日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

08月≪ 2017年09月 ≫10月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

初の荒川、彩湖へ

 エネループ充電中・・・。

 いや、だから何だと言われたらそれまでですが(^^;)。
 しかし、エネループが初めて出た頃から使っていると、電池も充電器も、地味ながら改良が加わって、充電時間の短縮と長寿命化が進んでいるのがわかるんですよね。

 まあ、支離滅裂な冒頭脱線はそこまでにして、本題に行きましょう。
 昨日まで関東地方は雪。
 週末や休日の度に、雨だったり雪だったり強風だったり、なかなか見事にピンポイントで休日を潰してくれていた天気ですが、今日は天気予報がピタリと当たり、晴天に恵まれました。

 では、しばらく運動不足気味な生活が続いていた(通勤も雨続きで電車優占)ので、今日はちょっと走りに行こうと思ったのですが・・・。

 そう思い立ったのが既に昼前。
 そんなに遠くまで行くのは無理そうなので、近場でどこか、軽く走って行ける場所・・・と考えてみましたが・・・。

 また多摩湖や尾根幹線というのも芸がないなあ、という思いがあり。
 そこで、先日、地図を見ていたら、意外に行きやすい場所だとわかった、荒川沿いの彩湖に行く事にしました。

 自宅から彩湖の道のりは、まずはいつも和田サイクルに行く道沿いに、西荻窪駅〜青梅街道まで出たあと、裏道を北上して、関越道&外環道の大泉ICに。
 その後、外環道の側道沿いに北上して荒川。川を渡って、彩湖・道満グリーンパークに至る形です。

 荒川というと、どうしても千葉方面に行くときに電車で渡る川、というイメージがあり、心理的な距離が遠かったのですが、実はこんなに行き易かったのですね。
 という訳で、すぐに出発するぞ、と、ほぼ即応体勢で出発できる状態のBikefriday tikitで出動。
 初めての荒川、彩湖へと向かいました。


P1020394.jpg
外環道の側道に入った所。
道幅もあり、思った以上に走り易い。


 外環道の側道は、交通量もそこそこあるものの、練馬区内は道幅も広く、意外に走り易い道でした。
 こういう、ちょっと便利な道は、東京では自動車の裏道に使われていたりするので、外れパターンを思い描いていたのですが。

 しかし、道幅・交通量的には良い場所も、北に進んで埼玉県和光市に入って行くと、段々「ちょっと待て!」と言いたくなる場所が出てくるようになります。


P1020396.jpg
その代表例がこれ。
10%勾配の下りを経た後、10%勾配で登り返す。
これが3回ほど連続する。


 最初、10%勾配の下りが出たときは、「ひゃっほ〜!」と何も考えずに下ったのですが、その先で勾配表示が10%の登りが出て愕然。
 高速道路の高架と同じ高さから一気に地上に下って、また高架と同じ高さに登るって、あの〜、何ですか、このスパルタンな道は(^^;)。
 まあ多分、昔、荒川の支流が頑張った結果の地形なのでしょうが、もうちょっと「人力」に優しい道作りが出来なかったのでしょうか?

 不意打ちのインターバルヒルクライムで、既に乳酸を脚に感じながら走ると、前方が開けて、何か大きなオープンスペースがあるという、そんな気配がしてきます。
 河川堤防特有の地形に向けて登る斜路を登ると、そこが荒川の河川敷でした。


P1020399.jpg
彩湖に到着(国道298号の橋上から)。

彩湖は荒川の広い河川敷にある調整池。
行政区分的には、荒川を渡った時点で、
埼玉県戸田市になっている。

P1020401.jpg
彩湖・道満グリーンパーク内の、歩行者自転車道。
彩湖をほぼ半周する、約5kmの周回コース。

画像中の白線から左が歩行者、右が自転車レーン。
自転車レーンが広く、舗装状態も良いため、
ロードバイクやクロスバイクが多数、周回していた。


 彩湖の周回コースは、噂に聞くとおり、幅が広くて舗装状態もよく、走りやすいコースでした。
 所々で、歩行者がレーンを無視して広がっていたり、子供が自転車に乗る練習をしていたり、インラインスケーターが小さなパイロンを並べて練習していたりするので、休日にレース速度で走るのは危険そうですが、一定の運動強度で走るには良さそうなコースです。

 所々(堤防を越える辺り)に、スピードハンプ(多摩サイのそれとは違って、高速で突っ込んだら弾き飛ばされそうな立派?な奴)があるものの、堤防越え以外には坂はなく、フラットなコースだと言ってもよいでしょう。

 そんなコースを反時計に周回。
 2周回目に、湖の西側で、レーンが荒川堤防直下と、少し内側に別れる所で、内側コースを辿ってみます。

 途中で舗装が切れて、20mほど土が露出した場所が出現。
 雨上がりで濡れているものの、水たまりはなさそうだったので、そのまま突っ込んだら・・・。

 あっという間に車輪をとられ、危険な角度に傾く車体。
 咄嗟に地面を蹴って立て直しましたが、今度は逆向きに傾く・・・かと思ったら、後輪が予想外の方向に跳ね上げられ、跳ね上がったサドルが見事に金的必中!
 腹膜から脳天までを貫く衝撃を感じつつ、何とか舗装路に出た所で車体を左に寄せて停車。
 しばらく、ハンドルに突っ伏して意味不明のうめき声を上げる事になりました・・・。

 ある程度おさまりがついてから振り返ると・・・そこは単に土が剥き出しになっているのではなく、表面を土壌流出防止のネットで覆われ、小さなプラスチックの突起が突き出している地面が広がっていました。
 そして、この突起が自転車の車輪を右に左に、不規則に弾き飛ばすようになっていたのでした。

 ・・・これが荒川名物、「フジツボ」か・・・。

 噂には聞いていましたが、なんと凶悪な表面保護ネットなのやら。
 それにしても、ハーフクリップのミニベロだったから何とか(ダメージはデカかったけど)乗り越えられましたが、ロードだったらビンディングを外せず、そのまま落車していたと思います。

 っつーか、何で自転車道にこんな危険なものを使ってるんだよ。
 どういう理由かは知りませんが、このネットはもっと安全なものに取り替えてもらいたいものです。

 その後はフジツボゾーンを避けるコース取りで、トータル4周ほどを走行。
 空が曇ってきて、急に寒くなってきた事もあり、彩湖を離れ、また激しいアップダウンを越えて帰ってきました。


P1020407.jpg
まあ、しかし、ゆっくり走るにはよい場所でした。
今度はロードで走ってみようかな?


 そして、これで荒川への最も簡単なアクセスルートが開拓できました。
 今後、機会があったら、荒川沿いの色々な有名スポットを訪ねるために走ってみる事にします。
関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク