日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

04月≪ 2017年05月 ≫06月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

散財品の報告・・・。

 天気予報では雪になるはずだった関東地方。
 どうやら気温が下がりきらず(素手で歩いて平気だったもんな・・・)、雪ではなくて、雨の休日になりました。

 しかしまあ、その雨が、上空で雪が融けたという感じの、霧雨以上雨滴未満の、何とも中途半端な水滴で、傘をさすかささずに突破するか、非常に迷わされたのには参りました。
 降るなら、はっきりと降って欲しいものです(あきらめがつくから)。

 では本題です。
 過去はデジカメ関連製品、その次に登山/アウトドア関連製品と、趣味の趣向が変わるごとに、様々な物を考えなしに「やってもーて」来ている私ですが。
 自転車趣味に転んでからも、相変わらず、色々「やってもーてる」のは、このブログを長くご覧頂いてる皆様には良くお分かりの事でしょう・・・(自転車趣味の世界では、これを「IYH」とも言うらしいけど)。

 そんな訳で、今回もやってもーた色々なアイテムについてのご報告を今日のネタにします。
 まあ、何か定期的か不定期かは別にして、こういうネタがないと自分のブログっぽくない気がしてねぇ(←待たんか、をい)。

 そんな訳で、今回の散財品のご紹介ですが、長くなったので、裏置きします。
 興味のある皆様、下のRead Moreをクリックして下さい。

1.mont-bell サイクル レインジャケット
 自転車趣味に転んでからずっと、レインウェアは登山用のもの(PaineのGORE-TEX XCR使用品。これは結構良かった)を流用してきましたが・・・。
 そのウェアも購入以来、3年ほど経って、そろそろ表面撥水がワックスを塗り直してもヤバくなってきた事と、風によるばたつきの酷さが目立つ(多分、それで擦れて撥水が死にやすいんだと思う)ため、レインウェア新調にあわせて、自転車用のものに変更する事にしました。

 で、折角新調するなら、耐水圧も考慮して、やはりGORE-TEXだな、と(^^;)。
 まあ、私の走行条件だと、オーバースペックも良い所かもしれませんが、どうしても過去の登山/ハイキングの経験から、「レインウェア=いざという時に命を預ける装備という考え方が先行して、良質な物を選んでしまいます。
 (これは悪い事ではないので、その考え方に素直に従う事にしている)

 なお、サイズは身長170cmの私ならMサイズ(165〜175cm対応)でOKの所ですが・・・。
 どうも私の体は標準的な日本人サイズより腕が長いようで、Mサイズを試着して、腕を真横水平に伸ばしたり、自転車の前傾姿勢になったりしたら、袖が前腕の中程までずいっとずり上がってしまい・・・。
 結果、上半身をきちんと防護する事を考え、Lサイズ(170〜180cm対応)を選択する事になりました。

 なお、自転車乗りの皆様の間では、雨具としてウインドブレーカーに防水スプレーを吹き付けた物を使う方が多いですが・・・。
 それ、私なんかは、あまりに「雨具」を軽視していないかと、ちょっと怖くなるんですけどね・・・。
 (すぐに雨が染みて体が濡れる上に、そのまま走行風を喰らうと、体温がどんどん奪われ、低体温症で行動不能、下手すりゃ疲労凍死の危険性が生じる)

 私は過去に登山/ハイキングをやっていた経験から、アウトドア活動の雨具としてはやはり、防水透湿素材のしっかりした物を持つ方が良いと思います。

 ちなみに、私は早春・晩秋期のロングライドなど、気温変化が激しそうな時は、ウインドブレーカーでなく、レインウェアを持ち歩きます。
 ちょっと冷えてきたなあ、とか、標高の高い場所からの長距離ダウンヒルのときは、ウインドブレーカでなく、レインウェアを羽織って走る訳ですね。

 また、登山/ハイキングの世界にいる時に良く聞かされた言葉に、レインウェアはウインドブレーカー代わりに使えるが、ウインドブレーカーはレインウェアの代わりになり得ないという物があります。
 自転車乗りの皆様も、覚えておいて損はない言葉だと思います(参考まで・・・)。

2.オーストリッチ輪行袋 ロード220(リンク先は製造元)
 普段使い〜緊急避難用に使う事を考えて購入した輪行袋。

 実は今まで、ロード用の輪行袋を持っていませんでした。

 いや、あるにはあったのですが、私の場合、ロードを携えて遠くに出向いた最初の場所が沖縄(大爆)だった、という極端な要因から、手元にある輪行用具が、オーストリッチのOS-500という、これまた極端な装備で・・・。
 こんな巨大な輪行袋(というか、トラベルバッグ)を持ち歩くなんて、誰がどう考えても不可能なため、事実上、輪行装備にはカウントしていませんでした(^^;)。

 しかし、今春以降、今までよりずっと遠くまで走る事を考えているので、「往路:自転車、復路:電車」(またはその逆)という旅や、日没タイムアウト後の行動や疲労限界なども考慮して、通常使用の輪行袋を装備に加えました。

 このロード220は、フレームから前後両輪を外して収納するタイプの輪行袋で、袋の内側左右に車輪を収納するポケットがついています。
 また、製品キットにエンド保護金具(ロード用)が含まれるため、極端な話、ロードだったら購入後すぐに輪行準備に入る事も出来ます。

 まあ、私は沖縄行きの時に導入したフォークエンド保護金具と、フレームカバーも使うつもりですが。
 なお、ホイール収納ポケットの構造から、トップチューブとダウンチューブには、フレームカバーを巻いた方が良さそうです。
 (ウチの車体の場合、オーストリッチのBタイプが3枚必要。ダウンチューブが太すぎて、一枚ではカバーし切れない)

 とにかく、これで鉄道路線さえ近くにあれば、いつでも「緊急避難」が可能になった訳で、春以降、さらに行動半径を広げる事が出来そうです。
 前後両輪の脱着は問題ないので、春に向けて、輪行袋への収納の練習をちゃんとやっておきましょうか。

3.それにしても・・・
 登山趣味時代から、まあ事あるごとに感じていた事なんですが・・・。
 ちと、恨み節も含めて、蛇足を付け足しておきましょう。

 さて、今回「やってもーた」両製品ですが、どちらもコンパクトな収納性がウリの製品になっています。
 レインウェアはサイクルジャージのポケットにも入る、輪行袋はボトルケージにも差し込める、と、そんな感じですね。

 しかしまあ、なんというか。
 それって結局、スタッフバッグ(収納袋)が小さいだけであり、無精者代表たる私としては、それにウェアや袋を押し込む時の面倒臭さを、ちょっと考えて欲しいなあなんて考えてしまう訳です。

 mont-bell製品は、登山用レインウェア(レインダンサー、ストームクルーザー)も、極小スタッフバッグによる収納性の良さをウリにしていますが、使用者の感想の中には、「スタッフバッグが小さすぎて、無理に詰め込もうとしたら破れてしまった」という話が少なからず聞こえてきました。

 ちなみに、サイクルレインジャケットのスタッフバッグは、ウェアの袖の幅程度の高さ、太さは500mlペットボトルくらいしかなく、これにウェアを収納するには、かなりギチギチに巻かないといけません。
 まあしかし、レインウェアを畳むのは、過去に色々な製品を使ってきているので、それほど苦労しませんでした。

 問題は、輪行袋の方。

 これは自転車雑誌の読者投稿コーナーでも、「輪行袋に、収納時の山折り谷折りの線を入れてほしい!」という笑い話が定期的に出るほど、「元通りに収納するのが難しい」という事がお約束になっています。

 んで、今回私が購入したロード220の収納袋は、ちょうどサイクルボトルと同じ程度の太さと高さです(ボトルケージに挿せるくらいだからね)。
 が、これにロードのフレームと前後ホイールを包む袋を、ショルダーストラップとエンド金具を巻き込んで収めるのは、物凄く難しい作業です。

 ・・・ええ、こんな泣き言を書いているという事は、皆様ご想像の通り。
 購入後、帰宅してすぐに試しに開いてみたら、見事に戻せなくなりましたよ・・・。
 見事に、お約束を裏切らぬ男になってしまいました(--;)。
 (ちなみに、中身に追加したのはフォークエンド保護金具のみ。フレームカバーは別途持ち歩くことにした)

 結局、30分ほど悪戦苦闘して、何とか押し込みましたが、エンド保護金具のクイックレバーが外に飛び出しています(何が悪かったんだ・・・?)。
 ていうか、スタッフバッグがパンパンで、縫い目が今にもはち切れそうになってるんですけど・・・。

 う〜ん、破れる前に、100均で適当な大きさの袋を物色してくるか?

関連記事
コメント
私はL-100を使ってます。
L-100には元々エンド金具はついてないのですが袋は余裕があるのかきっちり収まります。
輪行は楽しいですね。
見知らぬ遠くを走り、帰りに缶ビールを飲みながらウトウトすると極楽です。(^_^)
http://www.rz250.sakura.ne.jp/wp/?p=1608
2010/02/12(金) 22:10 | URL | AUeno #mIzY8NiI[ コメントの編集]
輪行袋
AUenoさん、コメントありがとうございます。

私は最初に揃えた輪行装備が飛行機輪行を想定した物だったので(^^;)、
リアエンド保護金具が付属のロード220の方が都合が良かったです。

オーストリッチの輪行袋は、サイズや収納性について、良く考えられていますよね。
私も早く遠くまで「ワープ」したくてウズウズしています(笑)。
(しかし、こちらは今週末も雨という・・・)
2010/02/13(土) 11:28 | URL | YO-TA #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク