日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

04月≪ 2017年05月 ≫06月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

小ネタ集、雪の降る夜編

 日曜日、多摩湖自転車道を走ってきたとき、既に梅が開花している場所があり、うわあ、もう春だなあ、と思っていたのですが・・・。

 冬将軍と雪女のタッグは、油断させておいての反復攻撃に出たようで、2/1日夜現在、関東地方は見事な降雪に見舞われています。
 夕方から夜中にかけての雪、なんて話なら、電車の窓を見ながら「桜花抄」とか呟いて、反応を見てみるテストをしたくなってきます(^^;)。

 ツッコミの期待できないボケはそこまでにして、本題です。
 しばらく多忙で、週イチペースでしか更新ができませんでしたが、その間にちょこっと溜まった小ネタを放出します。
 例によって、バラバラのネタを置くので、まあ、ヒマつぶし程度にご覧下さい。

1.ロード用ライト、新たに購入 
 GENTOS 閃 SG-305×2本で運用していたロードですが、前回の小ネタ集で書いた通り、ライトの光の照射範囲等に不満が出たので、新たにライトを買い足しました。
 今度買ったライトはこれです。

 FENIX LD20 Premium Q5

 ターボモードでのMAX 180ルーメン、通常モードでの最強が94ルーメンという、ハンドライトとしてはかなり明るい部類の製品になります。
 今まで使っていたSG-305は100ルーメンの明るいライト、という触れ込みですが、実際にその100ルーメンのパワーを発揮するのは、最狭照射角の中心域のみという、かなり微妙な仕様になっています(とはいえ、価格を考えたら十分、頑張ってるんだけどね)。

 また、SG-305は本当にスポット照射と言うか、光が当たる範囲とそうでない範囲の明暗差がくっきりとし過ぎていて、それが逆に光の照射範囲以外を見え難くしてしまい、夜間運用時の不満にもなっていました。
 一方のLD20は、照射光の中心域が94(180)ルーメンのスポット光で、その外側、かなりの範囲に渡って光が分散するような特性になっています。
 つまり、自転車用のライトと似たような照射特性を持っているので、SG-305で感じていた不満を潰せるように思います。

 ただし、この製品はランタイムが短いため、本当にロングを走るときに使う(そこそこ長時間の夜間走行を含む)と考えたら、CATEYEの明るいLEDと併用が原則になると思います。
 まあ、まだ室内テストだけで、実戦運用はしていませんので、何度か通勤で試してみて、実戦適用性を考えたいと思います。

 なお、LD20の導入とともに、SG-305の1灯(古い方)は通勤用に下ろしました。
 が、この通勤に下ろした方の個体は、使用開始後、1ヶ月も経たぬうちに電池(製品パッケージに入っていた、テスト用が)液漏れを起こし、どうも基盤回路がおかしくなっているようで、路面が荒れてガタガタの場所を通ると、照射光が明るくなったり暗くなったり、安定しません。
 あまりに使えないと感じるなら、さっさと廃棄処分にしようかと思っています。
 (そしてこれ以降、私はライトに入っているお試し用電池は、使わずに廃棄している。買ったばかりの物を、早々に潰されてはたまらん)

2.BSモールトンの特性、いまさらに 
 日曜日、ご近所ポタリングのつもりが止まらなくなり、多摩湖まで行って来てしまいました。
 お供は、ずいぶん長い付き合いになった車体にして、久々登場のBSモールトンでしたが・・・。

 しばらく、ロードとtikit(どちらもサスなしの、リジッドな乗り味)に乗っていたためか、サス付のこの車体の乗車感がなんか特殊と言うか・・・。
 具体的には、前サスがやたらとバンピーでボヨンボヨンとした挙動があり、違和感が強かったです。
 特に感じたのが、Uターン等の低速小回り時と、加速にダンシングを入れた時の挙動で、この時のそれは違和感を通り越して、はっきりと危険を感じました。

 前者は、遠心力がある一定の強さを越えると、サスが急にグッと沈む感覚とともに、急激にガクッとハンドルが切れ込む挙動が生じます。
 これは、小径車ゆえの小回り特性を念頭に操作していたので、何とか対処できたものの、車止めのすり抜け時に起きた時は、急角度で曲がり過ぎて、膝を車止めに強打してしまいました。

 また、加速しようと軽くダンシングを入れたときには、車体を左右に振るタイミングとはまったく異なる周期でサスがボコッと反復し、ハンドルをとられかけた(ジャックナイフに入りかけた)事が何度か。
 こちらはかなりシリアスに落車の危険を感じたため、以降、ダンシングは封印して帰って来ました。

 どちらの挙動も、この車体「だけ」に乗っていた時には感じなかった特性で、これはサスのエラストマーがヘタッたのか(購入後、4年目に突入している)。
 それともエラストマーがソフトなまま、リジッドな車体の感覚でとり回したのが悪いのか・・・。

 どちらにしても、最近はサスのボヨボヨ感に伴うパワーロスも妙に気になりますし、前サスもハードに変更した方が良いのかな、なんて考えています。
 (ペダリングが下手、というポイントはこの際、無視 ^^;)

3.東八道路、東に延伸開始か? 
 現在、三鷹市と世田谷区の境界あたりでブツ切れて、住宅地内のとっても狭い道になってしまう東八道路ですが、どうやら「放射5号線」として、東へと延伸されるような感じです。

 具体的には、現在の東端から少し北方向(杉並区内)から、玉川上水沿いを環八の中の橋交差点あたりに向かう方向に家屋立ち退きと整地が進んでいます(実際に工事が入るまでには、まだまだ時間がかかりそうですけど・・・)。
 この辺りの状況を杉並区の都市計画図で見ると、都市計画道路の標示が東八道路まで繋がっており、この道路が実際に整備されると、甲州街道の上北沢付近から東八道路まで、幹線道が繋がる形になります。

 現在は、甲州街道から東八道路に抜けるには、世田谷区と杉並区の境界付近で住宅地をクネクネと抜けなければならず、その近辺では渋滞も発生していましたが、この道路が完成したら、ずいぶん東西の接続が良くなりそう&甲州街道の混雑も解消されそうです。
 あとは府中から八王子までを整備・・・して欲しいのですが・・・。
 そちらも住宅地ど真ん中を計画線が通っているので、用地交渉その他、長引きそうですね・・・。

 ・・・ま、それ以上に何とかして欲しい部分として、世田谷区と杉並区の境界付近は、両区とも真面目に整備する気がないように見える、それを何とかして欲しい物です。
 両区の境界線を挟んで、道路がまったく繋がっていなくて物凄い遠回りを強いられるとか、住宅の配置が全然違う方を向いているとか、ホントに行政の怠慢としか思えない状況が、あちこちにありますからね・・・。

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク