日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

09月≪ 2017年10月 ≫11月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

体を張って行ってみよう。自転車通勤でクリスタルヴェールを試す。

 通勤中に、アジャスターが壊れるという、とんでもないハプニングに見舞われた、通勤用ヘルメットのリガス。

 本日、通販でオーダーした補修部品が無事、到着し、来週からまた通勤で使えます。
 在庫があったからとはいえ、オーダーから約3日で届くとは、早かったですね。
 ショップに問い合わせたら、2週間かかる、と言われたんですけど・・・。


P1000864.jpg
しかし、この壊れ方を見ると、
素人目には、ダイアルの軸が細すぎるように思える。
何度もぐりぐり回す部分だけに、
もっと強化した部品を使った方が、
良くないだろうか?


 では本題です。
 東京もついに花粉シーズン到来!
 花粉症を発症してしまった私には、地獄のシーズンの到来です。

 毎年、このシーズンには不織布マスクを装着して、苦しい苦しい、と言いながら自転車を走らせているのですが・・・。
 今年からは通勤で使用している事もあり、毎日苦しい思いをするのは御免だな、と思っていたら・・・。

 製剤会社のエーザイから、こんな製品が販売されていました。


P1000867.jpg
クリスタルヴェール
製造元は米国で、国内販売がエーザイ。


 イオンの電荷で花粉や埃を防ぐ・・・という、何となく「マイナスイオン的な胡散臭さ」が漂う薬剤ですが・・・。
 大手製薬会社が製品として扱うからには、それなりの効果があるのかもしれません。
 色眼鏡で見て門前払いするのは避けて、まずは自分でも効果を確かめてみる必要があるでしょう(建前)
 うまくすれば、ブログのネタに使えますしね(本音)


P1000868.jpg
一回の使用量は、この程度。
目安で、胡麻粒大で良いらしい。
これを鼻の下、上唇の癒合線あたりに塗るだけで、
バリアができると言うが・・・。


 この小さなチューブが1,470円程度する訳で、人柱企画としては、結構思い切った出費になりました。
 普段から、結構な額の色んな物を買ってる割に、そんな価格でビビるな、と言われそうですが・・・そこは気にするな(笑)。

 とはいえ、私の基本ポジションは、眉唾である事に変わりはありません。
 エーザイのQ&Aのページを見てみると、このちょっと白く濁ったジェルは正に帯電しており、正電荷を持つ浮遊物を弾き、負の電荷を持つ浮遊物を吸着するという事ですが、花粉がどちらの電荷に帯電しているかは、その時々により変わります。

 さらに、スギ花粉は、多い日には1cm^3中に100個という単位で存在する微粒子です。
 これが呼吸にあわせて、物凄い速度で吸引される訳ですから、そんなに効果が出るはずがない、というのが、私のデフォルトの感想です。

 さて、2週間ほど試用してみて、その感想をひっくり返すに至ったのか?
 続きが気になる方は、以下の「Read More」をクリックして、続きをご覧下さい。

 そんな訳で、使用条件などを明らかにしておきましょう。

 私の使用条件は、以下の通りです。

使用期間:2010年2月22日〜3月5日の自転車通勤日。
     ※基本的に、雨天時は電車通勤。
行動時間:往路、約30分。復路、その日の気分によるが、1時間以内。
薬剤使用条件:
 通勤の直前に、説明書通りの分量を鼻の下に塗り、夜、途中で食事などをした場合には、都度、塗り直した。

スギ花粉飛散量:
 Webなどに出ている、「非常に多い、多い、やや多い、少ない」の4段階判定では、「やや多い」の日がほとんどだった。


 で、このクリスタルヴェールですが、水溶性のジェルという事なので、塗る前に、鼻の下が呼気に含まれる湿気や鼻水で濡れていない事を確認する必要がありそうです(使用中に鼻水がタラッと行ったら、それだけで効果はガタ落ちになると思う)。
 また、説明書によれば、塗る範囲をあまり広くするのもダメそうで、ちょうどチョビ髭の範囲程度に塗る事をイメージしておくのが良さそうです。

 なお、乾いた唇が気になって、ペロッと舐めた時、苦い味が広がって「おえっ」となったので、あまり下の方まで塗るのも避けた方が良さげです。

 という前提条件を踏まえた上で、実際の使用感ですが・・・。

 朝夕ともに、外から建物内に入った時には、ある程度、鼻水でグスグスになっていましたが、この鼻水が花粉の影響か、まだ低い気温の中で、呼気の水分が結露した結果なのかは分かりません。
 ただし、屋内に入ってからしばらく経った後にも、鼻の奥が重くなったり、むず痒くなったりしなかったため、ある程度、花粉の侵入は防げている・・・のか?

 いや、そうでもないかも(^^;)。

 なぜかと言うと、私は走りはじめこそ、鼻で吸気、口で吐気という呼吸法を守っていますが、少し運動強度が上がってくると(自動車の車列の速度にあわせて走っている時などは)、無意識に完全口呼吸に移行している事が多いからです。
 (ロングを走る時、これはあまり良い傾向ではないので、気付いたら鼻呼吸に戻すようにしているが、吐気はともかく、吸気が少なくなるのでかなり辛い)

 つまり、最初から異物に敏感な鼻粘膜に外気が当たらないような呼吸をしている可能性があると(^^;)。
 まあ、しかし、信号待ちや裏道をゆっくり走る時は、鼻で吸引、口で吐出になっているので、穏やかな呼吸時の花粉吸引量は、少しは減っているのかもしれません。
 しかし、私が試した期間中、花粉飛散量はさほど多くなかったようですし、まだまだこれから極大値がやって来るであろう花粉飛散を考えたら、今までが大丈夫だったからといって、これからも大丈夫だと楽観できる要素の方が少ない・・・。

 まあ、その辺を差し引いて考えたとしても、走っている間に鼻水がタラッと来ている事は、(自転車乗りの皆様ならお分かり頂けると思いますが)寒い季節には結構あるので、その時にジェルは流れてしまうでしょうし、薬効の発現原理(私はやはり、ここがどうにも胡散臭いとしか思えない)を考えると、自転車通勤で使用した所で、驚くほどの効果があるような物ではないでしょう。

 まあ、何らかのプラシーボ効果程度なら、期待できるかもしれませんね。
 あるいは、穏やかな条件(日常生活程度の行動)での使用なら、そこそこの効果が期待できるかもしれませんが、過剰な期待はしない方がよいと思います。

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク