日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

05月≪ 2017年06月 ≫07月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

次期通勤用ヘルメット導入

 多忙期が本格化してきて、ついに週末にSOSがかかるようになってきました。

 これで、他部隊の応援に行っている間に、自分の手持ちがヤバくなってくるという、悪循環を繰り返す・・・のが毎年の多忙期なのですが、今年もそろそろ、その兆候が・・・。
 できれば、最後まで、可能な限り平穏無事に終わりたいものです。

 では本題です。
 先日、アジャスターが壊れてしまった通勤用ヘルメット、Regas。
 この個体は間もなく購入後3年目となる物であり、つまりはヘルメットとしての寿命が近付いてきていました。

 ここで保守部品を入手しても、使える時間はあと半年あるかどうか、という所。
 では、開き直って、更新してしまった方が良い、という訳で、次期通勤用ヘルメットを購入する事にしました。

 で、通勤用ヘルメットに私が求めるのは・・・まあ、自転車用ヘルメットとして基本的な性能を備えている事、は、当然の事として。
 都市部を、同じ日の朝または夜という、極端な時間に走ることから、是非とも必要と考えているのが、バイザーです。

 普通、ロードバイク系のヘルメットには付属していませんが、このバイザー。
 あれば、にわか雨が来てもアイウェアが雨で濡れる事をある程度防いでくれる上に、夜間走行では対向車(自動車)のヘッドライトが眩しいとき、ちょっと頭を下げるだけで光源を視界から切れるので、通勤装備としては必須だとも思っています。

 一方で、私の頭は見事なまでに、日本人的球形頭蓋骨なので、ヘルメットを選べる幅が非常に狭い(笑)。
 頭の幅は広いのに!(←それが悪いんだっての!)

 まあ、結果的に、欧州ブランド品は、ほとんどが入口で拒否されるか、途中で引っかかって脳天に妙な隙間が開いて、首を動かすとスコスコとズレまくるという、滅茶苦茶な物が多い訳です。
 という訳で、自動的に、日本人には安心のブランド、OGK Kabuto製品から選ぶ事になりました(^^;)。

 OGK Kabuto製品で、バイザー付きの製品と言えば・・・。

 Regas、Leff、FAROの三者という事になります。
 しかし、Regasのアジャスター、クラニウムロックに、個人的に不信感を持つようになってしまった(ヘルメット本体の寿命までに、2回も壊れた)今では、事実上、Leff、FAROの二択という形になります。
 この二者から、どちらが生き残ったか・・・。

 その辺の詳しい話は、裏置きします。
 興味のある方は、Read moreをクリックして下さい。

 という訳で、Regasのクラニウムロックが壊れてから約一週間。
 この間は、これまた寿命間近のMostro(現在、ロードではMS-2を使っている)で通勤していた訳ですが、やはり対向車のライトの光が眩しい場面では苦労する事が多くありました。

 で、この週末にショップを何件か回って、ヘルメットを物色・・・。
 ダメもとでBellとGiroの製品を被ってみた所・・・。

 「被った」というより、「乗せた」というのが正確な状態(笑)。
 側頭部、正確には、耳の少し後方上側の部分がミシッと引っかかり、そこから先に進まない、という状態。
 鏡の中には、コーンアイスの「ダブル」状態の自分の頭が・・・。

 頭蓋骨の横が出っ張っている・・・つまり、私は側頭葉が発達しているという事でしょうか?
 側頭葉が司るのは、言語、記憶、聴覚・・・。

 そんなに発達してないだろ、実生活を考えたら(^^;)。
 何でそんなに出っ張ってんだよ・・・。

 とにかく、分かってはいましたが、相変わらず、欧州ブランドは門前払いされるという状態でした・・・。

 さて、それはさておいて、本命であるOGK Kabuto製品を試してみよう、と、店に在庫があったLeffのM/Lサイズを被ってみたら・・・。

 乗りました。

 OGK Kabutoさん、あなたもですか・・・(泣)。
 あなただけは裏切らないと、信じていたのに・・・。

 いや、このLeff、従来製品と比較すると横幅が狭くなり、今までOGK Kabuto製品を使っていた皆様の中でも、「入らん!」「合わなくなった!」という悲鳴が上がっていたのは知っていましたが・・・。
 まさか自分もその中に入ってしまうとは・・・。

 その後、数軒の店を回りましたが、FAROは発見できず。
 Leff以外には、W-3RとRegas、MS-2が在庫にある店は多かったのですが・・・。
 またRegasを選んだ場合、あのクラニウムロックを使わないといけません。MS-2はバイザーなしなので、今回は見送り(というか、既に一つ、ウチにある)。
 そして、W-3RはLeff同様、門前払いされまして・・・。

 結果的に、次期通勤用ヘルメットとして選んだのは、某店に在庫があった、LeffのXL/XXLサイズになりました・・・。
 ちなみに、在庫していたのが一つだけだったので、色は選べず、ホワイトシルバーになりました。


12012901.jpg
そんな訳で、
早速ウチのヘルメットと比較。

真ん中がLeffのXL/XXLサイズ。
左:Regas(M/L)、右:MS-2(L)


 え~、Leffはエントリーモデルだけあって、サイズ展開が少なくて、M/LとXL/XXLのみ。
 M/Lが入らなかった場合、いきなりXL/XXLサイズになってしまいます。
 で、重量はXL/XXLは320gと、MS-2より100gも重いという、なかなかの気合いの入り方です。

 とはいえ、8,000円前後で安全が買えるなら、その辺は妥協すべき所でしょう・・・。
 まあ、それが嫌なら、球形頭蓋に対応しているRegasを買うのが良いのでしょうが・・・OGKさん、あのクラニウムロック、改善してもらえませんかね・・・。
 (それか、Leffを球形頭蓋対応形状に直すか・・・)

 それはさておき、このLeffのXL/XXLサイズですが・・・。

 画像では分かり辛いですが、実物は、見た目にデカいと感じられるほどデカいです。
 私が被ると、キノコり放題、キノコってます。

 ついでに言えば、後頭部に隙間が開き過ぎていて、手が簡単に入ります。
 ・・・大丈夫なのかな、これ・・・。
 (一応、調整すれば、頭を振り回しても全然ズレないから、大丈夫なんだろう)


12012902.jpg
見た目でデカさを感じる理由は、
横幅に比して、前後幅が半端じゃないから。
MS-2(L)との比較がこれで・・・。

12012903.jpg
Regas(M/L)との比較がこれ。
条件を揃えるため、
両者ともにバイザーを装着した。


 ちなみに、LeffのM/Lモデルは、ちょうど上位モデル(Regas、MS-2)のLサイズと同じくらいに見えます。
 で、その大きさでは横幅が足りなかったために、ワンサイズ大きくした訳ですから・・・相対的に、前後幅がドカッと伸びてしまっている訳ですね。


12012904.jpg
ちなみに、シェルの厚さも気合いが入っている。
MS-2と比較したら、
同じメーカー製品とは思えない。

12012905.jpg
Regas(M/L)もそこそこ厚みがあるが、
全周で見ればLeff(XL/XXL)の圧勝。


 盛大にキノコる理由は、どうやらこの辺にありそうです。
 まあしかし、それだけ分厚い部材を使っているという事は、それだけ、装甲防御能力が上がっている・・・と考えれば、安心度は上がった・・・のか?どうなんだ?
 (一応、JCF公認マークはついているから、国内のレースで使用可能ではある)

 もちろん、厚さが薄いとはいえ、MS-2もJCF公認マークがついていますから、多分、発泡剤の質が全然違うのでしょうけれど・・・。

 なお、ここまでを読み返して、微妙に失敗した感が漂っている事に気付きましたが、そんな事は全然ありません(^^;)。
 明日からの通勤に、すぐにでも使いたいヘルメットを探しに行ったのに、姿形も全く見えなかったFAROを選ぶとか、今まで使ってきて、クラニウムロックの耐久性に不信感を持っているRegasに妥協したりする方が、私としてはありえない決断でしたから。

 まあ、惜しむらくは、自分の頭の横幅が広過ぎると言う事でしょうか?(笑)
 ていうか、何でOGK Kabutoさんの低価格品は、どれもこれも横幅の狭い、卵形断面なのやら・・・。
 (全部球形でも良いと思うんだけど・・・)


12012906.jpg
で、意味があるのかないのか、
後方からのフラッシュ撮影。

OGK製品らしく、
後頭部には反射シールが貼付けてある。

なお、Regasはロゴの左右にある
「R」型の黒シールが一応、
標準でついている反射シールになる。
白いライン状の反射テープは、
夜間走行時の被視認性を意識して、
自分で貼ったもの。


 一応、このLeffは今後、通勤用メインとして使う予定なので、夜間の被視認性を考える必要がありますが・・・。
 後ろ姿は、なんか黒いぞ?

 市街地では、黒色はあまり目立たず、白や黄色の方が余程目立つ、と経験的に思っているので、後ろから見ると黒が主体のこの見栄えは、ちょっとどうなのか。
 というわけで、手持ちの反射シールをチョキチョキペタペタして、こんな風にしてみました。


12012907.jpg
白と黄色の反射シールを貼付けた。
工作精度がアレで、ちと端部処理が汚いが、
まあ、被視認性は上がったはず。

12012908.jpg
フラッシュ撮影したのがこれ。
おお、これなら夜でも目立ちそうだ。


 まあ、こういうのは、見た目の格好良さより、実用性を優先させます。
 どんなにスタイリッシュでも、相手に気付いてもらえないなら意味がない。
 逆に、どんなに見た目がアレでも、目を引いて気付いてもらえるなら、そっちの方が余程有効な訳ですからね。

 さて、最後に気になるのが、ヘルメットを装備した際の視界に関して・・・。
 バイザー装着型だと、少し視界が狭くなるのではないか、と思う方も多いかもしれませんが、実用上で言えば、そんな事はありません。


12012909.jpg
バイザーを比較してみよう。
まずはRegas。
バイザーはヘルメット本体から、
大きく前に出る。

12012910.jpg
こちらはLeff(XL/XXL)。
前への張り出しは、
それほど大きくないように見える。
で、空気を通すスリットが、
やけに大きく見えるが・・・。

 
 バイザーは逆光を切るのに便利ですが、視界を妨げては本末転倒です。
 で、両者の視界はどんな感じかというと・・・。


12012911.jpg
まずはRegas。
自分の視界を意識して撮影してみた。
実際には、バイザーはここまでは目立たない(笑)。
バイザーに風を通すスリットはあるが、
後方にあるため、視界はこんな感じ。

12012912.jpg
で、Leffの方は・・・。
バイザーのスリットが目の前に出る。
むむむ・・・?


 まだ実働させていないので分かりませんが、ここにスリットがあると、夜間に対向車のライトがスリットから漏れて、眩しくなったりしないかどうか・・・。
 それに、今の季節は太陽が低いので、朝、東~南に向かって走る時は、太陽を視界から切る必要があるのですが・・・それもうまく切れるかどうか・・・。

 まあ、中心部にこれだけ大きな黒い板部分があるので、大丈夫だとは思いますが、少し注意した方が良いかもしれませんね。

 さて、しばらく、室内で被ったままでいましたが(怪しい ^^;)、重量が320gと、最近のヘルメットとしては重量級であるにもかかわらず、それほど重さを感じる事はありません。
 どうやら、重量バランスが良いようで、まあ、これなら通勤中くらいなら、被っていても苦にはならないでしょう。

 しかし、その直後にMS-2を被ると、明らかに軽い(笑)。
 いや、多分それは、MS-2が軽過ぎるんです。ええ、多分そうです・・・。

 そして今日はもう一つ。
 こんな物も買ってしまいました。


12012913.jpg
メイタン・サイクルチャージ
赤、黒両方を通販で箱買い。


 ついに箱買いに手を出してしまいました・・・。
 多忙期のイライラから、色々衝動買いしてしまう、というのは、昔もよくあったパターンだなあ・・・(成長してないなぁ、をれ ^^;)。

 ちなみに、このサイクルチャージは、発売元の梅丹本舗のWebサイトで直接、通販できます。
 支払い方法は代引きのみなので、一人暮らしでもなければ、家族に内緒で買う、なんて技が使えないのはアレですが、まあ、それでも、いちいちショップに行ってポケットに突っ込んで帰ってくる(注:もちろん、清算してですよ!)煩わしさからは解放されます。

 とにかく、このサイクルチャージは、今までにも、まさかの時に凄く力になってくれた補給食。
 これからのロングライド・ブルベの主食になりそうです。

関連記事
コメント
No title
いつも読ませていただいてます。
自分もヘルメットのサイズ合わせには困っているのですが、いまはMS2のXXLです。MS2はちょっときつめなのですが、これを買うときLeffのXXLも試して余裕で入りました。
MS2のLがはいるのにLeffのXXLが厳しいなんて、頭の形もあるのでしょうが、同じメットでも個体差でもあるんでしょうかねえ?
2012/01/30(月) 10:48 | URL | デカアタマ #-[ コメントの編集]
デカアタマさん、コメントありがとうございます。
頭の形は十人十色ですから、MS-2がだめだ、という人も居れば、
欧州ブランドで全然問題ないという人もいたり、
面白いのか苦労するのか、ちょっと分からない所でもありますね。

ところでLeffですが、一応、XL/XXLには頭が入ります(というか、前後幅は余り気味です ^^;)。
M/Lサイズは、横幅が足りずに無理でした・・・。
ちょっと文章の書き方が悪かったようですね(^^;)。

実は、私の頭にはRegasのM/Lがジャストフィットなので、
クラニウムロックさえ改善されるなら、また使いたいのですよね。
Regas、良いヘルメットですから。
2012/01/30(月) 22:35 | URL | YO-TA #GY0.Hv3k[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク