日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

07月≪ 2017年08月 ≫09月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

オールドデジカメ、その後。


12010901.jpg
Nikon COOLPIX 995
(E995)


 本日、二つ目のネタ。
 年末に掘り出した、オールドデジカメについてのネタです。
 詳細は裏置きしておきますので、興味のある皆様は、Read moreをクリックして下さい。

 さて、昨年末に我が家のジャンクの中から掘り出したオールドデジカメ、Nikon COOLPIX 995(E995)ですが。
 前回は「完動した」と書きましたが、実際には動かそうとすると、色々問題がありました。

 まあ、画像を撮影して、メモリカードに記録する、と、そのプロセスは確実に実行できるのですが・・・さすがに4年半も放ったらかしにしてあったので、日時や設定等のメモリ用の内蔵電池は死亡していました(笑)。
 結果、バッテリーを抜く度、設定がリセットされて、デフォルト状態に戻っています。

 かなり面倒なので、一旦分解して付け替えられないか試しましたが…みっちり基盤が詰まっていて、ちょっとした重ねのズレや、抵抗やコンデンサーがあらぬ方向に曲がるだけで、元通りに収まりそうになかったため、断念。
 面倒ですが、いちいち設定し直すか、自宅で使う時は一旦、ACを繋いでから電池交換する事になりそうです。

 ついでに、2本保有していた専用リチウムイオンバッテリーですが、見事にヘタッていて、連続使用だったら、両者ともに1時間持つかどうかです(片方は、満充電なのにカメラが受け付けない時もある)。
 ちなみに、Nikonのデジカメのラインナップに、このカメラと同じタイプのバッテリーを使う機体は随分前から無くなっており、どうやらメーカー在庫も払底しているようです。

 一方、このカメラのバッテリーボックスは、2CR5型リチウムイオン一次電池との互換がある(メーカー公認)という構造なのですが・・・2CR5って、ちゃんとしたメーカー製の物は、一つ1,000円しますから・・・。
 たまにしか使わないなら、それでも良いだろうという気はしますが・・・1,000円で3時間ほどしか持たない、なんて、ちょっとコスパ悪過ぎですから・・・。
 (こんな物でも、昔はいざという時には2CR5が使える、というのは、専用バッテリー機としては、絶大な安心感があったし、実際、何度か助けられたのだが・・・)

 そんな訳で、屋外で使う事を考えるなら、互換バッテリー(まだ少数ながら流通しているようだ)に頼る事になりそうです。
 互換品を使うと、補償が受けられなくなって、どうだこうだ、という話がつきまといますが、メーカー補償なんてとっくに切れている上に、メーカー側にも補修部品のストックが既にない(らしい)機体ですから、もうどうでも良いでしょう(^^;)。
 (壊れたら、それまでだ。もう、十分過ぎるほど元をとってる機械だし)

 そんな訳で、困った時に行く場所と言えば・・・。
 仙台駅前のヨドバシカメラ仙台店まで出かけて、「こんなバッテリーってある?」と聞いてみました。


12011401.jpg
で、こんな古い製品でも、
Kenko製の互換品があった。
中身のセル等は同じ??なのか、
充電器はNikonの物がそのまま使える。


 東京で困った時に駆け込んでいた新宿西口店と比較すると、仙台店はさすがに小振り(比較対象が悪過ぎるけどね。あっちは本部だから ^^;)ですが、色々な製品の在庫量は、さすがのヨドバシです。
 互換品だったら、メーカー不詳な怪しい物が出てくるかと思いましたが、カメラ関係のアクセサリーメーカーとして、有名かつ品質もしっかりしているKenko製品であれば問題なし。
 しばらくは、この機体を使う時はコイツで使ってみる事にします(無いよりマシなので、ヘタってる純正も一緒に持つ予定)。

 で、やはりこの機体を使う上で最初に試して(遊んで)おきたいのは、驚愕のマクロ撮影性能(^^;)。
 前回は、大きさが一般的にイメージし難い物で試しましたから、「小さい物」として一般に大きさが認識されている物で考えると・・・硬貨なんか、いいよね(以下の画像3枚、リサイズ以外無修正)。


12011402.jpg
いきなり1円玉で試してみた。
この機体、スーパーマクロモードなら、
1円玉が写界からはみ出すまで近寄れる。

12011403.jpg
10円玉だって、この通り。
硬貨はさすがに天下の回りものだけあって、
きれいに見えても傷だらけの物が多い。
これでも、状態が良い方の物を写したんだが・・・。

12011404.jpg
被写界深度のテストも兼ねて、
100円玉を斜めに撮ってみる。
被写界深度はコンパクトデジカメとしては浅くなるが、
一眼レフのマクロレンズに慣れた皆様には、
驚異的な深さになるのがおわかりいただけると思う。


 いかがでしょうか?
 ただし、このカメラはレンズが暗いので、スーパーマクロモードで物撮りする時は、別途、光源で照らしてやる必要があります(今回は、GENTOS 閃 SG-305に頑張ってもらった)。
 ま、もはや中古市場でもジャンク扱いになる事が多い機体の、そんな使いこなし情報に、どんだけ需要があるかは、我ながら謎過ぎですが・・・(^^;)。


12011405.jpg
ちなみに、黎明期のデジカメとしては、
マクロモードでの解像度も驚異的だ。

例えば、これは紙幣を撮影した場合。
偽造防止のために極小文字で書き込まれた、
「NIPPON GINKO」がはっきり見える。

12011406.jpg
この画像をクリックすると、
上の画像の中心部を等倍トリミングした物になる。
肉眼では見えないくらい小さな文字も、
しっかり解像しているのがわかると思う。


 ちなみに、紙幣の画像は、お札の種類や細部の微妙な色合いが完全にわからなくなるように、ホワイトバランスも色調も何もかもを、画像処理で狂わせた状態にしてあります(偽造の参考なんかにされたらイカンからね ^^;)。
 どのお札のどの部分かは・・・まあ、ヒマな方は探してみて下さい(周囲の模様自体も小さいから、まずわからないと思うけど。それ位、小さい)。

 で、どうでも良い話ですが・・・。

 本日のもう一つのネタ(2012年、走り初め)で、使用した画像を見ていて気付いた事。
 この日は、FT-1で雪景色を撮影し、それをブログ用に調整したのですが・・・。

 色温度が高いのか、青かぶりが激しい上に、簡単にオーバーに転んだりして、とにかく扱い辛いこと、扱い辛いこと・・・。
 昔、E995で雪景色を撮った時は、こんな思いはしなかったぞ、と感じた事から思い出した事。

 最近のデジカメは、絞りの制御がかなり簡略化されており、それが「絵作り」にかなり影響を与えている事がある、なんて話を聞いた事があります。
 例えば、このE995の絞りは1/3EV ステップ、10 段階(7枚羽根虹彩絞りを装備)という反面、FT-1は2段切換え(ワイド端:F3.3~F10)という状況ですからね。
 そりゃまあ、メモスナップ用のFT-1と、既に骨董級の機体とはいえ、当時のハイエンド機として一眼レフ並の機能を搭載したE995を比べちゃ駄目なのでしょうけれど・・・。

 けれど、CCDサイズにしても、E995は1/1.8型(334万画素)、FT-1は1/2.33型(1,270万画素)と、小型化されて諧調表現幅が狭くなっている事を考えたら、光学系を強化してカバーして欲しいなあ、と思うわけなんですよね・・・。
 (古いデジカメでの撮影画像の方が、二次的な画像調整時の耐性も含めたトータル評価で勝ってる、なんて、どの面下げての新型なんだと)

 とはいえ、今、私がデジカメを使うのは、自転車で走っている間の一瞬の風景の切り取りが主ですから、そんな時に、「絞りをコレにして、露出補正がアレになって・・・」なんてやらなきゃいけないE995は、ちょっと持て余してしまいますが(^^;)。
 何も考えずにシャッターを押しても、それなりの画像になってくれる方が有り難いのは確かです。

 まあ、そんな話はそこまでにして。

 デジカメ関連の話でもう一つ言えば、E-3(一眼レフ)用にBLM-5(新型バッテリー)を購入したら、セルの規格が変わってしまっており、充電器も買い足さなければならなかった、なんて罠もあったので、今回は久々に、ヨドバシ様に大きめのお布施をしてしまいました・・・。

 っつーか、ウチ、充電器だらけになってきたぞ?
 スマホ用スタンドに、E995用、E-3用旧型、E-3用新型、FX-33用、FT-1用、そしてエネループ用と、非常に色々な物がゴロゴロし過ぎてきた気が・・・。
 (同時に、バッテリーも同じようにゴロゴロしている。エネループは、何本あるんだか、自分でもわからない ^^;)

 おかしい・・・。
 東京を出る時に、かなりの数を処分したのに、何故、もとに戻りつつあるんだ・・・。

 まあ、これはガジェット好きの宿命でもありますから、今更どうにもなりません(^^;)。

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク