日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

05月≪ 2017年06月 ≫07月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

三たび泉ヶ岳。タイムを計ってみた。

 台風通過後、仙台も急激に涼しくなりました。

 今まで、仕事はワイシャツ一枚で出かければ十分だったのに、今は朝夕、上着が必要に感じるくらいの冷え込みです。
 また、夜は毛布を羽織らないと、寒さで早朝に目覚めてしまう事も・・・。

 季節の変わり目で、色々と気候が安定せずに大変ですが、風邪など引かぬように注意しましょう。

 では本題です。
 BRM1001宮城200kmまで1週間を切りました。
 大きなトラブルさえなければ、完走する事のハードルはそれほど高くないと思われる(地理に不慣れな件だけは不安要因という)訳ですが、だからと言って、何もしないのも良くないため、この三連休にロードのメンテを行うとともに、補給食等の準備を行いました。

 そして、どこか手頃なコースに走りに行こうかと思ったのですが・・・25日未明(3時頃)に、なまず速報が大騒ぎしてくれた(福島県北部を震源とする地震発生。震度5弱という想定だったが、実際には仙台、ピクリとも揺れず)おかげで、二度寝に落ちるのにウダウダ時間がかかり、完全覚醒に至ったのは朝8時過ぎ。

 この時間から、色々家の中の整理も残したまま長距離に出るのはマズい。
 しかし、来週のブルベを考えたら、それなりに負荷のかかるコースを走っておきたい・・・。
 という訳で、繰り返し急勾配の坂が出てきて、強強度負荷インターバルトレーニングになりそうな、泉ヶ岳にまた登ってくる事にしました。

 泉ヶ岳のスキー場までは、片道20km程度。サクサク走れば、午前中だけで行って、帰って来れるでしょう。
 仙台のヒルクライマーの間では、ベンチマーク的な位置づけのコースですが、こんなに近いと、時間がない時のサクッとトレーニングコースに設定してしまおうか、とも思えてしまいますね(^^;)。

2013/09/11追記
 「仙台 ヒルクライム」「仙台 ヒルクライム 練習」などのキーワードで、この記事を訪問してくださった皆様へ。

 この泉ヶ岳のコースですが、2013年夏現在の段階で、天気のよい週末には、全国の自転車定番コース同様、大変多くの自転車乗りの姿が見られるようになりました。
 今のところ、大きな問題等は起きていないようですが、この道は地域の皆様の生活道路でもあるとともに、自転車乗り以外の一般の皆様も、レジャー目的で利用される道です。

 くれぐれも、安全に気をつけて頂きますとともに、他の利用者の皆様、そして何より、地域の皆様の生活のご迷惑にならないように、十分に注意して頂ければと思います。
 
 私は東京在住時に、自転車乗り側の勝手な振る舞いにより地域から反発・疎外され、どんどん「走れる環境」を失っていった、その様子をリアルタイムで見ていましたので、今、対応を誤ると、同じ道に進みかねない危うさを感じています。
 仙台の皆様は、東京と比べると(おそらく、全国的に見ても)、驚くほどやさしく、寛容でいらっしゃいますが、それにも限度があることを強く意識して頂ければと思います。

※今日、ここでタイムが取れなくとも、別の日に取ればよいのです。
 それでがトレーニングにならない、という人は、トレーニングメニューや日程の組み方に問題があります。
 まずはそこを見直してください。

 大事なことなので、関連記事3つ全てにコピペしておきました。




11092501.jpg
そんな訳で、泉区内の国道457号。
たった2ヶ月の間に、周辺の水田は黄金色。
なんか、凄くいい雰囲気の景色だ。


 今日は、根白石の県道35号線と国道457号の交差点の所で、北西方向の空にパラグライダーが滑空しているのが見えましたが・・・。
 泉ヶ岳のスキー場から、あんな所まで滑空したのでしょうか?なんか飛び過ぎな気がする&回収が大変そうなんですが・・・。

 まあしかし、パラグライダーの皆様が飛んでいるという事は、泉ヶ岳の高所は気流も気候も安定しているという事なので、安心して進む事にします。

 今日は、泉ヶ岳ヒルクライムコースに従い、麓の川崎上バス停をスタートに、泉ヶ岳スキー場の駐車場ゲートをゴールとして、時間を測ってみました。

 ちなみに、泉ヶ岳ヒルクライムのコースプロファイルは、上のリンク先で見れますが、高低図に現れない程度で、勾配が急になったり緩やかになったり、色々変化しています。
 一応書き出しておくと、

 距離:7.2km
 獲得標高:408m
 平均斜度:5.8%

 んで、ルートラボでは、自転車での想定所要時間が29分になっていますが、間違っても、ヒルクライム初心者の方が、そんなペースで登れるなんて思っちゃいけません(^^;)。

 という前置きをした上で、私の所要時間ですが・・・。

 33分57秒。

 遅っ!
 いやもう、自分で言うのもなんですけど、遅いっ!

 常々、私はクライマーの素質はない、と実感していましたが、数字で示されましたわ、今回で(^^;)。

 なお、ちょっと調べてみた感じでは、大体、ここに登る皆様のアベレージタイムは25分程度(コースレコードが、18~19分だったか?)。
 ううむ、皆様、速いなあ・・・。
 でもこれ、クライマー基準での標準タイムって事は・・・ない?(^^;)


11092502.jpg
ま、何はともあれ登ってきた。
スキー場ではパラグライダーの皆様が、
次々、空に舞い上がっていた。

11092503.jpg
スキー場のロッジ駐車場から。
肉眼では仙台の市街地が一望できたのだけど、
コンパクトデジカメではうまく写らなかった(^^;)。

11092505.jpg
どうでもいい余談的に、
私のスマートフォンの運搬状況。
こうやって、ジッパー付きのポリ袋に入れて、
背中のポケットに突っ込んである。

なお、使用機体はドコモのN-06C。
防水なのに何故ここまで?と良く聞かれるが、
水でなく、塩分が怖いからね、汗の。


 さて、登ってきたら、下る訳ですが・・・本日の泉ヶ岳スキー場付近の気温、道路脇の温度計表示で、14度。
 そんな中、10%の激坂を勢いよく下る訳ですから・・・。

 寒いっ!

 夏装備のままでしたから、走行風を受けて体感温度は急降下し、麓の信号に辿り着いた時には、全身が寒さでガタガタ震えるくらいのレベルでした。
 ウインドブレーカー、持ってくるんだった・・・。

 台風通過後、一気に平野部の気温は秋になりましたが、山間部はさらに一段、冷え込んでいる感じですね。
 来週のブルベでは、装備に気をつけないと・・・。


11092504.jpg
最後に余計なオマケをひとつ。

この看板の破損、クレーンの接触か?
ちゃんと下げて走っていれば、何の問題もない筈なのに、
何で接触できるのか、教えて欲しい。
(クレーンを下げてなかったら、車両の高さ規定の違反になるし)

ちなみに、場所は泉パークタウン入口交差点の西側。


関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク