日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

06月≪ 2017年07月 ≫08月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

山は撤退し、新緑観賞。

 今年の連休は、何かすっきりしない天気の日が多いですね・・・。

 昨日も、一昨日も、曇り優占でイマイチ気持ちのいい休日にはなりませんでしたし、雨がぱらついたりもしましたし。
 まあ、こんな年もあるってことでしょうけどね。

 では本題です。
 そんな訳で、今日は登山の予定だったのですが、現地に着いて様子を見ると、予想を超えて低い気温と低すぎる雲。
 この状態で予定通り御前山(1,405m)に登ったら、途中からは寒さとの戦いになり、カタクリも花を開かない(カタクリの花は、気温が高くないと花弁が開かない)と考えて、早々に撤退を決定しました。

P5050005.jpg

到着直後の奥多摩湖の風景。
対岸の尾根(小河内峠)が完全に雲の中であり、
しかも結構風があった。
この状況では標高1,000mを越えたらガスがかかり、
雨具着用で行動しないと、寒さで体が参ったと思う。


 今年はカタクリは諦めて、せっかく来たので湖岸の新緑を撮る事にして、奥多摩湖南岸の遊歩道に足を踏み入れました。

P5050003.jpg

新緑の惣岳渓谷
奥多摩湖の堰堤から見下ろした谷底。
ここは落葉広葉樹が多く、新緑と紅葉の季節は、
素晴らしい風景になる。

P5050007.jpg

奥多摩湖南岸の遊歩道
数年前まで崩落地帯が多かったが、
今では前面開通し、歩けるようになった。
ちなみに、全長10km以上あるので、
遊歩道といっても立派な山道と考えた方が良い。
(途中から、登山道並に道が細くなる)

P5050009.jpg

新緑の奥多摩湖
新緑の時期は、曇っていた方が緑が柔らかく写って良いかもしれない。
ただし、背景が明るいとそっちに引きずられるので、
うまく補正しないと黒ずんでしまうな・・・。


 奥多摩は現在、標高500m付近(奥多摩湖あたり)の新緑はそろそろ終わりかけ、もっと高い場所でヤマザクラが咲いている感じでした。
 恐らく、今週末がギリギリ、高標高域のヤマザクラが見頃になっている感じでしょう。

 そろそろ湖岸ではツツジの花が見頃になってきているので、来週からは新緑よりも、そちらを目的にした方が良いかもしれません。

P5050028.jpg

で、ちょっと珍しい色合いのツツジが咲いていたので一枚。
白を基調に、薄紫の模様が入っていた。

P5050036.jpg

結局、昼頃まで現地に逗留したが、
晴れ間は一度ものぞかなかった。
山の上の方も、相変わらずガスに巻かれており、
上まで行った人達は、相当、やられた事だろう。


 帰りは温泉につかってから・・・とか考えたのですが、駅に着いたら、ちょうど電車の時間になっていたので、そのまま帰る事にしました。

 で、ここから先は危険画像(虫)を含みますので注意。

P5050019.jpg

スプリングエフェメラルの、スギタニルリシジミ
ずいぶん、羽の模様もスレてしまっており、
迷彩効果も抜群になってしまっているが、
足下をチラチラと、結構な個体数が舞う場所もあった。

P5050021.jpg

ああ、活動を始めてたのね、キイロスズメバチのお嬢。
(働き蜂は、全てメス)
まだこの季節は、それほど攻撃性は高くないとは言え、
この巨体がブンブン飛び回っているのは、やはりあまり良い気がしません(^^;)。

ちなみに、これは望遠レンズ撮影。
間違っても、ズームの効かないコンパクトデジカメで、
同じような画像を撮ろうと、グイグイカメラを近付けたりしないように!
(いや、そんな人は居ないか・・・)


関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク