日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

09月≪ 2017年10月 ≫11月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

新ホイール入手。Lightning Alpine

 あぢぃ、死ぬかと思った・・・。

 いや、お盆なのに東京に居るという、何年連続かの先祖不幸をぶちかましている身なのですが、今日は真夏日の灼熱地獄の中、パーツのテストを兼ねて走ってきましたが・・・。
 やっぱり早朝に走り出して、昼前に帰る計画で行けば良かった・・・。
 (寝坊したので、真っ昼間に多摩丘陵を走るという、なかなかの拷問ライドになってしまった・・・)

 では本題です。
 ロードバイクも1年以上の付き合いとなり、今では色々といじり回すようになりましたが、今まで色々乗ってきた中で、どうしても気になるのがホイールです。

 ウチにあるホイールは、完成車のセットでついてきたWH-RS10と、アルテ(6600)ハブ+Mavicオープンプロの手組の2種類であり、正直言って、(手組のハブはともかく)そんなにグレードの高い物ではありません。

 しかし、多くのロードバイク乗りが言うには、「ホイールを換えれば、走りは化ける」という事。
 そういう話をあちこちで聞いているうちに、私も「ホイールを換えてみたい!」と思うようになってきました。

 そんな訳で、色々情報を見ていた訳なのですが、ある日、いつもロードのメンテ等々でお世話になっているショップのブログを覗いてみたら、「こんなの、入荷しました!」という報告があり、物欲爆発。
 後先考えずに、購入してしまいました・・・。


10081501.jpg
Lightning Alpine Limited
軽量ホイールとして有名な、Lightning Alpine。
これは限定100組生産の、シルバーモデル。
(色以外の性能は、通常版と一緒)


 はい、という訳で、実際に走ってきた走行感などのインプレは、裏置きしますので、興味のある皆様は、下の「Read more」をクリックしてください。

【2014年5月加筆 注意】
 オークションサイトの出展品紹介のページから、ここにダイレクトリンクを貼っている方がいるようです。
 (私ではなく、全く無関係の別人です。また、入札者が現われなかったら、繰り返し同じ文面であげ続けているようですので、オークションサイトからのリンクでこの記事に来た皆様は、出品者の信頼性については特にご注意ください)

 まあしかし、情報源として頼りにされているのなら、もっと正確な情報を記載する必要があると思いますので、2014年段階のこのホイールに対する評価を追記する事にします。

 まず、シルバーは限定モデルとなってますが、そんなにレアなものではなく、実際には結構な数が製造されています(ロットごとに、一定割合の数が製造されていたらしい)。
 ゆえに、シルバーの購入者ならわかると思いますが、希少性が云々というほどのレア物ではありません(まあ、それ以前に、新品の実売価格が5万程度のホイールです。そんな物に、そんな希少価値なんてありませんよ)。

 また、このレビュー記事(以下の黒字部分)に書いてあるのは、ロード歴1年程度(2010年頃)の頃の私の感想であり、現在ではまた違う評価になりますので注意してください。

 具体的には、一番下の青文字部分が、私の現在の評価です。
 特に、低価格でここまでの軽量化を実現した弊害か、リムの耐久性については疑問が残る物だと考えられるため、安易に中古品に手を出すことは、とてもお勧めできません。

 オークションで「新品」とされていても、信頼できない出展者との間での取引は、避けるべきだと思います(実在するショップなど、出所が明らかな場合からの新品購入を除く)。

 また、このレビュー執筆当時(2010年頃)は、DURA-ACEグレード(7800時代)のホイールの価格が15万とか、そういう価格だったので、このホイールは約1/3の価格で入手可能な、軽量かつそこそこの品質(価格を考えれば妥協できる範囲、という意味)の物、として人気でした。
 しかし、ホイールの低価格化が進んだ2014年現在となっては、同じ価格帯のホイールの中では、軽量であること以外、価格的にも性能的にも、それほど優れた物ではないと思われます(むしろ凡庸)。

 そんな訳で、今の私なら、このホイールの中古に5万を払うくらいなら、もう少し予算に上乗せして、WH-RS81-C24-CLの新品を選びます。
 価格がほとんど変わらない上に、重量以外の性能ではおそらく、コイツを上回り、しかもシマノ製なのでサポート面でも安心ですからね。
 (あるいは、新品が半値~2/3くらいの価格であるWH-6800を選んで使い潰すか、ですね。なお、このLightning Alpineは、ショップ経由で購入した場合ならともかく、保証書などが一緒に付かない場合、メーカーや代理店の規模が小さいため、サポートをお願いすることはまず無理と思った方が良い)

 とにかく、低コストで極限まで軽量化されている製品ですから、前のオーナーの使用状態がわからない物は危険です。
 下手な使い方をされていた場合、劣化が予想以上に進んでおり、命に関わる可能性もありますからね(走行距離だけでは劣化の程度の判断材料にならないのは、ロード乗りの皆様であれば、よくご存知でしょう)。
 オマケでタイヤとチューブを付けると言っても、それも当然、消耗品ですから、使用状態を直に目で確かめられないような物は、逆に引き取り料をこちらに払え、と言いたいですよ、私としては(ウチの自治体、不燃物のゴミ袋、結構高いんだぜ?ホイールは廃棄手数料、かかるんだぜ?)。

 まあそれ以前に、自分の出展品の説明は、自分が責任を持って、自分の言葉で対応するのが普通ですよね。
 参考意見として挙げるだけならともかく、レビューはこちらです、と、他人のブログに直リンを貼って終わらせるような相手との取引はリスキーだと思いますよ・・・。
 ついでに、画像にクイックが付いていませんが、このホイールはハブ構造が特殊なので、純正のクイックでないと、うまく装着できないため、非常に危険なのですが、そこ、ちゃんとわかってるのかな、出展してる人・・・。

 とにかく、信頼できるショップ経由で、正規の代理店から新品購入する以外、このホイールに手を出すのはやめるべきだと私は考えます。
 このホイールに興味のある皆様は、ショップ経由で、新品を購入してください!
 ちゃんとしたショップで買った新品であれば、特にR500クラスのホイールからの履き換えであれば、別物かと思うほど、楽しい世界に連れて行ってくれると思いますよ!

 以上が、2014年5月段階における、このホイールに対する私の正直な評価です。
 これがこのホイールに3年間乗り続けて、リムをすり減らすまで使いこんで、ダウンヒルでハードブレーキングして一緒に道路外まで吹っ飛んで、いろんな場所に一緒に輪行で出かけて走りまわって、他のホイールにも色々乗りこんだ現在の私が出せる情報の全てです。
 他に知りたいことがある方は、出展者に直接、質問を送ってください。
 (私の方からは、オークションの入札目的で知りたい情報等の問い合わせや相談を受けても、答えようがありませんので、あしからずご了承ください・・・)

 では、興味のある皆様、以下、購入直後の「親馬鹿モード全開」なレビューをご覧下さい。


 という訳でインプレです。

 実際にショップで物を見たときに、「間違いなく良いです」とショップのスタッフが太鼓判を押してくださったホイールです。
 ちょうど、「ホイール換えたい病」の発症と、ショップへの入荷のタイミングが合い過ぎていたので、これ幸いとゲットしてしまいました。
 あ、限定版という響きに引かれた訳ではありませんよ、絶対!きっと!多分・・・。

 とりあえず、最初に持った時に出た感想は、「軽っ!」の一言のみ。

 いや、それ以外に何を考えろと(^^;)。
 前後セットで約1,330gという重量は、単純にその数値だけを見るなら、シマノの完組ホイールならDURA-ACEクラス。
 ウチにあるホイールでは、全く比較になりません(手天秤感覚で、明らかに軽さが分かった)。

 これでお値段、50,000円クラスというのは、かなりのお買い得品でしょう。
 実際、このホイールはかなりの人気商品で、入荷したらすぐに売れていくショップも多いようです。


10081502.jpg
箱のこういう表示を見ると、
ロード用軽量パーツだという実感がわく。

10081503.jpg
シマノのハブを見慣れていると、
前輪のハブがメチャクチャ細く見える。

10081504.jpg
後輪ハブは、フランジ間が狭い。
ちなみに、前後ともシールドベアリングらしい。
実際、凄く滑らかに回転する。


 ごく軽いパーツなので、リムフラップを装着、箱詰めして頂いた後、そのまま箱を手で持って帰りました。
 この箱が見た目、デカくて重そうなのですが、風であおられて歩きにくかった・・・(風圧で暴れるほど軽い)。

 というか、多分、ホイール本体よりも段ボール箱の方が重い(^^;)。
 それくらい軽量なホイールです。

 購入後、早速スプロケ(遊休品だった12-27)を取り付け、タイヤもセット。
 タイヤはウチではおなじみ、FORTEZZA TRICOMPなのですが・・・これをはめるのに、物凄く苦労しました。

 ビードが硬すぎるのか、リムの外周がわずかに大きいのか・・・。
 もともと、おろしたての新品では、ワイヤーが硬くて脱着に苦労するタイヤなのですが、ここまで硬くてはめ辛い思いをしたのは初めてのような気がします。
 Mavicとシマノのリムの扱い易さを実感しました・・・。


10081505.jpg
色々奮闘した結果、
やっと車体に装着できた。

ボトルは「ツール・ド・おきなわ」のグッズ。
昨年購入して、今まで眠らせてあった。
(フレームの色と合わないんだな・・・)

10081506.jpg
前輪はラジアル組の20H。

10081507.jpg
後輪はタンジェント組の24H。


 本日、実際に、尾根幹線などを100km弱ほど走ってきました。
 (ここから先の記述は、主にWH-RS10やアルテハブ+オープンプロの手組ホイールとの比較という視点で見て頂きたい)

 走ってみた感じですが、平坦な場所でも坂でも、走行感がとても軽くなりました。
 何というか、ギア一枚分、余裕ができた感じです。

 軽量ホイールの効果が一番わかり易い登坂ですが、いつもなら途中でタレてしまう坂でも、なんとか最後まで頑張れました。
 反面、軽量ホイールだから、慣性の方はそれほどでもないだろう・・・と思ったのですが、巡航速の維持も意外に大丈夫。
 平坦路で35~40km/h近くでも、それほど足を使って回す感覚もなく、普通にコロコロ走ってしまいました。

 ちなみに、私が最も軽量ホイールの利点として感じたのが、加速性の良さ。
 例えば、路駐かわしで右に出る時、軽くクイッと踏むだけでグン、と速度が伸びるの感覚があります。
 また、信号待ちの0km/hから30km/h程度までへの加速が、ホイールが軽いからか、足がすいすい回って、シッティングでもあっという間に加速できてしまいます。

 路面の落下物をかわす緊急回避動作を何度かかけましたが、このとき、ホイールがぐわん、とたわむ感覚はなく、コーナーリング(といっても、今日は市街地しか走っていないので、峠下りとは条件が違うけど)でも思った通りのラインを素直にトレースでき、とても安心して運転できました。

 なんというか、良いです。乗っていて楽しいです、このホイール。

 ま、変速時に歯数の差が大きいギア間(21T~24Tなど)でギアチェンジをかけると、「カコーン」という音がリムの中で響く感じがするのは、ご愛嬌でしょうか?
 慣れてしまえば、何も問題ないと思いますけど。

 なお、ラチェット音は、普通に素直な「チチチチチ」という音です。
 シマノハブの「コーッ」とか「カーッ」という静音に慣れていると気になるかもしれませんが、「ヂーッ」という、いわゆる「爆音ラチェット」のような音から比べたら、遥かに静かです。

 ただ、サイクルロードで、歩行者に自転車の接近を知らせるのに使えるほどの音ではないので、歩行者に接近する時は、自転車側でちゃんと注意しましょう。

 そうそう、Lightning Alpine(完組)で走って思ったのが、路面からの突き上げがちょっと強くなったかな、という点です。
 今までは主に手組ホイールを使っていましたが、手組ホイールならあまり気にせず突っ込んでいた段差で、妙に手や尻にゴツッと衝撃がくる感じがありました。

 乗り心地の良さを求めるなら、やはり手組になりますかね・・・。

2013/08/25 追記
 このホイールですが、本格デビューさせてから雨天走行が相次いだりしたためか、3年後にはリムウォールが、指で触って凹みがわかるレベルで損耗しています(2013年7月をもって第一線から引退させました)。

 他のホイールでここまで使い込んだ物がないので詳細は不明ですが、耐久性の面では少々、難があるのかもしれません。
 また、2013年現在では、シマノのULTEGRAグレードのホイール(WH-6800をはじめ、その同等品)の価格も、このホイール以下まで落ちている上に、実勢価格上、もう少し予算を上積みすれば、Dura-AceグレードのWH-9000-C24-CLに手が届くので、コイツを積極的に選ぶ理由は、あまりないかもしれません。

 まあ、軽さは魅力的ですけど、正直、それ以外で突出して秀でたポイントがなくてね・・・。
関連記事
コメント
はじめまして!
Wing時代からVERDEさんにお世話になってるユウコウと申します。

VERDE行ったら見れるかな、と思ったら、早速購入されてたんですね。
仲間が黒バージョン乗ってますが、ALPINEはコストパフォーマンス抜群のいいホイールですよね。

いつかお店で会ったらよろしくお願いします。
2010/08/18(水) 16:24 | URL | ユウコウ #-[ コメントの編集]
はじめまして!
はじめまして、ユウコウさん!
私もWing時代(の最後の方)からVERDEさんにお世話になっています。

えー、すみません、今回はほぼ、衝動買いの勢いでした(笑)。
VERDEの皆様も、こんなに早く出るとは思っていなかったのでは・・・?
(多分、入荷から店頭にあったのは、数日だと思います)

しかし、実際、これは凄く良いホイールですね!
この価格で、ここまで走りが変わるなんて思いませんでした。
しかし、この感覚に慣れてしまうのも何なので、
これを常用にするか、ここ一番のホイールにするか、ちょっと悩んでいます(^^;)。

それでは、お店で、とは言わず、どこかでお会いできたら、よろしくお願いします!
2010/08/18(水) 21:23 | URL | YO-TA #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク