日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

08月≪ 2017年09月 ≫10月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

多摩サイが、さらに走りにくくなって行く・・・。

 降るのか降らないのか、はっきりしやがれ!>雨!

 なんて事を今日の空に向かって念じていたら、帰宅時間中、見事に雨に降られました・・・。
 これぞ天罰って奴でしょうか?

 では本題です.
 twitterの方で、勝手にフォローさせて頂いているCyclingEXさんのサイトで見た記事からです。

 元ネタは、朝日新聞社のasahi.comの東京版ですが、どうやらまた多摩サイの府中区間、「府中多摩川かぜのみち」に、高速自転車対策工事が行われるようです。


休日ともなれば、都心からも多くのサイクリストが訪れる多摩川の河川敷。中でも府中市の「府中多摩川かぜのみち」(9・4キロ)は人気が高い。しかし、高速で走り抜ける自転車と歩行者との間で事故が多発、今年6月には自転車とぶつかった歩行者が死亡する事故も起きた。事態を重視した市は、自転車の速度を抑えるための路面改修に乗り出した。




 今現在も、あちこちに設置されたスピードハンプの評判が最悪でありながら、いまだに暴走行為を止めない自転車乗りが多々見られるこの場所。
 つい最近も、mixiの某コミュで、「多摩サイは歩行者が邪魔でトレーニングにならん」という頓珍漢と漢字で書きたくなるような書き込みがありましたが・・・。

 奥多摩や武蔵五日市に足を伸ばしはじめた私の感覚で言わせて頂くと、こんなド平坦な場所を行ったり来たりするだけでは、何のトレーニングにもなりませんがな。
 そんなのは、歩行者が多い、少ないに関わらず、誰もがすぐに分かる事だと思いますが(ちなみに、mixiで先出の頓珍漢発言をした人は、発言から1ヶ月経たずに退会した。理由は大体想像がつく)。

 そして、自転車で利用するのをやめた奴の視点からはっきり言ってしまいますが、既に多摩サイは自転車で安全に走れる道では無くなっています。
 いや、これホントに。
 特に休日は、早朝か日没後でもないと、安全に走れる場所なんてないと思って良いです。

 これはひとえに、自転車趣味人の人口が急増している事に加えて、このルートが「たまリバー50km」 に設定されて以降、ジョガーやウォーカー系の雑誌でも、ここが都内のモデルルートとして紹介されている事から、歩行者の利用も急増中、という背景もあるそうです。
 何でそんな事になってるんだと思いたくなる所ですが、都内では車の心配をせずに利用できる道が他にないから仕方がないでしょう。

 と、こんな背景があるため、私は最近は多摩サイを経由せずに、あちこちに出かけるルートの開拓を進めている所です。

 奥多摩〜武蔵五日市方面は、既に東八道路経由で立川〜拝島駅前まで直通するルートを設定しており、睦橋通りを直進するか、奥多摩街道に逸れるかで、行き先を決めています。
 尾根幹線〜多摩丘陵も、深大寺付近から武蔵境通り、鶴川街道を経て、矢野口から直接、尾根幹線に乗り入れるルートを辿るようになりました。

 ちなみに、小径車でもロードでも、同じルートを通っています。その方が安全で、より早く目的地に着けますから。
 実際、多摩サイを使うより一般道を走った方が、場合によっては30分以上、早く目的地に到着できるくらいです(ロードで多摩サイを走るより、小径車で一般道を走る方が速い。何をか言わんやだ)。

 今後、ルートを開拓するとしたら、下流方向ですね。
 現在の通勤路が、甲州街道〜世田谷通り方面を往復する形なので、この経路をベースに、横浜〜羽田方面の走り易い道を探すようにしたいと考えています。

 それにしても、今後「府中多摩川かぜのみち」で予定されている工事の内容を見ると・・・。

(1)高速走行する際の目印になるセンターラインをすべて消す
(2)路面に凹凸の舗装を施したり、目の錯覚で障害物に見える「イメージ・ハンプ」と呼ばれる路面標示などを複数個所設けたりする
(3)「スピード落とせ」「事故多発」など、注意を呼びかける看板を増設する


 と、こんな内容なんですが・・・。

 (2)と(3)は今まで通りだから良い(=何の効果もない無駄工事だとすぐ理解できる、という意味)として。
 (1)については、ただでさえ通行方向区分が曖昧で危険なこの道からセンターラインを消去するって、危険度を格段に上げる事になりませんか?
 これで目的通り、ロードをはじめとしたスポーツ自転車を締め出せても、スポーツ自転車以上に無茶苦茶な走り方をしている爆走ママチャリ軍団から見れば、それこそ好き勝手に走っていい状態になってしまうように思いますが・・・。
 (今はセンターラインがあるから、並走でも何とか片側車線内とか、そんな感じで利用されているけど、無くなったら完全に道一杯に広がって爆走されたりして、対向車や歩行者がとっても危険な事になると思う)

 これは例によって、何の意味もない無駄な工事に(っつーか、安全対策のはずが、余計な危険を呼び込む結果に)なりそうな気がしますね・・・。
 しかし、この状況を招いている原因の、さほど少なくない部分を自転車乗りの無法が締めていると考えたら、何とも言えない気分ですがね・・・。
 (そろそろ「走れる」自信がついてきた人は、さっさと一般道に下りましょうよ。その方が安全ではやく走れますから)

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク