日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

06月≪ 2017年07月 ≫08月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

正式リザルト発表。アンカー日産スタジアム・サイクルパークフェスティバル。

2010年の話題です。
お間違えなく。


 日曜日からしばらく、アンカー日産スタジアム・サイクルパークフェスティバルに参加した、色々な皆様の参加記録を読ませて頂いていました。

 思い通りに走れた皆様、悔しい思いをした皆様。
 でも、それぞれが秋の一日を楽しんだ、という様子がひしひしと伝わってきました。

 一方で、私同様、落車してしまわれた方(自爆も多かったが、巻き込まれも結構あった。私ほどマヌケなケースはなかったようだけど)の記録を見ると・・・今回のレースでは、落車した選手は基本、コース上放置だったようですね・・・(第三者に触られたら失格って訳でもないのに)。
 私同様、「体を傷めてすぐには動けなかったので、速やかにコース脇に運んでほしいと思ったのに、係員は目の前で旗振ってるだけだった」という人も多かったですが、あのKOZUKUEヘアピン(スロープ下の極短Rヘアピン。落車多発地帯)での落車でも、コース中に数分間、放置された方もいらっしゃったようで・・・(これはシリアスに危ない!さらに大きな二重事故を招きかねない!)。

 KOZUKUEヘアピンって、アウト側に物凄く大きなスペースがあったのですから、そこに負傷者と自転車を一時避退させるだけでも、全然違ったはずです。
 参加者(落車した人、これから事故現場を通る人の、両方)の安全を第一に考えるなら、トラブルがあった現場をなるべく速やかにクリアな状態にするのが当たり前の対処だと思いますが、なぜ今年は延々、選手を放置していたんでしょうか?
 (確か、去年はすぐにコース外に避退されていたと思います)

 私が落車で動けなくなっている間、私自身もかなり怖い思いをしましたし、周囲の皆様もコースが狭くなり、危険に感じたと思いますから、来年は改善していただきたいものです(という事を、アンケートに書いて出してきた方が良かったな・・・。今からでも、メールで一言、要望を出そうか?)。

 まぁ、それ以前に事故るな!と言われたら、反論できないんですけど・・・(^^;)。

 では本題です。
 そんな訳で、アンカー日産スタジアム・サイクルパークフェスティバル(長いってば)ですが、本日夕方頃、正式リザルトが発表されました。

 で、気になる私の結果ですが・・・。

 72位/154人出走 18周回 -5Laps
 平均時速:28.31km/h、ベストラップ:5:35.08


 オマケを付け加えると、同一周回内では4番手。ベストラップだけなら、同一周回最速。
 かなりギリなレベルですが、女子のロード・ソロ1位より速かったという結果です。

 ・・・意外な結果、というか速ぇよ!(注:当社比 ^^;)

 昨年までのミニベロ部門だったら、17周回で平均時速:26.2km/h前後、ベストラップ:6:20.00程度だったのですから、ロードに乗り換えただけでこの伸びってのは、一体何なんだ(^^;)。
 アベレージが2km/hも速くなってますし、ベストラップは40秒以上も縮まってますし。

 ・・・とはいえ、周回数でいえば・・・。
 自分の感覚より上回っていたとはいえ、ミニベロ参加時と比較したら、1周回増えた程度ですから・・・冷静になれば、そんなに騒ぐほどのものじゃない(^^;)。
 男子ロードソロ部門のトップレベルの皆様からは、16kmも後方ですし・・・。
 距離とラップ数から換算したら、ミニベロ部門の自分より、10分ほど早く目的地に到達している訳ですが、ミニベロとの差が10分程度しかない、と見ることもできるわけで・・・。

 それより何より、男子ロード・ソロ部門は、18~17周回が最も人数が多かったりしていますし・・・(つまりはこの周回数くらいが、普通のロードレーサーのラインだ)。

 それでも、ベストラップが40秒も縮んだのは大きいな・・・。
 多分、序盤の、ハイスピードバトルに絡んでいた(引きずり回されていた、ともいう)時間帯の記録だと思いますが、自分でも驚くほどの時間短縮です。

 単純に30km/hでの走行と考えたとき、40秒の差は約330m。
 日産スタジアムのトラック(一周400m)でいうなら、ミニベロ部門の私がトラックに戻ってきたとき、ロード部門の私は、バックストレートを走り終わり、スタジアム出口に向かっている計算です(大差だ)。

 う~ん、どんなに「ロード並みに良く走る」と言われるミニベロでも、速度&巡航性能ではロードには到底かなわない、というのが私の持論ですが、それを裏付ける結果になっている・・・のでしょうか?
 (しかし、快走型ミニベロは、シティコミューターとしての用途なら最強だとも思っている。結局は適材適所だ)

 あ、そういえば、今年のミニベロ部門は、なかなかの混戦模様だったようですね。
 例年の私が、ギリギリ、入賞を争えるラインだったようです。

 部門出場者数が少ない場合、これくらい僅差のレースが、一番面白いと思いますね。
 昨年のミニベロ部門は、入賞圏の皆様は別次元に速くて、スタートから2~3周回で順位が決定していましたからね・・・(モチベーションの維持が・・・ね)。

 それにしても、ハイスピードバトル中に周囲に見えていたゼッケン番号の皆様は、ほとんどが19~21周回だなあ・・・。
 そんなレベルの人たちに交じっていたんじゃ、足つりにもなるか(^^;)。

 それと、Allsportsさんで、写真も公開されています('10/11/08までの予定らしい)。
 こちらも気になる方は、要チェックです。

 で、こういう写真を見ていつも思う。
 もっと痩せないかんなあ・・・。

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク