースに入り、再び新庄市街地へ。
・国道47号沿いに再び山岳地へ。湯けむりラインとともに赤倉温泉を目指せ。
・松尾芭蕉もビビりながら通った山刀伐峠を、夜に越えろ。
・そして、寝静まりはじめる寒河江にゴール!


 という感じで、山形県寒河江市をスタートに、最上川沿いに日本海まで出て、内陸経由で再び寒河江のスタートへと戻るルート。
 今回は先日の200のように、単純に行って・来いの往復路ではなくて、いろいろグルグルと回ってスタート地点まで戻るコースになっています。

 では、このコース、どんな風に私の頭に叩き込むべきか・・・。

 という訳で、詳細部分は長くなったので、裏置きします。
 興味のある方は、Read moreをクリックして下さい。

 現段階でキューシートが出ていないため、コースのチェック&順路の確認は、まあ、結局、ルートラボ準拠の我流になります。
 と、いうか、私は自分で勝手に計画を立てるときでも、大体、同じような感じでコースの順序を記憶していたりしますが・・・。

 という訳で、地図上をなぞって設定した、我流のコース順序確認順は以下の通りです。

5/7日追記
 コマ図が発表され、PCの位置が大体わかったので、追記。


・高速くぐって県道24右折。
・多分、寒河江駅方面の標識が出るので、その角を左へ。
・駅を超えてひたすらまっすぐ。線路を越えて県道25に接続し、さらにまっすぐ。
・国道347に接続し、さらにまっすぐ、13号まで。
・13号の立体交差を左折、ひたすら13号トレース。バイパス分岐は左へ。
・河原子ICではバイパスの下をくぐって猿羽根トンネルへ。
・新庄市街地も13号をひたすらトレース。47号は無視!
・新庄市街地をいったん抜けて、泉田駅近くの交差点を直進したら、折り返しは近い。
・右にローソンが見えたら、そこが折り返し。往還東バス停が目印。
・PC1 ローソン新庄泉田店(道路右側)
・今来た道を新庄市街地まで戻る。
・新庄市五日町交差点で、国道458号を右折。コナカとワークマンが目印。
・立体を通ったら斜め左方向。また458号に復帰し、左折。
・国道を外れて最上公園のお堀の前を抜け、お堀に沿って右折。県道36号トレース。
・ツルハドラッグを越えた先で、県道34号右折。
・県道34号を延々トレース。鮭川を越えたところで、左折を忘れるな。
・鮭川、濁沢川、最上川と渡って、国道47号に復帰、川の下流に向かって右折。
・谷が開けるまで、嫌になるほど47号トレース。平地に出たら、国道345号を右折。
・再び最上川を渡る。最上川右岸は堤防上を通り、345号に復帰。
・最上川の支流を渡った先で345号を逸れ、砂越駅方面の左の分岐へ。
・県道40号を砂越駅付近まで。コメリ、マックスバリュを越えた先の大きな交差点を右折。
・そのまま直進して、広域農道に接続し、ひたすら直進。
・エルパが左前に見えてきた頃、国道345号を左折。
・鉄道を越えて右折し、国道345号トレース。
・強烈な登りの峠を越えて、国道7号との交差がPC2。コース前半終了。
・PC2 サンクス遊佐西浜店(道路左側)
・後半開始。今来た道を引き返す。国道345号トレース。
・遊佐駅付近で、往路で通った広域農道には折れず、そのまま345号トレース。
・日向川/鳥海橋を越えて約1キロ。変則交差点を国道344号に左折。
・そのまま国道344号山岳区間。青沢トンネルまでは登り基調と覚悟。
 (この間の約25km、どうやら補給ポイントなし。自販機さえなくなるらしい)
・真室川駅付近の住宅地を抜け、さらに国道344号トレース。国道13号に出たら右折。
・PC3 ファミリーマートやまろく金山店(道路左側)
・国道13号で新庄市街地を抜け、国道47号を左折。国道47号山岳区間。
・PC4 ファミリーマート最上赤倉店(道路左側)
  (キューシート、コマ図が改めて発表され、確定:5/9日追記)

・国道47号は赤倉温泉駅までは進んでOK。県境は行き過ぎ。
・赤倉温泉駅を越えた先、県道28号を右折。遮音壁の先の赤い欄干の橋が目印。
・県道28号山岳区間。山刀伐トンネルまではキツい登り覚悟。
・山を下ったら、ひたすら県道28号をトレースする。
・県道124号との変則交差点を左に進んで28号をトレース。国道347号に当たったら右折。
・しばらく行くと、スタート直後に反対側から来た13号の立体交差に出るので、直進。
・あとはスタート地点へと、朝の逆ルートを辿る。


 という訳で、私の場合、交差点名や距離などでコースを覚えるよりも、幹線道の路線番号や周辺のランドマークとなる地形や建物を基準に覚える事が多いです。
 幹線道の番号は、標識にも出ている事が多いですから、経験上、案外これでも間違う事は少ないです。
 (ちなみに、先日の宮城200くらい簡単なルート設定なら、キューシートを見なくても走れた)

 ところで、ついでに宮城400のコースも見てみましたが・・・恐らく、私がソラで暗記できるルート順は、300が限界かもしれません。
 400は、300と共通する部分もあるのですが、そのためか、300では曲がるけれど、400では直進する、という場所で、曲がる方に引き込まれるなど、逆にミスコースの原因になりそうな気がしてしまいますね・・・。

 まあ、400にエントリーするかどうかは・・・まだ迷っていますけど(^^;)。
 折角なので、勢いで行ってしまえ!とも思うのですが・・・。 
 (本当は、連休中にちょっと無茶な行程で、無茶な距離をぶっ通しで走ってみて、それに完走できたらエントリーする気だったのだけど・・・雨優占の日程で、結局試してないし・・・)

 そして、この300のコースは、実はゴールした後に、難関が待ち受けていたりします。


・ゴールは多分、真夜中(0~2時)になる。
・電車の始発は朝6時。
・さて、朝まで何する?


 え~、宮城県民には珍しく、私、車持ってませんので(^^;)。
 電車が動くまで、何をしていれば良いのやら(笑)。
 (東京時代には必要性をまず感じなかったし、今も地下鉄と自転車で大体、生活が完結しているので、あまり必要性を感じていなかったり・・・)

 まあ一応、24時間営業の店を何カ所かピックアップして、朝まで粘りますか・・・。
 (どなたか親切な方に、仙台まで同乗させて頂けると助かるけど・・・)

 そして、どうでもいい情報を、最後に追加しておきましょう。


・山刀伐峠はその筋で有名な心霊スポット。
・トンネル出口の電話ボックスが・・・。


 いやあ、こんな場所を、(距離から逆算したら)多分、21時頃に通過させるなんて、いいコース設定ですね、これ(笑)。
 狙って設定しているなら、スタッフの皆様に拍手したくなりますwww。

 まあ、私はブルベデビュー戦でナイトブルベを走り、その時、実は複数箇所の心霊スポットを抜けているのですが(笑)、そっちの存在より、体の50cm横を猛スピードで走り抜ける大型トラックの方が何倍も怖い、という事を実感しているので、どうでもいいです。
 というか、峠に着いた時点で、坂でヘロってグデグデになっていて、それどころではない状態だと思いますから、近寄ってきても、「ウゼえ!」の一言で片付ける可能性が大です(笑)。

 それ以前に、トンネル出口の電話ボックスといっても、両側にあるので、どちらが本当にヤバい方なのかはわからないらしいのですが・・・(ずいぶん、いい加減な設定の心霊スポットだな ^^;)。


12050504.jpg
最後の最後に、
ホントにどうでもいいオマケの一枚。

こんな細い道に、国道のおにぎり・・・。
しかも、仙台市名物、箱入りおにぎり。
(おにぎり弁当とも言われるらしい)

まあ、泉ヶ岳に行く人にはお馴染みの場所だと思うが、
改めて考えると、これが国道というのは・・・。
場所が場所なら、「酷道」でもおかしくないな。
関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク