日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

07月≪ 2017年08月 ≫09月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

小ネタ集 まとまりの無い話を固めてみた編

 最近、関東地方は随分と暖かくなり、ホントに自転車で走りやすくなりました。

 先週、ブルベを走って以来、なんだか吹っ切れたようで、また自転車熱が復活した日々を送っています。
 何となく、震災以降、勝手気ままな生活をするのは被災した皆様に悪い気がしていたのですが、先日、東北拠点のある社員と電話で話した時に言われた言葉に、こんな物がありました。

 「それって、"自分より不幸な人"に同調する事で、自分はまだマシだ、と、勝手に満足してるだけじゃね?」

 図星を指された気分でしたね・・・(東北のその社員いわく、「そんな上から目線で、勝手な同情を押し付けられても迷惑だ」とのこと。確かに・・・)。
 考え方は色々あるでしょうけど、被災地の人(先出の社員は家族は無事だったが、実家流失)から直接そう指摘されると、最近の過度の自粛ムードって、実はそういう事なんじゃないかと思ってしまいます。

 では本題です。
 今回も重ねてですが、小ネタ集です。
 単に、走ってない上にポチってないのでネタが無いんだな、と言われればそれまでですが(^^;)、まあ、おつきあいのほどを・・・。

1.今年逃したイベントに関連した話
 以前もネタにしましたが、残念な事に、今年は東京→糸魚川ファストランは、チームが落選となり、走れない事になりました。
 抽選の結果ですから、これは仕方がないですね(^^;)。

 ただ、どこかのタイミングで、個人で糸魚川まで走れないかと、ちょっと考えていたりします。
 まあ、悪い癖で、走った後にコースの周辺の情報を、走る前以上に収集するという所があって(後にも話題にしますが ^^;)、ツール・ド・おきなわの本島一周サイクリングも、それで色々、見所を見逃していた事に気付いて悔しくなったりしていた訳ですが、実は糸魚川でもそうでした(^^;)。

 ほんと、走る前は、峠の厳しさとか、沿道の補給・休憩可能ポイントは必死で探すのですが、自分の興味を引きそうなポイントは、あまり目に入らないというか・・・。
 多分、まだまだ「コース」にビビって、対応が取れていないのが原因なのでしょうけれど(^^;)。

 なお、今年、初めて参加する皆様に、どうでもいいような情報を一つ。

 白馬から糸魚川までの最終区間は、ご存知の通り、トンネルとスノーシェッドが連続する狭あいな道路区間になります。
 このトンネル、初めて走るときは、例外なく「ビビる」と思います(2度目以降でも、怖い時が多いと思う)。

 そんな時、地図を見ると、トンネルを回避するように旧道のラインが平行して書かれていたりしますが・・・。
 そちらを走ろうとすると、とんでもない事になる可能性があるので、本線以外は走る事を考えない方が良いかと思います。

 それにしても・・・。
 昨年、大真面目に旧道経由でトンネル回避ルートを作れないか、必死になって線引きしていた私って・・・。
 (廃道になってるわ、崩落で10年以上通行止めの区間はあるわ・・・。何も考えずに突っ込んでいたらと考えると、恐ろしい ^^;)

2.新型ライトの話
 本日、久々(おきなわ直後以来だから、半年ぶりくらい ^^;)にロードでお世話になっているサイクルショップVerdeさんを訪れました。

 先日のブルベ帰りに、原因不詳ながら小石の踏み抜きパンクと思われる状況があったので、スペアタイヤを購入。
 相変わらずのVREDESTEIN Fortezza Tri Compですが、このタイヤの安定感は癖になります(^^;)。
 10気圧入れてもガツガツ来ませんし、パンク頻度も極低、雨の沖縄の下り坂でもしっかりグリップしましたし、ホントにいいタイヤですが、欠点は取扱店が少ない・・・。

 とまあ、それはさておき、お店で長々雑談させて頂いた際、「CATEYEのHL-EL930RCとHL-EL920RCが、近々国内発売されるらしい」という噂話を聞かせて頂きました。
 関西地区では既にお披露目会も終わり、関東でも当初はお披露目が予定されていたのですが、震災の影響で中止になっていたのだとか。
 昨年のサイクルモードでは参考出展で、海外向けしか販売予定がないとの話でしたが、ようやく国内向けの販売の目処も立ったようです。

 これならば、先日のオールナイトブルベで感じた光量不足感を補完できるか、と思ったのですが・・・。
 問題は、サイクルモード段階での公称ランタイムがちょっと頼りない事(最大光量モードが1時間とか。ヲイヲイ)と、巨大な充電池の搭載性です。
 コンパクトで、かつ大光量という二律背反条件を満たすライトは、なかなか難しいです。

 そうそう、Verdeさんでは本日、低周波トレーニング機器であるCOMPEXも試させて頂きました。
 しかし・・・なんというか、自分で何もしていないのに手足がグイグイ動くあの感覚は、独特ですが癖になりそうな何かがありますw。
 (腕に使用したので、手首から先が勝手にグイ~ッと反って、指がピクピクしていた。足に使う場合、バンドで椅子に固定していないと、勝手に足が上がってキックしてしまう時もあるらしい)

 これ、計画的に使うと、筋力増強や持久力増強に役立ちそうな気がします。
 が、しかし、私の手元にあっても、高価な低周波治療器になってしまいそうな気が・・・(^^;)。

3.個人的に、ブルベはこう楽しめたら良いなという話
 さて、先程の話題で、「走る前より、走った後に、そのコースの周辺を色々調べてしまう」という話がありました。
 これは多分、私が登山・ハイキング時代から行っている、一連の手順による所の影響が大きいかと思います。

 私の場合、登山・ハイキング時には、

・事前に机上で地図等からコースを確認
・実踏で事前のイメージとの擦り合わせ
・走行後、地図とデジカメ画像と記憶を照らし合わせて記録作成


 という流れでイベントや、その時々の記録(危険箇所、通行不能記録に加え、遭難寸前の体験やフォースト・ビバークした時の状況も)を取っていたので、サイクルイベントやブルベでも、同じ手順で記録をつけています。
 (で、ああいった形のレポートが出来ている訳です)

 この一連の手順ですが、まず、最初に読図でアレコレと想像を巡らす楽しみがあり、実際に走って確認する(苦しむ)楽しみがあり、最後に記憶が鮮明なうちに記録をつける事で、後から読み返して「そんな事があったなあ」と思い出す手がかりになって楽しめる、という、三段階の楽しみ方があったりします。

 「そんなの、いちいちやっていたら追いつかん」という皆様も多いかもしれませんが、私としては、今後もこれくらい余裕をもって準備する感じで、ブルベを楽しんで行ければなあ、と思う所です。

4.そしてこれからの話
 で、これからの話です。

 今後のブルベ参加ですが、まず300kmは参加を考えています。
 400kmも、コンディションと日程が合えば、参加したいと考えています。

 ・・・が、今からだと走る場所が限られるのが、ちょっと微妙ですね・・・。

 まあ、今年はまだデビューイヤーという事もあり、エントリー段階から勝手が分からず、モタモタしているうちに、春期開催のエントリー枠が埋まっていた、なんて事があったので、来年はもっと早いうちに、いつ、どこのブルベを走るかの計画を立てるようにしましょう。

 来年はSR・・・?
 いやいや、それはまだちょっと自信がない・・・けど、今年、400を走れたら、来年はSR取得を目指そうかな・・・。

 そういえば、ツール・ド・おきなわは、11/12~13日の開催となるようですね。
 む~ん、今年はどうするか・・・。
 昨年も同様の日程でしたが、11月の中旬にまとめて休むと、12月がキツいんだよなあ・・・。

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク