日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

08月≪ 2017年09月 ≫10月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ORi bikeの国内販売価格決定か。

 関戸フリマ、自然発生まで、あと一週間を切りました。
 今回は、翌日のアースデイライドを控えた走行テスト&わかる人にわかって頂こうと思い、Airframeで出動します。

 ・・・が、現段階の週間天気予報では、見事になんですよね・・・来週末。
 関戸フリマは半年に一回ですし、アースデイライドは今年初のサイクリングイベントなんですから、晴れて欲しいんだけどなぁ・・・。

 では本題です。
 最近、キーワードが「Ori bike」もしくは「ORi」によるアクセス件数が多くなっています(4月に入ってからの総アクセス数中、約1割がORi関係)。
 以前、ORiを見て、イギリスのMEZZOと同じ車体じゃないか!というネタを上げたのが影響しているようです(実態としては、イギリスでの商標が「MEZZO」で、日本ではORiというだけで、同じ自転車)。

 何でこんなにアクセスが来るのか、と思ったら・・・。
 どうやらこの「Ori bike」の、日本向け第一ロットの輸入が開始され、一部モデルについては、国内販売価格も決定したようで、その情報収集の過程で、ウチのサイトが引っ掛かっていたようです。

 ちなみに、その価格ですが、金澤輪業さんの(卸売業部門の)サイトによると、

M9:\144,900(税込)
 アルミモノコックフレームで、車体色は黒。
 ディレイラーはシマノTiagraだが、カセットスプロケはSRAM PG-950 11-26T。

M8:\134,400(税込)
 アルミモノコックフレームで、車体色はシャンパンゴールド。
 ディレイラーはシマノSORA(8速)だが、カセットスプロケはSRAM PG-850 12-26T。

C8:\123,900(税込)
 アルミのパイプフレームで、車体色はグレー。
 ディレイラーはシマノSORA(8速)だが、カセットスプロケはSRAM PG-850 12-26T。

輪行袋:\8,400

 などで決まったようです。
 (シマノAlfine搭載?のMI8は、まだ未輸入か、価格が決定していないか、のどちらか。Alfineが結構高価なので、M9より高くなるかも・・・)

 なお、コンポ構成を見ると、リアのディレイラー(パンタグラフ)だけシマノ製で、他の部分(歯車一式、シフター等)は全部SRAMというのは、ちと反則気味のような気もします(互換があるので、別に動作は問題ないと思いますが、一般の方はそこだけ見て「シマノ製パーツ」と思ってしまいそう・・・)。

 ちなみにクランクは「Truvativ」または「ORi alloy」となっています。
 「ORi alloy」については、MEZZO bike社のサイトでは、下位車種のクランクが「Suntour」となっているので、SR-SUNTOUR社製のOEMかもしれません。
 しかし、標準のクランク長が175mmになっているようですが、それは日本人には長すぎないかな?

 (以上、金澤輪業のサイトの、見難いというレベルを超えて小さい字のスペック表をもとに、MEZZO bike社のスペック情報で補完しつつ記載。なお、ORiのイギリス版であるMEZZOブランド仕様車とは、細部の仕様が異なり、間違ったことを書いている部分もあると思いますのでご注意)

 この車体の折り畳みの手順については、MEZZO bike社のサイトや、Youtubeで「MEZZO」で検索すればお分かり頂けるでしょう。

 という訳で、このORi bike、折り畳み形状や車輪径を考えると、国内で競合する車種はブロンプトンとBD-1になると思います。

 ブロンプトンの国内販売の標準価格は、グレード別に税込\145,900~\178,500の範囲(変速機はSRAMまたはSturmey-Archerの内装型)であり、チタンパーツ採用のプレミアモデルで、最高\273,000。

 BD-1は、現在の正式ラインナップは全部モノコックフレームとなり、標準価格は\152,250~\185,850(変速機はシマノの低価格グレード主体)で、シマノCapreo搭載の上位モデルが\185,850。
 シマノ105をインストールした最上位グレードだと、26万円以上の値段がついています。

 と、まあ、こういう条件を並べてみると・・・パーツのグレードが少し落ちるものの、価格設定的にはまぁまぁ悪くない所をついているように思えますね。
 現在、発表されている車体スペックでも、日常用途であれば全然問題はなさそうに見えますし、一風変わった折り畳み自転車が欲しい、という皆様にはオススメかもしれません。

 まあ、個人的には、物凄く変則的な構造に見えるハンドルまわりが、運転に支障がないかどうか、妙に気になります。
 ホイールベースが他車種より短かく見える上に、車輪径の小ささもあって、ハンドル挙動が非常にクイックになりそうですからね。
 (昨年、和田サイクルさんに委託販売で持ち込まれていたMEZZO、試乗させてもらえば良かったなぁ・・・)

 あとは・・・私が使う場合、最高でも52-11Tでは、トップ側がちょっと足りないかもなぁ・・・。
 いや、一般の方が使う場合、特に問題ないギア比だと思いますけどね(^^;)。
 (下りでガシガシ踏む馬鹿だから、私は)

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク