日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

03月≪ 2017年04月 ≫05月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彩り、いま盛りなり。2011紅葉見物、鳴子峡編。

 どうでも良い話ですが・・・。
 土曜日の朝、随分変な夢を見て、自分が寝ながら爆笑する声で起きるという、希有な体験をしました。

 どういう夢かというと、どうやら会社の同僚達に引き込まれて、サバゲに出ているという、この段階でありえないシチュエーションだったのですが・・・。
 何でか、屋内突入ミッションという、これまたサバゲではあまりない状況で、さらにありえない事に、本物のスタングレネード(爆音と閃光で相手の目と耳を効かなくするための手榴弾。殺傷能力はゼロに等しい)を使って威力制圧するという状況になり・・・。

 後輩が投げ込み役だったのですが、投げたグレネードが、窓ガラスに当たって跳ね返ってきてしまったという・・・(割れ窓を狙うか、割る勢いで投げろよ!)。

 もちろん、グレネードは自分達のチームの真ん中で炸裂。
 敵味方全員、見事に目も耳も潰れ、入り乱れてのゾンビゲーム(ヒットを宣言しても、敵味方ともに聞こえないので、際限なく撃ち合う)になってしまったという・・・。

 はい、いい感じで疲れてます(^^;)。

 ちなみに、体はあれ以降、筋肉痛が少しある程度で、特に変調なし。
 大丈夫そうです(頑丈なのか、運が良いのか・・・。多分後者)。

 では本題です。
 東北地方、現在、紅葉の名所がそれぞれ、見頃に色付いています。
 という情報を、様々な形で受けた事から、宮城県内でも一、二を争う紅葉の名所、鳴子峡へと行ってきました。

 鳴子峡は、宮城県の北部、大崎市の西側にある峡谷で、四季それぞれの景観美で知られる場所ですが、特に紅葉のシーズンは峡谷の風景と木々の色付きとのコントラストの美しさで知られる場所です。

 そんな場所ですから、紅葉期の混雑は推して知るべし・・・。
 という訳で、混雑が本格化する午後までに観光を終えて、さっさと帰るプランで行動開始。
 自宅から鳴子峡までは、国道457~47号経由で65km前後なので、10時頃到着を目指し、朝7時に自宅を出発。

 気温8度(^^;)。
 どこの関東の冬だと言いたい気温で、指切りグラブに長袖ジャージ、ウインドベストにレーパン、サイクルパンツという装備では、最初の30分(指先は1時間以上)、凍えっ放しでした。
 しかし、昼間は19度まで上がる予報だった(そして、実際そこまで上がった)ので、あまり厚着をすると、逆の地獄を見る事になるので、これ以上は過剰装備だったのですが・・・。

 ちなみに、東北地方(と言っても、私が主に行動しているのは、宮城県内及び福島県浜通り北部)の国道筋には、かなりの頻度で気温のリアルタイム表示があります。
 恐らく、冬期に路面凍結など、事故の原因となる状況の発生を判断させるための物だと思いますが、これが行動時に重ね着の厚さを調整するにも役立ってくれたりするわけです。

 という余談を挟んだ所で、本編は物凄く長くなったので、例によって裏置きです。
 興味のある皆様は、以下のRead moreをクリックして下さい。


11103001.jpg
国道457号に入るまでは、
国道4号を北上。

地域高規格道路の形状なので、
道幅は十分過ぎるほどある。


 出発と同時に、凍える体を何とか温めようと、国道4号を疾走しますが、泉区から富谷町~大衡村にかけては、国道4号は下り基調の区間が多く、あまり熱量を発生させてくれません。
 結局、あまり体が温まらないまま、大衡村で国道457号に接続します。


11103002.jpg
国道457号に入り、
色麻町を抜け、さらに北上。

11103003.jpg
途中、色麻町にあったこんな橋。
"そのまま"過ぎるがな(^^;)。

なお、色麻町はカッパの故郷の町、であるらしい。


 色麻町を抜け、加美町に入った所で太陽は少しずつ高くなり、気温も二桁に届きはじめました。
 国道457号から国道47号に接続する付近(8:30~9:00の間)での気温表示が、12度。
 そろそろ、凍える感覚は解消しはじめ、普通に涼しい朝の空気が周囲に感じられてきました。


11103004.jpg
国道47号を西進。
ここは以前、奥州から自走帰宅した際、
逆から走ってきた道でもある。


 国道457号を加美町に出た付近から、行き先表示に鳴子峡や鳴子温泉の文字が出るようになり、国道47号に出ると、距離表示も出るようになりはじめました。
 457号と47号の接続部付近から、鳴子温泉まで約20kmほど。
 案外近いものだ、と、クランクを回す足も軽くなります。

 途中、夏に休憩に立ち寄った「あ・ら・伊達な道の駅」を通過し、さらに47号沿いを北西へと進みます。


11103005.jpg
鳴子は"こけし"が有名な場所らしい。
左上からどうも視線を感じて怖い(^^;)。

11103006.jpg
先に進むと、再び視線を感じる・・・。

11103007.jpg
こんな所からも視線を感じる(笑)。


 この「こけし軍団」ですが、夜見ると、ちょっと不気味ではないかと思いますが、いかがでしょうか?>鳴子の観光協会の皆様。
 なんか、昼間でもじっと見られているような、えも言われぬ雰囲気を感じまくりでしたし・・・。


11103008.jpg
それはさておき、先に進む。
ど~ん、と正面に鳴子の山々が見えてきた。

11103009.jpg
何気なく撮った一枚だが、
ここのコンビニ、
帰りに重要なポイントになるとは、
この時の私は知る由もなかった・・・。
(落車後、気分転換に寄ったコンビニ)


 鳴子温泉郷付近で、47号は工事中の区間が多くなり、道幅が狭くなっていました。
 ついでに、温泉郷らしく、腐卵臭・・・つまりは硫化水素のにおい(=普通は硫黄臭と言うね)が充満する場所もあります。

 まあしかし、硫化水素は、においがあるうちは大丈夫。
 これが強烈になり、ふっと急に消えてしまった時が、最も危険です(致死濃度近くなると、急に臭気を感じなくなる)。
 つまり、温泉街で「くっさ~!」と言っていられるうちは、ほぼ問題ない状況だったりします。

 とりあえず、私は車の中では味わえぬであろう、地域の環境との一体感を強く感じたりしつつ、さらに奥地へと進んで行きます。


11103010.jpg
鳴子温泉を過ぎると、
47号は山間国道の雰囲気になる。
この先すぐの所で、
鳴子公園への登り口が左に表れる。


 鳴子温泉から鳴子峡へは、47号をそのまま進んだ方が早いのですが、途中に幅員の狭いトンネルがあり、鳴子温泉側からはトンネル内は登りになっています。
 そんな場所を走りたくはなかったため、トンネルの迂回のために、国道の左に表れる急斜面の道を鳴子公園まで登り上げ、旧道?か園内道路?経由で進む事にします。


11103011.jpg
鳴子公園に登る急斜面の道から、
鳴子温泉郷を望む。

この日は空気が比較的乾燥していて、
遠くまで景色が見えた。
(喉のガラガラ度も凄かったんだけど ^^;)


 園内通路は、時間も時間(9:45頃)なので、まだ人の姿も少なく、快適に走る事が出来ました。
 しかし、鳴子峡の遊歩道があちこちで寸断されており、遊歩道の通行止め区間の迂回路として設定されている道筋でもあるため、歩行者に注意しながら(&景色を眺めるため)徐行で進んで行きます。

 迂回路を抜けて再び47号に復帰すると、トンネルの直上でした。
 ここからは再び国道沿いに、鳴子峡レストハウス方面へと向かいます。


11103012.jpg
鳴子峡の遊歩道は、
数年前の地震での崩落に加え、
3.11&4.7の震災&最大余震での崩落のため、
各所で寸断されており、通行止め区間が多い。

ほとんど、全面通行止めに近い気もする。


 しばらく走って行くと、10時前だというのに、駐車場の入り待ち渋滞が発生している場所があります。
 自転車の身軽さでスイスイ進んで駐車場に入ると、そこが新展望台が設置されている場所でした。


11103013.jpg
新展望台から見た鳴子峡下流側。
(左下に、別の人のカメラが見切れてしまった)

ちょっとズルして、
カラーモードはヴィヴィッドで撮影。

谷底に見える橋は、
通行止めの遊歩道らしい。


 鳴子峡は、観光案内板の記述によれば、白色凝灰岩の路頭と、崖に木々が育った独特の景観を見せる場所で、四季折々の風景が美しい、との事です。

 まあしかし、この新展望台、狭い場所に多数の人がグチャッと乗っているので、あまり居心地の良い場所ではありません。
 早々に撤収し、再びレストハウス方向へと向かいましたが・・・ここも入り待ち渋滞。
 朝10時前なのに、入口では「満車」の表示を持つガードマンが立ち、一台が出たら一台を中に入れるという、何というか、とても効率の悪そうな事をやっていました。

 ちなみに、ここも自転車は特に問題なくスイスイ中に入る事が出来たわけですが・・・(駐輪場所に、ちょっと苦労したけどね)。


11103014.jpg
で、これが鳴子峡レストハウスから見た風景。

鳴子峡の紅葉として、
良く紹介されているのは、
ここの風景か!


 レストハウスの展望テラスからは、良くガイドブックや個人ブログで紹介されている、鳴子峡の紅葉の風景がどどーんと広がっていました。
 国道47号の、先程通ってきたばかりの大深沢橋と、その周囲の紅葉の景観が凄い!
 なるほど、これは紅葉の名所と言われるわけだ、と、視界全てを埋め尽くさんばかりに広がる、色付いた木々を見て納得させられました。


11103015.jpg
レストハウスの裏。
ちょっとした広場になっていて、
ここも色付きがなかなかだった。

11103016.jpg
広場の奥の小さな見晴し台の下は、
鉄道のトンネル出口に繋がる橋になっていた。

ここを電車が通る瞬間を狙って、
「鉄」な皆様が集まっていた。


 時間は少し早かったのですが、片道を走ってきて、そこそこ腹が減っていた事もあり、ここで食事をしておく事に。
 食堂に回ると・・・食券販売機にあったのは、麺類だけ・・・?

 おいおい、鳴子名物、「凍みっぱなし丼」はどうした?

 なお、「凍みっぱなし丼」とは、こちらの名物の「凍み豆腐」(高野豆腐の東北版。伊達政宗が兵糧開発で作ったとの伝説があるらしい)を卵とじにした丼で、登米町で食べた「油麩丼」の凍み豆腐版、という所でしょう。
 このレストハウスで食べられる、という話を聞いていたんだけどな・・・。

 ちなみに、仙台に移り住んで以来、仙台にある色々な事物の由来について、事あるごとに、「伊達政宗が・・・」「政宗公が・・・」という話を聞きますが・・・。

 そんな完璧超人がいるか!

 と言いたくなる事、幾度も・・・。
 まあ、こちらでは口が裂けても言えない事・・・なのかな?(言っちゃってもいいのか?)

 村八分になりそうな話題はさておき(^^;)、ここでは軽食でいいか、と妥協して、紅葉が良く見える席に陣取って、月見うどんをずるずるっと・・・。
 食後、レストハウスからは回顧橋という所までは、遊歩道が通れるとの事だったので、ちょっと行ってみました。


11103017.jpg
遊歩道はこんな感じ。
間違っても、
SPD-SLのシューズで歩ける場所ではない。

SPDのツーリングシューズでも、
慣れていないと厳しいと思う。
(行動用のサンダル等を持参しよう)


 遊歩道は、レストハウスから鳴子峡の谷底へと歩いて下りて行くように設置されており、最終的には川の水面から5mほどの高さの場所まで下りて行きました。
 谷底からは、対岸の崖の荒々しさや、見上げるような崖の高さなどが一望できます。


11103018.jpg
大深沢橋も、
見上げるような位置で見る事が出来る。


 先程、レストハウスのテラスから見ていたのとは、またちょっと異なる角度から、景色や紅葉を見る事が出来るため、これはこれで良い場所なのですが・・・。
 やはり、ちょっと人が多過ぎですね(^^;)。
 それと、短距離で折り返しになるので、行く人と帰る人がすれ違いのため、あちこちでつかえていたりします。

 観光地ゆえに、人が多いのは仕方がない所ではありますが、もうちょっとどうにかならない物か・・・。


11103019.jpg
まあしかし、
昔のカメラ趣味時代の血が騒いで、
色々と撮りたくなったのは事実。

11103020.jpg
ホントは流れをもっと白い筋にするため、
SS=1/8くらいまで落としたかったが、
最近のコンパクトデジカメでは、
そんなに充実したマニュアル機能はない。

色々弄ってSS=1/13まで引き延ばして、
何とかこんな感じに収まった。

11103021.jpg
遊歩道の終点は、
大深沢橋を見上げる場所まで。
それ以上の場所は、崩落等のため、
通行止めになっている。


 それにしても、こういう場所で必ず思う事。

 一眼レフ持ってくれば良かった!

 いや、実際、そんな重い物を担いできたら、疲労が激しくなって、とても撮影どころではなくなってしまうと思いますが・・・。
 それでも、コンパクトデジカメでは表現の幅が狭くなってしまい、なかなか思い通りに撮れません。
 ああ・・・ジレンマだ・・・。

 さて、正午近くになってくると、鳴子峡の混雑はさらに酷くなり、道路は慢性的な渋滞状態になるとともに、鳴子峡レストハウス付近から、ずっと渋滞が遠くまで続く事になります。
 潮時か、と思ったので、ここで鳴子峡を離れ、あまり観光客が行かない、という潟沼に行ってみる事にしました。

 レストハウスを出て、相変わらず渋滞している入口を横目に、一旦、鳴子温泉郷まで引き返します。
 ちなみに、レストハウスから数キロほどで山形県に入れる事は分かっていましたが・・・今回は、我慢(^^;)。


11103022.jpg
鳴子温泉郷から潟沼への登り道。
狭い上に、とんでもない急斜面。

これ、絶対昔は階段だったでしょ?


 鳴子温泉駅前から、潟沼方向を示す標識に従い、山の方へと登って行きます。
 車一台が通るのも、かなり苦しそうな(3ナンバー車だと確実に狭そうな)幅の狭い道が、どう考えても10%を越える(部分的には15%くらいありそうな)斜度で続いています。

 どう考えても、昔は階段だった道を、車が通れるように、無理矢理斜面にして舗装した、という感じの、無茶苦茶な作りの道です。
 つーか、これ、自動車で走るとしても、ローギアでエンジンがノックするレベルだと思うけど、どうなんだ?


11103027.jpg
住宅地を抜けて、
最初のヘアピンを越えると、
少しだけ傾斜が緩くなる。

ほんの少しだけ、ね。


 住宅地を抜け、山道に入ったら、普通の自動車規格の斜度と思える道になりましたが、ここでも10%は普通にあるな、と思える斜度が続きます。
 短いのですが、泉ヶ岳に登るより足が回らず、左右15度範囲くらいでジグザグに進路を取らないと前に進む気がしません。
 (直登できない事もないけど、体をハンドルに被せないと前輪が浮きそう)

 途中、100mほどの区間で、左の斜面が崩れて土嚢を積み、幅員が狭くなっている場所(自動車一台がギリギリ。しかも、道は10%越えはありそうな急斜度)があり、そこで後ろから来た車に、先に行ってもらうために足着き(これは仕方ないでしょ・・・)。
 横方向にこぎ出さないとコケそうだったので、ヨロヨロとスタートし、登坂再開。
 やがて斜度が幾分かやわらいできたと思ったら、縦棒方向から合流する形でT字路出現。

 「右、潟沼方向、左、古川方向」と出ていたので、右へと進路を取ると、そこから急傾斜の下りに入り、加速すると同時に風景がスパーンと開けます。

 そこが潟沼でした。


11103023.jpg
潟沼に到着。
この沼の近くだけは、
植物もまばらになっている。


 潟沼は、胡桃ヶ岳山頂の南西側、直下に位置する池で、鳴子温泉の源泉等を生み出した火山活動により生まれた、塞き止め湖であると考えられているそうです(火口湖ではないようだ)。
 現在でも湖底からは火山ガスが噴出しており、おかげで水は強酸性。
 かつてはpH 1.4という、塩酸か硫酸か硝酸か、というレベルの酸性だったようですが、酸性度は少しずつ和らいできており、現在のpHは2.4程度になっているらしいです。

 ・・・強過ぎるがな(^^;)。
 いかな酸性度が和らいだ、と言っても、「猛烈な台風」が「非常に強い台風」に勢力を落とした、というレベルにしか感じられませんよ、この数字では。

 当然、こんな場所ですから、腐卵臭も強く漂っており、あまり長くいると、車体の金属部分が腐食しそうな、危ない気配が感じられたりします(まあ、何ヶ月というスパンで放置して、下界より少し目立つかどうか、というレベルだと思うが)。
 で、ここは下界と比べて人の姿は少なく、穴場的な場所である、という評判に違わぬ様相を示していました。

 ・・・まあ、普通の神経の人なら、鳴子温泉郷からの登りの道を見たら、車で登ってくるのは避けたくなると思いますけど・・・(普通の人なら、自転車で登るのはもっとやらない話だと思うし ^^;)。


11103024.jpg
酸性度が滅茶苦茶に強いという湖水にも、
耐酸性の藻類が大量繁殖しているようで、
水は全体的に緑色に濁って見える。

ちなみに潟沼の周囲では、
酸性水でも繁殖できるユスリカの仲間が、
「わんさか」と蚊柱を形成していた。


 こんな場所なので、釣り糸を垂れてみたい、と思う人もいるかもしれませんが、この潟沼には魚は住んでいません(当たり前。硫酸や塩酸のプールで泳いでいるような物だからね)。
 ま、釣り糸を垂れたら、釣り針がみるみるうちに腐食して、形を失って行くと思いますが・・・(それ位、酸性度が高い)。


11103025.jpg
潟沼より高所は、
色付いた所と散った所の差が大きかった。


 本当は、潟沼を一周する遊歩道などもあるようですが、帰り道が混雑するのが嫌だったので、一通りを見てから帰る事にします。
 先程、最後に下った急坂を登り、T字路に差し掛かると、今度は古川方面へと直進して下って行く事にしました。

 そして、前回のネタ通り、落車するっ、と!(笑)

 その後、無事に国道沿いまで下って、気分転換のためにコンビニで休憩。
 そのコンビニが、朝、何気なく撮った一枚に移っていたことに、帰宅後に気付いたわけですが・・・。

 まあ、その辺の話は、前回、詳細に記録しているので割愛(^^;)。


11103026.jpg
帰路の途中。
対抗側(鳴子峡方面)は、
どんどん車が繋がりはじめた。


 鳴子温泉付近を出発したのが12:30頃でしたが、その後は対向方向、つまり鳴子峡方面に向かう車がどんどん増えて行き、古川近くまで、ほとんど切れる事なく繋がっていました。

 朝10時の段階で、各所の駐車場がいっぱいになっていましたから・・・。
 13時近くに古川の方にいた人達って、その日のうちに鳴子峡に辿り着けたのかどうか・・・。

 こういう時は、自転車や二輪車で行動した方が、フットワークが軽くなって良いですね。

 とはいえ、鳴子峡周辺には駐輪場が満足に設置されていない場所が多い上に、自動車、歩行者がホントに溢れるくらい溢れているので、自転車で走る場合には色々、注意が必要です。
 特に、駐車場に入ってからは、どこから人が飛び出してくるか、分かりませんし・・・。
 中でも、小さな子供は、何か大人に見えない物を追いかけているとしか思えないタイミングで、明後日の方向にダッシュするので、十分に注意しましょう・・・。

関連記事
コメント
怪我無しで良かったですね
大変でしたね。下りは気を付けないと人事ではありません。
所で、1人ツーリングもいいものですがたまには団体戦も如何ですか?
3日、6日あたりにもしよろしければ一緒に青根温泉近辺など、、、
(チャリは入院中?)かな?
2011/10/30(日) 18:59 | URL | martz6480 #-[ コメントの編集]
Re: 怪我無しで良かったですね
martz6480さん、コメントありがとうございます。

いやいや、久々に「やってしまった」級の落車でした・・・。
しかし、東京時代から、コケた、ぶつかった、左折に巻き込まれた、
と、色々経験していますが、なぜか毎回、怪我が軽くて、我ながら呆れています(^^;)。

> 3日、6日あたりにもしよろしければ一緒に青根温泉近辺など、、、
うわ~、とても魅力的な話ですが・・・。
現在、車体が不調なので、遠出はちょっと心配です。
(山コースなので、トルクをかける事になるでしょうし、点検修理を先に済ませないと・・・)
またの機会に、よろしくお願いいたします。
2011/10/30(日) 21:45 | URL | YO-TA #GY0.Hv3k[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。