日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

07月≪ 2017年08月 ≫09月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

置き場所問題解決。

 うっは~、もう3月だよ~!
 本業が最も忙しい時期だよ~!

 毎年思いますが、生きて一ヶ月を過ごせるのだろうか(笑)。

 では本題です。
 畳めない、ばらせない、車輪はデカい、の3拍子が揃っていたおかげで、我が家では最もデカい顔で場所を占拠していた、愛車参号のR.T. Carbon。

 それ以前の問題として、ワンルーム暮らしに3台の自転車という、どうやって置き場を確保するか、という部分を解決しなければ、日常生活にも支障が出そうな状況でした。
 (外出する際には、よっこいしょ、と車体をどけて通路を確保し、出る前にまた、バランスよく並べ直すとか、そういう余計な手間が発生していた)

 色々考えた結果、ふと、部屋の中を見回して見つけた空間があり・・・。
 そこをうまく活かせる手段を考えた結果、この週末、"自転車基地 morning sunshine"(自転車乗りの皆様なら、どこかすぐに分かるでしょう ^^;)からの荷物が到着。


P1010606.jpg
結果、こうなりました。
ミノウラのバイクタワー4設置。
(うおお、また¥が・・・)


 部屋の中ではテレビとオーディオの上の空間が、ちょうど自転車一台分だったので、そこに収納してしまえばOKじゃん、という訳で、こんな手段に行き着きました。
 部屋は安普請アパートの代名詞である、石膏ボードの化粧板天井だったため、支柱(強力なスプリング内蔵)でぶち抜かないよう、梁の位置を探すのが面倒でしたが、どうやらうまく行ったようです。

 これで、私は部屋にいる限り、ロードバイクを眺めて生活することになります。
 自転車乗りの中には、愛車をつまみにお銚子を何本も空けられる人も多いようですが、私の場合はそれは無理です(体質的に。下戸だからね・・・ ^^;)。

 ちなみに、寝床とのクリアランスは十分あり、地震が起きても車体やタワーが自分の上に倒れてくることはなさそうです。

 ・・・時間とともに天井の歪みが大きくなって、梁ごと破壊、とか、そんなことが起きないか、ちょっと心配ですが・・・。



 さて、それはそれとして、今日は夕方から雨の予報が出ていたので、なるべく早く起きて走ろうかと思っていたのですが、起きたら昼近く・・・。
 本業が多忙期だと、どうしても朝は起きれなくなります(疲れてんなぁ・・・)。

 仕方がないので、昼頃、2時間ほどでサクッと40kmほど走って来ました。


P1010612.jpg
多摩川の堤防は、緑の面積が目立って増えて来ている。


 今日の多摩サイは、マラソン大会に、たまリバー50のウォークラリーか何かが重なり、凄い混雑。
 早々に堤防上を退避し、堤下道路(一般車道)をかっ飛ばしました(ロードだから出来ること)。

 そして、昨日はBSモールトンで出かけたので、R.T. Carbonとの違いがはっきりと分かりました。

 BSモールトンは、どちらかと言うと前方に向かって踏みしめる感じのペダリングで、グイグイ前に進む車体で、R.T. Carbonは、踏みしめる感じがない訳ではないものの、うまく足を回さないと速度に乗れない感じがあります。

 で、どちらがより速度に乗せ易いかと言うと・・・加速では(小径車であることをさっ引いても)BSモールトン
 一定の速度を維持する走りでは、(車体特性の差をさっ引いて考えても)R.T. Carbonという感じです。

 衝撃吸収性は、さすがにサス装備のBSモールトンが上ですが、急ブレーキをかけた時に、前サスがたわんで車体が盛大にお辞儀するのは勘弁して欲しい所です。

 高速走行性能や高速安定性は、ロードバイクであるR.T. Carbonの方が上なのは仕方がないですが、コーナリングの特性は、どちらも同じ感じでしょうか?
 R.T. Carbonは、TTバイク並に曲がらない、と言われる事もあるようですが、体ごと「おりゃぁあ!」と倒せば、案外素直に曲がってくれます。
 (逆に言うと、BSモールトンは小径車なのに、高速走行時はそんな感じでないと曲がらない、と言うことです)

 あと、ブレーキの効きは、さすがにULTEGRA SL装備のR.T. Carbonの方が上です(奮発して良かった)。
 ウチのBSモールトンのブレーキは、シマノのBR-A550で、コンポで言えば105相当のブレーキである上に、小径車の車輪の回転数はロードを軽く上回りますから、分が悪くても仕方がない所でしょうか?
 (なお、BSモールトンの現行モデルでは、ブレーキはBR-R450に変更されている)

 その他、細かい所も色々ありますが、どちらが良い車体か、とは一概には言えず、車体特性を考えて使い分けを考えるのが、賢い付き合い方になりそうです。

 とりあえず、都市部メインの移動の場合はBSモールトン、郊外の道を長距離走る場合はR.T. Carbon、近所走りと輪行の旅はAirframeという感じになるでしょうか?

 ちなみに、Airframeはまだ修理が終わっていないので、しばらくお休みです・・・。
 フィキシングボルト、最近はシングルギア用を扱ってる店が少なくて・・・(最悪、ピスト系の店を覗いてみる?客層が違うから、入り難いんだけど・・・)。

 ・・・それにしても、V2cのケイデンス測定機能。どう考えてもノイズ拾いまくりなんですけど(^^;)。

 R.T. Carbon購入初日、自宅~会社間のルートで記録されたMaxケイデンス値が178
 翌日の試走で記録されたMaxケイデンス値は199
 そして今日の記録は、Max 187

 ・・・いや、私の体で1秒間3回転以上なんて、どう考えても無理だから(^^;)。


関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク