日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

09月≪ 2017年10月 ≫11月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

BSモールトン、一部をグレードアップ

 本日、手抜きメシで朝食・・・っつうかブランチをとろうと、カップ麺(天婦羅蕎麦)を準備。

 お湯を注いで三分後、蓋を開けたら、だし汁に七味唐辛子の袋が浮いてました・・・。
 ははは・・・まるでカップ焼きそばを作るとき、お湯を注ぐ前にソースをぶっかけた時みたいな恥ずかしさだぜ・・・。

 では本題です。
 さて、しばらくの間・・・というか、ずいぶん長い間(^^;)、不遇をかこっている我が家の愛車壱号(だったんだよな ^^;)のBSモールトン。
 不遇な状態を脱するには、再び愛着を持てるようにすれば良い、という訳で、一部のパーツをアップグレードしました。

 詳しい(というほど詳しい訳でもない)状況は、無駄に長文になったために裏置きしましたので、興味のある皆様は、以下のRead Moreをクリックしてください。

 今回、いじったのはブレーキです。
 BSモールトンの'06年下半期型標準だった、BR-A550(105相当のロングアーチ)から、BR-R650(ULTEGRA相当のロングアーチ)に換装。
 その際、動きが渋かった後輪用後半分側のブレーキワイヤーも同時に交換しました。


10101101.jpg
換装したブレーキ。
フロント側と・・・

10101102.jpg
リア側。
見た目が、ほとんど変わらねえ~(^^;)。

10101104.jpg
ウチの車体は分割型のBSM-S18。
ブレーキ等のワイヤーもコネクタで分割する仕様だが、
車体後ろ半分は、コネクタにロード用ワイヤーを、
そのまま装着できる(シフトワイヤーも同様)。

前半分は、コネクタを交換する必要があるので、
フルとっかえの場合、購入店に相談を。
(分割せず、ダイレクトに繋ぐ事で急場は凌げる)


 ちなみに、後輪側のブレーキワイヤーの動きが渋かったのは、物凄く細かい粒の泥と錆が詰まっていたためでした。
 ・・・ありゃ~、こうなった心当たりは・・・'08年の東京エンデューロしかないわいっ!
 (いまだ強烈に覚えている、雨の中、シクロクロス状態で走った全身泥んこレース!)

 それからブレーキワイヤーを交換してなかったのか!とか何とか、色々突っ込まれそうですが(^^;)、それくらい不遇をかこっていたんですって、この車体(^^;)。

 とりあえずの処置として、ラスペネとシリコンオイルをアウターケーブルの中に噴射し、反対側から油液がドボドボ落ちるのを確認後、シリコンコートされたワイヤーを突っ込んでおく事にしました。
 (そのうち、アウターも換えてやろう・・・)

 さて、ブレーキをアップグレードしてみた結果。
 見た目は・・・上の画像キャプションにも書いた通り、あんまり変わりませんね(^^;)。

 ま、まあ、見た目よりも性能が重要ですからね、こういうパーツは!
 という訳で、試走してみた結果、気になる制動感は・・・。

 前と変わんねえぜ!

 ・・・いや・・・ダメだぞ、俺。
 こういうパーツ交換は、「それに何の意味があったんだ!」とか考えたら負けなんだから・・・。
 自己満足、上等じゃないか!

 まだ当りの調整とか、色々いじる部分がありそうですから、とにかく試せるものは何でも試してみましょう。
 ・・・まあ、TiagraのレバーでULTEGRAクラスのブレーキを引いているというミックスコンポ状態なので、本来の性能を引き出すのは難しいかもしれませんが・・・。

 それより何より、フルブレーキをかけると、ブレーキのアームがドロヨケに干渉して、ムニュッとよじれてるんですが・・・大丈夫かよ、をい・・・。
 BSMのドロヨケって、タイヤとのクリアランスがホントにシビアで、固定用ビスの締め&位置決めが甘いだけでタイヤゴムと擦れ合うくらいなんだけど・・・。

 まあ、そういうネガティブな部分は置いといて、もう一つ、気分転換のために換えた部分がここ。


10101103.jpg
ハンドルのバーテープ


 もともとシアンだったのですが、長期間の使用でいい加減、黒ずんできていたので、新しいものに換えました。

 で、今度装着したテープの色は、紺色です。

 ・・・シアンが黒ずんでいた後に紺色に換えても、見栄えは全然変わらんじゃないか・・・。
 ・・・ネタやってる場合じゃないぞ、俺・・・。

 ま、まあ、とにかく、手をかければ愛着も復活するであろうという、ある意味、短絡的に過ぎる作戦でしたが・・・。
 まあ、これからも暇を見て、乗ってやる事にしましょう。

 ちなみに、バーテープは左側は案外うまく巻けましたが、右側がダメダメだったり・・・(ドロップ部が等ピッチになってない・・・)。
 ふふふ・・・これで愛着がわくのかどうか、我ながらちょっと微妙だぜ・・・。

 なお、この仕様に変更してから、ちょっと近所を買い物がてら試走してみた所・・・ロードみたいなカチカチの車体に乗り馴れてしまったためか、サスがボヨンボヨンと跳ねるのが妙に気持ち悪いです。

 特に気持ち悪いのが前輪側。
 こちらは、購入当時のまま、ソフトタイプのエラストマーをそのまま使っていますので、ハードサスに変更してあるリアと比べると、ブレーキングした時の「お辞儀」とか、段差を越えるときのボコッとした感じが物凄い違和感として伝わってきます。

 しかし、幹線道の歩道なんかを走っても、尻や手にガコガコと不快な衝撃が伝わってこない滑らかな走行感はさすがモールトン。
 時間と資金に余裕があれば、前サスをハードタイプに変更してしまった方が、より違和感が少なくなり、活躍する機会も増えるかもしれませんね。
 (本気で考えてみようか・・・)

 そうそう、落車したダメージチェックのため、今日はロードをまたまたショップに持ち込みました。
 ディレイラーに小傷が入っていましたが、リアエンドは曲がっておらず、ちょっと変速のインデックスが狂っていたので修正した程度。
 ホイールも、まあよーく見ると気になるかも、という程度の振れがあったので、それを修正して頂いただけで終わりでした。

 低速でバタッと倒れただけだったので、ダメージは軽かったようです。
 (コーナーで滑ってズザザザーだったら、かなり悲惨な事になっていたかも)

 で、ショップでこんな物を見つけてしまったので、ちょっと試してみようと思い、購入。


10101105.jpg
梅丹本舗の補給食。
メイタンチャージのカフェイン入り(黒)と、
ノーマルタイプ(赤)。


 一般の皆様には梅肉エキス入り健康食品、自転車乗りにはエキップアサダチームのスポンサーでお馴染みの梅丹本舗のスポーツ用補給食、サイクルチャージのカフェイン入りの黒色パッケージがあったので、ちょっと試してみようかな、と思い購入。
 赤色のノーマルタイプは、これまでにもロングライド中に試して、なかなか良好に感じていたので、カフェイン入りで集中力持続を図ったというこちらの黒色がどんな感じか、ちょっと楽しみです。

 近いうちに、長距離を走るときがあったら試してみましょう。
 (ちなみに、ショップの店長のお勧めは、水に溶いてドリンクとして飲む事だそうです。さっぱりしていて、とても飲み易いのだとか・・・)

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク