日々是遊歩。見て、聞いて、感じて、それを殴り書き。

10月≪ 2017年11月 ≫12月

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

一年間を振り返る。

 そういえば、今年の夏、ボントレガーのインフォームRにサドルを変えてからの尻痛状況レポートがまだでしたね(^^;)。

 しかし、秋以降は日が短く、一日100kmオーバーの距離を走れていないので、一日160km以上を走った挙句、破局的尻破壊に至ったAVATAR GELと同列で比較するのはちょっとね、という状況です。
 まあ、40~50km程度の距離を走ってみた感じでは、悪くない気がします(が、その程度の距離ならAVATAR GELも同じ)。

 ちなみに、秋以降、一番距離を走ったのって、日産スタジアムのレース当日でしょうか。
 会場まで片道30kmの道を往復し、レース中は約57kmを走ってますから、積算走行距離は・・・あれ?100km越えてた?(^^;)

 ま、しかし、レースという特殊状況下での走行では、尻痛を感じる暇もないってのが実態だったと思います(会場入りしてから1時間ほど、尻休めもできたし)。

 では本題です。
 御用納めも無事終わり、年内逃げ切りを果たせましたので、何とか落ち着いて年末年始を迎える事が出来そうです。

 そして、年内に落ち着いて更新できるのは、もう何日もないと思いますので、今日は年末恒例、「一年間を振り返る」の巻をお送りします。
 今年はこんな一年でした。

 興味のある方は、続きでどうぞ・・・。

1月
 あっという間に過ぎた1年なのに、この頃はずいぶん昔に感じます。

 2007年の東京エンデューロで、コース内の登りでの失速加減が半端ではなかったことから、登りの苦手意識克服のため、連光寺坂でTTを始めたのがこの月でした。
 しかし、最初のタイムは、9分ジャスト・・・。いやあ、とんでもない鈍亀でしたね(^^;)。

 現在は、7分代後半~8分前半位を行ったり来たりしており、登りが苦手なのは相変わらずです(向かい風の方がまだいいよ・・・。等しく全員が苦しむから ^^;)。
 とにかく、自信を持って言えるのは、私はクライマーではない、という事です(--;)。

2月
 ブログをLinklogからFC2に引っ越しました。
 旧ブログは、システム障害に伴う基幹機能障害(トラバ機能、全サイトで一斉停止)が一向に回復せず、その状況報告も「問い合わせないと答えない」というやり方に疑問だらけになったため、移行しました。
 (2008年1月当時の回答では、この障害は海外からのトラバスパムの多発によるサーバ負荷が原因で、復旧の見込みは無い、というのがなんとも・・・。アクセスを弾く対処法なんて、色々あるでしょうに)

 ちなみに、旧ブログは現在段階でまだトラバ機能が運営側で一斉停止中な上に、百度の蜘蛛が跋扈しているウザ過ぎな状況ですが、放置モードを続けておきます。
 (運営側でも、百度の公式サイトで公表されているアク禁をかけているのに、お構いなしにアクセスしているようです。このクローラというより、百度という組織の厚顔無恥ぶりには驚かされますが、それ以前に放置サイトで繰り返し情報収集って、何やってんだか・・・)

3月
 毎年、本業が大忙しの年度末ですが、今年は24時間の間に関東&関西の両方で用事をこなさないといけないという、ジャック・バウアーばりの日程を組まなければ回せない時期があり、大変な思いをしました。
 ・・・確か、この頃、テレビでは「俺はジャック・バウア~♪」という歌が流行っていた覚えもありますが、ホント、自分の生活に歌詞をあてて歌いたかったです・・・。

 末頃、神奈川北部にギフチョウの撮影に行くも・・・。
 近年の、あの山域のギフチョウ目当て登山者大集合の状況は、確実に人威圧になってません?
 地元の人がそうしてるからって、登山道を離れて周辺の林内にズカズカ入り込む人が多数いますし、そういうヒト達を見ていると、何が自然大好き人間だと、マジで嫌な気分にさせられてしまいます。
 (なんかもう、私の中では「二度と行きたくない場所」の上位にランキングされてるんですけど・・・)

4月
 春の関戸フリマに潜入。
 極小径車オーナーの皆様と面識ができ、フリマに行く楽しみが増えました。

 その翌日、自転車イベントひとつ目の、アースデイ自転車ライドに参加。
 集団走行での手信号の重要性を再認識しました(このイベントでは、スタート前に手信号の講習がある。東京シティサイクリングも、スタート前に手信号の講習をした方が良いと思う)。

 2007年9月の台風による冠水被害が大きかった、多摩川の福生南公園が一般開放され、多摩サイ沿いを羽田~羽村まで走れるようになったのがこの月。
 福生南公園の半年以上の閉鎖&現在も公園内に閉鎖区間があるなど、自然の脅威についても再認識。
 (奥多摩の登山道には、今でも崩落で通行困難な場所があるらしいし・・・)

5月
 奥多摩、御前山に、今年初の本格的な登山に行こうとしたものの、天候悪化に伴い、登山口で断念。 
 これ以降、思い返せば、今年は一度も山に登らなかったなあ・・・。

 生活路線のKO線(意味なし伏字 ^^;)の沿線で、不発弾処理のため、広域に立入禁止規制を受けたのも、この月。
 実は、滅多にないことなので、非常線を見物に行ったりもしていました(遠くから見ただけ。警備の皆様のご迷惑だから・・・)。

 そして、思う所あって、8年間(長っ!)続けてきたHTMLサイトを更新停止にしました。
 ブログに慣れると、HTMLをちまちま打ってたあの頃には戻れないです(やってる事も、あまり変わらないし ^^;)。

6月
 多摩地区のサイクリストがトレーニングに使う定番コース、尾根幹線を初めて走りました。
 休みなく現れるアップダウンに、死ぬかと思いましたが・・・。
 しかし、「運動」として自転車に乗る場合、このコースは凄く良い場所だと思いますね(ちょっと車線が狭くて怖い場所もあるけど・・・)。

 後半に、BSモールトンの個体最高速度をまた更新(71.4km/h)。
 ・・・しかし、今思えばスピード違反のような・・・(もうしません!ごめんなさい!)。

7月
 奥多摩方面へのロングライドにチャレンジしました。

 最初は勢いで御嶽駅まで行ってみたら、意外に簡単に行けてしまったので、調子に乗って奥多摩湖まで往復!
 電車とバス&輪行で何度も行っている場所ですが、自力で到達した時は、全然違った風景に見えました。

 しかし、その裏ではいまだ心の整理がつかないことにも出合い・・・。
 軽くトラウマになってしまったのか、今ではあまりソロ登山に行く気が起きなくなっています。

8月
 BSモールトンでセンチュリーライド(1日、160km走行)を達成。
 ちなみに、これを達成したのは、自宅~奥多摩最深部、山梨県との都県境までの往復、という行程でした。

 しかし、センチュリーを達成したものの、お約束で尻は痛いわ、体幹に至るまで疲労がズドンと響くわ、翌日は見事な廃人でした(^^;)。
 今はこれが限界です。

9月
 東京シティサイクリングに参加。
 お台場まで走れた幸運組でしたが、途中で追突事故を起こしてしまい、個人的には反省しきりのイベントに・・・。
 (ご迷惑をおかけした参加者の方、大変申し訳ありませんでした)
 後半は雨天にも祟られ、とにかく色々な意味で思い出深いイベントになりました・・・。

 なお、この頃から、ブログのアクセス件数がぐぐっと伸び始めました。
 (といっても、一日50件が関の山だった所が、100件程度になっただけですが・・・)

10月
 日産スタジアム・サイクルパークフェスティバルに、2時間・ミニベロ部門で参加。
 午前中は土砂降りの雨で、どうなるかと思いましたが、2時間部門は晴れて、ドライコンディションで走れました。

 結果は5位入賞。
 しかし、後で聞いた話では、今年はミニベロ部門の常連で、本当に速い人達が不参加だったり、当日の天気でDNSだっりしたようで、この成績も常連の皆様が参加されていたら、どうなっていたことか・・・。

 春に続き、秋の関戸橋フリマに潜入。
 今回は極小径車オーナーの皆様の集まりの中で、不要パーツを売り捌くという厚かましさを発揮しました(^^;)。

 自動車との接触(巻き込まれ)事故を起こしたのもこの月です。
 ちなみに、示談はスムーズに行ったものの、保険の請求手続き(私の場合、健康保険適用許可手続き)等は被害者側でも相当に面倒でした(どんだけ色々、書類を書かされた事か・・・)。

 やはり、事故は「起こさないこと」が第一です(いや、ホントにね)。

11月
 一番、趣味が充実していた月です(ブログの月間アクセス数も過去最高をマーク)。

 ソロで東京シティサイクリングのリトライ走を実施。多くのブログ等で、「イベント当日も車線規制がないなら、普段走っても同じじゃん!」という意見が多いですが・・・。
 反語的な意味で、全然違いましたよぉ~。

 小径車のソロ走では、「存在感誇示量」が少ないためか、リトライ走では無茶な割り込みや幅寄せを受ける回数がぐっと増えましたからね・・・(たかが自転車、とナメられたって感じです)。
 今の交通事情では、自転車が自動車に対抗するには、2,000人が一気に走って渋滞するくらいの存在感があった方が良いのかもしれません(皮肉)。

 文化の日には、毎年恒例、入間基地の航空祭に潜入。
 今年の航空祭は、非常に人が多かったのですが、「観覧マナーを云々する以前に非常識」という人も異常に多く、各所のブログやBBSでは色々物議をかもしていました(詳細は他サイトに譲ります)。
 今年のような事があると、今後、ちゃんと航空祭が行われるのか、何だか不安になります。

 そして、今年は初めてサイクルモードに潜入し、合計25車種も試乗してしまいました(^^;)。
 「そんな短い試乗時間で何がわかる?」という批判的意見も多いですが、全ての理解は無理だとしても、「全くのゼロより良い」のは確実なので、私はこういうイベントはあって然るべきだと思いますね。

 月の後半にはAirframeを伴い、輪行で奥多摩の紅葉探勝ポタリングを実施。
 ウチの自転車2台は、すっかり個々の役割が定着しました。

12月
 Tokyoエンデューロ X'mas edition 2008に出走!

 またも雨の中のサイクルイベントで、しかも季節は冬。
 悪天候、悪路面、さらには寒さにも耐える、総合的な意味でのエンデューロ(耐久レース)でした。

 完全ソロというストイックな参加も、全てを自己完結させる面白さがありますが、仲間と一緒にワイワイやる大会も面白いですね。
 相方を務めてくれた人とは、来年も機会があればレースに出よう、と話しています。

---------------

 という訳で、よくよく見たら、去年まで話題の主を占めていたデジカメ&登山の話がほとんど出てきません(^^;)。
 そっちの趣味を忘れた訳ではないですが、ずいぶん、遠ざかっちゃいましたね・・・(デジカメ方面は、飛び交う情報の多くが、私にはどうでもいい話ばかりで、楽しめなくなったから意図的に切った部分もあるけど)。

 逆に自転車趣味の方は、ただ走るだけでなく、様々なイベントに参加するようになり、ずいぶんどっぷり漬かった度が高くなってきた気がします。
 ・・・まあ、別のものに興味の対象が移ったとしても、日常の足としては使い続けることになるんでしょうね>自転車。

 あと、思い返せば、今年は身近に「死」が多かった一年でもありました。

 年明けとほぼ同時に、同年代の同僚の急逝の報が舞い込んだと思ったら、初夏には入社当時、非常にお世話になった上司が、長い闘病生活の末に他界したとの報せがありました。
 そして、夏には山の中で孤独な死を選んだ仏様との対面があったと思ったら、年の瀬になって、親戚筋から急な不幸があったとの話が飛んできて・・・。

 こんな一年でしたから、嫌でも「生と死」について考える機会が増えたとともに、今後、年齢を重ねるごとに、こうした機会はグッと増えていくのだろうな、と実感させられた一年でもあります。

 特に、夏の仏様との対面は、そのあまりに悲しい姿が脳裏に焼き付いており、いまだに心の中の整理がついていません。
 そして、この件は私の中ではトラウマになっているのか、今ではソロで登山に向かう意欲がグッと減退してしまいました(以前は嬉々として、その日一番の入山を狙って、山に踏み込んでいたのに・・・)。

 それにしても、全く見ず知らずの人の最後の姿だけでも、ここまで引きずるとは・・・。
 家族や同僚、友人に同じ死を選んだ人が出て、その姿を目の当たりにしたら、どれだけ深い心の傷になるか、想像したくもないですね・・・(私は自分の最後に自死だけは選べないと思う)。

 ま、しかし、そんな話を別にして、今年は4つのサイクルイベントに出て、うち3つが雨という、なかなか見事な「雨男」ぶりを発揮した一年でした・・・。

 とはいえ、アースデイ自転車ライドでは、我流でも手信号は通じるものだと分かりましたし、東京シティサイクリングでは、集団走行では手信号を出さない方がよほど危険だという事が良く理解できました。

 レースイベント系では、日産スタジアム・サイクルパークフェスティバルの2時間部門、ミニベロ・フォールディングバイク部門で5位入賞。
 Tokyoエンデューロ 2008では、初めてチーム参加して、酷寒の雨の中、上位4割以内という、ミニベロ混じりのチームとしては、まあまあの結果に落ち着いていました。

 今年もレースイベントに出てみて思いましたが、レース会場で感じるアドレナリンが噴出するあの高揚感は、ホントに癖になりますね。
 それに、レーサーになるつもりはないのですが、サイクルモードで試乗させてもらったロードの、あの軽快過ぎる疾走感は、本気で癖になりそうです。

 と、こんな状況もあって、最近は(特にTokyoエンデューロの相方、O氏から)ロード購入を強く勧められている訳ですが・・・さすがに簡単に買える物じゃないぞぉ~(^^;)。

 第一、ロードを買ったら、見事にBSモールトンと被るじゃないかぁ~!
 小径車は町乗りに使用し、ロングライドにロード、という手段も使えるけど、もっとも大きな障害である「置き場がない!」という部分をクリアしないことには、ウチにロードが来ることはないでしょう。

 ええ絶対!
 きっと!
 ・・・たぶん・・・

 という、何かを暗示させるような引きを残しましたが、マジで何もありませんので(^^;)、ご心配なく。
 (これで、実はもうロード発注済み、とかだったら、大いにネタにしてる所ですって)

 さて、そんなわけで皆様。


 今年もお世話になりました。
 来年もよろしくお願いいたします!



 ・・・さぁ~、最後のゴミ出し準備だ。


関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YO-TA

Author:YO-TA
2011年7月に東京から仙台に移住。
相変わらず、デジカメ片手に、サイクリングやハイキングを楽しんでいます。
突然、突拍子もないことをやらかしますが、それはまあ、ご愛嬌という事で…。

Twitterでつぶやき中
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
雨雲レーダー
リンク