日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

03月≪ 2017年04月 ≫05月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車ナビの乱立に思う事。

 この週末に、幕張メッセで行われていた、自転車業界の新製品お披露目ショーでもある、サイクルモード。

 今年は遠隔地に転居してしまった事もあり、足を運べませんでしたが・・・。
 ううむ、やはり、首都圏を離れると、こうした一次情報に触れる機会が減ってしまいますね・・・・。

 かといって、全国各地を回るのは、とても採算が取れないでしょうから、東京・大阪などの、東西の大都市圏で実施、というのは、仕方が無い形なのだと思いますが・・・。

 それにしても、今年のサイクルモードの入場者数は、前年比で微減。
 この傾向、一昨年辺りから続いているようですから、もしかすると、大都市圏での自転車ブームは少し陰りが出てきて、そろそろ地方都市の方が熱くなってくる時期になったのかもしれませんが・・・。
 (現在、仙台の私のまわりには、スポーツ自転車とまでは行かなくとも、日常生活で自転車に乗るようになっている人、増えてます。まあ、私の布教活動の影響もあるんだけど ^^;)

 長い前置き脱線はそこまでにして、ここからが本題です。
 最近の自転車ブームの流れを受けるとともに、自動車の方には既に新車の段階でナビ搭載が当たり前になり、販売台数に頭打ちの感があるためか、最近は自転車ナビに力を入れる家電メーカーが増えているようです。

 自転車人気で火、専用ナビが続々登場(AFPBB News)

 自転車用ナビシステムにパイオニアも参入、今後求められるサイクルナビとは(Gigazine)

 こうした自転車ナビ。
 自転車を散歩気分で走らせる、「ポタリング」という趣味を持つ層をメインターゲットにしているようで、コンパクトながら車のナビより高機能な所(自転車道や細街路までカバーしている)を売りにしているようですね。

 まあ、目的地まで案内してくれる機械があったら面白いだろうな、という事は、自転車趣味に入ってきた皆様の、誰もが一度は考える事だと思います。
 かくいう私も、以前、Garminのnuvi 205というPNDをロードに搭載して、走行ルートのナビ兼ロガーとして使用していた時期があります。

 しかし、現在は全く使っていません・・・。
 東京時代ならば、もう走行ルートは覚えた、なんて事を理由にしていたのですが、こちら、仙台に引っ越してきて、土地勘も何も無い場所で走り出す時でも、この機械を自転車に搭載する事はありませんでした。

 何故って?

 そりゃ、自転車で走る事の楽しみの中には、「自分の思った目的地に、自分で考えた通りのルートを自分で探し、迷い、あれこれ苦労しながら辿り着く」という、苦労を乗り越えてこそ、という部分がかなり重きを占めているのだ、って事に気付いてしまったから、ですかね。

 いや、最初はほら、喜んで使いましたよ、nuvi 205。
 初参加だった'09糸魚川ファストランでは、出走前にサイコンを壊してしまったので、走行データを取るのに役立ってくれましたし・・・(白馬までは持った。外部電源併用で何とか)。

 しかし、そのうち気付くのですよ。
 今日はあそこまで走ってやろう、と思い、目的地をセットする。
 そして、走り出すと・・・『右です』『左です』『左です』『右です』・・・で、それに従っていれば到着。
 何かの拍子に曲がり所を直進してしまったり、曲がるのが早かったりしても、『再検索します』・・・『左です』『右です』に従っていれば、目的地まで簡単に到着できます。

 これ、多くの人が思うより、ずっと面白くない。
 と、いうか、はっきり言って、つまらないんですわ。

 大体、ポタリングという行為自体が、何となく設定している目的地に、何となく気になる場所や、今まで入った事が無い道に入るなどの、小さな冒険を積み重ねて向かう楽しさを味わうもの、のはずです。
 しかし、ナビを使って目的地を設定したり、リアルタイムで現在地把握が可能な状態になっていたら・・・。

 合理的ではありますが、ホントに味気ないですよ、気付いてしまえば。
 歩行者よりもずっと軽快な速度で走り、自動車よりも自由にあちこちの細街路に入って行ける乗り物に乗って、自由気ままに町を散策するのではなく、目的地まで最短距離で機械の指示通り走るだけ・・・。
 一体、何やってんだろ、と、虚しくなりましたからね、私なんかは。

 だから、仙台に来てからは、nuvi 205は箱に入ったままです。
 土地勘が全くない土地なので、自転車で走る時は、事前に頭の中に覚え込んだ地図と、道路標識だけが頼り。
 迷った時にはスマホのマップを表示させますが、その地図を正しく読めるかどうかで、目的地までの所要時間が全然違った物になる・・・。

 こんなの、非合理的で疲れるし、時には目的地に着く前に挫けて引き返すような事もあると思います。
 けれど、本当に自転車にはまった人達なら、それが楽しくなり、いずれナビは使わなくなると思います。
 だって、そういう事の積み重ねが、自転車に乗る事の楽しみに繋がる、と、私なんかは思うからです。

 という訳で、今、ポタリングが楽しいと思っている皆さん!
 本当にその「自転車ナビ」が必要かどうか、もう一度考えてみてはどうでしょうか・・・。

 もっとも、最近はカロリー計算やパワー管理などの、自転車乗りには便利なデータ管理機能がついたナビもあるみたいなので、そういう方向で楽しめる人には、また違った魅力のある製品もあるとは思いますが・・・。
 (私は、気にすべき・守るべき数字がどんどん多くなるのは、何だか機械に監視されてるようで嫌になってくる性格なので、今のサイコンで十分です)

関連記事
コメント
本当はスマホに買い替えたい(ぉ
どもども、その後のお怪我の具合はいかがでしょうか?(^^;)ゞ

私も、ポタリングにナビは似合わないと思いますね。
自由気ままに脇道へ入るのがポタの真骨頂なのに、目的地セットナビon!では、
味も素っ気もないです。
思えば東海道ロングランの時は、迷いに迷った(散々各種ルートを試した)4回目くらい
までの走行が、物凄く楽しかったなーということを思い出します。
今や、地図なんか見なくたってソラで最短コース走れますけどw

ただ自分は、目的地へのナビとしてではなく、ただの現在地把握(紙地図代わり)と
ログ保存という点でPNDを使用するのは、十分にありだとも考えています。
いや、携帯で地図を見る→あらゆる操作で通信ラグ、のループが物凄く苦痛なもんでw
スマホならオフラインでも地図使えるし処理早いしでそれほどのネガティブポイントでも
ないんでしょうけど、ガラケー使ってると本当にイライラします。
あと、携帯は携帯としての単独使用でのみ完結させても電池の持ちがあやしいので、
地図ビューワは別に分業させたいってのもありますね。
外部電源しこたま用意して、通話もweb接続も地図もナビ(orロガー)も1台・・・・という
のが性に合わないようです。
まぁ、ナビ機能は意識して使わなければ良い訳ですし、これだけPNDが注目されている
のならば、各社独自のカラーを持って、横並びの製品開発にならないようお願いしたい
ところです。
U37の次機種、ウルトラハイパースタミナモード搭載で24時間稼働にならねぇかなー。(ぉ
2011/11/09(水) 00:17 | URL | DFR.@XRF #0WSlQOM6[ コメントの編集]
Re: 本当はスマホに買い替えたい(ぉ
おかげさまで、怪我の方は大事なく、青あざも消えかけています。

うんうん、やはりポタリングの醍醐味は、「寄り道」にあり、ですよね。
まあ、私の場合、寄り道する気はなかったのに、
自爆で迷って寄り道になってる事が多いのですけど・・・(^^;)。

私の場合は、現在地把握も記憶頼りの場合が多いです。
登山ならともかく、自転車なら、道はどこかで必ず町に繋がっていますから、
「さすがにヤバいな」と思ってからのリカバリーもまた、楽しめますので・・・。
しかし、どこをどう走ったのか、後から見直してもわからない事があるので、
ロガーは欲しい所ですね(既にスマホにアプリを入れてますが・・・)。

> U37の次機種、ウルトラハイパースタミナモード搭載で24時間稼働にならねぇかなー。(ぉ
おお~、そんなに持つなら、ブルベ400kmも大丈夫・・・かな?ちょっと足りないか?
でも、一日200~300kmを走るロングライダーは、かなり特殊な存在でしょうから(^^;)、
一般的には12時間も持てば、「すごい!」というレベルなのでしょうね。
2011/11/09(水) 20:19 | URL | YO-TA #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。