日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

07月≪ 2017年08月 ≫09月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

BSモールトン、変速まわりを再調整

 ・・・なんか、既にが来ていませんか?

 あ、花粉的な意味ですけど。
 なんか、外から帰ったら、鼻がグスグスと酷いんですけど・・・。

 今の時期からこれって事は・・・どーなるんだよ、2月後半以降・・・。
 (勘弁してくれっ!)

 では本題です。
 さて、本業が年度末の多忙期に入り、しばらくの間、週末はどうも疲労回復のためだけの時間になりそうな感じです(休めれば、の話で)。
 まあ、既にブルベも開幕しており、どこかに走りに行きたい欲求がない訳ではないのですが・・・(Twitterの実況を見ていたら、走っている皆さん、ホントに苦しくも楽しそうだからなぁ)。

 そういえば、15日には2011年のロングライドイベントの先陣を切って、美ら島オキナワセンチュリーランが開催され、多くの皆様が・・・苦しんだようですね・・・(^^;)。
 なんか、ツール・ド・おきなわに続いて、雨・風・寒波の集中砲火を浴びた、とんでもない日だったそうで・・・。
 (沖縄で一桁気温を記録。開会の挨拶が、「本日は全国的に氷点下ですが、沖縄だけはプラスです。ようこそ、南国へ」だったらしい)

 ちなみに、その寒波の時、私は親戚に不幸があったので、急遽福井の実家に帰ったのですが・・・。
 寒波を喰らった北陸の冬、一晩あけたら町は見事なまでにドカ雪に埋没していました。
 北海道や東北なら「銀世界」という美しい表現が使えるのでしょうけれど、水分が多くてひたすら重っ苦しく、そのうち道路が茶色や黒の汚いシャーベットになる北陸の雪景色は、そういう情緒とは無縁です。

 しかも、東京帰還の新幹線が遅れに遅れ、夕方には着くはずが、とっぷり日が暮れてやっと到着するという有様で・・・。
 (米原~関ヶ原~豊橋まで、ずっと窓の外が白く、通過駅だった浜松で結氷を落とすために臨時停車したほど)
 まあ、色々と大変な事になっていた訳ですね(^^;)。

 そんな自虐混じりの近況報告はさておき、本題中の本題に移りましょう。
 (どんだけ脱線してんねん! ^^;)

 しばらく前、外出の足にtikit・・・でなく、たまには使ってやろうとBSモールトンを引っ張り出して走っていると・・・。
 RDがなんかおかしい。変速しても決まらない段がある上に、ガチャガチャ歯飛びする時もあります。

 まあしかし、これは車体分割型のBSM-S18では、ワイヤーコネクタの締め込みが甘いと発生する事もある現象なので、慌てず騒がずコネクタまわりを点検すると、問題無し。
 あれれ、気のせいか?と思い、再出発すると、やはりおかしい。

 改めてリアメカまわりを見てみたら・・・ディレイラーからワイヤーのテンションアジャスターが外れ、ぶら~んとぶら下がっていました・・・。
 ・・・そら、狂うわ。


11012202.jpg
どんな具合だったのか、
遊休品のMicroshiftのメカで再現。
ディレイラーとワイヤーの接合部にあるアジャスターが、
こんな感じで外れていた。


 何でこんな所が外れたのか不思議ですが、まあ、どこかに引っ掛けて無理な力がかかったとか、調整時に回し過ぎたとか、そんな所でしょう。
 しかし、テンション調整が全くうまく行かない状態で乗っていても、チェーンがガチャガチャ踊るだけで、全然楽しくありません。
 (クランクにかかる負荷もコロコロ変わり、走り辛いですし)

 そんな訳で、アジャスターをちゃんと戻した上で、ディレイラーの調整を再度やり直す事にしました。

 しかし・・・これがまた、ちょっと難航しまして・・・。

 トップ側は、シフター側にまだ段が残っている間にトップ(9T)に落ちてしまいますし、ロー側(26T)は、もうシフターが動かない所まで操作しても、最軽段から1~2段前から動かなくなるという状態です。
 スイング幅を調整しても、ハイ側は何とかなっても、ロー側には全くチェーンがかかる気配がありません。

 あれこれ試している間に、ロードでお世話になっているVerdeの店長から聞いた言葉、「調整している間に、何が何だか訳が分からなくなったら、ノーマル位置に入れて、ワイヤーを外してリセットしちゃった方が早いですよ」を思い出したので・・・。
 確かCapreoはトップノーマルだったはずなので、トップ位置に入れてワイヤーを外して、張り直してみると・・・。

 ちょっと引っ張ったら、ずいっと、5mmほどワイヤーが引き出せました。
 基本状態で、全然テンションが足りていなかったみたいです。
 これじゃ、変速不良にもなるか・・・(^^;)。


11012201.jpg
で、張り直した状態がこれ。
張り直す前の障害発生状態は撮り忘れた(^^;)。


 障害の原因さえわかってしまえば、その後はさすがのシマノ製メカ。
 素人の生半可な知識と、行き当たりばったりの調整でもスパッとはまってくれました。

 その後、試走してみたら、状況はなかなか良好。
 近いうち、tikitは修理(Fフェンダー破断、ハンドルのガタ調整など)に出す事を考えているので、その間はBSモールトンに通勤用代車として活躍してもらう事にしましょう。

 すぐに折り畳めない(分割にはそれなりに手間がかかる)分、tikitよりかさ張るので、社内駐輪していたら、邪魔だと怒られそうな気もしますが・・・(その時はその時だ ^^;)。

 そういえば、このCapreoも'11年から新しいモデルになり、リアディレイラーがMTBと同じシャドーディレイラーに変更されたそうです。
 このため、横幅(張り出し幅)が少なくなり、折り畳み自転車への適用がより容易になったそうです。
 既に、11モデルのBD-1や、DAHON車の一部などで、新型Capreoが使用された車体が出回っているようです。

 なお、未確認情報では、新型Capreoはブロンプトンの外装多段化にも使えるとか・・・。
 ただし、折り畳みが可能なのかどうかまでは確認していないので、そういう改造をした人がいるらしい、という程度の話なのですが・・・。
 (ブロンプトンは、あの見事な折り畳み形状を実現するため、車体パーツその他のサイズもかなりシビアな条件になっており、外装化するとディレイラーとフォークが干渉して折り畳めなくなる等の弊害がある。まあ、ブロ乗りの方が、折り畳めないような改造はしないと思いますけれど・・・)

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク