日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

10月≪ 2017年11月 ≫12月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

意外に近い。檜原村、払沢の滝。

 暑い・・・。

 今の時期からこんなに暑いと、夏はどうなるんだとちょっと心配です(^^;)。
 私は暑さと寒さ、どっちの方が楽かと言われたら、寒さの方なので・・・。
 (寒さは着込めば何とか凌げるからね。暑さは裸になっても凌げないけど)

 そんな事はさておいて(^^;)、本題です。
 昨日は関戸橋のフリマに集合していたので、一日、BSモールトンと戯れていましたので、今日はR.T. Carbonと戯れる事にして、サドルにまたがりました。

 いつもなら多摩サイに行く所ですが、最近の大混雑と、先日のテレ朝のゲリラ取材での一事(安全に気をつけて運転していたら、「使えねぇな」と吐き捨てられた。最初から偏向報道目的だったらしい)で完全に気分を阻害されて以来、多摩サイは通常移動路から格下げする事にしました。
 最近は車道走行にも随分慣れて来ましたし、車体がロードのときは一般道の方が楽だ、という事も分かって来たので、西への移動は甲州街道か東八道路を使う事にして、今日は東八道路を西進。

 そのまま立川通りを経て睦橋通りに出たので、武蔵五日市方面を目指す事にして、睦橋を渡りました。

 以下、今日の行程は裏置きします。
 (長いですよ~)


 東八道路から西進し、立川~拝島を経て睦橋までの到着時間は、多摩サイ経由で来るより30分以上短縮できていました。
 一旦、南に下ってから川沿いを北西に向かうのではなく、まっすぐ西に進んで一気に南下する+全車道走行で速度が速い、という条件を考えると、実は、多摩サイを走る方が危険で非効率なんじゃないかと考えてしまったり・・・。

 そう言えば、自宅~関戸橋と、自宅~昭和記念公園の所要時間が同じなんでしたっけ・・・。
 同じ時間で、多摩サイでは府中市までしか到達せず、一般道では立川市まで行けてしまうんですね、実際の所。

 よし、今後、奥多摩~五日市方面に出るときは、東八道路経由で拝島に出る事にしましょう。


P1010786.jpg
睦橋から見た福生南公園。
'07年の台風9号による大増水で崩壊した場所は、
何とか形が整えられている模様。


 この、睦橋から武蔵五日市を経て、檜原村から都民の森または風張峠への道は、多摩地区の自転車乗りの間ではメジャーなコースのためか、ここに来るまでの間も、多数のロード、クロス、小径車などとすれ違ったり、抜きつ抜かれつで走ったり・・・。
 しかし、さすがにこんな場所まで走ってくる皆様は、装備もガッツリ決めている人達ばかりです。


P1010787.jpg
そしてあっさり到着、武蔵五日市駅
いやほんと、あっさりでしたわ(笑)。


 武蔵五日市で軽く補給してから、今度は檜原村方面への道を進みます。
 檜原村への道は、都民の森~三頭山への登山の際、何度もバスで通ったルートなので、何となく土地勘があります。

 木漏れ日の中、フリーのカーッという空転音を聞きながら滑走するのが最高に気持ち良く、道を進むにつれて、徐々に気温が低くなって行くのが分かります。
 この道筋もロードで走る人の姿が多く、途中、corratec coronesらしい車体に乗った、ジャージまでcorratecの人とすれ違い、軽く黙礼を交わしました。

 それにしても、ここで会うロードの皆さんは速い。
 登りでヘタれているている私の横を、さっさと抜いて行く人が随分沢山・・・。

 いいんですよ、私、クライマー路線は諦めてますから(^^;)。

 というわけで、クライマー方面の才能が無さ過ぎる私は、都民の森まで行ける自身がなかったので、払沢の滝まで行って折り返すと言う軟弱コースを設定。
 坂成分が足りない分は、帰りに小峰峠を越えて高尾方面に出る事で補う事にしました。


P1010795.jpg
はい、という訳で檜原村役場
村のマークは、平仮名の「ひ」をもじった物らしい。
役場内のカフェは、土日も営業しているらしい。



P1010789.jpg
役場の先のT字路を右に曲がって払沢の滝。
登り口付近の新緑がきれいだった。


 ここまでの走行距離は、約50km。
 ・・・あれ、そんなに近かったのか?(^^;)
 電車とバスだったら、朝4時半起きで、5時半に出て、バスで30分くらいという、結構な長旅を強いられる、遠い場所だと思っていましたが・・・。

 またも、距離感が少し、崩壊したような気がします(^^;)。

 その後、払沢の滝まで登ろうとしましたが、途中から見事に「登山道」になっており、SPDとはいえツーリング用でオフロード歩行には向かない靴で先を行くのは危険そうだったので、あっさりUターン。
 他に用事もなかったので、さっさと引き返す事にしました。

 武蔵五日市までは、下り基調の道なので、往路よりずっと短時間で到着してしまいます。
 小峰峠は、武蔵五日市駅からちょっと西を南に進んだ場所から南下する道筋にある峠ですが・・・。

 そこに続く道への降り口が分からず、五日市警察署~武蔵五日市駅間を2往復してしまいました(^^;)。


P1010805.jpg
ま、それでも何とか到達。
これは新小峰トンネル。


 自転車乗りの皆様の間で、「小峰峠を越える」という時は、このトンネルを抜けるのではなく、ここから左の旧道に入り、旧道沿いの小さなトンネルを抜ける事を言うようです。

 旧道沿いは、一般車両の通行が規制されているため、対向車などの心配もなく道を進めます。


P1010806.jpg
そして、あっさり旧道トンネル到着(爆)
あれ、もう終わりですか?と思ったほどあっさり。
トンネルの右、配電盤の下に、
結構新しい花束がありますが、
気にせず進む事にします。

あ、だから画像を隅々までチェックして、
ここに、ほら・・・なんて、やらんでよろしい(^^;)。



※4/21日追記
 旧小峰トンネルですが、過去、ある事件の被害者の遺体が遺棄されていた場所、との指摘を別所で受けました。
 それが、ちょうど花束のあった場所のようで・・・。
 知らなかった事とは言え、不適切と思われる部分がありましたので、取消線を入れました。


 トンネル内の空気はひんやりとしており、ビンディングをはめるカチッという音が、やけに大きく響きました。

 出口が見えているほど短いトンネルなので、あっという間に抜けて、後は秋川街道へと下るだけ・・・と思ったら。

 道の荒れ方がハンパねぇ!

 マジで、落葉と落枝がびっしりと路面を覆い尽くし、それに湧水か雨水か知りませんが、路面もべっとりと濡れていて、タイヤが見る間に茶色に・・・。

 ああ、帰ったら洗車だぁ~、と泣きたくなる気持ちを抑え、滑りやすい下りを進んで行くと、


P1010807.jpg
右ヘアピンの先でいきなりゲート。
びっくりしたぁ~。


 この、秋川街道側ゲートの出現するタイミングが、とっても恐ろしい(^^;)。
 画像でも分かる通り、ヘアピンを抜けたら目の前がこのゲートです。
 アルテSLだったから止まれたけど、BSモールトンだったら、突っ込んでいたかもしれません(汗)。

 ・・・しかし、今、標識に気付きましたが、ここ、もしかして歩行者専用ですか?
 通行禁止は自動車とオートバイは指定されていますが、自転車は・・・?

 うわ~!
 もし歩行者専用なのに自転車で走ってたんだったら、すみません!もうしません!

 しかし、あっさり登れてしまう上に、路面が荒れて、下りを楽しめていない!という欲求不満が残る峠でした(^^;)。
 その後、秋川街道から八王子西IC前を抜けてJR高尾駅近くに出ましたが、坂としては、そっちのルートの方が、何倍もキツかったですね・・・。

 そこからは国道20号~多摩大橋と走って来て、チラッと多摩サイに目をやると、10人くらいのロードのグループが隊列組んでシルトダートに向かって下って行く所が見え、やっぱりここを経由するのはやめる事に。
 多摩大橋を渡った北側から、新奥多摩街道~立川駅南口~立川通り~学園通り~裏道~東八道路を経て、自宅に戻って来ました(そして洗車です --;)。

 走行距離は、100kmぴったりくらい。
 ・・・意外に近いな、檜原村・・・。


P1010809.jpg
そうそう、R.T. Carbonを地味にバージョンアップした。
昨秋の関戸フリマで入手したエミネンザのカーボンシートポスト。

BSモールトンではポジションを出せなかったけど、
R.T. Carbonなら十分使えたので、
結局、こちらに落ちついた。

もともとついてた、zzyzxのシートポストは、
次回のフリマ行き・・・かな?



関連記事
コメント
お疲れさま
近辺に住む者です。
子連れでの檜原サイクリングを考えているのですが、
近辺とはいえ、子供と走行する際、道中が危険ではないかと。

やっぱ一人がいいんですが、なかなか・・・
2009/09/24(木) 14:30 | URL | ざっくばらん #FvLIUmYM[ コメントの編集]
参考まで・・・
ざっくばらんさん、コメントありがとうございます。
お子様と一緒にサイクリングとは、独り者の私には、かなり羨ましい話ですね!

しかし、お子様と一緒に走ると考えた場合、本文中に書いた道路は、やめておいた方が良いと思います。
東八道路も睦橋通りも、基本的に「大人が、ロードレーサーなどのスポーツ車で」走る場合の道筋です。
(ご存知の通り、車道は交通量が半端ではありませんし、歩道をガタガタ長距離走るのは、あまり楽しくありません)

で、私の場合、子供と一緒に檜原村方面に行くなら、こういう道を走る、という参考ルートです。

・早い段階で多摩川沿いに出て、多摩川のサイクルロードを走る。
 ※暴走ロードが出没するので、お子様がふざけて蛇行しないよう、十分ご注意!
・福生南公園までサイクルロード沿いを走り、睦橋を渡る。
・睦橋を渡って最初の信号を左折すると、浅川沿いの遊歩道に出るので、それを上流に向かって走る。

これで、武蔵五日市近くまで、自動車があまり通らないルートで走れます。

ただし、そこから先、檜原村まで行くのは檜原街道一本になってしまいますね。
目的地によっては、檜原村役場付近まで、車に自転車を積んで移動する方が良いかも知れません。
2009/09/24(木) 22:45 | URL | YO-TA #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク