日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

09月≪ 2017年10月 ≫11月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

新規導入アイテムの感想など。

 最近、突発的に多忙になり、またも休日出勤が続く日々を送っています。

 で、本日はBSモールトンで通勤。
 夜になって帰宅し、すぐに買物に出ようと今度はAirframeのフレームを展開して外に出ようとしたら・・・。

 雨が降り出しやがりました。うぉう、なんていいタイミング(^^;)。
 5分早かったらBSモールトンが雨に降られ、5分遅かったら、Airframeが雨に降られる所でした(結局、徒歩で買物に出た)。

 では本題です。
 今日は、最近使いはじめた自転車用品の感想などを書いてみましょう。
 一応、お断りしておきますが、以下は私の体感では、という話であり、全ての皆様に当てはまる話ではないと思いますので、あしからず・・・。

P1000289.jpg

フィニッシュライン ロード・セラミックルーブ
新たに導入した、チェーン用のセミドライタイプの潤滑オイル。
Web上ではチェーンの音鳴りが軽減する、とか、
変速操作がスムーズになる、
などのユーザーレビューが多くある。

 とりあえず、Airframe(内装変速車)に使ってみました。
 ちょうど、以前使っていたオイルの手持ちが切れたのと、先日、霧雨の中を走らせた結果、チェーンがオイル切れになっていましたので・・・。

 このオイルは、見た目はヤクルト色のコンデンスミルクという感じの、ドロドロしたオイルです。
 チェーン洗浄後に注油し、普通に2~3回乗ったあと、説明書に従い、さらにコーティング性を高めるために再注油しました。
 結果、チェーンのチリチリ音は確かに静かになりましたが、これはオイルの性能か、単なるプラシーボ効果なのかは不明です(ちなみに、以前はAirframeにはフィニッシュラインのクライテック・ワックスを使っており、チェーンの音鳴りは結構あった)。

 なお、輪行使用を考えた車体の場合、「セミドライ」の特性がちょっと考えものです。
 というのも、このオイル、ドライタイプよりも確実にチェーン上にドロッと残るためか、埃を引き付けやすい(クライテック&テフロンプラスとの体感比較)ようで、20~30kmも走れば、コマの間からは何か黒い物がトロトロと出てきます。

 この状態で車体をバラしたり、折り畳む時にチェーンに触れると、結構派手に黒い汚れがつきます。
 まあ、輪行中は袋を被せるので大丈夫とは思いますが、電車等の中では周囲のお客様に「黒筋」をつけないよう、十分に注意する必要があるでしょう。

 クライテックは完全ドライなワックスなので、この件に関してはあまり心配しなくてよかった・・・というより、その特性ゆえに、輪行用の車体に使っていたのですけど(^^;)。
 しかし、クライテックが最高か、というと、そうでもなく、かなり頻繁に注油しないとチェーンがチリチリ鳴る上に、雨に濡れたらできるだけ早く水置換オイルを吹かないと、錆が浮きやすいという欠点があります。

 という訳で、ウチでは折を見て、このオイルは「自走車」のBSモールトンに転換し、「輪行車」のAirframeには、次回注油には、BSモールトンのお下がりのテフロンプラスを使おうと思います(で、テフロンプラスを使い切ったら、またクライテックに戻す、と・・・)。


P1000288.jpg

モストロ・ヴィゴール
OGKカブトの世界最軽量級ヘルメット「モストロ」の
カラーバリエーション版。
私の頭は、相変わらず、欧州ブランドのメットが合わない。
(横幅が足りず、頭が入らないモデルが多いのよ。入口段階で ^^;)

 アースデイ自転車ライドの参加記の中で、チラッと出てきた、新規購入したヘルメットです。
 別に、以前使っていたヘルメットがダメになった訳ではなく、安全を考えての買い増しです。

 他の自転車乗りの方を見ていると、町中では白色のヘルメットの視認性がすごく高く、黒やガンメタは周囲にとけ込んで目立ちません。
 今まで使ってきたOGKカブトのガイアは「ガンメタ」で、目立たない色である事から、特に車通りの多い場所を走る時には、白色が基調のヘルメットがいいのかな、と考えて、新規導入しました。

 なお、このモストロ・ヴィゴールは、基本性能はモストロと同じで、色合いだけ、グラデーションカラーを乗っけた形のモデルのようです。
 最大のウリである軽さは、これまでガイア(これも結構、軽量級)を使ってきた私にも、はっきりと体感できるレベルで、首から上の負担が本当に楽になった気がします。

 で、自転車のヘルメットを選ぶ上で、重要な評価点になる「キノコる度」ですが、これはガイアよりも小さいですね。
 ただし、私の頭の形状では、モストロレベルの低キノコる度では、平安絵巻状態(爆)になるので、これは良いのか悪いのか・・・。
 (ガイアくらいのキノコる度が、ちょうどバランスよく見えるんだよね・・・)

 今度ヘルメットを選ぶ時は、「キノコる度」に加えて、「平安絵巻度」も意識した方が良いのかもしれません(^^;)。
 (つーか、普通に痩せろ、というのが正解かもしれません・・・が、頬骨幅は痩せても変わらんでしょ・・・:泣)

 そうそう、ガイアの方は、1年半ほど使ってきて、私の中ではそろそろ原価償却終了意識が強いので、輪行時など、当て擦りして、いらぬ衝撃を受けそうな場合に持ち出す事にします。

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク