日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

08月≪ 2017年09月 ≫10月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

久々に多摩湖自転車道を多摩湖まで。

 バイクナビのサイトを見ていたら、どうやら今年は、8月に千葉県の茂原の方のサーキットでもエンデューロレースが行われるようです。

 ブリヂストン・アンカー10周年を記念して行われるレースのようで、バイクナビは運営主体として入っていますが、開催主体はアンカー10thグランプリ実行委員会になっていますね。
 こちらのレースは、3時間および4時間のエンデューロと、その両方を走る7時間エンデューロで、走行可能な車体はロードか、クロス、MTBなどのフラットバーのスポーツ車になっています(小径車部門はなし)。

 う~む、興味はありますが、結構なガチレースっぽいですね。
 また、茂原というのも、微妙に会場アクセスが・・・(午前中開催の3時間エンデューロ出場者は、前日入りしないと厳しそう)。

 では本題です。
 今週末の天気は、今日は晴れますが、明日は雨の予報になっています。
 今日は午前中は荷物待ち待機だったので、午後から走りに行ける場所を色々考えていると・・・。

 長らく行われていた、多摩湖の堰堤工事が今年の3月に終わり、今は堰堤上を通れるようになっていることを思い出し、ちょうど午後だけで走って来れる距離でもあったので、久々に多摩湖自転車道を走ることにしました。

 しかし、この多摩湖自転車道は、住宅地の中を走り、生活道としても使われている場所です(特に、子供が多い)。
 そんな場所をロードでかっ飛ばすのは、どう考えても迷惑行為なので、今日はBSモールトンのフレームを組み上げて走ることにしました。

 ロード購入以来、出番が一気に減ってしまったこの車体ですが・・・。
 秋には、また日産スタジアムをこの車体で走る事になりましたので、なるべく感覚を取り戻しておかないといけません。
 (何か、とんでもない事をさらっと書いた気がする(^^;)。ちなみに、2時間エンデューロの方に出場する事で、本日、入金も完了してエントリー確定済!)


P1010931.jpg
そんな訳で、久々の多摩湖自転車道。
河川敷のサイクルロードと違って、
緑陰の多い道だ。


 久々の多摩湖自転車道は、やはり人の数・・・よりも、車止めの多さにムカつかされますが、始点~西武多摩湖線武蔵大和駅までは、ほぼ一直線の道で、何も考えずに直進すれば良いだけです(あ、安全だけは考えないとダメか ^^;)。

 しかし、以前と比べて舗装の状態は格段に悪くなっており、網目状のクラックでガタガタだったり、表層が削れて粒子が立ってザラザラになっている場所が非常に多くあり、サス付のBSモールトンでも、体に感じる振動がかなり不快な場所が多くあります。
 そこに車止めが絡んでいたら、不快度は測定不能領域まで振り切れ、車止めを問答無用で破壊したくなってきます(しませんけどね ^^;)。

 そういえば、このルートは私にとってはロングライドの原点で、最初にここを走った時は、数日前からコンビニの位置を調べ、休憩ポイントを考え、当日は何度も休憩を挟んで、何とか多摩湖まで辿り着いた覚えがあります(車体はBSモールトンだったが、当時はフラットバーだった)。

 しかし、今日は体感ではあっという間に直線区間の終点、武蔵大和駅付近に到着。
 まあ、確かに10kmしかありませんから、最近、ロードで走っているルートと比べたら短いですが・・・。
 それでも、あまりにあっさり終わったので、本当に拍子抜けしました。

 そこからはじまる、堰堤上までの長い坂・・・だった多摩湖への登り口も、坂の苦手意識払拭のために色々走り回っていた結果か、アウターギアの中段域で、余裕で登坂終了。
 昔はここをフウフウ言いながら登っていた事を考えると、自分の体が大きく変わっている事を実感させられました。

 以前は、工事現場の鉄板の囲いという、最上級に味気ない出迎えだったこの場所は、今は車止め(お約束か?)が設置された園地が迎えてくれます。
 一応、自転車の乗り入れも可能(ただし、歩行者優先厳守せよとの看板あり)だったため、まずは堰堤を通って反対側、西武園遊園地の方に出ます。


P1010934.jpg
工事が終わり、開放された堰堤上から。
中世の城の塔のような建物は、
多摩湖の取水塔。

P1010942.jpg
こちらは反対側。
東村山市街地を見下ろす、
なかなか良い眺めの場所だ。


 遊園地の入口前のコンビニで初めての休憩をとり、補給してから、まずは反時計回りに多摩湖周遊コース(約10km)を一周する事にします。


P1010937.jpg
周遊コースはこんな感じで緑陰が濃い、
植物の蒸散効果のためか、
夏でも涼しい場所が多い。


 周遊路は遊歩道的に使われているため、時々歩行者やジョガーの姿があったり、コースのど真ん中に巨木が突っ立っている場所もあるため、そんなに飛ばせないものの、適度なアップダウンが続くコースになっています。
 ただし、景観は結構単調で、湖面を見る事ができる場所も少ないので、人によっては飽き易いかもしれません。

 時計回りに一周回って、私の脚で約30分。
 しかし、何だか走った気になりません(^^;)。よって、堰堤南側でUターンして、時計回りにも周回開始。
 30分であっさり終了(笑)。昔は、途中の休憩所で休み休み、周回するような感じだったのに・・・。

 体力的には、もう1~2周回ほどできそうでしたが、時間的に、帰りのサイクルロードが混雑しそうになっていることと、飽きた(笑)ので、そのまま堰堤を渡って帰ってきました。

 それにしても、ロングライドの第一歩を踏み出したこのコース(当時は往復50kmが遠かった)が、今となっては何の問題もなく走れてしまう場所になってしまうとは。
 自分の体の変化を嬉しく思う反面、なんか寂しい感じもありますね・・・。

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク