日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

03月≪ 2017年04月 ≫05月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝の復調具合&その他諸々、お試しライド。

 一部で、Owleye 3Wハイブリッドは充電中に点灯できないから、外部電源が使えない、という情報が流れていますが・・・。


10122501.jpg
ちゃんと点きますよ。
外部電源は、PowerBank slim。

モニターに反射する光が点灯している証拠。
ライトの背中には、点灯状態を示す青色LEDと、
充電中を表す赤色LEDが点いている。


 とまあ、こんな特性がなかったら、ブルベ用ライトとして試用する事なんて考えませんて(^^;)。
 どんなに明るかろうと、Hiモードでのランタイム3時間、Lowモードでも6時間しか持たないライトで、しかも充電式で電池交換もできないライトなんて、距離や時間の条件が条件なら、オールナイトランが必要なブルベで、何の役に立つのかと。

 では本題です。
 沖縄で傷めた右膝がやっと復調してきたので、超久々にロードにまたがってきました。
 復帰第一回という事もあり、今日は尾根幹線1往復を含む、60km程度で切り上げました。

 ・・・というか、沖縄から戻って以来、約1ヶ月、自転車通勤さえも様子を見ながらこわごわと、という感じでほとんど乗れていなかったので、それ以上走れなかったというか・・・。
 前傾姿勢をとると、腹が何かプニュッとするわ、足を回したくても回らないわ、とにかく体のなまり方が酷かったですね・・・。

 まあ、今日はロードを来年からブルベに参加する事を考えて、色々いじっていたので、そのテストも兼ねていましたから、そんなにガッツリ走る気もなかったのですけど。


10122502.jpg
という訳で、ブルベ参加を考えて、
色々パーツをいじった状態。

10122503.jpg
一番変わったのはここ。
ハンドルに、以前ちらっと紹介した
ライトマウントを装着した。
HL-EL520(新型)、LD20、Owleye 3Wの三連装。


 遊休品を集めただけの物ですが、気がついたら、なかなか強烈な物になってしまいました。
 これをロードのハンドルにマウントしたら・・・何の自走砲台ですか?という雰囲気に・・・(^^;)。
 フロントヘビーになって、取り回しが悪くならないか心配でしたが、今日乗った限りでは大丈夫だったようです。

 ところで、HL-EL520ですが、LEDを換装した新型が出回っていますね。
 新型は、光度が1,500→1,800カンデラに少し強化。
 本体がマット(つや消し)からグレアというか、ツヤツヤした感じに変更されました。

 光度は上がっても、連続稼働時間は点灯で約60時間、点滅で約120時間と、長寿命っぷりは相変わらずです。
 まあ、その分、現在ブルベ等のナイトライドで主流になっている、アウトドア用ハンディライトよりも暗いんですけど・・・(市街地使用なら、そんなに交通量の多くない道なら、車のヘッドライトに紛れたりもしないでしょうけど、外灯のない峠越えは、どう考えても無理)。


10122504.jpg
上から見た図。
これだけゴテゴテしていても、
下ハン保持で、前方視界の妨げにはならない。

10122509.jpg
おまけで付けたコンパス。
腕時計のベルトにつけるタイプの物を、
タイラップで縛り付けた。


 この3灯の中では、最も頼れる(=明るい)光量を示すのはOwleye 3Wだったのは意外。
 てっきり、LD20だと思っていたのですが・・・。

 目安でいうと、LD20のターボモード(約180 lm)がOwleye 3Wのハイビーム(200 lm相当)よりわずかに暗く、LD20の通常モードの最高光量(約94 lm)で、Owleye 3Wのロービーム同等でした。
 ルーメン数で見れば順当な所ですけれど、カンデラ数でいえば、CATEYE HL-EL520(1,800 cd)>Owleye 3W(1,100 cd)という関係だったりするんですが・・・。
 (光るのは猫の目だが、よく見えるのは梟の目、という感じか?自分でも何の話だか、良くわからないが・・・)

 あと、コンパスですが、一応、走行中にチラ見で進行方向がわからないか、と思って装着したのですが・・・。
 速度が20km/hを越えると、振動で指示が安定せず、目盛板がクルクル回転してしまうので、指示を見るとしたら信号待ちなどに限定されます。
 (何の意味がある!とかいうツッコミはナシで。そんなの、自己満足に決まっている ^^;)


10122505.jpg
サドルバッグも交換。
TopeakからLEZYNEのLサイズへ。


 サドルバッグも、以前のTopeakの物は重みでぶら下がって、ペダリング中に太腿の裏に当たるのが気になったので、サドル下にきっちり収まる&細身の物に交換しました。
 わずかに搭載容量が小さくなってしまったので、効率の良い収納方法を編み出さなければなりませんが・・・。


10122506.jpg
そしてシートステーが1本になる所に、
テールライトを増設。
新たに、KnogのSKINKを装着した。
(ピンぼけ失礼)

しかし、この場所だと後輪が跳ね上げたゴミを受けるので、
シリコンゴムの表面があっという間に埃だらけになるのが欠点。


 ブルベのレギュレーションでは、「フレームに」常時点灯可能なテールライトが確実に装着されていなければならない、という条項があります(近年は、サドルバッグへの装着は無効とされる事も多いらしい)。
 これを満足させるために、軟体動物チックなシリコンゴム系ライトの代名詞であるKnogの製品を装着しました。

 そんな所にテールランプをつけても、ライトが上向きになって後方から視認し辛いのでは?と思われるかもしれませんが・・・。


10122507.jpg
SKINKのLED部分を拡大。
(盛大に埃がついているなあ ^^;)

もともとシートポストなど、
地面に対して傾いた部材への装着を想定しているのか、
LEDもかなり傾けて装着されている。

結果、ウチの車体ではシートステーにつけたら、
ちょうど水平くらいに明かりが飛ぶ。


 という訳で、これらを装備した状態で、どんな感じで走れるか、テストライドを兼ねて走ってきた訳です。

 結果、恐れていたフロントヘビーになるような挙動はなく、普通に走れました。
 しかし、Knog SKINKの本体にやたらと埃が付着しやすく、60km程度を一回走っただけで物凄い汚れ方になっているのは・・・。
 異物付着はシリコンゴム系素材の宿命とはいえ、何とかならない物かと思ってしまいますね(電池交換する時に、砂粒を本体内に巻き込みそう)。

 今日はその後、SOSが入っていたので休日出勤・・・。
 やれやれ慌ただしい一日だ・・・。


10122508.jpg
冬になり、空気が澄んできたからか、
尾根幹線からは新宿副都心までを見通せるポイントが何カ所か。
ナイトライドだったら、夜景がきれいだったかもしれない。


 ちなみに、ロードで走ったらまた膝の違和感が強くなりました。
 尾根幹線に行く途中で、既に皿の下辺り(腸脛靱帯でなく、膝蓋靱帯付近)に「あ、ヤバい」という感じが出てきたので、サドルを5mmほど上げ、前乗り気味を意識して回転重視の乗り方に切り替えたら、違和感だけで終わりましたが・・。

 自転車で痛めた膝は長引く、と、良く聞きますが、ホントに長引きそうですね・・・。

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。