日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

03月≪ 2017年04月 ≫05月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すったもんだの梱包劇

 本日、ロードを沖縄の宿所に発送する手続きを終わらせた。
 先週から、慣れない分解・梱包作業で、あれこれすったもんだの大騒ぎになってしまった。
 (普段から輪行慣れしている皆様であれば、特に問題ない作業だと思うが・・・)

 というわけで、どんな風に車体を梱包したかを、自分の備忘録がてら記録しておこうと思う。
 といっても、私が利用するのはサイクリングヤマト便であり、基本的に輪行時とあまり梱包手順は変わらない。
 輸送時の"当て擦り"を考えて、多少、ガードを厳重にしたが、まあ、基本的に輪行時と扱いは変わっていないと思う。

 なお、利用した輪行袋は、防護効果の高さで定評のあるオーストリッチのOS-500である。
 防護効果が高い分、嵩張るので、イベント期間中は、宿に預かって頂こうかと考えている。
 (一応、事前発送および期間中荷物預かりについては、事前に電話で了解済み。なお、前泊、後泊ともに同じ宿を利用予定)


P1020263.jpg
まずは基本的な作業。
前後輪を外して、エンド保護金具を装着。
フレームカバーで養生する。

ハンドルにライトが二つ見えるが、
これは夜間走行を想定したGENTOS閃SG-305二連装。
ランタイムは短いが、夜間走行は最長でも
初日の2時間ほどだから、十分だろう。

P1020250.jpg
エンド保護金具の例。
これはフロントフォーク側。
スペーサーとクイックシャフトのセットで、
車輪の固定と同じ要領でクイックを止める。

P1020262.jpg
こちらは後輪側。
BBBのリアエンドプロテクター使用。
赤いプーリーは、チェーンにテンションをかけるためのもの。
なお、BBBのリアエンドプロテクターには、
ロード用、MTB用があるので、
輪行時には適合する車種のものを選ぶこと。


 ここまでの作業は、ちょっと自転車を触ったことがある皆様なら、特に問題なくできると思う。
 で、通常の輪行なら、これでフレームと車輪をひとつにまとめて袋に詰め、準備完了となるのだが、今回は輸送を考えて、色々装備を追加した。


P1020267.jpg
装備を追加、と言っても、
100均で買ったプチプチシートでSTIと・・・

P1020265.jpg
リアディレイラーを保護したくらいだけど。

P1000156.jpg
あとは後輪のスプロケをウエスで巻いて、
他の部材に傷を付けないようにした。


 先週は一旦、ここまでやって、OS-500に詰め込んだのだが・・・。
 ペダルを装着したままだと、微妙に袋の横幅が足りず、ファスナーがなかなか閉まらない・・・。

 何とか頑張って閉めたものの、現地でこんなすったもんだやっていたら、バスや飛行機に間に合わん!
 という事で、ペダルもとり外して輸送するように考えた。

 しかし、先週段階ではペダルが固着していたのか、何をやっても外れてくれず・・・。
 今週、もう一度こういうマニュアルサイトの記述等を参考に、自分の体重をペダルレンチに乗せてまわすやり方で、試してみることにした。


P1000151.jpg
一度車体を組み上げ、工具とペダルをちゃんとセットし、
軽くペダルレンチを踏んだら、あっけなく外れた。
先週の苦労は何だったんだ?

P1000154.jpg
という訳で、購入後初めて役立ったペダルレンチと、
両ペダルを記念に撮影。


 これで車体の幅を薄くできるようになったので、ペダルは適当なスタッフバッグにペダルレンチとともに放り込んで一緒に梱包することに。
 (これは、BSモールトンの純正輪行袋についてきたペダル袋がちょうど良かった)


P1000160.jpg
フレームは中央気室。
(ハンドルは90度曲げた状態)
ホイールは左右の大ポケットに入れ、
小ポケットにペダルや工具や消耗品などを押し込む。

左に見える白いものは、
チェーン&チェーンリングを包んだ、
着古しのTシャツ。

P1000162.jpg
梱包完了。
自転車本体と予備のプチプチシート、
工具類にフロアポンプまで入っている。


 OS-500には、自転車以外にも空隙が大きく残っていたので、現地で使う工具類、消耗品(ブレーキシューや予備チューブ)、オイル&グリースとSPDシューズを放り込んで一緒に封入。
 梱包後、積み込み時の天地方向を示す「↑上↑」と、「横倒禁止」「上積厳禁」のそれぞれを書いたガムテープを貼付け、近所の宅急便センターに持ち込んだ。

 ・・・しかし、徒歩10分未満の道のりが、これを担いで歩くと、途方もない距離に思えて・・・。
 飛行機輪行にしたら、途中の乗り換えや、モノレールor京急の駅からターミナルまでの移動が、とてつもなく大変だったことだろう。
 (今年、初参加で輪行を考えている皆様は、移動日に腰をいためないよう、注意された方がよいかと)

 ウチの近所の宅急便センターは、さすがに都心部のセンターのためか、何度かサイクリングヤマト便の受付をしたことがあるようで、慣れた手つきでタッグとJCA会員証をチェック。
 荷物のサイズを測って、保険等の手続きを済ませ、発送手続きは全て終了。

 あとは当日使用装備(ヘルメット、ジャージ、補給食など)を持って、体だけ移動すれば大丈夫。
 このカテゴリーの記事、次回はついに、実際の走行記録になるだろう。

 (なお、26日頃に沖縄本島に台風が接近するため、来週は航空便、船便ともに、欠航が出る可能性もあるらしい。そうなると、荷物の輸送が止まってしまうため、運送会社搬送組は、可能なら早目に発送手続きをした方が良さそうな情勢らしい。詳細は、利用する運送会社に確認のこと!)

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。