日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

05月≪ 2017年06月 ≫07月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

新車の納車。正直、血迷いました・・・。

 本日は、多忙期名物、休日出勤(^^;)。
 しかし、自宅~会社間の移動時間が、一気に縮まりました!

 と、これには色々、訳がありましてね・・・。

 では本題です。

 BSモールトン購入から3年目。Airframe購入から2年目。
 少し間があいた今年、また新車(自転車)を購入してしまいました。

 今日はもったいぶって、ここから先、本文を裏置きしますので、興味のある方は続きをどうぞ・・・。

 という訳で、新車を紹介します。
 これが新たに購入した車体です。


P1010575.jpg
corratec R.T. Carbon
ドイツブランドのロードバイク。

フレームサイズは53。
170cmちょうどの私には大きいかと思ったが、
乗ってみたらぴったりのサイズだった。
どうやら、私は一般の日本人体形より手足が長いらしい・・・。


 ロードです。
 カーボンフレームです。
 コンポがアルテグラSLです。
 お値段は、一般の皆様が聞いたら、卒倒するレベルです。
 (詳細は内緒ですが、ブルーレイレコーダーの購入予算が消滅しました ^^;)

 ええ・・・大いに血迷いましたとも(^^;)。
 血迷ったどころか、大出血して失血死寸前まで行って、意識が吹っ飛んでるかもしれません。

 というわけで、今はツッコミその他、何も言わずにそっとしておいて下さい・・・(遠い目・・・)。

 とにかく、小径ポタ野郎が、いきなりこんなグレードの車体を購入してしまったなんて、自分でもどこからツッコミを入れて良いか、迷っていたりします(自棄踊笑)。
 自分がこの車体に乗った姿を想像するだけで、「猫に小判」とか、「豚に真珠」とか、「馬の耳に念仏」とか、「YO-TAに年代物のワイン()」とか、そんな諺が頭に浮かびます。

 ロードバイクに詳しい皆様にはおわかりのとおり、この車体は完全な「戦闘機」です。
 そして、「戦闘機」である以上、「走る」以外の機能はほぼ皆無と言って良い車体です。
 サイクルロード流し~裏道ポタ程度の使用にはオーバースペックすぎます(Web上のロードバイクのインプレッション記事では、高速巡航でのロングライドに向いている、とか、そんな評価がある)ので、今までに乗っていたBSモールトンやAirframeとは勝手が違い過ぎます。

 何でこんな物を買ったんだ?と言われると、「だって欲しかったんだもん!」としか返す言葉がないのですが・・・(逆ギレの奥様状態 ^^;)。

 簡単に経緯を書くと、気まぐれに覗いたショップ(自宅から自転車で20分圏内)で、季節的に「どうせ一ヶ月以上かかる」と思って納車時期を聞いたところ、代理店に船便が到着した直後で、2週間程度で納車可能という、絶好のタイミングだったという・・・。
 これはもう運命だと、一気に「清水寺ダイブ!」を決めましたよ、ホント。
 (冬~春は新車発注が集中するので、12月発注で3~4月納車なんて、当たり前だもんね・・・)

 なお、現在は購入直後の「親馬鹿」モード全開中(部屋でフレームをスリスリしてニヤニヤしてる危ない状況)なので、文章が暴走しないよう、あまり詳細な事には触れないでおきましょう(^^;)。

 ちなみに、昨年のサイクルモードで試乗し、詳細を内緒にしていたロード3車種のうち、ひとつがこの車体です。
 正直、完成車重量(ウチの車体で約8.0~8.5kgのはず)は、他社の同グレード製品より見劣りします(0.5~1kgほど重い)。
 しかし、速度がある程度乗った後、さらに足を回すとグンと加速する感覚が一番気持ち良く、サイクルモードの時点で、ロードを買うならこれかな、と考えていた車体だったりします。

 実際、これで会社までの道を走ってみたら、30km/hなんて、BSMとは比較にならないくらい、簡単に出てしまいますからね。
 やろうと思えば、もっと速度を出せそうですが、まだロードの速度感に慣れていないので、無茶はやめることにします(^^;)。
 ちなみに、私が普段走っている時のケイデンスは、80~90だったようです(Max.178という記録だったが、本当か? ^^;)。

 なお、ペダルは私にとっては初のビンディングです(歩きやすさ優先で、SPDを選択)。
 という訳で、期待・・・じゃない、心配されるのが、立ちゴケデビューはいつだ!ってことでしょうか(爆)。

 当面、混雑した細い道など、ストップ・アンド・ゴーを繰り返す必要がある場合はフラペ面、幹線道などを一定速度で走る場合はビンディング面で使用するつもりです(シマノのA530使用)。
 ちなみに、今のところ、止まる時には意識して早目に両足とも外しているので、完全に停止するまでに足が外れず、焦った経験はありません。

 しかし、本当に危ないのは、少し慣れてきて、もう大丈夫だ、と思い始めた頃らしいですからねぇ・・・。

 ・・・それ以上に現在、頭を悩ませている問題は、「自転車を3台もどうやって室内に置いておくんだ!」という、その一点だったりします(玄関には既に、小径車2台が陣取ってるし ^^;)。



 あ・・・そういえば。
 会社でこの車体を見た人(スポーツ自転車の知識が全くない人でも)が、とりあえず一度持ち上げるのは、何故なんだろう・・・?(^^;)
 (んで、例外なく、軽さに驚く)


)「YO-TAに年代物のワイン」
 「価値がわからないことや、価値のわからない者に不相応な物を与えること」を表す自虐のオリジナル諺。
 YO-TAこと私は自他共に認める超ド下戸で、夏でもビールの500ml缶を飲み切れない(途中で気分が悪くなる)。
 ましてワインの味なんて・・・ねぇ・・・。酒はどれも苦いだけだし・・・(^^;)。


関連記事
コメント
うらやましい~
はじめましてYO-TA様
納車おめでとうございます。
すげ~うらやましいです。
アホの倍数8諭吉くらいでしょv-12
私も昨年に引き続き、新車を購入しましたが
自分としてはもう新車購入は出来無いと思ってますので
大切にしていきます。
これから大変なのが物欲だと思います!!
観てると色々欲しくなりますからね~e-463
2009/02/21(土) 22:28 | URL | フェルパ #-[ コメントの編集]
Re: うらやましい~
はじめまして、フェルパさん。
ひやかしのつもりがオーダーという、典型的な衝動買いでした(^^;)。
私も向こう半年以上、これ以上の大きな買物はできない状態です。

> これから大変なのが物欲だと思います!!
ええ!それはもう・・・。
詳しくはまたレポートしますが、アクセサリー類を色々買い足してしまったり・・・。
2009/02/22(日) 14:43 | URL | YO-TA #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク