日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

06月≪ 2017年07月 ≫08月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

免許更新手続終了

 気付いたら、4月のブルベまで一ヶ月・・・。

 最後に本格的に走ったのは、昨年末か・・・それ以前か・・・。
 うあ・・・準備不足も甚だしいな、これ・・・(^^;)。

 とにかく、今は本業が忙しくて全く動けないので、4月に入ったら、早速100~150kmオーバー位は走っておかないと、本番がキツそうな気が・・・。
 あ、ただ単に100km程度走れば良い訳ではなく、峠越えや、アップダウンを含むルートを考えておかないと、ブルベのコースは走れないよな・・・。

 という訳で、またも死亡フラグが立った所で本題です。
 免許の更新年になっていたため、誕生月のうちにちゃんと新しくしておこうと、本日、宮城県の免許センターに出向いて、手続きをしてきました。

 で、こちらに来てはじめての免許更新であり、よい機会でもあったので、現在の宮城県の道路交通事情などについても、できるだけ聞いておこうと思い、いつもは聞き流し気味・・・というか、漫然とビデオを見るだけだった30分講義を、できるだけしっかりと聞いておく事にしました。
 ちなみに、今回も「金色表示」なので、講義時間は30分のみです。

 という所で、本題は裏置きします。
 興味のある皆様は、Read moreをクリックして下さい。

 さて、東京に居る時は、30分講義と言っても、単に交通安全啓発ビデオを30分見るだけだったこの講義。
 宮城県交通安全協会では、パワーポイントを使った(といっても、簡単な図表表示程度だった)講義形式になっていました。

 おかげさまで、東京にいた頃だったら退屈な時間になる所が、折角だから、こちらの道路交通事情についてちゃんと聞いておこう、という気分に切り替える事ができました。
 (やはり、単にビデオを流されるよりも、現在の交通事情を、ちゃんと講師がフィードバックしてくれるのはありがたい)

 宮城県では、昨年一年間(平成23年)の交通事故件数は、一昨年(平成22年)比で減少しているようで、交通事故による死者数も、全県で67人(-13人)。
 東京で、何百人という数字を見慣れていると、少なっ!と思ってしまいましたが、人口10万人あたりの死者数、というファクターで見ると、東京の方が少ないんですね・・・。
 まあ、東京は人口集中度が常軌を逸していますから、割合に直すとそうなっちゃうのでしょうね・・・(実際、人口あたりの割合に直すと、政令指定市を抱える都道府県は軒並み、低い数値になる)。

 そして、その67人中、65歳以上の高齢者は半数程度。やはり、こちら宮城でも、高齢者の交通事故が問題になっているようです。
 なお、昨年の死者数が、一昨年より減った理由としては、震災後、長期に渡った停電期間中に、夜間に出歩く人の数が減った事や、ガソリン不足のために、車を動かせない期間が長かった事などが考えられるそうです。

 そして、飲酒運転の検挙数は昨年比で5%の減(実数、メモ忘れた ^^;)。
 ただし、沿岸域の区域に限っていえば、20%増という形になっており、その理由として検挙者があげているのが、「震災後のストレス」なのだとか。
 震災をそんな所で理由にするな、とも思うのですが、あの津波被災地の状況(生活の痕跡が何も残されていない)を見ると、飲まなきゃやってられん、という気分になるのもわからなくもないのが、複雑な所です。

 そして、死亡事故の多くが、(特に後部座席において)シートベルトをしていれば助かっただろう、という物が多かったとの事。
 近年の車は衝突安全性能もかなり考えられており、事故車が、シートベルトなんて、なくても同じだ、というレベルの破壊に至る事は、高速道路上での事故事例を除けば少なく、生存率を確実に上げてくれる物であるそうなのですが・・・。
 運転席と助手席はともかく、後部座席のベルト装着率はそれほど上がっておらず、後部座席の人が衝撃で吹っ飛んで、運転席や助手席の人の後頭部に頭から突っ込んで両者死亡、なんて状況が良くあるのだそうです。

 それと、現在、東北地方は高速道路の通行料が完全に無料化されていますが、その影響でか、高速道路上での交通事故が、昨年比で1.7倍にもなっているのだとか。
 ついでに、被災地支援などで東北圏外地域から来ている人達がハンドルを握っている時に、雪や凍結に襲われたためにやらかした、という件数も結構な数だったようで・・・。
 今年は、昨年の同時期比では、死者数は-15人という数なのだそうですが、件数は+312件。それも、1月20日頃の積雪~凍結~完全アイスバーン化(要ツルハシ)の頃に、一気に件数が伸びたようです。
 ちなみに、ウチの会社の社用車も、その頃、凍結路面で滑ってスピン~ガードレールに特攻、のコンボをきれいに決めました(私はその車に乗っていなかった)。


 で、この講義に関して・・・個人的に興味がある点である、自転車に関する内容について、ですが・・・。
 30分講義の中では、話に出ませんでしたね・・・。
 まあ、自動車の運転免許の更新ですから、「自動車を運転する上で注意すべき事」が主な講義内容になるのは仕方がないですが・・・。
 (あと、普通自動車運転免許の区分が変わり、中型免許との区分をどう扱うか、という部分が重要なので、そこに時間をとられたのは仕方がない話だと思うが・・・)

 とにかく、「最近、町を走る自転車が増えていますので、自転車について、少しお話ししておきましょう」程度の話題でも良いので、触れておいて欲しかったな、と思う所があったりもします。

 なお、講義では話題に出なかった自転車ですが、教本の方にはちゃんと出ていました。
 宮城県交通安全協会で使用している交通教本では、自転車の一般的行動特性として、以下の点を挙げています。

 ・ふらつきやすく、わずかな接触でも転倒する。
 ・確認や合図をしないで急に進路を変える人がいる。
 ・車の流れを無視して狭いところを通り抜けようとする人がいる。
 ・夜間でも無灯火のまま走る人がいる。


 ・・・反論できない・・・(^^;)。
 これに、「雨の日に傘差し運転で、前が見えていないまま突っ込んでくる人がいる」とか、「左側通行の原則を無視して走ってくる人がいる」とか、「ブレーキを装着していない無謀な人がいる」なんて書かれたら、ほぼパーフェクトでしょう。
 ちなみに、宮城にもいるんですよ、ノーブレーキ・・・。
 (最近ではブレーキアーチはあってもシューがついていない、とか、ブレーキアーチとシューの舟はついているが、パッドがついていない、なんて人もいる。もはや、どこからツッコんで良いのかさえわからない。ファッションだの何だのという理由さえどこかに行って、単に「ルール違反したいだけ」としか・・・阿呆か?)

 しかし、その反面として、「スポーツタイプの自転車は、見た目以上に速度が出ている(原付並)」という部分が抜けているのは残念です。
 ここも、一般の皆様に明らかにして頂きたい部分ですね。

 あと、自転車安全運転5則として、

 1.自転車は車道が原則、歩道は例外
 2.車道は左側を通行
 3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
 4.安全ルールを守る
  ・飲酒運転、二人乗り、並進の禁止
  ・夜間はライトを点灯
  ・交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
 5.子供はヘルメットを着用


 が示されていますが、ヘルメットは子供でなくとも着用を義務づけても良いのではないか、と思いますね。
 なぜなら、いまだに自転車が絡んだ交通事故で、自転車を運転していた人が死亡する原因の3分の2は、「頭部の損傷」なのですから。
 カッコ悪いとか、髪型が崩れるとか、そんな事をいちいち理由にする人もいますが、命より髪型の方が大事か、一度考えてみてはいかがかと・・・。

 という訳で、30分の講義はあっという間に終了し、金色の免許が交付され、手続きは終了。
 その後は、1月以来、伸び過ぎている髪を切りに行ったり、ロードの試乗車目当てでショップをのぞいたりしましたが、その辺の話は割愛しましょう。

 ちなみに、頭髪が短くなったら、妙にヘルメットの収まりが良くなりましたが・・・そんなに影響する物なのか?(^^;)
 まあ、とはいえ、私の球形頭蓋では、髪が短くなった程度で、欧州ブランドのヘルメットが入るようにはならないと思いますがね・・・。
 (鏡餅か、ダブルコーンアイスになるのがオチでしょう)

関連記事
コメント
KASKお勧め
お久です。
なんかまぁ色々奇遇ですね、私も免許更新でしたw(^^;)ゞ
この際、免許のICカード化に伴い本籍表示が無くなる訳ですが、何かの拍子で本籍地の証明が
必要な時に、免許証を提示して済ませるということが出来なくなります。
で、免許センターで新免許発行後に、ICカードの暗証番号と本籍地が間違って登録されていないか
モニターで確認する訳ですが、この内容をプリントアウトする事も可能です。
この紙、けっこう重要で持ってて損はないかと思いますのでご参考まで。
確認だけしてプリントアウトしない人も結構居ましたが、コレが無いと本籍地確認をしなければ
いけない時に、住民票とか必要になってしまいます。
ちなみに私は、この後すぐ特殊車両免許の取得に赴いて、さっそく本籍地確認が必要でした。(^^;)ゞ

ヘルメットはなかなか義務化は難しいでしょうね。
海外でも自転車で義務化というのはあまり聞きませんし。
欧米主要先進国なら、乗り手の意識が高く装着率は元々日本より高いというのはありますけど。
あ、ちなみに私も新ヘルメット購入しました。
今度お会いする時はKASKのDEICIです。被り心地良いですよ。
2012/04/01(日) 19:43 | URL | DFR.@XRF #0WSlQOM6[ コメントの編集]
Re: KASKお勧め
DFR.@XRF さん、お久しぶりです。

ありゃ、免許更新時期、被りましたか(^^;)。
私は今回の更新前からIC化でしたので、更新時に本籍地確認のため、
裏でリーダーで読み取ってアレコレやって、と、その分、窓口で時間がかかっていましたね。
新しい免許の本籍地確認画面、プリントアウトできたのですか・・・。
免許センター、近所ですし、今度時間があったらプリントアウトしに行ってみましょうか。
といっても、ウチは区役所も徒歩圏内だったりするので、
住民票をとるのも案外、時間がかからなかったりするのですが(^^;)。

ヘルメットの義務化、確かに難しそうですね。
私の周囲でも、ヘルメット姿の私を、何だか変な物を見るような目で見ている人が多いですからね・・・。
(ヘルメット姿でなくても、変な目で見られているのかもしれませんが ^^;)
でもこの間、普段着にママチャリなのに、赤レジモス装備という女性がいて、
堂々としていたら、これが実は案外カッコいい事に気付かされた訳で・・・。
もっと多くの人に、普通に、堂々と被ってもらいたいな、と思わされてしまいました。
2012/04/01(日) 23:44 | URL | YO-TA #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク