日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

07月≪ 2017年08月 ≫09月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

小ネタ集で繋ぐ。R.T. Carbonのあれこれ。

 私が小径車(BSモールトン&Airframe)でお世話になっている、杉並の和田サイクルさんが、3/5日から新店舗(桃井の元の場所)に移って営業を開始するそうです。

 この週末が、上井草での最終週。
 ガンダム像を見納めに行ってきますか(←待て)。

 では本題です。
 多忙期なので、小ネタで繋ぐこととして、新車にして愛車参号の(&部屋の中で一番デカイ顔して居座っている ^^;)corratec R.T. Carbonについて、気づいた事をアレコレ書いておきます。
 と言っても、まだまだインプレッションができるほど乗りこなせていないので、さわり程度の内容ですが・・・。

1.仕様変更点
 ウチの車体ですが、納車時の標準状態では、ダイワ精工のサイトにあった完成車のスペック表と比較すると、以下の違いがありました。
 なお、これがダイワ精工のデフォルト設定変更なのか、「初ロード購入」であった私に合うよう、ショップの方で気をまわして頂いたのかは不明です。

クランクセット
 SHIMANO FC-6600-G 52/39T →FC-6650-G 50/34T(コンパクトクランク)
 別に、コンパクトに変えて欲しいとオーダーしたわけではないのですが・・・。
 (でも、貧脚にはありがたい変更だったりする ^^;)
 なお、コラテックのバイクはフレーム輸入で日本でパーツを組み付けているため、ある程度、パーツのグレード変更や仕様変更にも対応してもらえるそうです(通常クランク→コンパクトクランク変更は、その一例)。

サドル
 BORO VL-1220→セライタリア SLK GEL FLOW
 より高額な製品がついてます(^^;)。ある意味、良心的。

シートポスト
 TRUVATIV→zzyzxのアルミポスト(黒)
 zzyzxはホイールブランドかと思っていましたが、他のパーツも作ってるみたいです。
 TREKに対するボントレガーみたいなものだ、と説明されましたが、なんか物凄く納得(^^;)。

ハンドル
 NITTO NEAT M.153 26→Dfitz 400mm
 Dfitzはダイワ精工が日本人向けに展開するパーツブランドで、ハンドルのリーチ、ドロップが少な目になっているそうです。
 ただし、水平部の真中側(バーテープが巻かれない範囲)が太く、猫目灯のアダプタはバンド型(EL520付属の物)でないとつきません(^^;)。
 ちなみに、ステムも同じくDfitzの100mmで、これもNITTOとは違います。


2.立ちゴケはしていないけれど
 ペダルは前のネタでも話題にしている通り、PD-A530(片面フラット、片面SPD)を選びました。
 ロードの走行性能を体感するには、ビンディングペダルが必須であることは、色々な入門書に書いてありますから、さすがにフラペ+ハーフクリップにする気はなかったです。

 しかし、私はレース用途よりもロングライドやツーリングを楽しみたい、という欲求の方が強いため、歩き易さ優先でSPDを選ぶことにしました。
 なお、SPDシューズ(シマノ SH-RT51)での歩行感ですが、SPD-SLよりは歩き易いのでしょうが、普通の靴(スニーカーとか)と比較すると爪先が上を向き、クリートのカツカツ感があって、変な感じです。

 とはいえ、コンビニでのお買い物や、恐らくちょっとした散策程度であれば、何ら問題のないレベルだと思います。
 一方で、このシューズで「走る」のは、とっても気力と根性が要りそうです(10m以上は、どう考えても無理!)。

 完全なMTB用のシューズなら、レース中、押したり担いだりして走る時もあるのでもっと歩き易いのかもしれませんが、ロード・ツーリング用だと、まあこんな物なのでしょうかね。
 (ただし、MTB用のSPDシューズは、ショップで見た限り、物凄く重い。登山靴の靴底にSPDのクリートを埋め込んでるみたいな感じだ)


3.ブログ上での呼称をどうしよう?
 ま、どうだっていい事なんでしょうけど(^^;)。

 これまでは、

 愛車壱号:BSモールトン
 愛車弐号:Airframe

 という形で、ブランドまたは車種がそのまま、車体名として通用したため、上のとおりブログ上に記載してきましたが・・・。
 今度の車体、愛車参号:corratec R.T. Carbonの呼称をどうしようか、と考えている所です。

 corratecと呼ぶとブランド全般ですし・・・。
 R.T. と呼ぶと、coronesと被るかもしれない。
 かといって、Carbonだけでは単なる素材・・・。

 つまり、MadoneやAnchor等のブランド名がイコール車体の代名詞になるわけでもなければ、車種の呼称が特徴的な訳でもないんですよね・・・(よく考えたら、そのまますぎる車種名だよなあ。カーボンバイクだからR.T. Carbonって)。

 で、何となく、一番自然な表記が、R.T. Carbonなのですが、意外にこれ、打つのが面倒(^^;)。

 んな事どうでもいいだろって?
 ・・・ハイそうですね・・・というわけで、R.T. Carbonで通すことにしますか(←なんか我ながらいい加減だなぁ ^^;)。


4.Forcia Carbon AlloyとR.T. Carbonの違い
 小ネタに出さず、大ネタにしても良いのですが、多分、私の理解度では文章が破綻しそうなので(^^;)、小ネタ放出。

 corratecのロードの購入を考えている皆様の中でも、比較対象になり易いと思われる両車種ですが、意外に両者の違いに関する情報がないため、どちらを選ぶか、決めあぐねている方も多いのでは・・・(私もそうでした)。
 というわけで、私が購入時にショップで聞いた説明を、かなりうろ覚えで書いておきます。

 ただし、これはかなり強引な解釈で、特性に差をつけるならば、という前提での説明だったので、ご注意。
 どちらもレースグレードの車体なので、どんな場面でもそつなくこなすポテンシャルは間違いなくあるそうです。
 (また、何か間違ったことを書いていたら、それは私の理解&記憶力が悪いことに責任ありです)

Forcia Carbon Alloy
 シートチューブが、わずかに寝たジオメトリ。
 後乗り気味になり、トルク系の走りに強い。
 ダラダラ登る緩斜面や、峠攻め等、登り坂が多いコースにお勧め。

R.T. Carbon
 シートチューブが、わずかに立ったジオメトリ。
 前乗り気味になり、回転系の走りに強い。
 平坦~アップダウンまでコロコロ地形が変わるコースを、高アベレージで走るのにお勧め。

 ま、しかし、先にも書いた通り、これはかなり強引な解釈であり、R.T. Carbonでトルクをガシガシかけた走りもできますし、Forcia Carbon Alloyでクルクル回す走りも十分できる、との事です。

 あと、違う観点からのお勧め度で言うと、カーボンフレームは落車 or 事故時の一発破損があるから怖い、という人は、金属の芯が通っているForcia Carbon Alloyがお勧めだそうです。
 (以上、特に4..が間違っていたら、遠慮なく突っ込んでください ^^;)

 ちなみに私は、上記を踏まえ、R.T. Carbonのカラーリングが気に入ったのでこっちを選択(爆)。
 ・・・こんな理由で、悪い?



関連記事
コメント
こんばんは(^^)
こんばんは(^^)
おおっ!!おっおっおーっ!!
ローディーになってしまったんですね。
私はForciaが気になってたところでした。
価格とアルミとカーボンってのが良さそうに思ってます。
まだ実物を見てないのでアルミにどれだけカーボンが密着してくれてるのか見てみたいと思ってます。
ロードでの輪行は軽くていいですよ。
2009/02/25(水) 22:16 | URL | AUeno #mIzY8NiI[ コメントの編集]
やっちゃいました(^^;)
いや、もうホント、勢いでオーダーしちゃいました(^^;)。
「今なら2週間で納車だけど、次はいつになるか分からないよ!」なんて言われたら・・・ねえ・・・(うまく乗せられたかも・・・)。

Forcia C/Aは、サイクルモードで展示されていた車体を見ました。
どこから見てもカーボンモノコックフレームとしか思えないくらい、表面処理が丁寧でしたよ。
ただし、用意されていた試乗車は、サイズが小さすぎたので、乗り味は確かめてないのですが・・・(惜しい事したなぁ)。

ロードのフレーム、確かに軽いですね。
今まで、軽いと思っていたAirframe(11kg)が、急に重く感じるくらいです(^^;)。
2009/02/25(水) 22:50 | URL | YO-TA #GY0.Hv3k[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク