日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

08月≪ 2017年09月 ≫10月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Corratec 2011年モデル発表

 祝!
 新城幸也選手、2年連続ツール・ド・フランス出走決定!

 Giro d'Italiaでは大逃げでフーガ賞を獲得し、しばらく現地実況で「ジャッポネーゼ ユキヤ・アラシーロ」の声が飛び交っていたくらいに印象的な活躍をした事もありますから、今年はツールでどんな活躍をしてくれるのか、楽しみです。
 (既に、ステージ優勝を狙いたい、との談話も出ているようですし!)

 とはいえ、ツール・ド・フランスは、やはり過酷なステージレース。
 コンディションを整え、まずは無事、シャンゼリゼに到達して欲しいな、と思いますね。

 では本題です。
 例年、今くらいのシーズンからは在庫が払底してきて、秋にモデルチェンジを迎えるのが、自転車業界の年間スケジュールです。
 なので、そろそろ来年度モデルの動向が気になって来る所ではあるのですが・・・。

 Cyclowiredさん他の情報によると、気が早すぎないか?というタイミングではありますが、私の乗車ブランドであるCorratecの2011年モデルについて、販売店等向けの内覧会などがあったようです。

 コラテック2011モデル ユニバーサル ボトムブラケットシステム採用でさらなる進化(Cyclowired)
 コラテック2011モデル(Cyclowired)

 その他、Swacchiさんのフォトアルバムのページなどで、その様子を見る事が出来ます(Swacchiさんのアルバムは、前半にFOCUS現行モデル、後半にCorratecの2011年モデルがある)。

 なお、国内ではそこそこ知名度が上がって来ているものの、まだいまいちマイナーな位置にあるのが、Corratecブランドの現状でしょうか?
 実際、私は過去に数回、Cannondale乗りと間違われていたりします(笑)。
 (ロゴがパッと見は似ている・・・ようにも見えるしね ^^;)

 それはさておき、2011年のCorratecのロードは、フルオーダーメードのCF-1をハイエンドに、R.T. Pro Carbon、R.T. Carbon(復活!)、Corones Carbon、Corones、Dolomitiのラインナップとなり、Forcia Carbon Alloyはドロップのようです(本国での供給状況は現状不明)。
 私の乗車モデルであるR.T. Carbonの復活がうれしい所ですが、カーボンの素材が3KカーボンからUDカーボンに変更されたそうで、(個人的なイメージで)何だか車体が硬くなっていそうな気が・・・(^^;)。

 Swacchiさんのアルバムを見る限り、R.T. Carbonのフレームジオメトリに大きな変更はない(フォークがR.T. Proと同じになったか?)ようで、トップチューブの異径&異形っぷりも健在のようです。
 Corratecのロードは、現行R.T. Proのアルカンシエル(マルチ)をはじめ、2010年モデル以来、車体色が若干、暴走気味(^^;)ですが、2011年モデルはR.T. Carbonの白/青モデルや、Coronesの黒/青モデルは、なかなか目を引く感じになっています。

 ちなみに、フレーム素材はR.T. Pro、R.T. Carbonがフルカーボン、Corones Carbonがアルミ+カーボンバックで、Corones、Dolomitiがアルミとなっているようです。

 Coronesのアルミモデル、残しましたね。
 ドイツ本国&欧州向けには、カンパのレコードをアッセンブルした完成車も用意されていますから、実はCorratecの自信作だったりするのかもしれません。
 あと、MTBもBowをはじめ、いくつかのモデルが発表されているようですが、詳細な情報はまだ出ていないようです。

 なお、ロード&MTBのハイエンドモデル(R.T. Pro、BOWなど)には、ユニバーサル・ボトム・ブラケットシステムという新しい規格を採用しているようです。
 OD BOXさんのレポートでは、この、ユニバーサル・ボトム・ブラケットシステムのパーツにはシマノ製品の品番が刻印されており、もしかすると、今後のシマノ製パーツのスタンダードになるのでは、という予測も出ていますが・・・?

 パーツの精度は大丈夫か、剛性は、本当にシマノ製なのか、等々、まだわからない事が多いシステムですが、シマノ製であれば、他社の2011年モデルでの採用の有無についても気になる所です。
 (同時に、シマノ製だったら、精度と剛性は及第点以上なのは間違いないでしょう)

 とはいえ、自転車は「乗ってこそ」真価が分かるという物であるのは間違いありません。
 国内で、一般の皆様向けに初お目見えとなるのはサイクルモードになると思いますが、その時までは他社の動向も楽しみにしながら待つ事にしましょう。


 ・・・と終わる前にひとつ。

 Corratecの国内販売ですが、実はかなり良心的というか、凄いぞ、と思わせる部分があったりします。

 それは、完成車を購入する場合、「予算に応じて、複数種類のコンポーネントを組み合わせて完成車をオーダーできる」という事です。
 フレーム輸入で国内でパーツを組み付けている関係から、フレームの在庫さえあれば、例えばクランク&ギア&ディレイラーは105で、ブレーキはULTEGRAで納車してもらう、なんて事も普通に出来てしまったりする訳です。

 それに、完成車のコンポがフル搭載で、サードパーティーミックスになることがありません(売価を落とすために、ショップ側が交換している事もあるので注意!グローブライド発表のスペックでは、間違いなく同グレードコンポで揃っている)。
 他社に良くある、20万円クラスで105搭載、といいつつブレーキがサードパーティー製の低グレード品、なんていうお間抜け仕様ではなく、105なら全部105、ULTEGRAなら全部ULTEGRAでまとめられていますし、ウチの車体('09 R.T. Carbon ULTEGRA-SL)なんて、シフト&ブレーキのワイヤー(インナー&アウター両方)までシマノ製で揃っていました。

 個人的には、ロードバイクは初めてで、パーツとか何とか、細かい事は良くわからない、という方にこそ、猛プッシュしたいブランドですよ、ホントにね。

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク