日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

09月≪ 2017年10月 ≫11月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

距離を伸ばせない・・・。ロード慣熟訓練続行中。

 土曜夜は、久々に愛媛時代の仲間が上京して来たので、渋谷で飲んでました。

 何でも、自社製品(コスメ会社)の開発のアンケートのため、渋谷の女の子達にアンケートをするという仕事だったとか・・・。
 バイトの女の子の言葉が、異次元の言葉に聞こえる(通訳を置いて欲しい)私だったら、逃げたくなる仕事だったりしますが(^^;)、彼はどうやら、渋谷の町の雰囲気を十分に楽しんだようで、良かった(怖がる人もいるからなぁ・・・あのスクランブル交差点の人の数を)。

 今度、そちらに行くときは、お世話になりまーす。

 では本題です。
 今日は残務整理を放ったらかして、またロードの慣熟訓練走行に出て来ました。
 例によって多摩サイから、今日は多摩河原橋を渡って直通で尾根幹線へ。

 ちなみに、今日は先週、マスクを取って走ったら、その夜から鼻グスが殺人的なレベルに酷くなった教訓から、フルタイムでマスク装備で走ってます。
 (酸素が肺に入って来んぞおぁぉぉぉぉ!)

 稲城駅近くから堅谷谷戸大橋を経て、いつも尾根幹線入りする稲城五中入口交差点までの登りが意外に長くてキツく、そこからさらに、稲城第三公園西辺りまで、一部を除いて登りっぱなし、と考えたら、ちと気が遠くなります。

 とにかく、尾根幹線を南大沢まで行ったら、今日はそこから尾根緑道(戦車道、とも言うらしい)に入り、緑が気持ち良いと言われる道筋を走ってみますが・・・。

 気持ち良い区間、一瞬で終了(^^;)。
 あとは、どこかのマンション街に入ってしまい、とてもロードで走って良さそうな感じではなかったので、Uターン。
 また一瞬で終わる気持ちのよい区間(まあ、ここもロードで飛ばすのは控えた方が良いですね。公園内だし)から、直接、尾根幹線に戻り、尾根幹線の復路。

 その後、今日は是政橋から多摩サイに戻り、今日は福生の石川酒造まで行き、鴨せいろそばを食べて帰って来ました(もちろん、飲酒はありません。下戸だから、動けなくなるし ^^;)。

 今日の走行距離は、約120km。
 久々の約120kmは・・・キツかった・・・。何でまた「約」なんて微妙な表現がついてるかは、おまけネタで出すのでまあここでは良いとして・・・。

 いやあ、みくしいのコミュで、勢いで東京ー糸魚川ファストランに参加表明しなくて良かった・・・。
 (走行距離300kmというイベント。半分以下で疲れ切ってるんでは、完走は無理だ)

 それにしても、今日の多摩サイ上は、相変わらずの混雑。

 福生からの復路、私が歩行者が多くて徐行している横を、空気を読まずに狭い隙間を縫うように抜いて行った、青いANT☆RESと白GAAP。
 あんたら、どこまで多摩サイでの自転車のイメージを落とせば気が済むんだ?
 (いやマジに。すれ違った歩行者のうち、結構な数が、「危ないだろ!」と悪態ついてた。通り過ぎた後だったから、本人達は気付かんかったと思うが)

 しかも、GAAPはノーヘルで、右手外しの片手運転って・・・。
 前ブレーキなしでは、何かあった時に急停車できません。
 そんな運転で、あの混雑の中、子供の急な飛び出しやおじさん or おばさんママチャリの急なフラフラ飛び出し(よくある)なんかに、どうやって対処するつもりなのやら・・・。

 ちなみに、多摩サイ上で、私の乗る青いcorratec(2~3台しかいないので、特定は簡単だと思います)を見かけたら、歩行者が多い区間ではスローダウン(10km/h以下も珍しくないですよ)して、すれ違い危険距離から対向車&対向者が完全にいなくなるまで、追い抜きは一切しないので、そのつもりでいて下さい。
 後ろをフォローするか、追い越しをかけるかは、各個に判断を任せますが、私が減速しているときは、前方に危険がある可能性が高いことは覚悟して下さいね(へばって遅いときも多いですが・・・)。


今日のおまけネタ
 なぜそんなにヤワいんだ!
 CATEYE V2c

 今日も「約120km」という表記なのは、またサイコンがシグナルを拾わなくなっていたからです。

 福生からの帰り道の途中、拝島辺りでサイコンを見たら、ゼロ表示でシグナルを認識していません。
 さすがに、先週に電池を交換した直後なので、電池切れはないだろうと思い、センサーの電池を抜き差ししたらシグナルは復活。

 その後、調布区間途中で見たら、またいつの間にかシグナルがゼロに。
 またセンサーの電池を抜き差しして回復したのですが、このサイコンの、センサーの電池ボックスって、一体どういう設計になってるんですか?

 こんな高頻度で接触不良でシグナルが消えるのって、はっきり言って、このV2c、実用性は皆無なんですけど。
 購入価格を考えたら、マジで腹が立ってくるんですが?>CATEYEさん。

 今日は、どこからどこまでの区間で計測ができていないのか分からないのですが、福生到着時点で走行距離は80kmありましたから、そこから自宅までが概算で40kmほどなので、総走行距離は約120kmです。

 やれやれ、次回はセンサーの電池ボックス内に厚紙でも挟んで、電池を押さえつけるという、10年前の、ボタン電池採用開始直後の電卓みたいな対処を試してみますか・・・。
 (最新機器でこれって、不良品扱いされても文句言えませんよ?>CATEYEさん)

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク