日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

03月≪ 2017年04月 ≫05月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Airframeの後継車、納車されました。

 戻り梅雨がなかなか明けそうにない今日この頃・・・。

 関東地方は今週、前線に沿って南西の風が吹く事が多かったためか、風裏の富士山の北東方向に、風の巻き込みの影響か、吊るし雲のように雨雲が発生する日が多く見られました。
 その雲の形を見ていると、都内は見事に檜原村~青梅市を繋ぐラインだけに雨雲レーダーの反応が集中している事が多いです。

 そういえば、何年か前、初めて自転車(Airframe)で奥多摩から自走で帰ってきた(往路は輪行)時、奥多摩は晴れていたのに、軍畑~宮ノ平くらいまで雨。
 その後、羽村まで来たら晴、という不条理な雨を喰らいましたが、この時も同じような形で雨雲が出ていたのかもしれません。

 では本題です。
 え~、先日の予告(?)通り、新車が納車になりましたのでご紹介します。
 今度の新車はこんな奴で、高崎経由で手元に届きました。


P1020078.jpg
Bikefriday "Express" tikit
Bikefridayは、米国グリーン・ギア・サイクリング社のブランド。
このtikitは、セミオーダー(BTO)モデル。

車体色は黒に見えるが、
ミッドナイトブルー/ステルスブラックのツートン。


 どこかから、「なんじゃそりゃ~!」という雄叫びのごときツッコミが飛んできたような・・・(^^;)。
 車体選定についてもそうですが、今頃このネタを出すんかい、という、時期的な面についても・・・何か色々背筋に響く波動を感じます(^^;)(^^;)(^^;)。

 まあ確かに、BTOモデルなら、今さらネタにしなくとも、少なくとも1ヶ月くらい前には購入するか否かの決断は終わっていたはずで、Airframeの用途廃止に関するネタ出しが遅すぎるだろ!というご指摘はごもっとも(^^;)。
 しかし、それくらいの時期から後継車を考えなければならないほど、Airframeの状態が悪かった&いざ壊れてから、次はどうする?なんてやっていたら、通勤(=仕事)に支障が出る事を考えたら、ネタより行動が必要だったのですよ(ちょうど仕事が多忙になった時期でもあるし・・・)。
 (実際は、5月末発注で、2ヶ月+1週後に納車)

 とにかく、購入に至るまでの詳しい経緯(車種選定の考え方とか)は、時間があれば別途、ネタにするかもしれませんので、今回は車体の仕様に触れておきましょう(詳細は裏置き)。

Bikefriday "Express" tikit

Quick Folding:None
HandleBar:STI Touringbars
Break&Shifter:SHIMANO Tiagra
Breaks:V-break(with Travel Agent)
RD:SHIMANO Capreo
Tire:SCHWALBE Kojak
Color:Midnight Blue/Stealth Black(Special Order)

 Bikefridayの話題に食いついた皆様ならお分かりだと思いますが、BTOモデルなので、今回の購入店は、tikitのBTOの実績が豊富な、CYCLETECH-IKDさん(群馬県高崎市)です。
 せっかくのBTOなので、かなり無茶な注文をつけた部分もあります。

 まず、Express tikitは通常、H型ハンドルに変速はバーコンが基本装備ですが、私はSTIを選択しました。
 これは、私が個人的に、STIとバーコンを比べたら、STIの方を信頼している事が理由だったりします(ハンドルからいちいち手を離したくない)。
 その上で、ハンドルバーはSTIの装着を前提とした、STI Touringbarを装備。
 折り畳み時に横方向の張り出しが大きくなるのは、まあ仕方がないか、と考える事にしました(実際の状況は後述)。

 ちなみに、右(リア変速)がSTIなのは当然としても、フロントシングル車なのに、左(フロント変速)もSTIなのは、かなり間抜けなんですが(^^;)。
 そこは普通のドロップハンドル用ブレーキで良かったんだけどなぁ(なんと素敵にアメリカンなアバウトさ・・・)。

 tikitを特徴づける機構である、クイックフォールディングは不採用。
 新型の強化ワイヤー(クレーンフックに引っ掛けても大丈夫そう)になってから、車重が大幅に増える要因にもなっていますし、折り畳みの時間が3倍になるといっても、5秒が15秒になる程度ですし(十分、速いって ^^;)。

 で、車体色。これが今回、最も無茶な注文でした。
 これは、購入店であるCYCLETECH-IKDさんでは「初めて扱った」という、tikitのキャンディーカラー+ツートン

 詳しい方はご存知の通り、tikitはBTOの場合でも、生産ラインの関係から、キャンディーカラーは選べません。
 しかし、tikitのBTOをかける際に、「キャンディーカラーを使いたい」という要望は多いようで、グリーン・ギア・サイクリング社も「極少数、価格高騰と納期大幅延長も覚悟の上なら」という条件付で、tikitでもキャンディーカラーを扱うようになっているそうです(詳細は、勝手に書いて良いか分からないので、BTO取扱店にお尋ねください)。

 なお、当初、車体色は青色系が好みの私としては、通常のtikitのカラバリの中では、ベースカラーのクリームソーダブルーしか選択肢がなかったのですが・・・。
 この色は、tikitの国内販売が開始された際には、BTOでもこの色以外は選べなかった、という経緯があり、国内を走るtikitの中でも、最も多くがこの色だろう、と考えたら、「キャンディーカラーでお願いします!」という結論になってしまいました。

 とにかく、私は他人とは違う物が欲しいんです(アホと呼んで ^^;)。

 ちなみに、ロードが普通の青、BSモールトンがグロス系の青なので、コイツはシックな青を狙い、ミッドナイトブルー(藍色)を選定。
 単色では物足りないので、ステルスブラックとのツートンを考えたのですが、これも当初は「製造元が対応してくれるか分からない」、という事で返事保留になっていました(実は「極少数ならキャンディカラーも対応する」というのは、単色塗装の事だったらしい)。

 何とか、「やったろうじゃん!」という返事を取り付け、実際に上がってきた結果ですが・・・。
 いやあ、これは想像以上に落ち着いて、渋い色合いになりました。
 ここだけに、購入価格の1割以上を注ぎ込んだだけの事はあります(馬鹿と呼んで ^^;)。

 その他、自分で持ち込んだパーツは以下の通りです。

 サドル:SPECIALIZED Toupe(デッドストックになっていた)
 ペダル:VP-117A(Airframeに当初ついていたもの)
 シートポスト:zzyzx アルミポスト(ロードから外したもの)

 それにしても、tikitのロールアウトとAirframeの退役に伴い、ウチにある自転車は、BSモールトンが一番安い、という、何かを完全に間違っている状況になっている事に気付きました・・・。
 ・・・それ以前に、夏ボーが対消滅してゲージの針がレッドゾーンに限りなく近い場所を示している時点で、何かを間違い過ぎている事に気付け!>オレ。


P1020082.jpg
で、高崎からはいきなり輪行(笑)。
tikit名物の驚速折り畳みのあと、
シャワーキャップと呼ばれるカバーを被せれば、
そのまま改札を潜れる。

P1020084.jpg
・・・覚悟はしていたけど・・・。
STIツーリングバーは、想像以上に大きく張り出した。
微妙なバランスで、ハンドルは接地していないものの、
何かに引っ掛けそうで怖い・・・。

第一、ここだけ剥き出しってのは、
輪行中、周囲の皆様に当たると危険なので、
別途、カバーになりそうなものを考えないと・・・。


 それにしても、この車体の乗り味は何か不思議です。

 重心が低くて、地面にびたーっと貼り付いている感覚が強く、かといってこいでも進まない、という訳ではなく、むしろ知らないうちに加速していて、おっと!と思う事が多いですし。
 リアスイングアームが長目であるためか、コーナーでは後輪を引きずっているような、独特の感じがしますし(物理的に引きずっているのではなく、前輪が曲がりはじめてから、一拍おいて曲がってくる感じ)。
 フレーム素材はクロモリですが、それ故なのか、段差越え等を行うと、車体がボヨン、と上下にたわむ感覚がありますし。

 んで、これが決定的なんですが。

 ハンドルがどクイック!

 ・・・手信号を出そうとして、右手を放してちょっとバランスが左に傾いた、その動きを瞬時にトレースして車体がグラッと傾いたりするので、慣れるまではあまり高速を出さない方が良いかも・・・。

関連記事
コメント
なんだってーΩΩΩ
 つっこみ第一号と言うことで。

 tikitユーザが知り合いで急増しているような・・(既に6人越えてます)

 Express tikitですか、良いですねぇ。納期最優先でModel T tikitで妥協してしまった自分が恨めしい。。。

 クラック対策はちょっとやっつけですね、力が軸に集中しそうで疑問もあります。

 H型ハンドルはやっぱり出っ張りますね。
ステムの所をクイック化して畳めるようにした人も居ますが、悩み所ですね。
 フロント用サイドバックを取り付けると、ハンドルのクイックさがいくらか和らぎます。(その代わり右にハンドルが取られやすくなります)

 兎も角、tikitユーザの仲間入りですね。よろしくお願いしますです。
2009/08/02(日) 23:12 | URL | 神子秋沙 #iMK0FLrs[ コメントの編集]
やってもーたです。
私もtikitユーザーになってしまいました。
Airframe(ウチでは輪行用だった)の穴を埋める車体としては、十分以上だと思っています。
まあ、いくつか対抗候補もありましたが、そこはまた、別のネタで・・・。

なお、ウチの車体のハンドルは、STI装着用の物で、通常のHハンドルより前方への突き出しと湾曲が大きくなっています。
おかげで、画像の通り、カニの爪が飛び出しているような、変な感じになってしまいます。

ちなみに、このハンドルは角度を変えられないよう、固定ネジが打ち込まれています(ステムを前から見ると、縦に3つのネジ頭が並んでいる)。
折り畳み時、ハンドル先端と地面との隙間が1cmもないので、角度をかえたらハンドルが接地する恐れもあるからだと思いますが・・・。
う~ん、折り込みたい・・・(フラットバー比で15cmくらい、横に出てますから・・・)。
2009/08/03(月) 01:20 | URL | YO-TA #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。