日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

03月≪ 2017年04月 ≫05月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長距離装備を追加。

 通勤で使用しているレッグウォーマーのジッパーが、閉まった状態で壊れ、動かなくなってしまいました。
 おかげで、これの着脱がとんでもなく面倒な事に・・・。

 やれやれ、仙台はまだまだ寒い日々が続くというのに・・・('12/3/4現在、雪で真っ白だ)。
 自転車通勤時、どうすれば良いのやら・・・。

 1.ショップで買い足す。
 2.ロード用のタイツで通勤。
 3.寒くても生足だ。


 ・・・猛烈な勢いで、3を勧める声が響いてきた気がしますが、無視します(笑)。
 今はすね毛剃ってないし・・・ってか、今の季節で生足な上に、すね毛を剃ったら、防壁がなくなって、大変な事になりそうな気が・・・。
 (普通に考えて、しばらく2.。衣替えシーズンに、安く放出されていたら1.に行くパターンだな)

 では本題です。
 多忙期真っ盛りで、とんでもなく忙しい日々という事もあり、ほとんど趣味に割く時間がとれません。
 世の自転車乗りの皆様は一体、仕事や家庭の事情で忙しい時期って、どのように趣味と本業を両立しているのでしょうか・・・。

 ま、それはさておき、そんな毎日ですから、リアルショップではなく、通販にお世話になる事が多いのが、この時期の特徴でもあります…。
 というか、本業で色々、イライラが溜まっている分、ストレス発散でポチってしまう危険な兆候があるような・・・。

 話が本筋からズレまくっているので、改めて軌道修正する事にしまして、今回のレポートの対象は、コチラです。

 レベレイトデザイン タングルバッグ(シクロワイアードの記事へのリンク)

 レベレイトデザインというメーカーのフレームバッグです。
 ごく最近、日本に上陸した物らしく、今はあまりショップなどには出ていない…のでしょうか?(その辺りは良くわかりません ^^;)

 という訳で、本題中の本題は裏置きします。
 興味のある皆様は、Read moreをクリックして下さい。

 この製品、私が購入した販売元様は、こちら、Alternative Bicyclesさんになります(2012年1月10日の記事に、申込方法などが出ている)。

 この製品、もともとは、MTBのアドベンチャーライド等の現場で鍛えられた製品らしく、縫製は私が見た限り、かなりしっかりしています。
 ちなみに、販売元様では、MTBで、かなりハードなアドベンチャーライドなどでも使用しておられるようですが、それでも信頼性には問題ない、という評価になっているようですね・・・。

 しかし、MTB主体のレポートが多いという事は・・・。


12030401.jpg
私のこういう使い方でのレポート、
変わり種と言う意味で、
それなりに需要あるでしょうか?(笑)
ちなみに、Sサイズを購入、装着している。


 というわけで、ロードでの使用・・・というか、まあ、まだこれを装着した状態では走っていませんから、まずは第一印象程度のレポートをお送りしましょう。
 (車体はCorratec R. T. Carbon '09モデル。'12からは、フレーム形状が大きく変わり、スローピング角が大きくなるのでご注意)

 なお、このバッグ、フレームサイズによっては装着できない場合があるようなので、その辺りはご注意ください。
 ウチのフレームは、ホリゾンタル換算でトップチューブが535mm(だったはず)で、ごく微妙にスローピングしています(パっと見、ホリゾンタルに間違われる事もある)。
 こんな条件なので、適合サイズのSサイズがぴったりでした。

 バッグは、トップチューブとシートチューブをベルクロテープ。
 ダウンチューブをバックル式のバンドでとめる形です。


12030402.jpg
当然ながら、ブレーキワイヤーと、
シフトワイヤーはかわして装着。
緩んでいるのは、仮止めしているだけのため。


 もともとがアドベンチャーライド用なので、舗装道路上で使うのはヌル過ぎる、という話もあるかもしれませんが・・・。
 一応、目論みとしては、一泊以上の自転車ツーリングや、400km以上のブルベで、何かと荷物が増える時に、ウエストバッグを軽量化するために使おうと思っています。

 と、いう訳で、使用条件はヌルくても、ライダー側に要求される体力的な過酷度では、多分同じ程度の状況で使う事になる・・・と思います(^^;)。


12030403.jpg
このバッグは、
ボトルと併用できるという触れ込み・・・だけど。


 取り付け方がイマイチだったためか、ちょっとバッグが膨らんでしまい、きわどくなっていますね(^^;)。

 改めて、装着し直してみましょう・・・と思ったのですが、このバッグ、ベルクロがやたら強力で、剥がす時のベリベリ音が結構凄い・・・。
 夜にアパートの部屋でいじり回すと、ちょっと近所迷惑になるかもです(^^;)。


12030404.jpg
シートチューブ側。
ボトルは東京にいた頃、
イベントの景品で貰ったもの。
(日産スタジアムだったかな?)
普通のボトルより少しだけ背が小さい。

ギリギリ大丈夫か?
しかし、普通のボトルだったら、
接触しそうだ。

12030405.jpg
ダウンチューブ側。
ツール・ド・おきなわの、
オフィシャルボトルでテスト。
うっ・・・おしい(接触している)。


 うむむ、MTBのフレームだと、楽に使えているようなのですが、ロードだと、ちょっとクリアランスが厳しいかもしれませんね。
 逆に、もっと思い切って後ろ下がりのスローピングになった車体(MTBにフレーム構造が似ている、クロスバイクみたいな車体)の方が、使い易いかもしれません。
 (ただし、トップチューブの後ろ下がりがキツい車体だと、シュートチューブ側が使えなくなると思うけどね・・・)

 まあ、防水スプレーを吹いておけば、何とかなるかも・・・ですが、水ならともかく、スポーツドリンクだとベタベタになりそうな・・・(飲み口にカバーが付いたボトルを使うか・・・)。
 あと、これ、中身は空の状態ですから、中にちゃんと物を入れて、形が整うようにしたら、案外大丈夫かもしれません。

 まあ、色々試してみる事にしましょう。


12030406.jpg
とはいえ、普通のボトルでも際どいのだから、
ポラールの保冷ボトルみたいに背の高い物は、
試す以前に問題外だったりする(笑)。

12030407.jpg
ダウンチューブ側もダメ。
同じ理由で、輪行袋、
オーストリッチのロード220も、
フレームにつけられなくなりそう。


 保冷ボトルは、まあどうせ夏期の短期しか使いませんからどうでも良いとして。
 輪行袋は・・・非常用と割り切って、もっとコンパクトな物を使うようにするのが良いでしょうか・・・。


12030411.jpg
気室は左右に別れていて、
取り出し口は、左右両側にある。
(奥の黄色い生地が、間の仕切り)
右がメインで、左はカードや身分証明書など、
薄い物を入れる用だと割り切った方が良い。

12030408.jpg
一応、メイン気室側は防水ジッパー仕様・・・だが、
バッグ自体は完全防水ではない。

12030410.jpg
実はバッグ上側の前方に、
通気口か、携帯ポンプのような物を突っ込めそうな、
スリット状の穴がある。
(メインの気室に貫通している)


 まあ、この位置にスリットがあっても、どうせトップチューブに押し付けられていますし、雨天でも浸水のリスクは低いでしょう。
 気になるなら、雨が降ったらガムテでも貼っておけば良いだけですしね。


12030409.jpg
メイン気室の容量は、
通常サイズのボトルが前後に楽に入るくらいで、
太さ方向に一回り程度の余裕あり。
カタログ上は、容量4.5Lになるらしい。


 うまく詰め込めば、一泊分の着替えやウェア類を押し込む事くらいはできるでしょうか?
 一応、一緒に常備薬やスマホなどの充電器を突っ込む事もできそうです。
 今まで、一泊二日程度の装備なら、丸めて突っ込んで、ウエストバッグに入れていましたから、同じ要領で突っ込んだら、結構いけそうなきがしますね。
 (まあしかし、完全防水ではなさそうだし、ジップロック等で小分けにして入れる必要がありそう) 

 なお、このバッグ、最初に書いた通り、本来はMTBのアドベンチャーライド用の製品らしく、ロードで使いたくとも、サイズ制限があるようなのでご注意を。
 大きめの物を使いたくても、標準的な日本人が乗れるサイズのロードだったら、このSサイズが適合サイズになると思います。
 (トップチューブ長が550mm以上だと、Lサイズも使えるようだけれど、そんなフレーム、私にはデカ過ぎて乗れない ^^;)

 また、最近多いエアロなロードも、形が一般的なスタイルからかけ離れている車体ほど、使えるかどうか微妙な事になりそうな気がします(^^;)。
 (トップチューブが上に反ってる奴とか、装着できるとしても、かなりキツいんじゃないかな・・・)

 とりあえず、まだ宮城は寒い上に、山にはたっぷり雪が残っていますし、まだまだ本業の多忙が続くので(^^;)、本格的に走るとなると、4月以降かな・・・。
 ブルベで使うのは夏以降になるかもしれませんが、その時に色々感じた事があったら、またレポートしましょう。

 まずは、ファーストインプレッションという事で・・・。

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。