日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

07月≪ 2017年08月 ≫09月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

とりあえずの帰着報告に、沖縄走で感じた事

 大雨洪水警報だったんかい!

 ・・・あ、いや、ツール・ド・おきなわ2010の本島一周サイクリング初日&やんばるセンチュリーライドの当日、つまり、2010/11/13の事なんですけど。
 とにかく凄い雨の一日だったのですが、その影響か、沖縄県中南部には一時、大雨洪水警報が出ていたようです。
 中南部に警報が出るほどの雨ですから、もちろん、ちょうどその時走っていた、北部の雨も凄かったです。

 ・・・なのにやめない主催者側。
 ・・・なのに止まらない参加者達。

 どっちも無茶するなあ。

 まあ、お前もその中の一人だ、と言われたら、返す言葉がありませんが(^^;)。
 (結局、二日間、完走してるし)

 では本題です。
 そんなこんなで、本格的な雨天ライドを、沖縄のやんばるの森でやらかしてきたという、色んな意味で凄い体験になった今年のツール・ド・おきなわ本島一周サイクリング。
 なんだかんだ色々ありましたが、結果的には物凄く楽しかった、というのが最終的な感想です。

 本格的なレポートは、また後日上げますが、今回は、ロードバイクで初の本格的な雨天ライドを(いきなりやんばるの森で)行ってきて、色々感じた事を小ネタ的に出しておきます。

 なお、本編のレポートですが、昨年並のボリュームは期待しないでください(^^;)。
 あのレベルで物を書くのは、エンデューロレースや、やんばるの森走行以上に体力を使い切るので・・・。

1.Vredestein Fortezza TriCompの雨天性能
 大した物でした。
 いや、ホントに。

 本編に詳しく書きますが、やんばるの森の雨は物凄い状況でした。
 アップダウンが続く路面に、水がだーだー流れているという・・・。

 そんな状況なので、コーナーリング、特に、長く続く下り坂でのそれが、とても怖かった訳です。

 やんばるの長い坂をロードでノーブレーキで下ると、あっさり50km/hまで行きますからね・・・。
 車輪をロックさせてコースアウトしかけている人とか、後輪が滑ってドリフトしている人とかもいましたし・・・(よく落車しなかったなあ)。

 そんな中、私の車体はというと。
 思い切りグングン飛ばして行けました。
 下りの途中でバックミラーを見ると、自分の後輪が巻き上げた水がカーテンのようになっているのが分ったくらいの速度で。

 いやほんと、こんなにグリップ力が落ちないとは思いませんでした。

 普段の乗り味の良さと、耐パンク性能の高さにも驚かされています(っつーか、この2日間、雨と荒れまくりの路面でパンクなしですよ)が、雨天時のグリップ性の高さにも驚かされました。
 入手性の悪さにも驚くのですけど(^^;)、中毒性が高いですねえ。

2.レインスーツは防水透湿素材に限る
 もうホントにこれはね。
 痛感しました。

 最初、都内での簡易防寒具として、出発時と帰着時に着れば良いやと思っていた、モンベルのゴアテックス・レインスーツですが、結果的に大活躍してくれる事になりました。
 (ええ、最後の最後まで晴を信じてたんですよ・・・。スタート時点で、背中のポケットの中でしたし・・・)

 私が着用したのは初日の午後。
 ま、つまり、一番雨がヒドい時間帯だった訳です。

 もちろん、周囲の方もそれぞれに雨天装備で臨んでいた訳ですが・・・。
 全体的に見て、ウインドブレーカー系の方が多かったですね。

 確かに、最近のウインドブレーカーは撥水性も高くて、簡易雨具として使える物もあります・・・が・・・。
 通勤通学の短時間ならともかく、ロングライドイベントのような長時間の走行では、あまり役に立たない・・・というか、見た限り、何の役にも立っていない人も多かったような・・・。

 原因はひとつ。
 外から被る水でなく、中から出る水。つまり汗の方ですね。

 外からの水は、撥水コートがあればある程度は弾きますが、内側はそうはいかないです。
 新品なら、ある程度は大丈夫なのでしょうが、着用していれば常に着衣と擦れ合うため、内側のコートは簡単に剥がれてしまいます。
 結果、外からの水はコーティングが弾いていても、中から汗が布地に浸透すると外からの水を呼び込むため、結果的に雨が浸透して雨具としての用はなさなくなってしまう訳です(登山・ハイキング系では体が濡れたら命に関わるため、この辺が重視される)。

 結果、ウインドブレーカー装備の方の多くは、濡れた布地がピタッと体に貼り付き、風が吹き付けると体温が奪われ、ガタガタと震えている人までいました。
 ウインドブレーカー装備より、ゴミ袋を被っていた人の方が大丈夫だったくらいです(まあ、こっちは強烈に蒸れるし、風の抵抗をモロに受けるけど)。
 確かにその日は沖縄とは思えないくらい低温だったので、私もそれなりに冷えていたのですが、震えが出るほどの寒さはありませんでした。

 ついでに、午前中に既に降られたため、中に濡れたジャージを着ていたのですが、これも走行が終わるまでに、普通に汗が濡れた程度になっていました。
 この辺りが、汗に起因する蒸気を外部に逃す、防水透湿素材の強みです。
 いやあ、登山・ハイキング時代といい、助けられましたねえ、ゴアテックス。

 ちなみに、自転車乗りの皆様は、本当に雨具を軽視する傾向にありますけど、さっきも書いた通り、通勤通学の短時間用と、何時間も走るロングライド用では、それぞれにふさわしい対応を考えないと・・・。

 脅しじゃなく、死にますよ?
 低体温症による疲労凍死って、真夏でも普通に起きていますから。

 登山・ハイキング系よりは多少、交通の便が良い場所を通っていますけど、病院まで何時間もかかるような場所を走っている人は、シリアスに危険に向き合っている事を意識しないと・・・ね。
 (今年の沖縄一周サイクリングの初日&やんばるセンチュリーライドで寒さを感じた皆さんは、その入口に居たんです。自覚しましょう、生死の分岐点を)

3.面倒なのが走ったあと・・・
 という訳で、そんな二日間を走った後は・・・。
 ははは・・・初めて見たぜ、というほどヒドい汚れ方だった上に、完全にオイル切れを起こした各部(特にチェーン)のギシギシ感が、本当に酷かったですね・・・。

 ブレーキは砂を巻き込んだのか、レバーを握るとアーチからジャリジャリ音がしていましたし、チェーンは油が完全に切れてキュルキュル鳴り、変速するとガリゴリと音を立て、さらには表面には既に錆がうっすらと浮いていて・・・。

 とにかく、そのままではホテルの中に持ち込むなんて(常識的に考えて)無理だったので、ゴール後、名護市内のスーパーでクッキングペーパーとウェットティッシュを買って、ホテル前で車体を色々掃除。
 いやしかし、細かい部分までは奇麗にできないので、後々、本格的に洗車が必要になりそうです。

 しかも、車体下部をきれいにしようとひっくり返したら、シートチューブやヘッドパーツからボタボタと水が落ちてきて・・・。
 多分、ヘッドパーツ内のベアリングとか、BBまわりとか、色々大変な事になっていそうな、嫌な気配が・・・。

 これ、輸送中に、パーツの中のベアリングとか、錆びないかなあ・・・(^^;)。
 (現在、黒猫さんが頑張ってくれているはず・・・)

 という訳で、これを契機に、オーバーホールかけた方が良いのか、本気で考えています・・・。

関連記事
コメント
お疲れ様でした
初めまして!やんばるセンチュリー、スゴイことになりましたね。完走お疲れ様でした。私もモンベルのレインスーツに助けられた一人です。それでも人間ごと脱水機にかかりたい心境でしたが・・・マシンはこちらも黒ネコさんの手にありますが、返ってきたらまずショップに持っていって点検していただくつもりです。以前も雨中ロングライドのとき、新品ワイヤが茶色になってたそうなので(^^;)
2010/11/17(水) 00:35 | URL | ドイリエ #wvauGabs[ コメントの編集]
Re: お疲れ様でした
ドイリエさん、初めまして!
やんばるセンチュリー、お疲れさまでした。

いやあ、本当に凄い天気でしたね。
午前中、海岸通りで泥と砂で汚れた車体が、午後の雨できれいに洗われてしまいましたよ。
まあ、私は本島一周チームだったので、翌日も走り、結局またドロドロになったのですが(^^;)。

でも、モンベルのレインスーツは、あんな天気でもなかなか快適でしたね。
やんばるのようなアップダウンを長く走る時は、やはり専用の雨具の方が良いと思います。

車体の方、私も帰ってきたらショップに出すつもりでいます。
逆さにした時の漏水が凄かったので、かなりの部分がやられていそうな、嫌な予感がしています・・・。
2010/11/17(水) 01:09 | URL | YO-TA #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク