日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

07月≪ 2017年08月 ≫09月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

通勤車をプチイジり。

 金曜日、大阪まで出張しましたが、用事が終わるのが遅かったため、帰りは仙台まで行き着けず・・・。

 結局、その日は東京で一泊。
 翌日の土曜日には、ちょっとばかり東京をぶらついてから帰ってきました。

 ちなみに、東京では、仙台ではそれほど多く入って来ないものを購入・・・。
 ちょっとマニアックな物になると、やはり首都圏でもなければすぐに入手できない、という物は存在するのですよね。
 (仙台は、東京まで新幹線で1時間半程度と、案外近いので助かった)

 では本題です。
 通勤車をちょっとだけ弄りました。

 イジった部分はここ。


12022501.jpg
サドル。
車体イジリの定番中の定番ポイント。


 さて、今度はどんな事になったのか・・・。
 気になる方は、Read moreをクリックして下さい。

 自転車乗りの皆様には、色々経験があるかと思いますが、とにかく、忘れた頃に再発するという厄介な物。
 それが尻問題(笑)。

 え?以前、ジャストフィットなサドルを見つけたとか言ってなかったか?と、昔からブログを覗いて下さっている皆様なら、そういうツッコミをされるかもしれません。

 ・・・いや、実際、分かっているんですよ。
 私の体にジャストフィットなサドルはね・・・。


12022502.jpg
何かと言えばコイツ。
これは日常行動車、tikitについている物。

12022503.jpg
ロードにも同じ物がついている。
落車傷は気にするな!(笑)


 ジャストフィットなサドルが何かと言えば、Specializedの「お尻と男性に優しい」シリーズの中でもレースグレードのモデル、Toupeです。
 今、使っているのは、数年前のToupe Team(130mm)。
 これ、tikit&ロードでは、ノーレーパンでも100kmくらい、普通に走れてしまうくらいに、自分の尻とは相性が良いのです。

 結構有名なモデルで、市場流通もそこそこある製品で尻が落ち着いた、というのは結構幸運な事で、ヘタって来たら新品を買えば良いかぁ、なんて思っていたのですが・・・。
 しかし、何でか最近、Specializedの製品は、通販上では余り見かけず、仙台のショップを覗いてみても、「スペシャ製品は扱っていない」という店が多かったり・・・。
 ・・・なんか、(個人的な感覚なので、随分いい加減な事を言いますが)日本法人ができて以来、逆に製品が手元に届かなくなった気がするんですが・・・(特に地方都市だと、通販に頼らざるを得ない時だってあるんだけどな・・・)。

 ま、とにかく、そんな事はさておいて、通勤車のサドルを何とかする話でしたね、本題は(^^;)。

 という訳で、今まで、メインの通勤車となっているBSモールトンには、様々な紆余曲折を経て、Selle italiaのSLK Gel-Flowがついていました。
 このサドルは、ロードを購入した際、完成車用のアッセンブルパーツとしてついてきた物で、初めてのツール・ド・おきなわの本島一周などは、このサドルで走っています。

 しかし、ちょっと尿道周りの圧迫がキツくなったのと、パールイズミの3Dパッド+私の尻の相乗効果で、随分圧迫を感じるようになったため、tikitで相性の良さが証明されたToupeに交替し、BSモールトンに移植されていたのでした。
 このサドルは、どうやらコンフォート用途に振った製品のようで、座面はかなりクッションが厚くて、尻には優しそうに感じられます。

 しかし・・・柔らかいサドル=尻に優しい。
 そんな風に考えていた時代が、私にもありました・・・。

 実際に今、私が使ってみると、Gel-Flowだと柔らか過ぎる座面に座骨が食い込み、そのために尻の皮膚が引き延ばされるような形で座面に押し付けられる感じがあります。
 その状態で、ミニベロ特有の高ケイデンス走行になると・・・引っ張られた状態の皮膚が衣服等と高速で擦れ、接触皮膚炎持ちの私の肌は、炎症に発展してしまい・・・。

 実は秋口以来、この炎症がなかなか収まらず、風呂でしみるわ、汗で蒸れたら猛烈に痒くなるわ(しかし場所が場所なので、ボリボリ掻く訳にもいかない)、という、ちょっと困った状態になっていたのでした。
 こんな事は、tikit通勤時代には全くなかった事だったので、サドルを尻に優しいものに換えたいと、そう考えていた訳です。

 ちなみに、Toupeの方はと言うと、座面自体はクッションも薄く、かなり固めのサドルですが、おかげで座骨の沈み込みが少なく、かといってベースまで硬い訳ではなく、プラ部分が結構しなるので、強い突き上げはちゃんと吸収してくれるという感じです。
 ・・・が、スポーツサドルに慣れないうちは、Toupeは座骨破壊装置になる可能性も高いですね・・・。

 という余談を挟みつつ話を進めると、出張ついでに東京に立ち寄った際、品揃えが豊富な事では定評がある新宿のショップ(一部で、ショールームとも言われている、と言えば分かるかな?)を覗いたのですが、Toupeの在庫はなし・・・。

 手ぶらで帰るのもアレなので、Toupeに形状&堅さが似ている、こちらに付け替えてみる事にしました。


12022504.jpg
新しく付け替えたのがこちら。
Velo VL-1133U


 調べてみたら、私がロードを購入したとき、カタログ上の完成車スペックには、これの兄弟品?のVL-1220がアッセンブルされている筈でした(何でか、SLK Gel-Flowになっていましたが・・・)。
 ネット上での評判も悪くはないようですが、サドルは個人の尻との相性こそが全てですからね・・・(SLK Gel-Flowだって、愛用者が多いサドルだ。けれど、私の尻には合わなかった)。

 で、このサドルは、厳密な所では、Toupeよりクッションが少し厚く、ベースは少し硬い感じです。
 とはいえ、SLK Gel-Flowよりは硬く、コンフォート性は低めのモデルである事は間違いなさそうです

 という訳で、月曜日以降、自転車通勤ができたら、早速実戦投入です。
 ただ・・・また雪、積もったからなあ・・・。

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク